Uターン転職の志望理由は、ホンネとタテマエの整理がポイント! | はたらくす

Uターン転職の志望理由は、ホンネとタテマエの整理がポイント!

Uターン転職の志望理由 面接・適性検査

Uターン転職を目指す人の志望理由は、大まかにいってポジティブなものとネガティブなものに分かれます。

「地元に貢献したい」という前向きでまっすぐな気持ちを持って転職を目指す人は多いと思われますが、中にはさまざまな理由で「Uターンせざるを得なくなった」人もいるでしょう。

Uターン転職を成功させるためには、こうした前向き、後ろ向きの理由を整理して何をアピールすべきか(逆に何を黙っているべきか)を考えることが大切です。

面接のときにぜひ伝えたい志望理由と、逆にあまり言わない方がいい理由について解説します。


基本の「志望理由」

志望する企業への志望理由は自己PRの次に必須の想定質問です。

志望理由は、「2段階構成」と覚えて下さい。1段階目は企業そのものへのラブコール、2段階目はやりたい仕事への熱い想いです。

基本形は、

あなた
あなた

「私が御社を志望いたしましたのは、御社の○○(※1)です。その中で、△△職(※2)を志望いたしますのは、・・・だからです。」

となります。

(※1)ここには、志望している会社の経営理念や事業内容、新規事業などが入ります。

面接官は少なくとも自社を志望してくる人は、最低でも知っておいてほしいと思っていますので、リクルートブックやホームページをよく読んで気になるところから引用します。

(※2)ここは、営業職や事務職と言った、募集職種が入ります。

これが2段階構成の骨組みです。具体的な事例で紹介するとつぎのようになります。

 

あなた
あなた

「御社の事業展開をホームページや今回の募集要項で拝見しましたが、積極的な企業姿勢を感じました。

特に事業内容にある○○は、私が前職の営業でも経験し非常に興味を持っている事業です。
○○事業は今、過渡期にあると考えますが、御社の取り組みは他社の追随を許さないものであると思いました。

その中で今回の募集職種である営業職は、私のこれまでの経験を生かせる職種です。

職務経歴書にも書きましたが、前職では△△(ex商品群、地域、顧客層など)を担当しており、また営業成績は経歴書に書いた通り・・・といった結果を残しており必ずお役に立てると考え志望しました。」

基本の「志望理由」を参考にUターン転職に適した内容で考えていきましょう。

スポンサードリンク

1.Uターン転職の前向きな理由

(1)地元の活性化に貢献したい

転職面接の際に「地元に骨を埋める覚悟で」とか「人生の集大成として」といったことを述べれば、一段と意欲が伝わります。

「地元企業を発展させたい」、「いつかは地元で貢献したいと思い続け都会で能力を磨いてきた」といった発言からも強い意思を感じられます。

ただし前のめりになり過ぎている印象もあるので、使い方を誤らないように注意しましょう。

(2)自然を活かした仕事をしたい

1次産業や観光業など田舎のよさを活かした仕事をしたいという理由もおおむね好感をもって受け止められます。

ただし「農業や漁業などをなめている」と受け取られる恐れもあるので、謙虚な姿勢をみせることが大切です。

(3)気心の知れた仲間と働きたい

いまの仕事は嫌いではないが人間関係のストレスに耐えられないという人は、地元の信頼できる仲間(同級生やよく知っている先輩後輩など)と仕事をしたいと考えることもあるのではないでしょうか。

実際には仲間と仕事をしても失敗することは少なくありませんが、その気持ちには多くの人が納得すると思われます。

(4)豊かな自然の中で暮らしたい

一般的に地方の魅力は豊かな自然に囲まれている点にあります。

1次産業、食品加工業、観光業だけでなく、事務仕事でも大都会の高層ビル街より田園地帯の事務所で仕事をする方が安らぐ人もいるでしょう。

(5)趣味を楽しみたい

マリンスポーツ、ウインタースポーツ、アウトドアスポーツ、天体観測、ネイチャーフォトグラフなどを趣味にしている人の中には、都会よりも地方で暮らしたいと思う人が大勢いるはずです。

