1. TOP
  2. 仕事に向いてない!…と言われたり思ったときに立ち直れる13の考え方

仕事に向いてない!…と言われたり思ったときに立ち直れる13の考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事に向いてないと感じたら

「『仕事に向いてない』と言われた…」

「はっきりいって自分でもそう思う」

「自分に合う仕事がわからない」

…たしかに仕事の向き不向きというのはあります。

仕事をしていると思うように進まず、また、挫折感からそのように感じてしまうことってあります。

自分で仕事が向いていない…と感じる場合もありますが、上司などから「君は仕事に向いていない!」と言われ、大きなショックを受けてしまうこともあるでしょう。

それでは、仕事に向いていないと感じた時は、どうすれば良いのでしょうか?

それは、「この仕事に向いてない」だけなのか、「働くことに向いてない」のか。・・・ひょっとすると後者のように考えてしまっているかもしれません。

でもあなたに合った仕事はどこかにきっとあります!

もっと自分の適正にあった仕事を探す、仕事の向き不向きを考え、いまの見方や考え方を変え、自分に合った仕事を探していくことで、「仕事に向いていない」という気持ちは徐々に和らいでいきます。

「仕事に向いていない」と感じた時に、ぜひとも活用したい考え方を紹介します。

スポンサードリンク

1.仕事に向いていない=仕事ができない…ではない

「仕事に向いていない」と感じてしまうのは割と良くあることです。

特に若い時はそのように感じてしまうことは多いです。

しかし、ちょっと考えてみて欲しいのですが、仕事に向いていないからと言って「仕事ができない」とは限りません。

「仕事に向いていない=仕事ができない」は短絡的な発想です。

仕事ができる人に話を聞いてみると、意外にも、こんな言葉が返ってきます。

私は、この仕事には向いていないと思う。でも、仕事を請け負った以上、ありとあらゆる方法で、仕事を完成させなければならないと思う

・・・この言葉から分かるように、仕事ができる人でさえも、仕事に向いていないと感じている人は多いのです。

ただし、仕事ができる人は、「向いているか向いてないか」と考えるよりも、「なにはともあれ仕事を完成させる」という思いの方が強いのです。

仕事を完成させることに集中しているので、結果的に仕事が出来る(本人が向いてないと思っていても)のです。

仕事に向いていない、と考える前に、目の前の仕事を確実にこなしていくことが大切です。

スポンサードリンク

2.「仕事に向いていない」なんて、単なる思い込み

上の例からも、「仕事に向いていない」と感じてしまうと、向いてない⇒身が入らない⇒仕事が出来ない⇒向いてない…と、堂々めぐりというか悪循環になってしまうケースが多いです。

本当は十分に仕事をこなしているにもかかわらずです。

しかも、「仕事に向いていない」と考えてしまうことで、必然以上に「仕事に向いていない現実」を引き寄せてしまうこともあるのです。

思考の力というものは、自分が思っているよりも意外と強いものなのです。

それなら、「思考の力」をポジティブな方向に利用してみましょう。

「仕事に向いていない」と考える人は、ネガティブな出来事にばかり目を向けてしまう傾向があります。そしてポジティブな出来事には目を向けようとしません。

普通の人でさえポジティブな出来事というのはネガティブな出来事よりも印象が薄いものです。

そのため、これからは仕事をしていて「出来た事」に目を向けるように心がけましょう。

出来てないことも確かにあるかもしれませんが、感じている以上に意外と自分は仕事をこなしていることにも気がつく筈です。

そして、仕事に向いていないというのは、単なる思い込みだったことに気がつくでしょう。

3.改善できることはたくさんある!

