転職をすると給料が下がる?転職で変化する給与対策

転職 給料下がる

転職をすると給料が下がる?転職で変化する給与対策

スポンサードリンク

転職をすると、必ず給料は上がるものなのでしょうか?

出来ることなら、転職で給料も上がると嬉しいけれど、給料が下がってでも転職したほうが良いケースがあるのも事実です。

転職をしてから「こんなはずじゃなかった!」と後悔をしないように、転職の際の初年度年収から見る「給料が下がっても成功したと言える転職の事例」について、お伝えしていきたいと思います。


スポンサーリンク

給料が下がりやすい転職ケース

1. 異業種・異職種に転職をする場合

いままでとは異なる業種や職種で転職をした場合は、未経験での採用になるため給料が下がりやすいです。

もちろん、現職の業界の平均給料が低いなどの事情がある場合は、この限りではありません。

しかし一般的には、未経験の業界・職種へ転職をする場合は、給料が下がることを覚悟すべきでしょう。

異業種・異職種への転職を検討する場合に気をつけたい点は、この2点です。

  • 年齢を重ねるごとに異業種・異職種への転職ハードルは高くなる
  • 業種や職種によって年齢別の平均給料が大きく異なる

1才でも早いほうが未経験の業界、未経験の職種への転職は叶いやすいため、その点を考慮して転職に踏み切るかどうかを検討するようにしましょう。

平均給料が高い業界や職種を選べば、一時的に給料が下がったとしても、結果的にいまの会社の給料より上がる可能性が高くなります。

逆に、選んだ業種・職種の平均給料が低ければ、転職して長く勤務をしたとしても、給料が右肩上がりで上がることは期待できないでしょう。

選んだ業種・業界で、将来期待できる給料の額も決まりますので、しっかりと事前に情報収集をした上で、転職活動をするようにしましょう。

2. 現職で残業手当が多く支給されている場合

いまの会社で残業を多くしていた場合、転職をきっかけに残業時間が減り、給料が下がるということも起こり得ます。

1日8時間を超えた労働に対して、1.25倍の時給計算で残業代が支払われます。

更には22時を超えた残業に対しては、そこから更に1.25倍した時間単価の残業代が支払われるようになりますので、日中の業務時間の単価よりも残業時間の単価は高いのです。

そのため、残業を多くしていればしているほど、それがなくなった時の給料への影響は大きいでしょう。

転職してから給料の額で後悔することがないように、

  • 現職の会社の給与が業務時間内の純粋な給料
  • 残業代として発生している給料がいくらなのか

などの、内訳を把握しておくことをオススメします。

3. フルコミッション・歩合制の会社に転職する場合

現職が固定給の会社で、転職先がフルコミッションや歩合制の給料体系になる場合、確実に保証される給料額が下がります。

ただしその分、固定給では貰うことの出来ない額の給料額を目指せるというメリットがあります。

この給料体系が導入されている割合が高いのは「営業職」です。

特に、保険・住宅・教育・医療に関する業界では、フルコミッション・歩合制の導入が進んでおり、会社員ながら年収数千万を実現している人も少なくありません。

デメリットとしては、給料額が安定しないためという点が挙げられます。

フルコミッション・歩合制の給料体系をメリットと見るかデメリットと見るかを冷静に考えて、転職先の選択肢に入れるかどうかを検討していきましょう。

スポンサードリンク

給料が上がりやすいケース

1. 同業種・同職種で実績を考慮された転職の場合

即戦力として転職先から期待されて入社する場合、給料の待遇も考慮されることが多いです。

その条件が叶いやすいのが、同業種・同職種への転職です。

その人の業務経験や実績はもちろんですが、同業種・同職種で転職をする場合、いままで培ってきた人脈が大きく考慮される場合もあります。

同業種・同職種への転職の場合、転職先の企業から「来てほしい」と懇願されることもあるでしょう。

そのような場合は、給料待遇などの条件交渉も可能な場合がありますので、転職で給料を上げたい人にはオススメの方法です。

2. 現職より役職が上の立場で転職が決まった場合

採用の間口は狭いですが、いままでより上位の役職で転職をした場合、それに伴って給料も高くなりやすいです。

ただしいままでの業務で出してきた相当な実績が必要となることが多く、実現するハードルは高いでしょう。

最初から役職が上の立場でも転職を実現しなくても、昇給・昇格がしやすい環境にある会社を転職先として選ぶというのも良いですね。

役職が上がるということは、その分の手当てが支給される場合がほとんどです。

筆者も、転職の際に一時的に年収が下がりましたが、役職に就いたことで年収が200万円アップした経験があります。

役職に就く、マネジメントの立場に就くというのは、確実な給料アップの方法と言えるでしょう。

https://ad.presco.asia/cl/?b_id=i4TQwblL&t_id=1

3. 給与水準が高い大手企業に転職する場合

同じ職種であっても業界が違えば、給料の水準は全く異なります。

また、企業規模によっても給料の水準は異なっており、資本力のある大手企業の給料水準はやはり高い傾向にあります。

既に大手企業に勤めている場合はこの限りではありませんが、現職の会社が中小企業の場合は規模の大きな会社への転職を目指してみてはどうでしょうか。

株式上場している企業の場合、社員の平均給与なども公開していますので、参考にしてみるのも良いでしょう。

給料が下がっても後悔しない転職とは?

