SPI、玉手箱、TG-WEB……Webテストの見分け方と対策 | はたらくす

SPI、玉手箱、TG-WEB……Webテストの見分け方と対策

Webテスト 種類 見分け方 面接・適性検査

中途採用でも導入が進んできた適性検査。その適性検査を実施するのは新卒採用のみ、というかつての常識が覆されつつあります。

その理由の一つには、手軽に検査ができ、結果もすぐに確認できるWebテストが普及してきたことがあるでしょう。また、筆記試験や面接だけではわからない、応募者の潜在的な能力や人柄を確認したいというニーズも高まっているのもその理由の一つだと思われます。

ここではあらためて、Webテストの見分け方と対策についておさらいしてみましょう。


1. Webテスト問題の内容と対策は?

(1)適性検査の種類

多くの企業で実施されているのは、個人の行動特性や性格を調べる「性格・適性検査」と、国語的な能力を問う言語分野及び算数的な能力を問う非言語分野の「能力検査」との、2種を組み合わせたものが一般的だと言われています。

さらにここに、企業の特性や求める人材により、英語力を問う検査や、IT業界の職業適性を見るための検査などが加えられます。

これらの適性検査のうち、能力検査については事前に対策を行うほうが好ましいでしょう。なぜなら出題される様式に慣れることで、成績が確実にアップするからです。

(2)見分けることが、Webテスト対策の第一歩

さて、適性検査は、十数社から数十種類がリリースされています。

中でもよく挙げられるのは、「SPI」「玉手箱」「TG-WEB」の三社のWebテストとそのバリエーションでしょう。もちろんテストの中身は、それぞれ異なります。

つまり、志望する企業がどのテストを使うかを知ることが、テスト対策の第一歩となるのです。

スポンサードリンク

2.複数あるWebテスト対策、どう見分ける?

その企業で使用されているWebテストを知る方法としては、以下のふたつが有力です。

(1)自宅受験では配信されたURLから確認する

「SPI3」、「玉手箱」、「TG-WEB」を自宅で受験する場合には、画面表示からWebテストの種類を見分けられる可能性があります。

ただしこれらは、随時変更される可能性があるため、ご注意ください

「SPI3」の場合

① URLに「arorua.net」の文字が含まれている。
② WEBテスティング規約画面のページがある。
③ 回答時間が「約35分」の記載がある。

「玉手箱」の場合

① URLに「https://web●.e-exams.jp/」(●は1~3の数字)が含まれている。
② ログイン画面のURLに「shl.ne.jp」の文字が含まれている。
③ 「動作テスト●分」という表示がされる。
④ 9分50問(四則逆算型)、20分20問(空欄推測型)、15分29問(図表の読み取り型)の表示がされる。

「TG-WEB」の場合

① URLに「http://assessment.c-personal.com/」もしくは「http://assessment.e-gitest.com/」の文字が含まれている。
② 「制限時間が言語12分・非言語18分」(従来型)、「言語7分・非言語8分」(新型)の表示がされる。

(2)過去の検査種類を調べる

企業で使用されているWebテストを知る一番確実な方法は、就職情報サイトを確認したり、その会社に入社している知人・友人などに問い合わせたりして、過去に使われた検査の種類を調べてみることです。

もちろん企業が利用する検査の種類を変える可能性もあります。しかし、採用した人材と検査結果を比較し、その後の採用に活かすという側面もあるため、同じものを継続して使うケースがほとんどです。

このため、古くからテストを導入している企業ほど、前年までの検査と同じものを使う可能性が高いと考えられます。

『この業界・企業でこの「採用テスト」が使われている!』(SPIノートの会著 洋泉社)には、1200社の使用テスト速報が掲載されています。

この業界・企業でこの「採用テスト」が使われている! 【2020年度版】

この業界・企業でこの「採用テスト」が使われている! 【2020年度版】

SPIノートの会
1,620円(10/31 15:37時点)
発売日: 2018/09/03
Amazonの情報を掲載しています

こちらも有力な判断材料となるでしょう。

 

3. Webテストのふたつの目的と対策とは

これらのWebテストは、大きく分けて次の二つの目的で実施されます。

(1)面接前のふるい落とし

多数の応募者がいる際には、履歴書・職務経歴書やエントリーシートとテストの結果により、ある程度まで機械的に絞り込みを行うケースが見られます。このため、言語分野や非言語分野、英語力等の能力検査を事前に繰り返し練習しておくことによって、足切りのラインをクリアできる可能性が高まります。