いったん「仕事に向いていない」と考えてしまうと、仕事に向いていないという思い込みをさらに自分自身で強くしてしまいます。

まず、仕事に向いていない、という思い込みをやめてみましょう。

仕事が向いていないという思い込みから抜け出す方法は、違う視点から物事を眺めることです。

例えば、「どうすれば、仕事を手際よく処理できるだろうか?」と考えたとします。そのように考えると、まだまだ改善できることが多いことに気がつきます。

意識を「仕事に向いていない」方向に向けるのではなく、「仕事の仕方を改善する」方向に意識を向けてみましょう。

意識の向け方一つで、改善できることが多いことに気がつくはずです。

スポンサードリンク

4.仕事が面白くなるには時間がかかる

「仕事に向いていない」と考えたくなる気持ちも分かりますが、そう考えるのは、少し早いのではないでしょうか。なぜなら、仕事が面白くなるには時間がかかるからです。

特に仕事を始めたばかりの時は、単調な仕事や、自分の希望とは全く違う仕事を行うケースが多いです。

そのような仕事をしていると、仕事がつまらなく感じて「仕事に向いていない」と感じてしまうものです。

しかし、単調な仕事や自分の希望と違う仕事は、長い目で見れば必要な仕事なのです。

なぜなら、向いていない仕事こそ、仕事の全体像を理解するためには必要だからです。

最初から自分がやりたい仕事、すぐに向いていると思うような仕事だけを与えられると、視野の狭いまま業務にあたることになり、結果的に成長が妨げられます。

「向いていない」と感じる仕事は、仕事の全体像をつかむためには必要な経験です。

今は、そこまで気がつかないかもしれませんが、向いていないと感じる仕事に取り組み続ければ、後々その経験が役立って、仕事が面白いと感じられる時が訪れることでしょう。

5.仕事への思いが低下しているのかも?

「仕事に向いていない」という考えは、仕事への意欲が低下している時に浮かんでしまう考えとも言えます。

厳しいノルマなど無理難題とも言えるような仕事をしなければならない時、仕事のスケールがあまりにも大きすぎて自分の手に負えない時、毎日同じことの繰り返しでうんざりしてしまう時など、いろいろな時に「仕事に向いていない」と感じてしまうものです。

そんな時は、「仕事と正面から向き合う」こと。言いかえれば、「仕事に対する思いを強く持つこと」が大切です。

具体的に言えば、「どうすれば、この仕事をうまく処理することができるだろうか?」と考えることです。

「無理だ!」と考えてしまえば、思考はそこで止まってしまいますが、「どうすればできるだろうか?」と考えると、脳は、ありとあらゆる方法で解決方法を考え出します。

別に一人で解決しなければいけないわけではありません。周りの人に協力を仰いだり、意外なヒントが目の前に転がっていて、解決してしまう場合もあります。

「無理だ!」と考えていると、意外なヒントが目の前に転がっていても気がつきません。

大切なのは、「仕事に対する思い」をしっかりと持つことです。

スポンサードリンク

6.「仕事に向いていない!」と上司に言われた?

「仕事に向いていない!」は、誰の言葉でしょうか?

もし、自分で感じただけなら、心配する必要はないでしょう。単なる思い込みであることも多く、仕事に熱心に取り組むことで、「仕事に向いていない」という気持ちは、徐々に解消していくことが多いからです。

しかし、上司などから面と向かって「仕事に向いていない!」と言われてしまう場合もあるでしょう。これは、とてもつらく感じてしまうことですね。

場合によっては、この言葉で大きなショックを受けてしまうこともあるかもしれません。

とはいえ、この言葉は見方を変えるだけで十分にショックが和らぐのです。それでは、「仕事に向いていない!」と言われた時、どのようにとらえれば良いのでしょうか?

7.言われているうちが華

厳しく叱られることは、できることなら避けたいものですが、見方を変えれば「言われているうちが華」と言えます。

叱る側は、「叱れば改善する」と見込んでいるから叱るのです。

叱る側が「全く見込みがない」と感じてしまえば、全く叱らなくなるのです。

叱られるのはくやしいことですが、ここは冷静になって「どうして叱られたのか?」、「次に叱られないようにするためにはどうすればいいか?」と考えることが大切です。

もちろん、叱られたことに対して「見返してやる!」という気持ちになれば、エネルギーが充実しているので、さらに良いでしょう。

叱られることで、あなたは十分に成長できるのです。

8.「向いていない!」という言葉は、叱咤激励

「仕事に向いていない!」と叱られると、普通なら、その言葉をそっくりそのまま受け取ってしまうと思います。

しかし、叱る側は、この言葉でハングリー精神を引き出すために、あえて「向いていない!」言い放つケースもあるのです。

言いかえれば、「向いていない!」という言葉は「叱咤激励」と言えるのです。

確かに「向いていない!」などと言われれば、今までの自分のあり方を反省するようになります。中には、そのまま辞めてしまう人もいるでしょう。

もし、「仕事に向いていない!」という言葉を、前向きに「これは叱咤激励だ!」と受け取ることができたなら、「向いていない!」という言葉をバネに大きく成長するはずです。

9.この仕事での目標はある?

「仕事に向いていない」と感じると、仕事のモチベーションが下がりがちになってしまいます。モチベーションが下がったまま仕事をすると、仕事の質も低下しかねません。

仕事のモチベーションを上げるためには、仕事をする上での目標を持つことが大切です。

あなたの仕事の目標は、どんなことですか?

目標はどんなことでもかまいません。長期的な目標があればベストですが、見つからなければ、短期的な目標でもかまいません。

単に、「今日やる仕事は全て処理して、しかも残業をせずに帰る」という目標も良いでしょう。残業をせずに帰ることができると、夕方以降は自分の時間がたっぷりとることができます。

目標が一つあるだけで、仕事の能率がアップします。もし、目標が見つからなければ、ちょっとした目標でも良いので、目標を立ててみましょう。

11.「向いていない」時こそ、成長のチャンス

「仕事に向いていない」と感じる時、あなたはこの仕事を通じて成長することができるのでしょうか?

むしろ、「仕事に向いていない」と感じる時は、成長のチャンスでもあるのです。なぜなら、仕事に向いていないと感じるということは、改善の余地がたくさんあるからです。

仕事で成長するためには、仕事に向いていない、という感情におぼれないことが大切です。その感情におぼれてしまうと、成長のチャンスが台無しになってしまいます。

「ピンチはチャンス」と考えて、仕事に取り組んでみましょう。

逆に、「今の仕事は向いている」と感じるなら、むしろ、成長しにくいと言えます。なぜなら、仕事に向いている、という今の状況に安心していまい、工夫する機会が少なくなってしまうためです。

12.勤め続けるのと転職、どっちが得?

「仕事に向いていない」という気持ちがあまりにも強いなら、「務め続けること」と「転職すること」を比べて、どっちが得かを考えてみましょう。

「仕事に向いていない」と考え続けたまま務め続けるのは、将来のことを考えるとリスクに感じるかもしれません。

今の仕事が、精神的、体力的について行けず、限界を感じるなら、転職を考えるのも良いかもしれません。

しかし、転職することもまたリスクです。なぜなら、希望の仕事に就けるとは限らないからです。

今の仕事よりも給料が下がるかもしれませんし、今の仕事よりもつらい仕事となるかもしれません。

務め続けた方が良いか、それとも転職した方が良いか、いずれを選ぶにしても、メリットもありますし、リスクもあります。

どちらを選んだ方が自分にとって得だと感じるか、良く検討してみましょう。

13.仕事を辞めると決めると…

仕事を続けるか、辞めるかを検討しし、「辞める」ことにしたとします。

ところが、いざ仕事を辞めることを上司に相談すると、意外なことに引き留められるというケースが結構多いのです。

上司に引き留められるなら、会社にとって必要、という意味ですから、無理に辞める必要はないでしょう。

しかし、自分の中で辞める意志が固く、必ず仕事を辞めてやる!という決意が出来ているのなら、次の仕事のことを考えなければなりません。

仕事を辞める前に、転職サイトに登録する、ハローワークに通うなどして、次はどんな仕事に就くかを考えておく必要があります。

今度は自分に向いてる仕事、自分に合った仕事探しをして、仕事向いてないと言われたりすることのないようにしたいですね。

このとき、次のことを深く考えずに辞めると、次の職場でも「仕事が向いていない」と悩むハメになってしまいます。

仕事を辞める時には、「次は『向いていない』と思わないようにする!」といった覚悟が必要です。

「向いていない」くらいがちょうどいい

「仕事が向いていない」と感じると、仕事の意欲も下がってしまいがちです。

しかし、見方を変えれば、「向いていない」くらいがちょうどいいのです。

向いていない、という思いは、見方を変えれば「反省している」と言えます。

それに、「向いていない」という考えは、「もっと良くしたい」ということの裏返しとも言えるでしょう。

「仕事が向いていない」という気持ちは、あなたの成長に欠かせないことなのです。

自分の適職・転職を見つけるためには、
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

なかなか仕事が長続きしない…すぐに辞めてしまう人は、
仕事が続かない…仕事が長続きしない人のための12の対処法

もし、仕事を頑張れない自分が嫌になってたら、
仕事を頑張れない自分…人生を変えるために大切な12のこと

あなたが、「仕事に向いていない」と言われたり、自分で思ってしまった気持ちをバネにして、成長へのきっかけや新天地での活躍の糸口をつかめますように。

◎書類選考対策◎アピールポイント発見◎自己分析に活用
☆リクナビNEXT提供☆
営業事務…パンダ
転職活動で役立つ!グッドポイント診断で自己分析しよう!

・第二新卒・フリーター・学校出たけど働いたことがない・すぐ会社を辞めてしまった
…でも、ちゃんといい会社に正社員として就職したい人へ
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、大学中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

★自分がもし転職するときに、どのくらい人材として価値があるのか知りたい25歳~35歳までの人は、
転職した方がいいか?転職診断テストで自分の市場価値を見極めるには?

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす