薬剤師が未経験で企業へ転職できる職種。仕事内容と年収の目安は?

薬剤師の転職先

OTC販売や調剤、病院薬剤師として活躍している人の中に、土日が休みで福利厚生が充実している一般企業への転職を考えている人はいませんか?

ここではMR以外にも、未経験でも薬剤師の資格と知識を生かせる仕事を紹介します。

また、それぞれの職種の選考ポイントもお伝えしますのでぜひ参考にしてください。


製薬企業への転職ならこの職種!

1)学術/Drug Information(以下DI)

【仕事内容】

学術/DI業務の仕事は幅広く企業によって仕事内容が異なります。

・文献調査/DI業務
文献調査では医薬品や医療の情報を国内外の文献で調査して、不明な点は海外の担当者へメールで問い合わせてデータや資料を作成します。

DI業務はMRや顧客(調剤薬局やドラックストア、病院など)からの問い合わせ対応を行います。

ただし、文献調査/DI業務をMRに任せている企業もあり今後はこの業務がなくなる可能性もあります。

・MRの教育
新しい有害事象に関する情報や新製品、海外での治療例をMRへ共有するための勉強会を開催したり、テキストを作成して各支店で勉強をしてもらうこともあります。

ただし、企業によってはこの業務を人事部研修担当が行っていることもあります。

・セミナー開催の準備、パンフレットや広告の作成
セミナーの企画をして各分野の権威と呼ばれる医師に講演会の依頼をしたり、会場手配、セミナー開催のチラシ作成、MRへ医師を招待するように周知、セミナー後の懇親会の手配などを行います。

セミナーは全国各地で開催されるため、出張や外出が業務に含まれます。

【求人状況】

仕事の一部をMRに任せている企業が増えていることから、求人自体は減少傾向にあります。

また、こちらでご紹介した仕事内容と異なることがありますので、求人内容に自分がやりたい業務が含まれているのかよく確認をしてから応募をしましょう。

ビジネス英語(TOEIC600点以上)だけでなく医薬品や化粧品分野での英語スキルが必須になります。

DI業務の場合は病院でのDI業務の経験があると優遇されます。

転職後の年収は300万円~500万円と幅がありますが、これは英語のスキルやDI業務の経験、業務内容により変動があるためです。

2)Medical Science Liaisonメディカル・サイエンス・リエゾン(以下MSL)

【仕事内容】

ここ数年、製薬会社で募集されている職種です。

多くの医師に影響を与えるKOL(キーオピニオンリーダー)に新しい治療方法で医薬品の適正使用について医学的知識とエビデンスを用いて学術的観点から有効性を説き、各医療機関に新薬がスムーズに導入されるようにサポートをする仕事です。

また、自社製品が市販後にどのような効果や有害事象を出しているのか情報収集と分析を行い、エビデンスを作成します。

作成したエビデンスを医師のニーズに合うように編集をして、医師へ説明をするのも重要な仕事です。

【求人状況】

今後MRの仕事はAI搭載のシステムに代わり、MSLが活躍するといわれているため製薬会社が次々と募集をしている注目の職種です。

新しい職種であるため薬学部の修士以上で、TOEIC700点以上の英語スキルがあれば応募可能です。

ただし、企業により仕事内容や年収が異なるため注意が必要です。

たとえば、KOLの元へ通って薬の有効性や投薬方法について医師と議論する、営業の要素の強いセクションへ配属されることもあれば、情報の分析とエビデンス作成がメインになる学術要素の強いセクションへ配属されることもあります。

製薬会社が考えているMSLの位置づけが曖昧なため、部署異動が多かったり仕事内容が変わったりすることがありますので、転職エージェントを通じて企業の状況を確認してから応募しましょう。

転職後の年収は募集企業の状況や仕事内容が異なることから600万円~1,400万円と幅があります。

3)管理薬剤師

【仕事内容】

製薬会社の管理薬剤師は調剤業務を行わずデスクワークがメインになります。

  • 薬事法や薬剤師法に基づく資料や申請書の作成
  • 治験データの管理
  • 月末に保管している医薬品の棚卸し

この他学術/DI業務や営業事務を兼務することがあります。

求人の中には倉庫勤務もあります。

倉庫勤務の仕事内容は本社や支店への医薬品配送手配や医薬品の管理、棚卸しがメインになります。

本社や支社への医薬品の配送は他の社員が対応するので重い物を持つことは基本的にありません。

【求人状況】

薬事法で医薬品の製造業では、各拠点に管理薬剤師を配置することが義務付けられています。

そのため求人数が多くあり基本的には薬剤師資格があれば応募は可能です。

なお、通勤に便利な本社勤務は人気が高く、企業での管理薬剤師経験者が優遇されることが多いようです。

転職後の年収は400万~600万円と低めですが、製薬会社の場合は定期的に昇格および昇給があるため800万円以上もねらえます。

4)コールセンター

薬剤師転職 コールセンター

【仕事内容】

医薬品や健康食品などの「お客様相談」にて電話やメールで回答する仕事です。

最初はオペレーターとしてお客様対応を行いますが、仕事に慣れてくれば医薬品情報のスペシャリストとして無資格オペレーターのフォローに回ることがあります。

また、2年以上経験を積めばSV(スーパーバイザー)や研修担当(トレーナー)として活躍することもできます。

企業によりMRのサポートや文献調査などの仕事が加わることがあります。

【求人状況】

正社員での求人は少ないですが、研修制度が充実しているため他の職種に比べ転職がしやすい職種です。

転職後の年収は360万円~600万円と低めですが子育て中の女性が働きやすいというメリットがあります。

オペレーターは子育て中のママが多く活躍しており、子供のことで休んだり早退をしたりしても「お互い様」という雰囲気の職場が多くあります。

5)薬事

【仕事内容】

医薬品や薬用化粧品などの承認申請に関する規則に基づき必要な事項を社内外から収集して、申請資料や添付文書の作成を行います。

申請書ができあがると申請先の厚生省やPMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)でプレゼンテーションを行って折衝をします。

なお、申請資料や添付文書作成時には海外の文献をいますし、海外の医薬品や薬用化粧品の場合は翻訳業務も発生するため英語を使用する機会が多くあります。

企業によっては営業事務や学術/DI業務を兼務することがあります。

【求人内容】

求人は他の職種に比べ多くあります。

薬事は製薬・医薬品業界だけでなく医療機器・医療用具業界や健康食品業界、化粧品業界など幅広い業界で活躍できるため、自分の興味関心がある企業や業界の求人を探してみましょう。

薬事ではビジネスレベル(TOEIC600点以上)の英語スキルが必須です。

医薬品や化粧品、医療機器分野の英語スキルがあると優遇されます。

薬剤師には薬学、薬事法、Good Laboratory Practice優良試験所規範・基準(以下GLP)、Good Post-marketing Study Practice製造販売後調査・試験実施の基準(以下GPSP)の知識が期待されていますので、この知識があることをアピールしましょう。

英語のスキルや薬事のみに従事するか、業務を兼務するのかにより転職後の年収は500万円~800万円と幅があります。

6)Quality Assurance品質保証(以下QA)

薬剤師転職 QA

【仕事内容】

医薬品や化粧品の製造から出荷までの過程がGMP(Good Manufacturing Practice)やGOP(Good Quality Practice)製造販売品質保証基準に違反していないか、製造工程や製造環境が品質を保つのに適正であるかを判断します。

不良品の発生やトラブル発生時には、なぜ不良品やトラブルが起きたのかを業務に携わるすべての社員からヒアリングを行い原因究明します

さらにクレーム発生時にはクレーム対応にあたることもあります。

原因究明やクレーム対応後には、製品の質を向上させるために製造工程や業務の効率化を図ります。

【求人状況】

QAは製薬・医薬品業界、健康食品業界、化粧品業界など幅広くありますが、勤務地の多くが郊外の工場であることから応募できる求人が限定されます。

転職後の年収は他の職種よりも年収が低めの400万円~600万円ですが、残業が少ない求人が多い傾向にあります。

7)Quality Control工場品質管理(以下QC)