1. 諸手当・福利厚生が充実している

基本給以外に、諸々の手当てや福利厚生の有無によって、社員として受けられる恩恵は大きく異なってきます。

例えば、住宅手当は全く出ない会社も多い反面、仮に家賃の半額出る会社に転職をした場合、会社が補助してくれる金額は、給与アップしたと置き換えることができます。

それ以外にも、スポーツジムや習い事などを社員割引で安く利用できることも、給与アップと捉えることができます。

会社と金融機関が提携をして、社員向け特別金利で住宅ローンが組めるような福利厚生もあります。

このように目に見えない会社からの補助は、社員の生活の負荷を減らすべく多大な貢献をしてくれています。

給料の額だけで判断せず、手当・福利厚生も含めて、トータルで自分の生活がどうなるのか?を判断するようにしましょう。

2. 将来的な給料アップが期待できる

転職の際に一時的に給料が下がったとしても、その給料がずっと続くわけではありません。

会社によっては定期昇給の制度がある場合もあれば、役職が多く配置されており比較的昇格しやすい環境にある場合もあります。

転職をした場合、長く勤務する前提のはずですので、目先の数字だけではなく、将来的に得られる給料がどうなのか?という視点を持つようにしましょう。

特に現職で年2〜3回のボーナス制度がある会社に勤務をしている場合、転職に伴い、ボーナス支給がされないタイミングが出てくるはずです。

ということは、初年度は年収が下がる可能性が高いということです。

在籍して年数が経った人たちの給料水準を聞き、将来的に年収アップが見込める会社かどうか判断したいものですね。

3. 未経験の業界・業種にチャレンジできる

未経験の分野にチャレンジする場合、どうしても給料が下がりやすくなります。

それでも、未経験でチャレンジできる環境に恵まれるということはすごいことです。

歳を重ねる毎に未経験分野への転職は厳しくなっていきますので、一度きりの人生でチャレンジしたいことあるのであれば、思い切ってチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

最初は未経験の分野でも、経験と実績を積めば「経験者」として扱われるようになります。

そうすれば、またステップアップする機会にも恵まれていきます。

給料には変えられない目標や叶えたい夢がある方は、ぜひチャレンジしてみましょう。

4. プライベートな時間を確保できる

仕事は私たちの生活の一部です。

毎日仕事ばかりしていると、大事な家族との時間がおろそかになってしまうことや、自分ひとりの時間を確保できずにストレスになってしまうこともあるでしょう。

もし、生活における優先順位を「仕事」以外に置きたい場合、思い切って残業が少ない仕事に変えてみてはいかがでしょうか。

その分、給料が減るかもしれませんが、人生の充実・仕事の充実は給料の額だけで測ることはできません。

自分が転職で叶えたいことは何かを明確にした上で、転職活動に挑みたいものですね。

5. 心地よい人間関係の中で仕事ができる

人間関係は私たちに大きな影響を与えます。

一説には人の幸せの80%は人間関係が影響していると言われるほどです。

いくら給料が高くても人間関係に不満があると、体調やメンタルに影響し長期的に見ると健康を害する原因となってしまいます。

もし、現在の会社の人間関係に不満があり、何らか不調も感じているのであれば、給料が下がったとしても転職することをオススメします。

心の安定や安らぎがあることで人は幸せを感じ、穏やかに過ごすことができるでしょう。


転職をして給料が下がった時の補填する方法

1. 就業促進定着手当を申請する

再就職後の賃金が前職の賃金を下回る場合、「就業促進定着手当」を申請することができるようになっています。

  • 再就職手当の支給を受けていること
  • 再就職の日から、同じ事業主に6ヶ月以上、雇用保険の被雇用者として雇用されていること
  • 所定の算出方法による再就職後6ヶ月間の賃金の1日分の額が、離職前の賃金日額を下回ること

申請するためには、 この3つの条件に当てはまっていることが必要です。

平成26年から始まった制度で、申請が通れば基本手当の支給残日数の40%を上限として、低下した賃金の66ヶ月分の支給を受けることができます。

国が用意してくれている制度は上手に活用したいものですね。

2. 副業をする

副業をして実質的な手取りを増やすという方法もあります。

いまや政府も副業解禁の方向に舵を切っており、会社員が副業をしやすい環境になってきています。

投資はリターンが読めないところがありますが、不用品をネットで販売したり、自分の持っているスキルを人に教えて対価を得たりするなどは、短期的に報酬を得やすい方法です。

自分に合った副業を探してチャレンジしてみるのも良いでしょう。

3. 残業をすすんで行う

無意味な残業は避けたいところですが、残業をすることで給料が増えるということも事実です。

減った給料の額を少しでも増やしたい場合、自分の担当業務をいまよりも広げて業務量を増やしてみてはいかがでしょうか。

また、他の社員の方のサポートを積極的に行うというのも良いですね。

必然的に残業時間が発生し、給料の額が増えることになるでしょう。

https://ad.presco.asia/cl/?b_id=vIkq7dhi&t_id=1


転職での給与の変化は悪いことばかりではない

転職で給料が下がることになっても、それを悲観することはありません。

給料が下がるということが一過性の場合もありますし、給料の額以上に叶えたい優先すべきことを叶えることで、理想の働き方に近づく場合もあります。

大事なことは給料だけでなく、自分の人生にとっての優先順位を明確にした上で転職活動をすることです。

すでに給与面で不満をもっているなら、
「この給料では割に合わない」と不満を感じたら実行すべき5つの対策

転職先の探し方については、
転職先の探し方を徹底解説!これなら見つかる希望の仕事へ8ステップ

あなたが、給与以上に魅力的な仕事に転職できますように。

2019/08/29

スポンサーリンク
この記事も一緒に読まれています