圧迫面接|パワハラ・モラハラ質問に勝つ!質問への対応例 | はたらくす

圧迫面接|パワハラ・モラハラ質問に勝つ!質問への対応例

圧迫面接 勝つ 面接・適性検査

転職活動する人にとって、企業との面接は大きな難関です。

ある程度の基本質問の想定はできるでしょうが、実際の面接ではシナリオ通りにはいきません。

特にやっかいなのが、「圧迫質問」と言われるもの。

さっきまでニコニコしていた面接官が、急に険しい表情になって難しい質問をしてきます。

二人の面接官のうち、ひとりは優しげなのに、もうひとりが突然口を開いたかと思うと、とんでもないことを尋ねてくるということもあります。

わざと厳しく言っていて、むきにならずにうまく切り返す能力を見られているという話もありますが、それはないでしょ!……というひどい質問もあります。

これを乗り切って「内定」を獲得するのか、あるいはこんな会社は相手にせずさっさと「辞退」するのか?

難しい選択を判断するポイントについて解説します。


いい意味での圧迫面接

圧迫面接」。誰が言い出したのかわかりませんが、聞こえの悪い言葉ですよね。

受験者側の言葉であることは間違いなく、きっと嫌な思いをして出てきた言葉なのでしょう。

一方、企業側はこの「圧迫面接」についてどう考えているのでしょうか。

企業がこの面接で見ているのは、ちょっと厳しく聞いてみて「ストレス耐性」を試したり、質問への応答にあえて反論することで「切り返し」や「機転」、「粘り」ができるかということ。

「前職で頑張ったことは?」とか「志望動機は?」、「自分の長所は?」といった、いわゆる基本質問は志望者にとってほとんど想定内の質問ですので、準備をしてきた人にとってはそれらに答えるのはたやすいことです。

そこで始まるのが、いい意味での“圧迫面接”=追及質問ということになります。

スポンサードリンク

追及質問を担当する面接官

一般的に、面接に立ち会う面接官は2人以上です。

これは、質問者役と筆記役(評価役)に別れて観察するためですが、2人以上でやるもうひとつの理由は、「優しく質問して面接を引っ張るリード役」と「突っ込んで追及する役」に別れて面接するためです。

今回のテーマの“圧迫質問=追及質問”では、この突っ込み役が厳し目の質問をしてきます。

具体的には、基本質問はリード役が普通に尋ねてきますが、ちょっと和んできたところでもう一人の突っ込み役が待ち構えたように登場します。

具体的な質問例と応答例

それではこの基本質問を中心に、具体的によく使われる“追及質問”を紹介していきましょう。

最初の質問はリード役、次の質問(下線質問)が突っ込み役として読んでください。

1. 志望動機での追及質問

追及質問例

Q:「〇〇さんの当社への志望動機は?」

A:『はい、御社が現在取り組んでおられる事業は今後さらに発展する可能性があり、そんな会社で働きたいと考え志望しました。』

Q:「発展の可能性?どうなんでしょう、実は当社としてはその事業の発展性は社内でも半信半疑なのですよ。〇〇さんは、本当に発展するとお考えなのですか?」

追及質問の狙い

目指す会社への志望動機を聞かれ、ホームページやインターネットの業界ニュースで得た知識で会社の発展性や将来性を語って志望動機とするのは、面接する側も心得ています。

しかし、志望者がどこまで自社のことを研究して発展性や将来性について考えているのかは、これは面接する側としては突っ込んで聞いてみなければわかりません。

本当にウチの事業は発展性があると思っていますか?」とか、「当社の事業が発展性があると思われる理由はどんな理由ですか?」と優しく聞く方法もありますが、この質問だと「はい、御社のホームページに・・・と書いてありました。」と適当にはぐらかされる可能性があります。

これはこれで、ホームページをよく読んでいるというプラス評価は一応できますが、本気度という意味ではなかなか引き出すのは難しいです。

そこで、あえて「自社内でも半信半疑」と強めのボールを投げて反応をみようとしているわけです。

応答例とポイント

『御社の中での議論は存じ上げませんが、私が調べた内容では間違いなく発展性はあると考えます。理由としては・・・。』

『確かに、〇〇事業の最近の成長度合いは多少鈍化している点はありますが、まだまだ飽和状態とは思えず成長はあと数年は続くと考えます。』

相手である面接官はその会社の人間であり、論争になれば勝てるはずがありませんが、自分が言い出した内容なので突っ込まれても言い切ることが大切です。

追及されて、あれ?まずい!と思い、「そうなんですか~」とあっさり引き下がらないようにすることが大切です。

2. 自己PRでの追及質問

追及質問例

Q:「〇〇さんのいいところを自己PRして下さい。」

A:『はい、私の長所は粘り強い点です。学生時代からスポーツで鍛えた根性と粘り強さは誰にも負けない自信があります。』

Q:「でも、スポーツの粘りと仕事の粘りは全然違うと思いますが、いかがですか?」

追及質問の狙い

自分の長所は?と聞かれ、「積極性」とか「協調性」とかよく出てくる応答例です。

また、スポーツに絡めて「粘り強さ」や「チームワーク尊重」も、もっともらしい返事です。

志望者にとっては想定質問通りに対する応答なのですが、面接官にとってもあまり面白くない「想定応答」なのです。

最初の応答だけでは面接官には物足りないので、「もっと具体的に話してよ!」となるのですが、運動部での活躍話を延々と話されてもあまり面白いものではないので、突っかかる感じで「スポーツと仕事は違う!」と言っているのです。