【仕事内容】

商品に使用される原料や製造途中、出荷前、一定期間保管した商品を製剤分析してGMPやGOPが遵守されているか、高品質で安全な製品であるかを検査します。

海外の製品も含まれるため、英語の添付文書や仕様書を読むことがあります。

【求人状況】

医薬品業界はGMPの知識と分析機器の使用経験が必要ですが、業務未経験者は応募可能な求人が多くあります。

QA同様、郊外の工場勤務の求人が多いことから応募できる求人が限定されます。

また、英語のスキル、GMPの知識、簡単な分析機器(学生時代でも可)の使用経験があれば応募できるため、理系出身者も応募できますが薬剤師は優遇されます。

転職後の年収は他の職種よりも年収が低めの400万円~600万円ですが、残業が少ない求人が多い傾向にあります。

製薬会社の厳しい選考

製薬会社は基本的に求人を非公開にしていることが多いため、製薬会社に強い転職エージェントを利用しましょう。

製薬会社は選考自体が調剤薬局、ドラックストア、病院に比べ厳しいため、転職エージェントに履歴書と職務経歴書をチェックしてもらい、面接が決まったら模擬面接をしてもらえるようにお願いしてください。

以下、製薬会社の採用担当者がチェックしているポイントをご紹介しますので、参考にしてください。

【書類選考でチェックされるポイント】

  • 薬剤師を志した理由と希望職種へ転職する理由のギャップがないか
  • ExcelでIF関数以上のスキル
  • Wordでの送付状、社内/社外文書作成
  • PowerPointでの資料作成
  • OUTLOOKのメール使用経験
  • ビジネスメールの作成経験
  • 薬学と薬事法の知識
  • 英語スキル
  • GMP,GOP GLP,GPSPなどの知識(希望職種による)

【面接でチェックされるポイント】

  • 職種をきちんと理解しているのか
  • 多くの企業の中でなぜ当社を選んだのか
  • 当社で何を成し遂げたいのか(どうなりたいのか)
  • 調剤薬局やドラックストアよりも年収がダウンすることを了解しているのか
  • ビジネスマナー
  • ビジネスシーンでの言葉遣い
  • 専門用語を一般消費者にわかりやすく説明できる
  • クレーム応対経験
  • ストレス耐性
  • ホスピタリティ
スポンサードリンク

治験業界への転職ならこの職種!

現在製薬会社で治験を実施している企業はほとんどありません。

治験はすべてCRO(受託臨床試験実施機関)に委託して実施しており、製薬会社では治験がスケジュールどおり適正に実施されているか監督しているだけです。

ただし、CROにはCRC(治験コーディネーター)は在籍しておらず、CRCが在籍しているSMO(治験実施施設管理機関)と連携をして治験を実施しています。

臨床開発部門で働きたいと思っているのであれば、CROまたはSMOを目指しましょう。

1)Clinical Research Associate臨床開発モニター(以下CRA)

【仕事内容】

製薬会社の窓口となり、治験実施医療機関の医師や薬剤師、CRCと連携をしながら、CRF(症例報告書)の回収と内容のチェックや治験が適正に実施されているか監視します。

全国の医療機関や製薬会社を訪問するため、外出だけでなく出張も多く発生しますが、時間をうまく使いながら、治験データの取りまとめや報告書の作成などのデスクワークを行います。

【求人情報】

今後新薬の発売が少ないことから、未経験者向けCRAの求人は減少傾向にあります。

CRAに興味があるのであればチャレンジをする最後のチャンスです。

応募には英語スキル(TOEIC500~600点以上)と薬剤師資格があれば可能です。

CROではなく製薬会社のCRAを目指している人は、CROでまずは経験を積み製薬会社と折衝をするPM(プロジェクトマネージャー)を経験してから製薬会社のCRAを目指しましょう。

転職後の年収は400万~600万円ですが、昇格・昇給により将来的には1,000万円以上もねらえます。

2)Clinical Research Coordinator治験コーディネーター(以下CRC)

