志望動機で勝負をかけよう|履歴書の書き方 | はたらくす

志望動機で勝負をかけよう|履歴書の書き方

志望動機の履歴書での書き方 履歴書・職務経歴書

学歴や職歴などの変えられない過去の経歴と異なり、その人の今の状態や意志、思いを表すのが、志望動機です。
履歴以上に「この人に会ってみたい」と思わせるポイントは、志望動機であると言っても過言ではありません。

あなたの志望動機が採用担当者の心に響くかどうかは「この会社で何をできるか」「今までの経験を活かして何をしたいか」をしっかりと伝えられるかにかかっています。


1.志望動機には何を書くか

志望動機は、採用担当者の注目度が高い項目です。また同時に、どう書けばよいか悩む人が多い項目でもあるでしょう。

一般的に書きがちなのが「安定性」「将来性」などの言葉ですが、これらのありがちなキーワードだけで終わらせてはいけません。これらの言葉は、採用する側からすると、安定性や将来性があれば、どんな会社でもよいのではないかと感じさせてしまうからです。

また「未経験だが、貴社で学びたい」「残業や転勤がない」などのワードも、危険です。
会社は学校ではなく、仕事をする場です。「未経験者OK」「残業や転勤がない」ということをアピールポイントにしている会社だとしても、経験や仕事への意欲があり、必要であれば会社の都合に応えてくれる人が好ましいと感じる傾向にあるでしょう。

経験者に限る、残業や転勤が前提であるという会社で、未経験者だったり、残業や転勤ができなかったりする事情がある場合は、応募自体を控えた方が無難でしょう。

志望動機欄で書くべきなのは「自分がこの会社で何をできるか」「今までの経験を活かして何をしたいか」ということです。

それでは、具体的な書き方を見ていきましょう。

スポンサードリンク

2.志望動機の具体例

(1)同業種での転職

同業種での転職の場合は、採用担当者があなたの前職の仕事について理解がある場合が多いでしょう。

さらにアピールするためには、応募先にフィットした実績や経験をピックアップします。
そして、その経験からどのように貢献ができるかを、具体的に伝えていきます。

現職では、コールセンターの企画運営職として新規立ち上げからかかわり、方針の策定やKPI分析などの管理部門や、オペレーターの採用・育成からスーパーバイズなどの人事部門など、幅広く経験して参りました。これらの経験を活かして、コールセンター運営にかかわる業務全般につき、ぜひ担当させていただきたいと思っています。特にオペレーターの定着率については、工夫を重ねて右肩上がりにアップさせることができており、この点でも貴社に貢献することができると考えています。

(2)異業種・職種への転職

異なる業種や職種への転職の場合、採用担当者は、あなたがどのような仕事をしていたのかを理解していないかもしれません。

まずは、なぜ異なる業種や職種に転職しようとしているのか、前職にはないどのような魅力を感じているのかを伝えます。
そして、前職を活かせるポイントを明確にし、この会社では自分がどのようなことができるかを伝えます。

前職ではパチンコやスロットの販売会社で、営業やカスタマーサポートの仕事をして参りました。販売全般を経験し、特に営業では、10人の営業社員の中で、常にトップ3の成績を収めてきました。今後は薬品販売という人の役に立つ仕事で、自分の営業力や顧客対応力を貴社で活かしていきたいと考えています。

(3)ブランク後の就職

ブランクがある場合には、前職でどのように仕事に取り組んできたか、ブランク期間中にどのようなことを工夫してきたかを具体的に伝えましょう。そのことにより、ブランクがあっても問題がないことをアピールします。

また、ブランク中に資格を取ったり、スクールに通ったりした場合には、それを書くことも好印象につながります。

前職では、書店での業務全般として、店頭対応や品出し、入荷する本の選定、POP書きなどを担っていました。該当商品のある棚を速やかに案内したり、漠然とした要望に対して、具体的な書名をいくつか上げたりなど、豊富な商品知識と、商品がどこにあるかを把握している記憶力が強みでした。休職中も、新刊本をこまめにチェックしたり、書店でトレンドを確認したりしてきました。このような経験を活かして、貴社での業務に携わりたいと考えています。

3.志望動機がまとまらない時には

志望動機は、履歴書を書く時のひとつの山場です。

もし、うまくまとまらないと感じる時には、自分の棚卸しでミスマッチを防ごうを参照して「自分がなぜその会社に魅力を感じているのか」「自分がどのような仕事をしたいと考えているのか」を改めて確認してみましょう。

志望動機が書けたなら、あとはもう一息。免許・資格や趣味・特技でアピールするコツを読んで、履歴書を仕上げましょう。

 
(構成・ライティング:なかおかともみ)

塚田 康祐 (株式会社サポルテ 代表取締役)

「人の無限の可能性を引き出す」がミッション。
経営者から管理職、一般社員までの全ての会社員を対象に、目標達成や人材育成をテーマとした研修を、年間200回以上実施している。

1959年 札幌生まれ。
人材ビジネス業界で13年間に亘って管理職を務めた後、2002年に『ビジネスコーチ』として独立。
2008年に人材教育会社 ㈱サポルテを設立する。

【所持資格】
中小企業診断士
CPCC(プロコーチ認定資格)
キャリアカウンセラー(CDA)
認定レジリエンストレーナー
肥満予防健康管理士
アンガーマネジメントファシリテーター

監修者 塚田 康祐をフォローする