1. TOP
  2. 面接官が「転職理由」の質問で見抜こうとするポイントは?

面接官が「転職理由」の質問で見抜こうとするポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
面接官は何を見抜こうとしてる?

中途採用面接で必ず質問されるのが「転職理由」です。

なぜ面接官は転職理由をたずねるのでしょうか?なにか理由があるはずですよね。

それがわかれば面接の対策がしっかりとでき、面接への不安もやわらぎます。

面接官の視点を理解してきちんと準備できるように、企業の採用担当者が「転職理由」をチェックする理由と、受け答えで見抜こうとしている事、質問への回答で注意したいポイントを紹介します。


面接官の「転職理由」質問の意図と受け答えのポイントは?

転職(中途採用)の面接では、自己PRや志望動機に加えて、「転職理由」を訊ねられます。

前の会社ではなんらかの不満や都合の悪いこと、実現できないことがあったから転職したいということなので、その理由があまりネガティブなものであったりすると、あまりいい印象を持ってもらえません。

当然、あなたもその辺はわかって答えようとするのですが、では、面接担当者は、どんな点に注意して、採用すべき人物かどうかを判断しているのでしょうか?

面接官のチェックのポイントを解説します。

スポンサードリンク

1. 問題を起こすような人でないか?

企業側としてはなんといってもこれが肝心です。

せっかく採用した人が、いきなり業務上や人間関係のトラブルなどの問題を起こされては何のために雇ったのかわかりません

面接をすること、転職理由を質問するのは、まずはこれを見抜くためであるといってもいいでしょう。

そのため、自分はそんなトラブルを起こす人間ではない、これまでもそんなことはなかった、転職するのはそのような理由ではないということをわかってもらうことが重要です。

1. 感情的に安定しているか?

職場での人間関係のトラブル、上司や取引先と揉めての退職など、転職理由に強い個人的感情が入っている場合、一緒に仕事をしていく相手としての常識を問われかねません。

仕事を進めていく際に感情で判断しないか、責任感を持って仕事を引き受けることができるのか

決して嘘をつく必要はありませんが、一時の感情だけで行動していると見られないよう伝え方に注意しましょう。

2. 個人的な事情を仕事に持ち込む人ではないか?

その転職理由は客観的に説得力のあるものなのかという点を企業は見ています。

転職を決意する理由には、家庭の事情や、健康状態などの個人的事情が影響している場合があります。

もちろん、それらが原因で業務に支障がある、力を発揮できないという場合に転職をすること自体が悪いことではありません。

ただし、企業側はあなたに対して、労働契約を結ぶべき相手かどうか?という厳しい視点も持っています。

しっかり働くためにも2時間かかっている通勤を1時間にしたい、健康面から外回りの仕事でさえなければ十分に働けるなど、客観的に理解できる条件や数字などを使って説明できることが大切です。

3. 周囲の人や環境のせいにする人ではないか?

理由によっては、「転職しなくてもいまの職場で改善できるのでは?」と面接官が考える場合もあります。

例えば、「いまの会社で正当に評価されない」という理由の場合、「それを上司に伝えたことがありますか?」と問われるかもしれません。

何も行動しないまま周囲の人や環境のせいにしていないか?という点も企業は見ています。

これは、業務を行う上でも同じ傾向が現れる可能性があると企業は予測しているからです。

周囲の責任にするか自分の責任として受け止めて対応しているかでは仕事の成果にも違いが出てきます。

・・・・・実際に待遇が悪い、労働環境が悪い、理不尽な扱いをされているという場合もあると思います。

しかしどの程度の状況なのか企業側では判断できないので、伝え方次第で印象が変わってしまいます。

努力はしたが改善されなかった、個人的な交渉では社内のルールや体質のため変えられなかったなどと面接官が納得するだけの理由が必要です。

なんとなく言い訳がましいものにしかならないのであれば、その理由を本当に言うべきか?というところから再検討してみましょう。

2.すぐに退職してしまわないか?

企業側はせっかく採用してもすぐに転職されてしまっては、そのコスト・時間が無駄になってしまいます。

前職を辞めた理由を入社後に繰り返し、同じような不満を持って辞めることにならないか?」という点を確認しようとします。

・・・そこであなたの面接対策としては、次の点に注意しましょう。

1. 転職したら、「転職理由」は解消されるのか?