薬剤師転職 CRC

【仕事内容】

治験実施医療機関の医師と被験者(治験協力者)の間に入り治験が適正に実施されるようにフォローする仕事です。

CRCの仕事は被験者の診察スケジュールの調整や体調や飲み忘れがないか、など被験者の管理がメインになります。

CRAと協力をして治験に関する申請書や資料作成などのデスクワーク、治験実施前の被験者募集を行います。

【求人状況】

小規模SMOが倒産や大手に吸収されていることもあるため、求人は減少傾向にありますが、薬学の知識を持っている薬剤師のCRCが少ないことから選考では優遇されます。

応募には英語スキル(TOEIC500~600点以上)と薬剤師資格があれば可能です。

転職後の年収は360万~400万とかなり安いですが昇給の機会が多いことから、2年程度で元の収入に戻ります。

また、PM(プロジェクトマネージャー)になると1,000万円以上もねらえます。

さらに薬剤師で英語のスキルがあると国際共同研究に携わる機会に恵まれることもあることから、昇給のチャンスが増えることも予想されます。

3)Quality Control(以下QC)

【仕事内容】

QCは治験の品質を一定の基準に保つために、CRAが回収したCRFやデータ、申請書などを、Good Clinical Practice「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」(以下GCP)や治験実施計画書(Protocolプロトコル)などに照らし合わせて不備や逸脱を指摘して改善させます。

また、QCは治験が滞りなく進むように業務改善を図る役目も担っています。

QCは治験全体を見回す立場にあるため、やる気次第でPM(プロジェクトマネージャー)や治験を監査するGCP監査へキャリアアップすることができます。

【求人状況】

英語スキル(TOEIC600点以上)があれば未経験でも応募可能です。

ただし、近年は経験者が増えてきているため未経験者向けの求人は減少傾向にあります。

転職後の年収は450万円~600万円です。

CROでは薬剤師手当やみなし残業手当方式の給与制度の企業もあるため、給与や昇給制度については応募前に確認しておきましょう。

4)メディカルライティング

【仕事内容】

医薬品や医療機器の開発・治験(臨床試験)・販売承認に必要な申請書やドキュメントを作成する仕事です。

医薬品や医療機器の開発・治験(臨床試験)・販売承認に必要な申請書やドキュメント作成には薬事法、新GCP、CTD(コモン・テクニカル・ドキュメント)に基づいたルールに則った内容や様式でないと承認がおりません。

メディカルライティングが作成する代表的な申請書やドキュメントは数十種類あります。

<作成する主なドキュメント>

  • 治験実施計画書
  • 治験薬概要書
  • 同意説明書
  • 総括報告書
  • CRF
  • PMS実施後の論文作成補助
  • 添付文書
  • インタビューシート など

【求人状況】

勤務するのはCROが多く製薬会社の求人は滅多に出ることがありません。

CROでもメディカルライティングの求人は他の職種に比べ少ないため、求人を見つけたらすぐに応募しましょう。

海外の医薬品を扱う機会が多いので英語のスキルTOEIC600点以上と薬事法および新GCPの知識が必須になります。

転職後の年収は300万円~500万円ですが昇格・昇給により800万円以上もねらえます。

経験を積めばフリーランスになることも可能な職種です。

5)Data Managementデータマネジメント(以下DM)

薬剤師転職 DM

【仕事内容】

CRAが回収してきたCRFを治験実施計画書で指定されたルールに基づき、専用システムへ正確に入力をする仕事です。

データ入力といっても単純に入力をするのではなく、CRFと治験実施計画書の内容を理解して、CRFの内容に矛盾や重大な有害事象でないかを判断をしてから入力を行います。

矛盾や不備があればクエリ(質問書)をCRAへ送りCRAに確認してもらってから入力します。

データ入力後はCRFの内容どおり入力されており、論理的に考えて矛盾のない内容であるかメディカルチェックを行います。

【求人状況】

正社員の場合は経験者を求める求人が増えてきていますが、病院薬剤師であれば未経験でも応募可能な求人があります。

CRFの解読にはカルテの判読経験、薬剤に関する知識と治験に関する知識が必要になります。

転職後の年収は400万円~600万円と調剤薬局やドラックストア経験者からすると安いと感じるかも知れません

しかし、DMを経験しておくとPMS(市販後調査)へのキャリアアップも可能ですし、家庭の都合で短時間勤務を希望する場合は、パートや派遣など雇用形態を問わずに働くことができるようになるメリットがあります。

