1. TOP
  2. パワハラ上司を糾弾する!~10倍返しだ!パワーハラスメント対処法

パワハラ上司を糾弾する!~10倍返しだ!パワーハラスメント対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パワハラ上司

パワハラ上司に悩まされているあなた。なにか対策は出来ていますか?

上司や会社の社長から不当な叱責や達成不可能なノルマの強制などを受けて苦しんでいたら、言いなりになっていてはいけません。

ブラック企業への監視強化など、いまや上司からのパワハラや会社による不当な行為に対しては、国や公的な機関もあなたの味方です!

正しい知識でパワハラ上司に立ち向かう対処法をお伝えします。

スポンサードリンク

1.パワハラ上司と戦うには?

パワハラとは、職場において地位や人間関係で弱い立場の労働者に対して精神的・身体的な苦痛を与えることにより、労働者の働く権利等を侵害することです。

簡単に言えば「上司の権力を利用した職場での嫌がらせ」。

上司からの執拗な叱責などのパワハラを受けた人は精神疾患を発症するなどして自主退職を余儀なくされることもあります。

この様な行為を職場において受けた場合は、甘んじて受け入れることなく、戦う姿勢が大切です。

地道な事実の記録を積み重ね、「使用者の雇用契約に基づく安全配慮義務」にあたる行為として認定を受けることができます。損害賠償や職場での権利の回復が可能ですので、諦めず毅然と立ち向かいましょう。

スポンサードリンク

2.上司からの「パワハラ行為」の種類をまずは確認する

1)身体的な攻撃 : 暴行・傷害

(例)蹴る.殴る.胸ぐらを掴むなど暴力により苦痛を与えること

2)精神的な攻撃 : 暴言・脅迫・屈辱

(例)大声で叱責・皆んなの前で人格を否定することを言うなど言葉による暴力

3)人間関係からの隔離(無視・仲間外し・隔離)

(例)会話をしない・挨拶しても無視するなど「いじめ」による行為

4)過大要求 : 業務上明らかに遂行不可能なことの強要

(例)一日でとても片ずけられない量の仕事を与える。ノルマ達成の為に休日出勤をさせるなど

5)過少要求 : 仕事を与えない・程度の明らかに低い仕事の強要

(例)・経理担当者に倉庫整理.掃除.買い物.ビラ配りなどの仕事をさせる。
   ・一切の仕事を与えず毎日机に座らせておく

6)個の侵害 : 私的な事に過度に介入する

(例)過度な結婚の推奨により退職を迫る。個人の宗教を皆んなの前で大声で否定するなど人権の侵害行為。

パワハラの種類を把握しよう

上記のような行為が行われていれば立派なパワハラです。

パワーハラスメントの定義について、さらに詳しくは、
これってパワハラ?パワハラの定義に当てはまるか確認する6つのこと

パワハラ上司や会社にどう立ち向かっていくといいのか? 次に対抗策を見て行きましょう。

3.上司からの「パワハラ行為」への対抗策

1)まずは周囲へ相談

まずは同僚や、上司の上司、会社内に労働問題の相談室のような窓口がある場合はそこで一度相談してみるのがいいでしょう。そこから上司に注意がいきパワハラが収まれば、問題が大きくならずにすみます。

2)事実の記録を取る

これで改善されない場合は、しかるべき対応をとることになります。

パワハラ行為のあった年月日及び時間をノートに記録した上で、その時にあった事実を出来るだけ詳細に記録しておくようにします。
※できれば、ボイスレコーダーに上司の声を録音しておくとより信ぴょう性が増します。

(1)身体的な暴行等を受けた場合は、その患部を写真に記録すると同時に、病院にて診断書を書いてもらって保管して置きましょう。

(2)精神的ダメージを受けた場合は、心療内科等で診断書を書いてもらって保管して置きましょう。

3)証拠品を会社の人事部へ「内容証明」で送る

証拠品を揃えて会社の人事部へ内容証明で送り、パワハラを行った上司の処分を待ちます。労働組合が強い会社の場合は組合に相談するのも有効な手段です。

もしも会社が対応しない場合は、法テラス(弁護士会の無料相談窓口)、みんなの人権110番(パワハラなどの人権擁護の無料相談電話)などで相談しましょう。

4)会社が対処を行わなかった時は労働基準監督署へ

これでも会社が適切な対応や上司の処分を行わない時は、労働基準監督署内の「総合労働相談コーナー」でパワハラなどの労働に関する相談を行いましょう。専門の相談員が面談・電話にて対応してくれます。

それでもラチがあかない場合、会社が適切な対応をとらない、上司に対して処分を与えなかった時は、労災の申請を行います。労働基準監督署へ証拠品と共に労災の認定申請「会社の安全配慮義務違反」を届け出します。

これで会社側の非が認められば、 会社は損害賠償と社会的制裁を受けることになります。またイメージダウンにも繋がりますので、それ以降は会社から貴方に対して不当行為は行われなくなるでしょう。

スポンサードリンク

4.パワハラ行為は悪!ブラック企業対策を国も推進!

1)CSR(企業の社会的責任)

「パワハラ」行為のみならず「セクハラ」や「いじめ」は、CSR(企業の社会的責任)に反する行為であり、また個人の尊厳を踏みにじる絶対に許す事の出来ない行為です。このような目にあったならば、毅然と立ち向かうことが最も大切なことです。

2)ブラック企業の取り締まり強化

国においても「ブラック企業」等に対しては、現状では「従業員の安全配慮義務」の観点から取り締まりの強化を徹底し始めています。

厚生労働省においては平成24年10月より「あかるい職場応援団」を開設して、職場のパワハラ解決防止に積極的に取組んでいます。いわゆるブラック企業は次のような特長があります。

「パワハラ」や「サービス残業」と言った従業員に対する「過重労働」の常習化

「企業風土」としてトップダウン方式の経営がされている

「業績第一主義」の経営方針で、「従業員の安全配慮義務」への関心が低い

3)パワハラ相談窓口も充実

「パワハラ行為」等にあった場合は、1人で悩むのはやめ、周りの人に相談しましょう。

また、周りの人に相談出来ない人は、国の無料相談機関などを利用し、専門家のアドバイス・援助を受けることをお勧めします。

5.パワハラと戦うために

パワハラだと自分で気付いて適切な行動をとるためにも、自分の心の状態、精神面の健康状態をチェックしておくことも大切です。精神的に追い詰められると、不当なパワハラ行為であっても「自分が悪いから」と思ってしまい、うつ病を発症したり、最悪の場合、自殺や過労死に追いやられます。

この症状もストレスのせい?…仕事でのストレスの分類と病気の例

また、職場や友人などで、こういった状況を見聞きしたら、この情報を教えてあげて、ダメージが大きくなる前に助けてあげてください。そして職場の仲間や友人と適切なコミュニケーションや助け合いを心掛け、明るく楽しんで働ける職場を作っていきましょう。

あらためてパワーハラスメントの定義について、詳しくは、
これってパワハラ?パワハラの定義に当てはまるか確認する6つのこと

やたら怒鳴る、威圧的、人格否定するようなクラッシャー上司の対処法は、
クラッシャー上司対策!弱みを把握し職場で生き残る対処法6

あなたと上司の関係がここほどまではこじれていないということでしたら、嫌いな上司ではあるけれど、それでも上司と上手くやっていく方法は、
上司に嫌われている…?嫌な上司との付き合い方5つの対処法

あるいはもっと劇的に上司との付き合い方を改善するには、
苦手な上司との人間関係を改善する~上司を味方にする方法4ステップ

上司の問題を解決して、あなたの仕事がもっと楽しくなりますように。

◎書類選考でつまづいたり、面接でなにをアピールしたらいいのかわからない…という人は、
あなたの強みが見つかる!
自己分析して書類作成→面接へスムーズな転職活動ができる無料の「グッドポイント診断」

なかなか表には出てこない専門職や管理職、海外勤務で高待遇の求人情報…
エグゼクティブ
年収1000万円超えを目指す人のための転職サイト

★自分がもし転職するときに、どのくらい人材として価値があるのか知りたい25歳~35歳までの人は、
転職した方がいいか?転職診断テストで自分の市場価値を見極めるには?

★…同じく35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

・第二新卒 ・フリーター ・学校出たけど働いたことがない ・すぐ会社を辞めてしまった
…でも、ちゃんといい会社に正社員として就職したい人へ
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、大学中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす