異動の不安、転勤での人間関係の不安を解消する10の心得

異動の不安…

人事異動は、できれば避けたかったという人も多いかもしれません。

  • 望んでの異動
  • 望まずの異動
  • 転勤
  • 転職

職場や部署が変わった事情はそれぞれあると思いますが、これまでと違う仕事環境に不安を抱いている人は多いでしょう。

異動して部署が変わった直後というのは、覚えることが多く大変です。

しかしここで上手く立ち回れば、人事異動前を上回るキャリアを築くことができます。

たとえ同じ会社とはいっても、部署が違えば仕事のやり方も人間関係も変わります。

新しい場所では、それまでのやり方がすべて通じるわけではないのです。

新しい部署で総スカンを食わないための心構えとは?


1:呼ばれての異動だと、不安ではなく自信を持つ

今回の人事異動が、もし望まない異動だった場合は左遷的なものだと後ろ向きに考えがちです。

しかし会社というのは、みんなの力でまわしていくもの。

効率を求めるならば、適材適所を実現するため人事異動は積極的にしていくべきなのです。

あなたが異動させられたとしたら、それも適材適所を実現するためなのです。

前の部署で実績をあげられなかったとしても、次の部署では資質が活かせることを期待しての異動なのです。

どんな部署であろうと、『呼ばれて』の異動です。

自信を持って新しい仕事にのぞみましょう。

スポンサードリンク

2:はっきり自己紹介する

人から信頼を得るために、最も大切なのが第一印象です。

第一印象がよければ、人間関係のスタート地点で大きなアドバンテージを得ることができます。

もし第一印象が悪ければマイナスからのスタートになってしまい、そこから関係を構築していくのは至難の業になってしまいます。

自己紹介

そこで重要なのが、異動初日の最初の自己紹介。

フレッシュマンになったつもりで身だしなみを整え、笑顔ではっきりした声で挨拶と自己紹介をしましょう。

そしてこの時に外したくないのが、自分がどこでなにをしてきたのかをはっきり言うこと。

上司はともかく同僚の多くは、あなたがどういう人材なのかはっきりわかっていません。

なにをしてきてなにが得意なのかが分かれば会話のきっかけにもなりますし、最初の実務もスムーズになります。

同じ会社の人間だから知っているだろうと手を抜かず、ちゃんと自己紹介をするようにしましょう。

また忙しくないタイミングを見計らって、個別に挨拶に行くのもおすすめです。

これはやる人、やらない人ができてしまうと差別してしまうことになるので、できれば全員に挨拶をしたいものです。

3:同僚の名前と席の位置を覚える

初めての人ばかりの異動先では、まず名前を覚えるところから始めましょう。

それが人間関係の第一歩です。

相手の名前を間違えることは、ビジネスでは絶対にやってはいけないこと。

身内だからと表面上は笑って済まされるかもしれませんが、名前を覚えない=仕事に真剣に取り組んでいない人間と思われても仕方ありません。

同僚が名前を呼ばれたらすぐに席次表と確認して、顔と名前を一致させましょう。

デスク

また『鈴木』や『斉藤』など、かぶりがちな姓は、席次表に役職や担当している仕事などを書き込んで、区別できるようにすると早く覚えられます。

ただこの時に個人的、身体的な特徴は書かないこと。

『小太り』や『メガネ』などは、たとえ悪意がないとしても、見る本人としてはあまり気持ちのいいことではありません。

仕事に関する情報だけにしておきましょう。


4:過去のやり方はいったん忘れる

同じ会社であっても、部署が違えばそのやり方は違っているものです。

自分の知識、経験を活かそうと聞かれてもいないのに「前はこうやっていた」と話さないほうがよいでしょう。

よかれと思って言ったとしても、「前の部署に未練がある」や「うちのやり方を下に見ている」などととられかねません。

まずは謙虚にやり方を聞き、過去の経験が活かせるところがあったら、その時点で提案しましょう。

そして、もう一つ大事なことがあります。

  • 仕事の進め方
  • 業務への取り組み方
  • 作業の仕方

など、これまでずっと自分が「これが最適」と思ってやってきたのですから、それには”こだわり”もありなかなか手放しにくいものです。

しかし、もっといい方法があるかもしれないということに意識を向けてみることも大切です。

自分の過去のやり方では、その時にあげた業績以上のものはなかなかのぞめません。

新しいやり方を学び吸収して自分の中で再構築することで、自身のさらなる業績アップも期待できます。

・・・次のページで、さらに詳しく対処法を紹介していきます。