転職しない方がいい人5例…「いまの仕事が○○だったらやめとけ」

転職しない方がいい人 転職の決断

転職した方がいい人というのは確かにたくさん存在しますが、一方で、転職しない方がいい人も多数存在します。

企業の業績が回復傾向になると求人案件が増え、このチャンスに自分も!…という人も多いかもしれませんが、ちょっと冷静に考えてみましょう。

ホントに転職した方が、人生良くなるのでしょうか?


転職エージェントに相談して転職しないことを決める人も

雇用の流動化が進んでいることもあり、転職を考える人も増えているのではないでしょうか。

しかし、ある転職エージェントに取材で聞いたところでは、転職相談に来たからといって全員が転職に踏み切るわけではなく、相談の結果、思いとどまる人も多いそうです。

転職は一生を左右するかもしれない一大イベント。明らかに転職するべきでない理由があるならば、思いとどまるのもひとつの選択肢です。

実際に転職活動をする前に、まず自分は転職した方が良いのかどうかを、考えたほうがよいでしょう。

以下に基準を紹介しますので、まずはご一読を。

スポンサードリンク

1:安定的な会社に勤めていたり公務員などで勤務している人

公務員的な体質のある社団法人、または古くからあって完全に市場を握っている会社などは、仕事もルーティンになっているところが多く、やりがいが感じられないと不満を持ちがちです。

また業績が安定している代わりに、新規事業に乗り出すこともないので、給与も悪くはないけど良くもないという会社が多い傾向にあります。

そういう会社に勤めていると、つい周囲が羨ましくなってしまう時があります。

古い友人に会った時、高額な給与や、今まさに手がけているベンチャー的な仕事の話をキラキラした目で語られ、悔しい思いをすることもあるでしょう。

また、テレビやネットでさまざまな企業戦士が高額な報酬を得ていたり、社会に大きな影響を与えている事業を手がけているのを見聞きして、俺も!と思う人もいるかもしれません。

しかしだからといって安易に転職を考えてはいけません。

成功の陰にはそれよりも多くの失敗があるのです。

転職した企業のやっている事業が必ず成功するという保障はなく、新規事業が頓挫することもあるのです。

むしろ、倒産することの会社の方が遥かに多いのです。

また、いったいまの時流にノッているような企業ほど、先々どうなるかはまったくわかりません

それを考えてみると、いまの勤め先が安定しているということは、それだけで仕事に成功しているとも言えます

むしろ、世間一般の価値基準では、あなたの方が羨ましがられているのです。

単に憧れだけで転職したいと思うのならば、やめたほうがよいでしょう。

2:現状改善の努力をしていない人

給与や上司との人間関係など、現状が不満で転職を考える人も多いでしょう。

しかしその現状を改善するために、なにか努力はしたのでしょうか? 

なにもしないうちに転職を考えるのは、時期尚早です。

 

給与が不満ということは、自分が評価されていないと感じているということです。

もししっかりとした実績があるにも関わらず、待遇面で評価されていないのなら、まず上司に相談しましょう。

数字はあげているが部下のマネジメント能力に難があるなど、ちゃんとした評価のもとに決められた待遇なのかもしれません。

問題点がわかればあとは努力をするだけ。それでも評価されないようでしたら、転職を考えるようにしましょう。

 

人間関係も同様です。

上司や同僚とそりが合わないようなら、まずは人事に相談しましょう。

配置換えなどがあれば、不満は解消されます。

ただ会社によってはまともに取り合ってくれないところもあります。

そういう会社は、基本的に人材を軽んじています。長くいてもいいことはないので、転職を真剣に考えましょう。

待遇などの不満に対しては、まず社内で具体的にアクションを起こすことです。

それをやらないで転職を考えるのはおすすめできません。


3:ルーティンワークしかやっていない人

大きな会社は業務が細分化されていて、ルーティンワークが多くなりがちです。

逆に言えばスペシャリストになれると言えますが、単なるスペシャリストでは転職活動で勝ち残れません。

昨今は求人案件こそ増えていますが、企業はスペシャリスト以上の人材を求める傾向があり、採用のハードルは上がっています。

企業は営業スキルだけ、経理のスキルだけ、ではなく、それプラスの能力を持っている人を求めているのです。

企業は中途採用する人材に、すぐ実績をあげられる即戦力を求めています。

つまり言われたことをこなすだけではなく、自分で利益を生み出していく能力が必要なのです。

それは専門知識だけでは足りません。

例えば営業だけど経理の知識がある、経理だけど経営知識がある、開発だけどマネジメント能力が高い、などです。

残念ながらルーティンワークばかりをしていると、それらプラスアルファの能力は身につきません。

もし自分はルーティンばかりで能力が足りないと感じたら、自分で勉強をしましょう。資格を取るのもいい手です。

またエンジニア職の場合は専門知識が要求されるため、自然とスペシャリストが増える傾向にありますが、やはりただのスペシャリストではなかなか通用しません。

実際、いまエンジニアの現場ではそのスペシャリストをまとめるプロジェクトマネージャーの能力を持つ人材が、最も求められています。

それが難しいようでしたら、常に最新の知識、技術にアップデートし続け、スペシャリスト中のスペシャリストを目指すしかないでしょう。


4:職種を変えたいと思っている人

いまの職種はもともとやりたかったことじゃない!