職種によっては製薬会社より易しい選考

CROやSMOは基本的に求人を非公開にしていることが多いため、CROやSMOに強い転職エージェントを利用しましょう。

CROやSMOの選考は製薬会社よりも厳しくはありませんが調剤薬局、ドラックストア、病院に比べ厳しいのは変わりません。

製薬会社同様、転職エージェントに履歴書と職務経歴書をチェックしてもらい、面接が決まったら模擬面接をしてもらえるようにお願いしてください。

なお、病院薬剤師として治験業務に関わった経験がある人は、選考で有利になりますので必ず履歴書や職務経歴書に書きましょう。

以下、CROやSMOの採用担当者がチェックしているポイントをご紹介しますので、参考にしてください。

【書類選考でチェックされるポイント】

  • 薬剤師を志した理由と希望職種へ転職する理由のギャップがないか
  • ExcelでIF関数以上のスキル
  • Wordでの送付状、社内/社外文書作成
  • PowerPointでの資料作成
  • OUTLOOKのメール使用経験
  • ビジネスメールの作成経験
  • 薬学と薬事法の知識
  • 英語スキル
  • 治験とGCPの知識

【面接でチェックされるポイント】

  • 職種をきちんと理解しているのか
  • 多くの企業の中でなぜ当社を選んだのか
  • 当社で何を成し遂げたいのか(どうなりたいのか)
  • ビジネスマナー
  • ビジネスシーンでの言葉遣い
  • 専門用語を一般消費者にわかりやすく説明できる
  • クレーム応対経験
  • ストレス耐性
  • ホスピタリティ
  • スケジュール調整能力
  • 調剤薬局やドラックストアよりも年収がダウンすることを了解しているのか
  • 出張が可能なフットワークの軽さ(CRAとCRC)
  • 出張が多いことを理解しているのか(CRAとCRC)
  • 出張が多いことを家族が理解しているのか(CRAとCRC)
  • デスクワークの多さと外勤をバランス良くこなせるか(CRAとCRC)
  • 長時間座っていても平気か(QCとDM)
  • 細かい作業が好きか(QCとDM)

その他の転職先

1)コントラクトMR

【仕事内容】

新薬のプロモーションや人材が採用できなかったときに製薬会社や医療機器会社がMRの確保に利用しているのがCSO(Contract Sales Organization)です。

コントラクトMRはCSOに雇用されており、依頼に応じて製薬会社や医療機器会社へ出向き業務請負という形で就業します。

仕事内容は新薬MRやジェネリックMR、DMR(検査薬MR)医療機器販売とさまざまあります。

現在、大学病院や総合病院はMR認定証がないとMRとしての活動ができません。

入社後1年はMR認定証を取得するための勉強期間になるため、予備校生のような生活を送りつつ、MRとしての実施訓練を受けます。

この勉強期間も給与は出ます。

MR認定証を取得した後は、プロジェクトにアサインされMRとして病院を訪問して薬の情報提供を行います。

2~3年ごとに勤務先が変わるため、常に新しい製品を覚えながら勤務先の営業方針に従った活動をしなければなりませんが、幅広い知識や短期間で多くの経験を積むことができるため、製薬会社のMRよりも早く成長することができます。

現在コントラクトMRは、最新のエビデンスや国内外で実施された投薬方法などの情報提供よりも Post Marketing Surveillance市販後調査(以下PMS)の仕事です。

PMS業務とは、発売前の治験でわからなかった有害事象を医師から収集し、解析をして有害事象で苦しむ患者を最小限に抑え安全に薬を使用できるように行う調査のことです。

CSOで3年以上経験を積んだ後は、製薬会社へ転職して製薬会社のMRとして活動したり、製薬会社のMSLへ転職したりすることも可能です。

また、CSOでの働き方が合えばコントラクトMRを続けて、PM(プロジェクトマネージャー)として製薬会社との折衝やプロジェクトの進捗管理やメンバーの支援を行うマネジメント職、CSO本社で新人MRの指導にあたることも可能です。

