そこが知りたい!転職者のための面接必勝法 | はたらくす

そこが知りたい!転職者のための面接必勝法

面接・適性検査

就職のためのステップが戦だとしたら、面接は戦場で相まみえている状況です。

彼(相手)が戦場(面接)の場でどのような戦術を取ってくるかについて、しっかりと把握し、勝利をつかみましょう!

面接必勝法について、まとめました。


面接のシステムをおさえて、必勝パターンの対策をとる

面接には、大きなパターンがあります。
各ステップのパターンを知り、しっかりと対策したいときには、中途採用にも応用ポイント盛りだくさんのこちらの記事をどうぞ。

1次面接~2次面接~最終面接の違いを知れば、突破するためのポイントが見えてくる!

筆記試験や、一次面接などはスムーズに進むのに、最終面接で落とされてしまう、というあなたは、こちらの記事で面接のシステムをつかみましょう。

転職の最終面接の合格率(通過率) ほぼ合格がひっくり返ることも?

スポンサードリンク

答え方が悩ましい、転職理由。どう答えたらいいか、徹底解剖。

労働条件や人間関係、健康面などが理由で転職した。でもそれって、素直に答えていいのだろうか……?迷ったら、こちらの記事をチェック!

転職理由。パワハラ・家族・病気…言うべきか言わずにおくか?

転職理由の質疑応答を、更に具体的に見たい方は、こちらから。

転職理由 面接での8つの回答例|必ず質問されるので準備を!

そもそもなぜ、そんな質問をされるのか・・・?
そんな疑問がわいたなら、答えはこの記事の中にあります。

面接で「転職理由」の質問に回答するコツ!

人にはそれぞれワケがある。ホンネとタテマエ、大人の事情の志望動機

なぜ、田舎に帰るのか。そこには様々な理由があり、一言では語れません。そんな大人の事情をしっかりと腑分けして、アピールすべきポイントをピックアップしました。
Uターンを考えたら、まず最初に読むべき記事が、こちら。

Uターン転職の志望理由は、ホンネとタテマエの整理がポイント!

何故この人は、この業界を志望するのか。
何故わが社に、という点に次いで、採用側が知りたいポイントのひとつです。そんな疑問をクリアにできる、理由とは。

異業種へ転職する志望動機|面接で説得力のある理由8つ

20代の若さはなく、40代のキャリアもない、微妙な年代ともいえる30代。
そんな30代で新たな挑戦をしたいあなたに贈る、未経験転職を成功させるためのコツはこちらから。

35歳で未経験の職種に転職するには…【面接】受け答え例5


一筋縄ではいかない、転職者の自己紹介

一定のパターンが決まっている新卒者とは違い、それぞれに異なる強みや事情のある、転職者。
そんな転職者の自己紹介は基本トークを押さえたうえで、自分の状況やアピールポイントを整理すると、印象に残る自己紹介ができるようになるでしょう。

転職の面接の自己紹介の例!うまく自己アピールするには?

ただでさえ、緊張するのが面接の場。
自己紹介も、自己PRも、長所も、ごちゃ混ぜにして答え、後で頭を抱える羽目になることも。それぞれのポイントを押さえて、角度を変えて話せるように整理しましょう。

面接できかれる「自己紹介」「自己PR」「自分の長所」の違いは?

はまりがちなのが、短所の落とし穴。謙遜しがちな日本人の癖で、うっかりと「いろいろあります」なんて言ってしまわないように、あらかじめ準備をしておくのが吉。

面接で「短所」をきかれたら、うまく「長所」に言いかえる具体例8


今や常識?! 転職者も対策が必要な、適性検査・Webテスト

新卒ばかりではなく、中途採用でも実施されることが増えてきた、Webテスト。高得点を狙うなら、どのタイプの検査を実施しているかを見分け、対策をとることが必要です。

SPI、玉手箱、TG-WEB……Webテストの見分け方と対策

詰まりがちなこんな質問に、スマートに答えるには

尋ねられるとドキリとするのが、これ。答え方には、実はコツがあるんです。

「最近のニュース」についての質問。就活・転職 面接での答え方の例

特に尋ねたいことはない。
それなら質問はせずに、きれいにまとめる。そんなスマートなやり方もありますよね。

転職の最終面接で逆質問はしない方がいい? 安全な受け答え例3つ

新しい会社ではこんな仕事がしたい、こんな生活がしたいと、イメージをふくらませたことがあるでしょう。そんな自分のライフプランやキャリアプランを、面接前にしっかりと考えておくことは、幸せな会社生活を送る上で、とても大切なのです。

キャリアプラン例<業種別>面接で好印象を与える回答は?

きちんとした説明ができさえすれば、ブランクも無職期間も怖くない!?

転職でブランク・無職期間をうまく言い訳するポイント11


その質問は、本音を引き出すため?それとも体質がブラックだから?

想定外な突っ込んだ質問をぶつけてくる、圧迫面接。ストレス耐性を見たり、本音を引き出したりするために、強面な追及質問を仕掛ける面接官への対策とは。

圧迫面接|パワハラ・モラハラ質問に勝つ!質問への対応例

いわゆる追及質問とパワハラ・モラハラ体質からの質問は、意図が全く違います。ケース別の質問例をチェックして、ブラック企業に該当するようであれば早めに見切りをつけるのが得策です。

圧迫面接|パワハラ・モラハラ対応に勝つ!キレるか辞退か?

はまると厄介な、ブラック企業。うっかり入社して苦労する前に、しっかり見分けて早めに辞退しましょう!

ブラック企業の見分け方|圧迫・パワハラ・セクハラ面接ならすぐ逃げる準備を!

ワンランク上の転職術

キャリアと年収、どちらもアップの転職を実現するための、自分の棚卸と交渉術。

年収アップ!転職面接で給料を交渉する方法


「彼を知り己を知れば百戦殆(あや)うからず」

兵法で有名な、孫子のこの名言を知っている方は、多いでしょう。

戦において、彼(相手/敵)のことを良く知り、己(自分/味方)のことを良く知れば、何度闘っても負ける気づかいはない、ということですね。

ところで、この一文の続きをご存知でしょうか。

「彼を知らずして己を知れば、一勝一負す」

彼(相手/敵)のことを良く知らなくても、己(自分/味方)のことを良く知っていれば、勝つことも負けることもある、という意味です。

己の知り方については、自分の棚卸の仕方についての記事をどうぞ。

あなたが面接を突破できますように!

(まとめ・構成:なかおかともみ)