「編年体」と「キャリア別」 どちらで書くのが正解か|職務経歴書の書き方 | はたらくす

「編年体」と「キャリア別」 どちらで書くのが正解か|職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方 履歴書・職務経歴書

「編年体形式」「キャリア形式」
職務経歴書には、大きく分けてこの二つの形式があり、経歴によって使い分ける必要があります。

自分の経歴にはどちらの方式があっているのか、まずは確認してみましょう。


1.職務経歴書のまとめ方には「編年体形式」と「キャリア形式」がある

職務経歴書とは、採用担当者から会いたいと思われる履歴書・職務経歴書のなかで説明している通り、どのような会社どのような仕事をし、どのような成果を出したかについて、具体的に伝えることが目的です。
このため、職歴のタイプによって、いくつかのフォーマットが使われています。

(1)編年体形式

編年体形式は、時系列に仕事内容をまとめた書き方です。
会社ごと、配属先ごとに、担当した業務内容や実績を記載していきます。

ひとつの会社や部署、職種の経験が長い人に適した書き方です。また、履歴書のように、古い方から書くのが一般的ですが、職歴が多い場合など、最新の実績をアピールしたい人は、最新のものから書いても差支えありません。

編年体形式の記載例はこちらから

(2)キャリア形式

キャリア形式は、業務内容やプロジェクトごとにまとめた書き方です。
職種やプロジェクトなどで分類した業務内容や実績を記載していきます。

多様な職種に携わっている人や、プロジェクト単位で仕事をしている技術職の人などに適した書き方です。

キャリア形式の記載例はこちらから

スポンサードリンク

2.職務経歴書に盛り込む基本項目

職務経歴書は、A4サイズで1枚から2枚にまとめるのが基本です。
書き方に特に決まりはありませんが、以下の項目は最低限盛り込みます。

(1)タイトル

一行目に「職務経歴書」と大きめの文字サイズでいれます。

(2)日付・氏名

日付は、職務経歴書を作成した日を記入し、すぐに郵送するのが基本です。また、履歴書と同じ日付にします。
事情があって投函が遅れる場合には、投函する日を記入してもOKです。未来の日付を書く場合には、先方に届く日よりも先の日付にならないように注意しましょう。

日付の下に、氏名を記入します。

(3)職務経歴

履歴書と同様に、正社員として在籍してきた勤務先は全て記入します。アピールできる内容がある場合は、正社員以外の職歴を書いても差支えありません。

履歴書とは異なり、留学・再入学などの履歴については、省略します。

(4)資格・スキル

応募するのに必要な資格やスキルは、もれなく記入しましょう。履歴書同様、応募先が求めていることにそぐわないものは、省略します。

具体的な記載内容は、免許・資格や趣味・特技でアピールするコツをご参照ください。

(5)自己PR

職務経歴には盛り込みにくい実績や、得意分野を記載します。
「努力しました」「頑張ります」などの、具体的な成果が見えないまとめ方では、採用担当者へのアピール力に欠けるため、注意しましょう。

さて、職務経歴書の全体が把握できたら、職務経歴と要約・自己PRのポイントで具体的な書き方を確認してみましょう。

 
(構成・ライティング:なかおかともみ)

塚田 康祐 (株式会社サポルテ 代表取締役)

「人の無限の可能性を引き出す」がミッション。
経営者から管理職、一般社員までの全ての会社員を対象に、目標達成や人材育成をテーマとした研修を、年間200回以上実施している。

1959年 札幌生まれ。
人材ビジネス業界で13年間に亘って管理職を務めた後、2002年に『ビジネスコーチ』として独立。
2008年に人材教育会社 ㈱サポルテを設立する。

【所持資格】
中小企業診断士
CPCC(プロコーチ認定資格)
キャリアカウンセラー(CDA)
認定レジリエンストレーナー
肥満予防健康管理士
アンガーマネジメントファシリテーター

監修者 塚田 康祐をフォローする