今後はMSLの業務請負や派遣が行われることが予想されるため、MSLへのキャリアアップも期待できます。

【求人情報】

今後は新薬の発売が少ないことから製薬会社も含めMR自体の求人は減少傾向にあります。

そのため、未経験者の求人は少なくなってきていますが、薬剤師資格を持ったMRは製薬会社から希望されることが多いため選考ではかなり優遇されます。

転職後の年収は400万円前後と低めです。

また、CSOは製薬会社と比べると住宅手当や営業日当がない給与制度や福利厚生は良くありません。

しかし、PMになれば700万以上もねらうことができます。

2)企業薬剤師

【仕事内容】

企業薬剤師は大手企業内にある診療所での薬剤師業務です。

仕事内容は調剤薬局の薬剤師と変わりませんが、1~2人ですべてやらなければなりません。

  • 調剤業務
  • 薬剤管理
  • 社員の健康管理
  • 海外赴任者への健康指導

診療所により毒物劇物取扱者や衛生管理者を兼務することもあります。

【求人状況】

人気の高い職種ですが、求人はめったに出ません。

企業内に診療所があるのは超有名大手企業であるため勤務地が東京駅直結など非常に恵まれているうえ、福利厚生や休日も所属企業と同等の待遇になります。

転職後の年収は400万円~500万円です。

調剤経験があれば応募可能ですが、調剤薬局の管理薬剤師経験者は優遇されます。

ただし、非常に小規模の診療所であるため職場との相性がハッキリする環境のようです。

3)メディカルライター

薬剤師転職 ライター

【仕事内容】

医療系専門の広告会社でのライターとしてキャッチコピーや、リーフレットの文章を書く仕事です。

医療系の広告や出版物には必ず遵守しなければならない医療用プロモーションコードがあります。

また、国内外の論文を読み込むこともあるため薬学の知識がある薬剤師から転職する人が多くいます。

医療系専門の広告会社は小規模なことが多いため、企画作成、プレゼンテーション、編集、同僚のアシスタントまですべての業務をこなさなければなりません。

【求人状況】

求人はめったに出ませんが、希望者が多いため選考は高倍率になります。また、求められるスキルも他の職種と異なります。

<求められるスキル>

  • 文章を書く能力
  • 文章センス
  • クライアントのニーズをくみ取る力
  • 資料から必要な情報だけを抜き取る能力
  • 海外文献を読み込むだけの英語スキル(TOEIC600点以上)
  • 同時に何件も案件を進行できる柔軟性
  • 進捗管理能力
  • ホスピタリティ

転職後の年収は400万円~600万円ですが、3年以上経験を積むと自分の担当クライアントが増えることもあり800万円台も期待できます。

3年以上経験を積めばフリーランスとして在宅で働くことも可能です。

ただし、フリーランスの場合は1件5,000円~50,000円という金額設定であるため、1件でも多く仕事をしていかないと希望している年収を稼ぐことは難しいでしょう。


薬剤師が一般企業へ転職するために

自分の「当たり前」だった常識が、別の企業では通用しないことがあります。

調剤薬局などから転職しても一般企業の雰囲気や働くときのルールが肌に合わず、退職してしまう人がいます。

入社後に、ビジネス文書やメールの書き方がわからず苦労することも多いようです。

転職予定の企業で働いている人に、社内の雰囲気や働く時のルールを事前にリサーチするようにしましょう。

クールビスの時期でもTシャツで出勤したり、お客様が通るような場所をサンダルやナースシューズで歩かないようにしましょう。

前もってビジネス文章の書き方を調べて勉強しておきましょう。

未経験でも無理なく一般企業へ転職できるように、ここでの知識を十分に役立ててください。

調剤業務以外の薬剤師の仕事を探すなら、
>>>業界トップクラス!薬剤師転職サイト「薬剤師転職ドットコム」無料会員登録

あなたが資格を活かして新しい職種で活躍できますように。