まずは、応募先の企業が利用しているWebテストを見分けましょう。書籍やWeb上で多くの問題集が公開されているため、それらを活用して対策を行うことをお勧めします。

(2)求める人材像や自社の風土にマッチするか

この点については、テストで明らかになる性格適性や、能力テストでの得意不得意のバランスを見たり、面接で深く確認する項目の材料としたりするという側面が大きくなります。

適性を見る試験を課された場合には、あまり自分を飾らずに受験する方がよいでしょう。自分を偽った回答はいびつな結果として表れやすいですし、よしんば面接を通ったとしても、入社後に周囲の期待とのギャップで苦しむことになる可能性があるからです。


4.テストの結果が面接試験の質問に反映される、「SPI3」

現在、日本で最も利用されているといわれる適性検査のひとつが、日本で初めて採用を目的として作られたという「SPI」です。現在はバージョンアップして「SPI3」が実施されています。

「SPI3」の受験結果は、例えば大卒採用の検査の場合だと、職務への適応のしやすさが14項目・5段階で表示されたり、面接の際のコミュニケーションの取り方や面接の際に確認すべき25のポイントと77の質問例が出力されたりするようにデザインされています。

つまり、検査結果が採用の可否だけではなく、面接の場面や入社後の教育の際にも使用されるということです。


5.テストセンター型受験が多い「SPI3」攻略のポイント

(1)一問ごとの制限時間は気にしない

「SPI3」では、一問ごとに制限時間が決まっています。

一問一問に対して、標準的な回答時間の緑から、やや遅れている黄色、遅れているオレンジ、制限時間の赤に変わっていくバーで、残り時間が表示されますが、あせらずに取り組みましょう。答えられる場合には、しっかりと回答したほうが得策です。

(2)答えが全く分からない!そんな時には・・・

答えの見当がつかない問題は、すぐに見切りをつけて次の問題に移りましょう。
事前に「分からない問題は回答しないでください」と指示されている場合は、空欄のまま右下の「次へ」ボタンで、次の問題に進みましょう。間違った答えの数もカウントして、結果に反映されるされるため、当てずっぽうで回答するのは危険です。

一方、そのような指示がない場合は、誤った回答は数えません。時間をかけずに回答をして、次に進みましょう。

(3)右上のメーターで、時間配分をする

「SPI3」では、右上に二重の円が表示され、経過した時間と回答済みの問題の量が一目でわかるようになっています。経過した時間に対して残っている問題のボリュームが多すぎないように、バランスを見ながら時間配分ができるようになるのがベストです。

6.自宅受験型の実施率が高い、「玉手箱」・「TG-WEB」の各問題の特徴

(1)「玉手箱」は、企業によって問題構成が異なっている

一方、日本SHL社の「玉手箱」は、自宅受験型のWebテストの大きなシェアを占めています。
企業によって問題の科目構成や形式が異なっています。同じタイプの問題が繰り返し出される、1問当たりの回答時間が短い、などの特徴があります。

(2)「TG-WEB」は難しく、適性検査のパターンにはまらない問題が多出

同じ名前でも、従来型と新型の二種類のテストがあるのが、TG-WEBです。

従来型は、パターンにはまらない問題が出るのがポイントで、新型は短い時間にたくさんの問題を解かせるタイプのテストです。比較的難しく、しっかりと対策しないと解きにくいタイプの検査と言えるでしょう。

このようにバリエーション豊かなWebテストですが、事前に応募先の企業がどの会社の適性検査を使用しているかを把握し、能力テスト対策を行うことで、面接に進むことができる確率はぐっとあがります。
ぜひこの記事を参考にして、適性検査の対策を行ってみてくださいね。

(構成・ライティング:なかおかともみ)

塚田 康祐 (株式会社サポルテ 代表取締役)

「人の無限の可能性を引き出す」がミッション。
経営者から管理職、一般社員までの全ての会社員を対象に、目標達成や人材育成をテーマとした研修を、年間200回以上実施している。

1959年 札幌生まれ。
人材ビジネス業界で13年間に亘って管理職を務めた後、2002年に『ビジネスコーチ』として独立。
2008年に人材教育会社 ㈱サポルテを設立する。

【所持資格】
中小企業診断士
CPCC(プロコーチ認定資格)
キャリアカウンセラー(CDA)
認定レジリエンストレーナー
肥満予防健康管理士
アンガーマネジメントファシリテーター

監修者 塚田 康祐をフォローする