「経験者優遇 未経験者歓迎」の求人を【未経験者】が勝ち抜く方法5 | はたらくす

「 未経験者歓迎」と「経験者優遇」の求人はどう違うのか【徹底解説】

未経験者OKの求人は? 仕事探し

これまでの仕事とは違う業界や職種に就きたいと思ったときに調べるのが、
未経験者歓迎」の求人です。

転職サイトなどで求人の詳細を見ると

未経験者は一から指導
研修が充実

ものによっては
未経験者可

などと書いてあります。

こうして未経験者の採用に積極的な会社を見つけることができますね。

一方で、
「未経験者歓迎」としながらも、

経験者優遇」と同時に書いてある求人もあります。

……これだと、どちらが優先なのか悩んでしまいますよね。

今回は、未経験者に焦点を当て、「未経験者」を求める本当の意味や「経験者優遇」の理解の仕方などを紹介します。

そして未経験者なりの売り込み方を解説していきます。


1.「未経験者歓迎」の本当の意味

企業が未経験者を求める理由は、基本的には、「経験者を求めても、応募がない(少ない)」からです。

その中でも、細かく分けるといろいろな企業側の事情があります。企業側にとっての積極的な理由から順に説明したいと思います。

① 急募案件で採用までのスピード重視!

欠員補充などが理由で採用を急いでいる場合、経験者に絞っていると応募者数が少なく採用確率が下がる可能性があるため経験を問わないということが考えられます。

じっくり良い人材を探すというよりも、早く入社して業務に慣れていってほしいという思いが強いため、未経験でも入社後にカバーできそうだといった対応力を認めてもらえると、採用への評価は高まるでしょう。

また、そもそも経験者を探す方が難しい場合は、経験者に限定すると更に採用難易度が高くなってしまうので、経験不問にすることが多くなります。

② 専門性のある若手育成

それは、「未経験者=若い=育てる」というのが一番の積極的理由です。

求人条件でさらに、30歳以下といったような実質的な年齢制限があればこの意味合いは強くなります。

企業の社員の年齢構成でベテランやミドル層はいるが、若手が少ない時には専門性や技術の後継者を採用するために敢えて「未経験者歓迎」とします。

「育てる」という意味では、「3ヶ月間の研修制度あり」とか「マンツーマン指導制」といったような言葉が続き、先輩社員がしっかり指導する体制があることを示しています。

第二新卒などでのポテンシャル採用では、新卒よりは社会人のとしての基礎的な能力が身についていることを見越して、専門性の部分を新たに教育しよという意図があります。

③ 人材の多様性を拡大。社内に新たな風を吹かせたい

企業内の新規事業部門や、ベンチャー企業、変革を推進している環境では多様性を拡大させて視野を広げ、新しいサービスを作ることを目指している場合です。

経験者ばかりだとこれまでの知識や視点が邪魔をして新しい発想が出てきません。そこでチームを活性化させるという意図で未経験者を入れるのです。

違う分野での経験があるからこそ問題点や、無駄な作業に気付くこともあるため、第三者的な視点を期待されている一面もあります。

指導

④ 求人倍率の高い人手不足な職種

職種によっては慢性的に経験者かつ転職しようと考えている人が不足しています。

求人倍率3倍とか5倍とかいう人手不足の職種です。

また、経験者の応募があっても、年齢やヒューマンスキルで基準に達せず、採用には至ってないケースがあります。

こんな場合、企業はいつまでも人の足りないポストを空席にしておくわけにはいかず、「未経験者採用」に踏み切ることがあります。

⑤ 仕事に馴染みがなくイメージされにくい職種

結局、③と同じ理由になるのですが「経験者求む」とか「経験者優遇」と叫んでも自社の望んでいる通りの人材が応募してくれるとは限りません。

たとえば、B to B企業(消費者向けの商品をもたず、もっぱら企業同士で取引している会社)で一般人に知られていない企業や仕事内容は、志望者にとっても馴染みがありません。

(逆の「B to C」企業(一般消費者向けに販売している)であればなんとなく仕事へのイメージが持てることが多いので応募への心理的な負担は比較的軽くなります)。

その仕事をしている人の絶対数も少なく、仕事のイメージも持ちにくいとなると、そもそも経験者を探すことが困難です。
 

③④は、後段述べる、「未経験者歓迎」と「経験者優遇」が同時に書かれる場合に繋がります。

⑥ 仕事自体それほど専門性が高くない

これは掛け値無しで、未経験者であっても十分仕事ができるという判断の結果によるものです。

非常に簡単・単純な仕事で、すぐに覚えられ、すぐに戦力になるような仕事であれば、経験の有無にはこだわる必要がありません。

 