応答例とポイント

『おっしゃる通り、スポーツとビジネスは違うかもしれませんが相通じるものはたくさんあると考えます。たとえば、スポーツもビジネスも当然目標というものがあり、それに向かってメンバー全員が力を合わせて団結し最後まで粘り強く挑戦していくという意味ではまったく一緒と考えます。』

スポーツ好きが単なるスポーツネタで終わらないように、仕事との共通点を述べて話せばより説得性が出てきます。

追及質問の仕方によっては、揚げ足取りのように聞こえる分もありますが、ここでムッとしては負けです。

3. 前職の退職理由・実績での追及質問

追及質問例

Q:「前職で頑張ったことと、前職の退職理由を教えて下さい。」

A:『はい、前職で頑張ったことは、営業職として与えられた目標達成で実績はいつも部門内で上位3位に入っていました。また、前職をやめた理由は、仕事に対する評価が私としては満足できるものではなかったという点です。』

Q:「いつも上位3位に入る実績の持ち主なら、もうしばらく頑張れば評価を上げてもらえたかもしれないですよ!辞めない方が良かったんじゃないの?当社だって、いつも完璧な評価ができるとは限りませんが、それでもいいのですか?」

追及質問の狙い

転職時の面接で、前職に関する質問はつらいものがあります。

前職で頑張ってきたという事実は述べないといけない一方で、そんなに頑張っていたのだったら辞めない方がいいのではというもっともらしい質問がよく返ってきます。

また前職を辞めた理由が給与の低さや上司と折り合いが悪かったことなど本当は言いたいのですが、愚痴になるのでなかなか言えません。

そこは必ず突いてこられるのでしっかりした応答の準備が必要です。

応答例とポイント

『私が評価と申しますのは、給与や昇給面ではありません。もちろんそういう評価も正直欲しいですが、私が申し上げている評価は“やりがい”に尽きます。営業職として目標達成できたとき、“よく頑張った!”というねぎらいの言葉や一体感です。

前職では、そういう企業風土がなく営業マンを道具のように使う風潮がありました。その点御社は社員のやりがいを大切にする企業とお聞きしており、今回入社できましたらさらにスキルアップをして貢献したいと考えております。』

前職の退職理由で、労働条件面や人間関係に関連した理由はあまり好感を持たれません。

愚痴に聞こえたリ、特に人間関係は“上手くやる”というのが基本なので積極的に聞き入れてもらえることはまずありません。

こういった理由を述べると余計に追及質問を受けやすくなるだけです。退職理由の基本は「転職することで自らの成長やキャリアアップにつなげたい」ということを第一義に考えるようにします。


圧迫質問に打ち勝つために

この記事では、面接時の基本質問に突っ込まれる追及質問とその応答例、そしてポイントを紹介いたしました。

会社側からすれば、あくまで考えをより深く聞き出そうという趣旨のものなので、圧迫というより、むしろ試されていると思った方がいい質問例です。

これでキレるような態度をとっていては、実際の仕事の場面でも顧客や取引先との対応に支障がでることを企業側は想像します。

この程度の突っ込みを切り返せないようでは、採用は難しいと言わざるをえません。

しかし、これが『圧迫面接|パワハラ・モラハラ対応に勝つ!<後編>キレる辞退か?』ではニュアンスが変わってきます。

辞退かどうかのすれすれも面接もあれば、入社後であればセクハラやパワハラで訴えられかねない本当の“圧迫面接”もあります。

この辺を、「応募する人の状況タイプ別」に分け具体的に紹介したいと思います。

圧迫面接|パワハラ・モラハラ対応に勝つ!キレるか辞退か?
『圧迫面接|パワハラ・モラハラ質問に勝つ!質問への対応例』では、あくまでシビアな選考のための“圧迫面接=追及質問”について述べました。 一方、それとは別に、企業体質を疑うような、ひどい質問をする企業や面接官がいるのも確かです。 ...

他にも面接の受け答えのコツについては、
1次面接~2次面接~最終面接の違いを知れば、突破するためのポイントが見えてくる!

転職の面接の自己紹介の例!うまく自己アピールするには?

あなたが威圧的な質問にも負けず、無事に内定を勝ち取れますように。