転職をしようと思った理由は、応募している企業に入社できれば解消されるものなのでしょうか?

例えば、もっと経営に関わる仕事がしたいという理由で大企業の経営企画部門に応募したとしましょう。

しかし、その要望を叶えることができる会社は、もっと他にもあるかもしれません。

たとえば「大企業よりも社長に近い距離で仕事ができるベンチャー企業の方が、経営に関われる可能性が大きいかもしれませんよ。」面接官に言われるかもしれません。

また、経営部門への配属で採用しても、その後に部署異動になったら、また辞めてしまうのではないかというリスクを企業は考えるでしょう。

もちろん、一つのきっかけとして伝えることは問題ないですが、それ以外にもその企業を選んだ理由をあわせて説明できると説得力が増します。

転職理由と転職先でなにが実現されるからその企業を選んだのかを比較整理してみると、企業が納得する転職理由にすることができます。

2. 前職になく、転職先にあるものが明確になっているか?

仕事への意欲を伝える際に注意したいのは、その内容が転職先の業務内容とマッチしているかという点です。

例えば、もっと海外に関わる仕事がしたいという場合、「海外に関わる」とは具体的に何を意味しているのでしょうか。

海外駐在なのか、出張があればいいのか、外国人が職場にいればいいのか。

その定義が企業側とずれていると、意欲はあってもその企業で実現可能な業務とは異なるという結果になってしまいます。

前職にはなくて転職先にはあるものを、条件面以外も含めて正しく説明できることが重要です。

もちろん、どんな業務が与えられるのかは、事前に調べられる限り調べて、よく理解しておくことが大切です。


3.懸命に仕事に取り組む気持ちはあるか?

企業はその応募者が仕事になにを求めているのか、なににモチベーションを持っているのかという点を探っています。

面接官は何を見ているか?

転職理由の中には、給与・労働時間・福利厚生・勤務地といった条件面を改善することを挙げる方も多いかと思います。

もちろんその条件も重要ですが、それだけで転職先を選んでいるということを正直に伝えることは避けた方がいいでしょう。

条件面だけを述べてしまうと、その条件が揃っている企業であればどこでもいいのかと誤解されてしまいます。

また会社の経営状況の変化などによって待遇条件が変わったらすぐに転職してしまうのかという印象も持たれてしまいます。

転職理由としては、待遇面などは後にするか、軽く触れる程度にとどめておき、あくまで「仕事」として何を求めての転職なのかに力を入れて伝えるようにしましょう。

なにをモチベーションに仕事に励むのか、転職してどんなことに力を発揮したいのか、あなたの仕事への意欲も理由として説明すると印象が良い方に大きく変わります。


面接官がチェックするポイントを知って面接を有利に!

企業が転職理由を質問して見抜こうとしているのは、以上のようなポイントを確認したいという背景があります。

転職できても、また同じことを繰り返してしまってはせっかくの苦労が無駄になってしまいます。

質問の意図を理解することでお互い納得のいく対話ができ、入社後のミスマッチを防ぐことができます

転職したいと思っている理由は転職することで改善されることなのか、応募先の企業で解消されることなのかをあらためて整理してみましょう。

嘘をついたり誤魔化したりしても入社後に苦しむことになってしまいますので、着飾る必要はありません。

企業側が何を見ているのかを意識することが幸せな採用決定へ繋がりますので、自分の転職理由を見直す際に参考にしてみてください。

転職理由で言ったほうがいいことと言わないほうがいいことは?
転職理由の例。面接で言うべき理由、言わない方がいい理由

転職理由を具体的にどう伝えるかの例は、
中途採用の面接でかならず質問される転職理由 8つの回答例

面接での自己アピールの例は、
転職の面接の自己紹介の例!うまく自己アピールするには?

あなたが面接官にいい印象を持たれますように。

あなたに最適な転職活動の進め方は?
転職診断
★自分の「個性」や「強み」がわかればもっと自己PRしやすいと思う…
女性事務員
無料の自己分析とスカウトサービスだけじゃない、転職者の8割が利用する転職サービス

フリーター働いたことがない入社してすぐ会社を辞めた…という人も、
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
仕事探しでも運命の出会いってあると思う。
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす