人事異動の目的は? 会社はあなたに何を求めてる? | はたらくす

人事異動の目的は? 会社はあなたに何を求めてる?

会社が人事異動を行う目的は? 人事・異動

人事異動はいったい何の目的で行われるのでしょうか?

納得いかない異動、それは自分のことに限らず、職場の優秀な上司や部下が他部署に異動させられてしまった…といった時にも感じることかもしれません。

実は人事異動には、社員の能力向上と会社の持続的な成長、そして不正防止の意味があります。一つずつ見ていきましょう。


人事異動の目的は人材・職場の活性化と不正の防止

人事異動には、仕事の引継ぎや取引先への挨拶などの手間に加え、名刺作成や引越し費用の補助などのコストもかかります。

異動する当人には新たな職場や仕事に馴染む苦労があり、異動先の上司・同僚・部下も人間関係を再構築しなければなりません。

このような負担を抱えてまで、なぜ会社は人事異動を行うのでしょうか?異動に納得いかない人がいたり、望まない異動をさせられる人がいたり…異動になにか意味があるのかと疑問に思う人も多いことでしょう。

会社が人事異動を行う最大の目的は、人材・職場の活性化、規律の維持です。異動を行うことで、会社は以下の5点の実現を目指しています。

スポンサードリンク

1.ノウハウの伝達。業務の効率性・有効性向上のための指摘

ある程度の就業経験を有する人が新たな職場に入る際には、前の部署でのノウハウや経験を、新しい部署に伝えるということが期待されています。

また、移動先の部署でずっと続いている非効率なことや不便なこと、「これはおかしいんじゃないか?」といったことに気づきます。ずっとそこで働いている人には気づきにくい問題点の発見です。

ITスキルの高い人であれば、データベース活用やエクセル・シート作成などの非効率な点などを色々と見つけることでしょう。

その際に、「新しい職場はITリテラシーが低い!」「自分のやり方を教えてやる!」といった見下した態度を取らず、まず今の「非効率な」業務のやり方を体験し、その理由や背景を考えた後に改善策を提案すれば、素直に受け入れてもらえる可能性が高まります。

別の例として、加工食品には原料、加工方法、重量、包装、保管環境、輸送方法等に関する品質基準があり、この基準を満たす製品を製造・出荷した割合を引き上げること(例えば不良品率の改善)が業務の有効性の向上となります。

効率性と同じように、他部門から異動してきた人の意見が有効性の向上に役立つケースは少なくありません。

例えば、商品本来の品質とは関係のない包装デザインに対する強いこだわりに対し、新参者が違和感を覚え得ることもあるでしょう。そうした時に、包装デザインに対する有効性の判断基準(品質保証基準)を緩和するように提案することが考えられます。

長年の間に、その部署独自のやり方が固定化し、問題点が見えなくなってしまいます。また、部門の方針が決まると内部者がその問題点を指摘することは、過去の経緯や人間関係のしがらみもあり難しいものです。そこを無邪気に指摘するのは、新参者の特権です。

2.人材の活性化・成長をはかる

営業部門から調達部門、経理部門から管財部門など、まったく異なる業務部門へ異動した人は、前の仕事の役割に対する理解を深められます

例えば、営業部門から調達部門へ移動すれば、1銭単位で原価を削減する苦労が分かり、営業時代に顧客の要望を安請け合いし値引きに応じていた自分の不明を恥じるでしょう。

また、より高い視点から組織や業務を見渡すことができるようになるため、業務や情報の流れ方の問題にも気づきやすくなります。

年功序列制度の崩壊とともに様々な部門を経験するゼネラリストを育成する企業は激減していますが、会社全体の業務システムの構築・刷新を行う際には、こうした人材が大いに活躍することでしょう。


3.事業構造の円滑な転換への備え

日本の会社は、終身雇用制度と解雇規制で社員を簡単にクビにすることが出来ません。一度入社させた社員は何らかの部署で仕事をしてもらう必要があります。

人事異動を通じ多くの人材が幅広い業務に対応できるようになっていれば、世の中の情勢や会社の業績による事業の変化を吸収し、事業構造の転換をスムーズに進めることができます

例えばIT業界では、世の中に普及している中心的なデバイスがデスクトップPC、ノートPC、タブレット、スマートフォンと変遷するにつれ、エンジニアに求められるスキルが変化しています。

エンジニアをハード設計、開発システム、プログラミング言語、クライアントなどの特性に応じ細分化された組織に押し込めれば、短期的には各人のスキルが上がり生産性も向上します。

しかし専門性の高い集団になればなるほど変化に対応できる人材が少なくなり、デバイスの進化に会社が追い着けなくなるリスクに対する懸念が生じます。

こうした中で技術職から営業、経理から営業、営業から商品開発など、全く畑の異なる分野への異動でさえさほど疑問を感じないよう、普段から異動が頻繁に行われている会社であれば、事業構造の円滑な転換を進めやすい素地があるといえるでしょう。


4.職場の活性化~異動しない人も活性化される

一般的に大企業の社員は、辞令一つで全国・海外を転々とすることが想定されている総合職と職務内容や勤務地が限定されている専門職・地域限定社員に大別されます。

専門職・地域限定社員の異動は、特定の部門・支店・工場内等に限られるため、専門的な能力が磨かれる一方、環境変化が乏しいため、柔軟性や大局観に欠ける傾向が強まります。

こうした人たちが他の職場から転入してくる異分子から刺激を受け活性化されれば、業務の効率性や有効性が向上することも期待できます。

自分のノウハウに固執したりする面倒くさい職人のような社員が増えると情報伝達が滞るようになり、不正リスクが高まるとともに有用なノウハウの伝承が進まなくなります。

多くの社員が特定部署の「古参」にならないほど活発な人事異動ができれば、業務や情報連絡が停滞する部署はなくなるでしょう。

5.不正防止

人事異動の最も分かりやすい目的は、不正行為の防止です。同じ人物が長年特定の業務を担っていれば、そこは不正の温床になりえます。

上司もご機嫌伺いをしなければいけないお局様は、不正リスクを防止する上で放置できない存在です。

大企業の組織を揺るがす不正は、おおむね特定部門・業務の生き字引と化したお局様やその道一筋の頑固オヤジが起こしているからです。

こうした人たちは、「余人をもって替え難い」と言われ、その高度なスキルやノウハウに対する尊敬を集める一方で、それらを囲い込んでブラック・ボックス化することにより、自らの立場を守り権威化する傾向があります。

こうした人に対する規律の維持という点でも人事異動は有効です。

大企業でも部門・支店・営業所・工場ごとに業務運営手順・基準の独自性が存在します。それが各部署の風土を反映した社内ルールの微調整であれば気にする必要はありませんが、一定の権限を発揮する自治勢力になると問題です。

数年前に大阪地検特捜部検事が厚生労働省局長の虚偽公文書作成等の嫌疑に関し、押収品データを改竄して証拠隠滅罪に処せられましたが、その背景には大阪高検を中心とする関西検察の強い自治権があったと言われていました。

確固とした組織体制が構築されている検察でさえ問題が生じる訳ですから、一民間企業が組織の血流の滞るような人事運用を行えば、直ぐに「壊疽」する部分が出てきます。

人事異動は、細胞の活性化を図り組織が朽ち果てることを防止するために必要不可欠な血液の循環なのです。


日本の会社はなぜ人事異動するのか?

ところでこのような形での人事異動が行われるのは、ほぼ日本企業だけです。なぜ日本の会社や公務員なども含めた組織はこうした人事異動をするのでしょうか?

アメリカの会社の人材に対する考え方

欧米(とくにアメリカ)の場合、人事異動はエリート養成と不正防止を目的に行われるケースが一般的です。

会社全体をマネジメントし成長へ導く役割を担うエリートと一定の枠組みの中で決められた業務を行う一般社員を明確に分けている会社が多いためです。

一般社員の異動に伴い職場が活性化され業務の効率性や有効性の改善が図られることは、あまり期待していません。

そうした役割はエリートの幹部社員が担っており、一般社員は指示に従って動けば良いという経営スタイルです。

人には邪悪な心が宿っており放置すれば必ず悪事を働くため、それを防止するための仕組みの1つとして人事異動を行うという性悪説の発想が根幹にあります。

日本の会社の人材に対する考え方

それに対し日本では、人には無限の可能性があり、育て方次第で途方もなく大きな成果を生むという無邪気な性善説をベースにした会社が多くみられます。

不正防止という牽制(けんせい)効果よりも、多くの人が触れ合うことにより様々な「気づき」が生まれ業務の効率性、有効性を高めること。

事業構造の大胆な転換にも対応できる多能工の養成を意図して、人事異動を行っているように考えられます。

人事異動は会社の新陳代謝のひとつの方法

人が老化するのと同じように、会社も何もしなければ劣化します。会社が毎年新入社員を採用する一方で退職者を送り出し、また人事異動を繰り返すのは、組織が停滞し腐敗することなく目的の実現に進んでいくためです。

そうした中で、性善説と性悪説のバランスの取れたマネジメントを行っている会社がエクセレント・カンパニーとして末永く繁益できるのではないでしょうか。

人事異動のあり方をみれば、その資格を満たす会社か否かをある程度判断できるかもしれません。

異動願いの書き方は、
異動願いの書き方と提出方法。ベストなタイミングと宛先は?

人事異動にはいわゆる「栄転」、そして「左遷」といわれるものがあります。ところで、栄転の意味ってなんでしょうか?
栄転とは? 栄転、昇進、異動、転勤、左遷の違いは?

人事異動に納得がいかない、ふざけんな!絶対「拒否したい!」という場合は、
人事異動拒否できるケースとは? 理由なく断ったら…?

単に異動だけでなく、役職も上げて欲しいもの。会社や組織の役職の順位は?
『島耕作』で学ぶ、役職の順位。会社での偉い順一覧

人事異動の決定は、いったい誰がどう決めているのでしょうか?人事のブラックボックスについて気になったら、
人事異動の決定方法は?誰がどう決めている?【表向き編】

人事異動の意味を正しく捉えて、あなたが納得して業務に打ち込めますように。