『この人を面接に呼びたい!』と思われる履歴書・職務経歴書とは | はたらくす

『この人を面接に呼びたい!』と思われる履歴書・職務経歴書とは

履歴書・職務経歴書で差をつける! 履歴書・職務経歴書

自己紹介の役割を果たす履歴書と、プレゼンテーションの役割を果たす職務経歴書。

これらにこそ「採用担当者に『この人に会いたい』と思われるための秘訣」が潜んでいることを、あなたはご存知でしょうか?


1.履歴書と職務経歴書の違い

履歴書と職務経歴書はそれぞれ役割が異なります。

履歴書とは、既定のフォーマットに沿った「自己紹介」です。
対して職務経歴書とは、自分のこれまでの実績を伝える「プレゼンテーション」の一種といえます。

(1)履歴書はフォーマットに沿った「自己紹介」

履歴書は、その人のビジネスに係る側面を伝えるための「自己紹介」です。
履「歴」書という通り時系列で書くもので、以下のような必須項目が盛り込まれています。

・基本情報・・・住所や連絡先
・時系列の情報・・・学歴や職歴
・思いを伝える・・・志望動機など
・能力を伝える・・・免許や資格自己PRなど
・人柄を伝える・・・趣味や特技など
・要望を伝える・・・特記事項など

(2)職務経歴書は経験や実績の「プレゼンテーション」

一方の職務経歴書は、「職務」と書かれている通り、経験した仕事について詳しく伝えるための書類です。どのような会社でどのような仕事をし、どのような成果を出したかについて、具体的に伝えることが目的です。

履歴書のような時系列の書き方だけではなく、職種ごとやプロジェクトごとなど、キャリア毎にまとめるフォーマットを使うこともできます。
時系列で書く場合にも、履歴書のように古い方から書くのではなく、最新の職歴から書くこともできます。

記載する内容も自由度が高く、自分の職歴に合わせて自由なアレンジが可能です。それぞれの書類の目的を踏まえて、充実した内容の書類を作りましょう。

スポンサードリンク

2.採用面接を「お見合い」に例えたら

さて就職、なかでも中途採用のためのプロセスは、

応募書類の送付

書類審査

面接

採用

という流れで進むのが一般的です。

これを結婚相談所を活用した「婚活」になぞらえて、就職が「結婚」、面接が「お見合い」だと見立てると、履歴書や職務経歴書はどのような役割を果たすものなのでしょうか。

(1)履歴書は結婚相談所に登録するときの「写真とプロフィール」

就職活動における履歴書は、結婚相談所に登録するときの「写真とプロフィール」のような存在です。選ぶ側としてはフォーマットが決まっているので、比較的容易に複数の候補者を見比べることができるのが利点です。

そのためこの段階では、求められている条件を満たしていることをしっかりと伝えることが大切です。

採用担当者に関心を持ってもらえるかどうかは、この段階にかかっているといっても過言ではないでしょう。

(2)職務経歴書は結婚相談所の「アドバイザー」

一方の職務経歴書は、結婚相談所の「アドバイザー」のような存在です。

プロフィールで求めている条件を満たしているとわかれば、その人についてもう少し、具体的に知りたくなりますよね。

その時に、結婚相談所のアドバイザーのように「この人の良いところはこの部分で、この点があなたと気が合いそうですよ」と積極的にアピールする役割を果たすのが、職務経歴書です。

何人もの候補者のプロフィールを並べて、どの人と会ってみようか迷っている相手の心を動かし、お見合いに進めるかどうかは、このアドバイザーの働きにかかっているといっても過言ではありません。

3.採用担当者に「会いたい!」と思われる秘訣とは

(1)アピールするとき、何を伝えるのか?

採用担当者が「会いたい」と思う履歴書や職務経歴書には、秘訣があります。

あなたが気になる人にアピールをするとき、何を伝えようとするかを考えてみてください。

きっとまずは、自分の好きなこと、得意なことが浮かぶでしょう。

かといって、スポーツに興味のない人に、自分の好きなサッカーの話を延々としたり、ファッションには関心がない相手に今年の流行色のことを語ったりしても、関心を持ってもらうのは難しそうですよね。

(2)会社と自分とのマッチングが大切

履歴書や職務経歴書も同じです。

中途採用の場合には特に、ある職種で人が不足しているため、その仕事ができる人を採用するために募集することがほとんどです。
採用されるためには、自分がその会社で必要としている能力を持っていることを、しっかりと伝えなければなりません。

自分が有用であることを伝えるには、相手が何を求めているかを見極めることです。

求人を見る際には、つい条件面に目がいきがちです。しかし、応募したい企業が見つかったら、まずは募集要項に書かれている募集職種や、その会社のサイトなどに書かれている事業内容等を把握しましょう。

そして、自分ができることや希望する働き方と、会社が求めている要件がマッチするかを確認し、それを手掛かりにして、履歴書・職務経歴書を書きましょう。

これが、採用担当者に「ぜひ、この人に会いたい!」と思われる秘訣です。

それでは、履歴書・職務経歴書を書き始める前に、書く前に確認したい7つのポイントをチェックしてみましょう。

(構成・ライティング:なかおかともみ)

 

塚田 康祐 (株式会社サポルテ 代表取締役)

「人の無限の可能性を引き出す」がミッション。
経営者から管理職、一般社員までの全ての会社員を対象に、目標達成や人材育成をテーマとした研修を、年間200回以上実施している。

1959年 札幌生まれ。
人材ビジネス業界で13年間に亘って管理職を務めた後、2002年に『ビジネスコーチ』として独立。
2008年に人材教育会社 ㈱サポルテを設立する。

【所持資格】
中小企業診断士
CPCC(プロコーチ認定資格)
キャリアカウンセラー(CDA)
認定レジリエンストレーナー
肥満予防健康管理士
アンガーマネジメントファシリテーター

監修者 塚田 康祐をフォローする