懲戒処分・解雇 | はたらくす

懲戒処分・解雇

重大な失敗をしたり、規則に違反した時に「懲戒処分」「解雇」という処分を下される可能性があります。

サラリーマン生活を長く続けていれば、まじめに勤めていても処分される可能性はゼロではありません。

自分の身を守るために、「懲戒処分」「解雇」について確認しておきましょう。

懲戒処分・解雇

「諭旨退職にする」と言われた時の対処方法

「諭旨」には、以下のような意味があります。「目上の者が目下の者に言い聞かせること」「趣旨や理由を諭すこと」。何となく、悪いことをして会社を辞めざるを得なくなったというイメージは伝わると思います。しかし、どの程度のことであれば「諭旨退職」の対象になってしまうのか?諭旨退職の実情と、もし「処分を受けた場合の対処法」について解説します。
2018.09.12
懲戒処分・解雇

懲戒処分・譴責処分とは? 解雇…減給…処分の種類と、逃れる方法

懲戒処分とは、“就業規則”に基づき会社が従業員に対し下す罰則のことです。始末書を書かされたりする譴責(けんせき)や戒告など、他の従業員に“怒られたこと”を知られて恥をかく程度のレベルのものから、減給、出勤停止、降格、諭旨退職、そして最も重い懲戒解雇(公務員の場合は懲戒免職)まで、さまざまな段階があります。それぞれどのような理由があれば科されるか、自分が懲戒処分を受けた時にどうするかについて解説します。
2018.09.12
懲戒処分・解雇

「クビだ!」会社を辞めさせられそう……退職したくない人のための対処法5つ

「クビとは言われてはいないが、なにやら不穏な動きがある」「ひょっとして会社が自分を辞めさせようとしているのでは?と察知できるようなことがあった」「明らかに不当に左遷された」「自分にだけ異常に評価が厳しく給料を減らされた」…など会社に辞めさせられそうになった時の対応についてお話しします。
2018.09.12