トシをとる前に思い切って変えたい、と思う人もいるでしょう。

でもよく考えてください。転職が成功するのは順番に、

  • 1:同業界・同職種
  • 2:異業界・同職種
  • 3:同業界・異職種

になります。

4:異業界・異職種というパターンもありますが、これはちょっと難しい道です。

そもそも経理の募集であれば、そこには経理や財務経験のある募集者が集まります。

そこに営業をずっとやってきた人が応募しても、書類段階でハネられてしまうでしょう。

ただ第二新卒など、若く経験が少ない段階なら、成功する可能性はあります。

第二新卒で就活をやり直す!もう一度志望企業・業界へチャレンジする方法
第二新卒として転職を成功させるポイントは? 長く厳しい就活戦線を乗り切ってせっかく入った会社ですが… 「他に入りたい会社があった」 「別の業界が良かった」 「社会に出てからやりたいことがわかった」 という人は多いでしょ...

そもそも職種を変えるということは、スポーツで例えるなら野球選手がサッカー選手を目指すようなものです。

職種を変えるということはそれだけ大きいことなのです。

もし職種を変えたいというのなら、転職ではなく、社内で異動願いを出してみましょう。

大きなリスクを取らずに希望が叶うかもしれません。

35歳の転職で未経験の仕事を探すときに17の大切なこと
いまの業界は自分の性に合わない・・・ もう会社のやり方にはついて行けない・・・ ・・・とはいえ、35歳の転職は厳しいのが現実・・・ どうすれば、35歳で、しかも、いまとは違う未経験の職種に転職できる? そんな方法はあ...

↑ある程度の年齢になってから、どうしても未経験の職種に転職したいと思ったら、上の記事を参考にしてみてください。

5:いきなり話が大きい&高望みをする人

特にこれといった実績もなく、いま現在の仕事のポジションもただの平社員なのに、いきなり年収1000万円の仕事に就きたい!と思っても無理があります。

しっかりとした大企業でそんな採用をしているところはありません。

仮にビジネスモデルが大当たりして急成長中のベンチャー企業を対象にしたとしても、そこでの業務に必要なスキルを持っていないことにはどうにもなりません。

あるいは、「もう日本はダメだ。少子高齢化で年金制度は崩壊するし、日本でサラリーマンやっていても良いことがない。子供の教育のためにもこれからは海外だ!でも今の会社じゃ無理だから転職をきっかけに海外に行きたい!これからはグローバル企業だ!」

………というようなことを考えたとしても、その気持ちはわからないではないでますが、ちょっと極端過ぎます…。

日本でしかビジネス経験のない人を、いきなり海外駐在員として中途採用する企業はまずありません。

よほど英語や語学が出来るというのなら可能性ありますが…その場合はTOEIC850点以上は欲しいところ。

でも企業としては語学よりも、まず海外でビジネス習慣の違う人相手に交渉したりする能力を欲していますので、ほとんどの場合は、まずちゃんと駐在経験のある人を探します。

将来的に海外転勤できる、駐在できる会社に転職することはできますが、転職後にそれなりの実績を積まなければ難しいでしょう。

もしホントに海外で働きたいのなら、海外の現地法人に現地採用スタッフとして応募するほうがよいでしょう。

海外で働く方法8つ。えっ?こんな手があるとは…最短で海外就労するルート!
グローバル化が進んだ現代では、海外で働くため方法はいろいろあります。 中には常識を超えるようなものまで存在します。 海外派遣される日本の会社に就職したり、労働VISAを取得して働くだけが道ではありません。 海外求人の情...

ただこの場合、夢は比較的簡単にかないますが、待遇は日本企業と比べて安くなります。

それでも現地で経験を積めば、現地での転職で給与をアップさせていくことも可能です。

欧米は採用のハードルが高くなりますが、ベトナム、タイ、インドネシアなどの東南アジア諸国は求人案件も多くあり狙い目です。

エグゼクティブへの転職も同じこと。

まずいまの会社で実績を積むか、それに行き詰まっているのなら将来の目標を明確にして必要なスキルの取得と経験を積むことができる転職先をまずは探してみることから始めてみましょう。

「これはちょっと難しいかも?」と思うような仕事へ転職したいとおもったら、あなたの願いを叶えるために奔走してくれるエージェントを見つけるのがオススメの作戦です。

まずは業界No.1の転職成功実績の、
>>>リクルートエージェント

大手の転職エージェントとしては、
>>>DODAエージェントサービス

いま20代の人ならこちらも大手の
>>>マイナビジョブ20’s

その他、転職エージェントについては、
転職エージェント|大手各社の特徴|あなたに合ったエージェントを見つけるには?

いきなり1000万円の大台はムリでも、キチンと人材を評価してくれる会社に転職するために、信頼のおけるエージェントを利用して将来の計画をしっかり立ててみましょう。


転職していまより良くなるの? 自分の市場価値を直視しよう!

隣の芝生は青く見えるもの。いまとは違う会社へ行きたい気持ちはわかりますが、まずは自分の庭の芝生をよく見ることが重要です。

転職したからといって、すべての人が成功しているわけではありませんので、まずは慎重に見極めることが必要です。

上の条件に当てはまらず、やっぱり転職したいと思ったら、本当にいまの会社を辞めても大丈夫かのチェックをしておきましょう。

転職しないほうがいい人とは逆に、
転職した方がいい人の条件は↓こちらの記事で。
転職した方がいい人に共通する、仕事を辞めていい状況11

 
そして、会社を辞めてしまう前に、転職サイトにも登録して、世の中にどんな求人があるのか確認しておきましょう。

転職サイトの中でももっともさまざまな求人を扱って転職成功者の数もNo.1なのがリクナビNEXTです。詳しくは、
圧倒的な求人の多さで、希望の仕事がきっと見つかる!まず一番に登録しておくべき転職サービスNo.1の転職サイト!

あなたがもっと楽しい仕事にめぐり逢えますように。