……以上が「未経験者歓迎」の背景となる採用事情です。

これで未経験者でも安心して応募できそうな気になったかと思います。

しかし、次の記事で詳しく述べますが忘れてはならないのが、「経験はなくてもいいのですが、その代わり何かPRするものがありますか?」という質問に答えなければなりません。

スポンサードリンク

2.「経験者優遇」の意味するもの

一方、「未経験者歓迎」に相反するのが「経験者優遇」です。

「〇年以上の経験者求む」とストレートに言われたらわかるのですが、「経験者優遇」は未経験者は絶対無理なのかという疑問を残す言い方ですよね。

この言い方に含まれる企業の思惑を見ていきましょう。

①経験者しか求めていない場合

それならそれとハッキリと「未経験者お断り」と言ってもらった方がわかりやすいかもしれませんが、募集要項でまさかそんな表現もできません。

曖昧さを残した表現ですが、経験者が欲しい!と言っていると考えてまちがいない場合があります。

この場合は、間違っても「未経験者でも相談に応じます。」なんて書くことは絶対にありません。

②経験者は給与面で「優遇」する場合

優遇の意味は、たとえば基本給が20万円とするが“経験の度合いに応じて優遇”つまり、同一職務で勤続5年の経験でそれなりのスキルが確認できれば25万円の基本給を支給する、といった感じです。

この背景には「未経験者でもかまわないが、基本給は20万円しか出せない」ということを言外に含んでいます。

逆に言えば、給与は高く積めないが「未経験者」でもかまわないということになります。

③“「未経験者歓迎」かつ「経験者優遇」”の場合

要はどちらも可能ということで、わかりやすく言えば、仮に2人採用するとして、1人は未経験採用で20万円、もう1人は経験者採用で25万円となる可能性があるということです。

企業にとってどちらの人材がいいか、それはある種“賭け”の要素もあります。

人材採用が難しいと言われるのは、本人の力の発揮とコストとの関係、環境の問題、上司や組織とのマッチング・・・これらは採用してしばらく働いてもらってからでしか判断できないからです。

逆に言うと、未経験者として受験する場合は「いまは即発揮するスキルを持ち合わせませんが、長い目で見れば必ず貴社にとって“得な買い物”だったと言ってもらえる自信があります!」というしかないということです。

経験者がなかなか集まらない仕事は狙い目!

「未経験」という言葉は文字通りわからないことが多く、気弱になりがちです。

しかし、考えてみればいま世の中で仕事をしている人たちも最初はみんな「未経験」から出発しているということです。

経験豊かな熟練者に、新人時代の話を聞くと必ず返ってくる言葉があります。

それは、しょっぱなは大変苦労をしたという話です。

先輩に叱られたこと、独学で専門知識を習得したこと、失敗ばかりしていたことなどいろいろ聞かされると思います。

しかし、それでも我慢して頑張ってここまで来れた自信が彼らの誇りです。

面接で「未経験」なのは認めざるを得ないのは当然ですが、「経験はありません。しかし・・・」のあとに続く言葉で、自分の今後の意気込みを示してやることです。

これが「経験者優遇」と「未経験者歓迎」のすき間を一気に縮めてくれます。

本当は経験者がいいのだが、未経験だけどこの人は育て甲斐がある!」と言わせることができればしめたものです。

 

・・・・とはいえ、実際問題なかなか難しい未経験の職種への転職…。

そこで、会員数600万人を超える日本最大級の転職サイト「リクナビNEXT」なら、大量の「未経験者歓迎!」求人があなたを待っています。

約85%が他社のサイトには掲載されていない求人、さらに転職活動を有利に進めるスカウトサービスや、自己分析ができる診断テストも無料で利用できます。

詳しくは、
希望の仕事がきっと見つかる!転職サービスNo.1の求人サイト
 
みけ

未経験者が転職を成功させるための具体的な注意点は、
「未経験者歓迎」の正社員求人で転職を成功させる9つの秘訣

あなたが臆せず未経験の仕事にチャレンジできますように。