プライベートを優先できる仕事の特徴|自分の時間を確保する職種選びのコツ

    仕事だけの毎日よりも、仕事もプライベートも両方楽しむことが出来る仕事に就きたい。

そんな風に思う人は増えているのではないでしょうか?

いま、日本は国を上げて働き方改革が進められていて「仕事とプライベートのバランス」「プライベートも楽しめる職場環境の整備」が徐々に進んできていることは事実です。

しかしながら現時点では、全ての会社が「プライベートを充実させよう!早く帰ろう!」という働き方になっているわけではありません。

そこで、希望を現実にするためにプライベートを充実させることが出来る職種・職場の選び方やコツをご紹介します。


仕事が忙しくてプライベートな時間が取れない2つの理由

    「プライベートな時間が取れないほど仕事が忙しい。

    だからこそ、プライベートを充実させられる職場に転職をしたい。」

という場合、具体的に転職を考える前に、自分がどのようか環境にいるのか整理しておきましょう。

もしかすると転職をしなくても、今の職場で残業が少なくプライベートが充実させられる働き方を実現出来るかもしれません。

1. 本当に忙しくて休める雰囲気ではない場合

  • 人手不足で常に忙しい
  • 人員以上の業務が発生していてキャパオーバーの状態
  • 残業や休日出勤が当たり前の風習、早く帰ると上司に何か言われる
  • 有給はあってないようなもの

今の職場がこのような環境の場合、おそらくすぐに就業環境の改善を見込むことは難しいでしょう。

その場合は残念ですが、希望に叶うプライベートを充実させられる働き方の出来る会社に転職する活動を早々に開始したほうが良いと思われます。

2. 周りに流されてダラダラ仕事をしてしまっている場合

  • 仕事ばかりしていてプライベートの時間が取れない。

そのような状態になっている原因が、実は自分自身だったというケースです。

  • 先輩や上司が残っていると帰りにくい
  • 飲み会に誘われると断りにくい

など、事情はあるかもしれませんが、思い切って早く帰ったり勇気を出して断るったりすることにチャレンジしてみましょう。

行動に移してみると、想像していたよりあっさりと早く帰れる環境が整うかもしれません。

時間は自分でコントロールするものです。

その意識で、仕事に向き合ってみると、プライベートに使える時間が自然と増えてくるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

プライベートを充実させたい人のための転職先・職種の選び方

    色々と考えてみたけど、どうしてもプライベートを重視することが難しそうだから転職をしてみたけど、前の会社と変わらなかった。

と言うことにならないよう、転職先、職種の選び方は重要です。

1. 職種で選ぶ

残業や休日出勤がなく、決められた時間内に仕事が終わる職種に転職をすれば、間違いなくプライベートを充実させる時間を確保することが出来るでしょう。

  • 企業の受付
  • 一般事務
  • 工場の作業員
  • 警備員

上記のように、「シフト制で勤務時間が決まっている」「残業が少ない」といった職種が該当するでしょう。

職種に問わず、時給制の仕事の場合は残業が少なく、定時に上がれる可能性が高い職種です。

今挙げたような職種を選んだ場合、プライベート時間を確保し、趣味や交友関係を充実させることはできるでしょう。

しかしながら注意点として、これらの職種は、契約社員・派遣社員・アルバイト等の雇用形態になる場合が多いです。

給与が下がることや社会的な保障が減ってしまうということは踏まえて、転職を考えたほうが良いと思われます。

2. 勤務形態で選ぶ

職種で選ぶのではなく、働き方で選ぶという方法です。

昔は一律で勤務時間が決まっている会社が多かったですが、現在では正社員という雇用形態でも働き方は様々です。

  • フルフレックス制度
  • 在宅勤務

などを取り入れて、出社時間が自由だったり出社する必要がない会社もあります。

仕事の成果を重視し、拘束時間を重視しない風土の企業に多く見られる制度です。

注意点としては、まだまだベンチャー企業など若い業界が取り入れている傾向にあるので、プライベートを充実させたいと思って転職をしたのに、高い成果を求められて逆に拘束時間が長くなってしまうというケースが考えられます。

そうならないためにも、転職エージェントの担当者に内情を聞いてみたり、面接のときにしっかりと情報を取得しながら、転職先を判断するのが懸命でしょう。

3. 勤務形態を会社に交渉する

ハードルが高い方法ですが、会社が手離したくない人材と思うまでにスキルと実績を積み自ら勤務形態を交渉してプライベートの充実を実現させるというパターンです。

特に、代わりが利きにくい職種や人材ニーズが高い専門職種(営業、広報・IR、財務、WEB関連など)を経験している人だと有効なパターンでしょう。

ただし、場合によっては交渉した結果、会社に居づらくなってしまう可能性も考えられますので、社風も見ながら慎重に判断して交渉していきたいものですね。

マンガでわかりビジネス書 合間

プライベートを充実させる働き方を手に入れるために必要なこと

1. 社員の就業環境に配慮がある会社を選ぶ

いくら表向きは「仕事とプライベートを両立させよう」と謳っている会社だとしても、中に入ってみないと実態は見えません。

社員の就業環境や労働環境に配慮がある会社でないと転職をしても、こんなはずじゃなかった!と後悔することになりかねません。

プライベートを充実させられる職種を見つけたい場合は、会社の風土を重視し、しっかり見極めて転職先を選ぶようにしましょう。

2. 会社との信頼関係を良好にする

社員として会社から期待されているパフォーマンスをしっかり出すことは、プライベートを充実させた働き方をしたい場合には、大切です。

会社と社員との間に信頼関係があってこそ、お互いの要望に耳を傾けられるもの。

自分だけの主張だけを通そうとせずに、勤めている会社にしっかり貢献する気持ちで仕事に取り組むことによって、プライベートを充実させた働き方も実現しやすくなるでしょう。

3. 時間管理とスキルアップをする

最後は、自己管理をしましょうということです。

会社が帰りやすい環境を用意してくれたとしても、そもそも仕事の効率が悪かったり業務のスキルが乏しかったり、自ら早く帰る努力をしなければ、せっかく用意された環境も水の泡です。

自分自身の努力と責任があってこそ、早く帰ってプライベートの充実も図れるようになるということ。是非、実践していきましょう。


プライベートを充実させるには

プライベート充実 職種

ワーク・ライフ・バランス、プライベートを充実させることを優先した働き方は、この先もっと日本では広がってくるでしょう。

それに伴って、企業も従業員が仕事とプライベートの両立が図れるように、様々な取り組みをしてくることは確かです。

しかし一概に、この職種だったらプライベートを充実させられる!と語ることは難しいです。

だからこそ、

  • 働きたいと思う企業に従業員の就業環境を整える意識があるかどうか
  • それが本当に実践されているかどうか

を確認しながら、転職先を選んでいく地道な努力が必要になってきます。

もし、本当にプライベートが充実させられる職種に転職をしたいのであれば、その他にも叶えたい条件も明確にした上で、まずは転職エージェントや転職サイトへの登録をオススメします。

そこから情報を取り、実際に企業に足を運んで1社1社判断をしていくことによって、希望する働き方・職場が見つかるのではないでしょうか。
 

プライベートを大切にできる具体的な仕事の種類は、
プライベートを優先できる仕事17職種|自分の時間を大切にする!

まったりと仕事をするには、
まったりと生きたい人に向いている仕事。まったり人生を歩むには……

サラリーマンの皆さんにとって仕事は会社でするのが当たり前だと思われます。 しかし、世の中には自宅ですることが当然の仕事もあります。 100%自宅で完結しなくてもメインの作業は家で行う仕事も含めれば、世の中には家でできる仕事が以外と多くあります。 ここで自宅で作業をメインにできる仕事をご紹介します。

あなたがプライベートを優先して仕事をできますように。