こうした私生活の充実を目的としたUターンは、転職先の会社の人たちにはよい印象を与えない恐れがあるため、あまり強調し過ぎないように注意することが大切です。

比較的小さな企業で、社長の趣味が自分と同じであるという情報をつかんでいれば、そこをアピールして一気に採用が近づくということもあるかもしれません。

(6)地元で子育てをしたい

地方では中学受験する子供は珍しく、高校まで公立の学校に通うことが普通なので教育費が抑えられます。

自然が豊かで親や親戚の支援を得やすい地元で子育てをするためにUターン転職を志すことも考えられます。

この理由も1次産業や観光業など自然の豊かさを売りした業種へ転職する場合以外では、あまり強調しない方が無難です。

(7)親の面倒をみたい

年老いた親の面倒をみるためにUターン転職を試みるということは、一般的に好意的な目でみてもらえます。

しかし、それは完全に個人的な理由なので転職先ではあまり口にすべきではありません。

(8)家督を継ぎたい

家業の工場、商店、旅館などを継ぐためにUターン転職をする人も少なくありません。

この場合、一般的には将来の跡継ぎとして周囲の人は温かく受け入れてくれます。

中には「親に無理やり呼び戻されたので仕方なく」という人もいるでしょうが、そうした後ろ向きの理由は表に出さないようにしましょう。

2.Uターン転職の後ろ向きの理由

(1)都会の生活に疲れた

Uターン転職の後ろ向きの理由の筆頭は、「都会の生活に疲れた」ではないでしょうか。

連日の長時間勤務、遠距離通勤、接待や友人とのつき合いに疲れ切って地元に戻るという人は、決して少なくないでしょう。

(2)残業したくない

都会では月100時間を超える残業も珍しくありませんが、地方でそこまでハードな働き方を恒常的に強いられる職場は限られます。

畜産業など休みを取りにくい業種もありますが、大方の地方企業では都会よりのんびりしたペースで仕事を進められます。

(3)通勤の負担を減らしたい

都会では片道1時間30分以上の通勤も珍しくありませんが、地方では銀行員や公務員などで転勤した人を除けば通勤時間が片道1時間を超える人は稀です。

Uターン転職すれば、かなりの確率で長時間通勤、そして通勤ラッシュの地獄からも開放されます。

(4)都会では再就職できない

非正規雇用で働いている人や40代以上の人の場合は、都会での再就職が難しいケースもあります。

再就職しやすい工場や飲食店の仕事で得られる給料では都会でゆとりある生活を送れないため、Uターンするという人も少なくありません。

(5)都会では生計を維持できない

都会ではカツカツの生活しかできないので地元に戻り親と同居したいと考えることもあるのではないでしょうか。

地元で生活基盤が安定すれば、収入が低くても結婚しやすくなるというメリットもあります。

(6)親に生活費を負担してもらいたい

親と同居すれば生活費に困る可能性は大幅に減ります。

少なくとも住宅費の負担は大幅に減るため、地元で給与水準があまり高くない仕事に就いても生活していけます。

(7)不祥事を起こした

不祥事の内容次第ですが、過料や執行猶予つき懲役刑などを科されれば同じ街には住み続けにくくなります。

仕事も業界を変えて自分の不祥事を知らない人しかいない場所で働く方が望ましいでしょう。

(8)配偶者のUターンにつき合った

自分は都会暮らしを続けたかったものの、配偶者が地元に帰らざるを得なくなったため一緒にUターンするというケースもあります。

看護師や美容師などの資格職業の場合は他の職種と比べ転職先を見つけやすく、こうしたケースにも対応は比較的容易です。

しかし、都会でしか出来ないような仕事をしていた人は、不本意なUターンを強いられたという気持ちが強く出てしまうことがあります。

(9)離婚した

とくに女性の場合は、離婚により住居を失い仕方なく地元へ戻る場合が考えられます。

田舎では「出戻り娘」として肩身の狭い思いをするかもしれません。

転職時には生活を立て直して再び都会に出るか、そのまま地元で暮らすかをよく検討することが大切です。


3.Uターン転職で志望理由としてアピールすべき点

(1)地元愛(伝統、自然、人間関係)

Uターン転職で一番アピールすべき点は「地元愛」です。

都会の荒波にもまれ生活する中で、地元のよさを再認識したことを大いにアピールしましょう。

祭などの伝統行事、海、山、川、湖など風光明媚な自然、子どもの頃からのつき合がある仲のよい親戚・友人・知人などに対する熱い思いを述べることが大切です。

(2)地元への貢献力(スキル、ノウハウ、人脈)

「地元愛」はUターン転職の動機として説得力があり重要なアピール要素になりますが、気持ちだけあっても能力がなければ企業は採用しません。

転職面接の際には、地元企業で活かすことのできる能力を示すことが重要です。

IT企業で長年にわたり業務用ソフトの開発プロジェクトに携わってきた、大手スーパーで鮮魚の仕入れ責任者を務めていた、有名メーカーで管理業務を幅広く担当したなど具体的なスキル、ノウハウ、人脈が分かるようなアピールをしましょう。


前向き後ろ向き両方の理由を整理することが大切

高校や大学を卒業した後に地元で就職せず、いったんは都会の生活を選んだ人がUターンすることには、迷い、不安、挫折感、後ろめたさなど複雑な気持ちがあるのではないでしょうか。

地元の発展に貢献したいという前向きな志を抱いている人にも、都会の生活を捨てることに対する迷いがあると思われます。

ましてや後ろ向きの気持ちでUターンを決めた人は、できれば都会に残りたいという気持ちを捨てきれないはずです。

Uターン転職を成功させるためには、前向き、後ろ向きの志望理由をきちんと整理して自分の気持ちに区切りをつけることが大切です。

いつまでの過去の都会生活のことを引きずらないで、将来の地元での暮らしを考え明るく前向きに過ごしましょう。

なかなか希望通りの仕事を探すのが難しい地方への転職。

しかし、会員数600万人を超える日本最大級の転職サイト「リクナビNEXT」なら、「地方の優良企業」の求人があなたを待っています。

約85%が他社のサイトには掲載されていない求人、さらに転職活動を有利に進めるスカウトサービスや、自己分析ができる診断テストも無料で利用できます。

詳しくは、
希望の仕事がきっと見つかる!転職サービスNo.1の求人サイト

地方の工場もいまは人材不足で未経験者も歓迎の優良な職場がたくさん募集をかけています。

工場はラインでの単純な組み立ての作業以外にもさまざまな職種があるので、意外とあなたの経験が活かせる仕事が見つかるかもしれません。
>>>未経験歓迎【工場ワークス】でお仕事探し♪


Uターンで仕事を探すときのポイントは、
地元に帰りたい!地方Uターン転職|地元で仕事を見つける10の方法

Uターン転職で後悔する理由30…事前に覚悟しておくべきことは?
地方には豊かな自然や広い家など都会にない良さがあります。 その一方、都会では当たり前のように享受できる日常生活の利便性や娯楽などをあきらめなければなりません。 アニメ映画『君の名は。』を観た人は、その落差がよくわかりましたよね?...

あなたがUターン転職を成功させることができますように。