1. TOP
  2. 転職の自己PRに役立つ5つの『強み』がわかる無料の自己診断!

転職の自己PRに役立つ5つの『強み』がわかる無料の自己診断!

強み発掘!

転職の際、自分の「強み」がわからないと何を自己アピールしていいのかわからない。

転職活動がうまくいかないと思っている人は、自分の「強み」をよく分かっていないことが原因であることが多いのです。

『自分には「強み」なんて全然ないし…』と自己アピールを諦めていませんか?

誰でも何らかの「強み」を持っています。しかしながら、自分では気がつきにくいものなのです。

そこで、リクナビNEXTの「グッドポイント診断ツール」を参考に、自分の「強み」を正しく知り、転職を成功させるコツを紹介します。

「強み」を知るメリットと知らないデメリット

いきなり「グッドポイント診断ツール」の使い方を説明する前に、まず、「強み」を知るメリットと、知らないデメリットを先に確認しておきましょう。

(1)「強み」を知るメリット

  • やりたい仕事、向いている仕事に応募できる
  • 自信を持って志望動機を語り、自己PRができる
  • 「強み」を生かした仕事なので、やる気が出る
  • やる気が出るので、成果が上がる
  • 成果が出るので、仕事が楽しくなり給料もアップする

自分の「強み」を知れば、やりたい仕事がはっきりするので、転職に向けて正しい努力ができます。また、求人応募や採用面接に対しても自信を持って自己PRができます。

転職成功後、自分に合った仕事で成果を残せるようになり、仕事も楽しくなってスキルアップします。さらに、給料も上がって自信がつく、という好循環がやってくるのです。

(2)「強み」を知らないデメリット

  • 向いている仕事が分からない
  • 何をやりたいかがはっきりしない
  • 志望動機や自己PRを書くとき、説得力が出ない
  • 向いていない仕事や「強み」のない仕事に就いてしまい、やる気が出ない
  • やる気が出ないので、成果が出ない
  • 成果が出ないので、給料が上がらない

「強み」を知らないと、自分の能力を発揮できる仕事に就くことが難しいだけでなく、やる気も起きず成果もパッとしないために、給料が上がらないという悪循環に陥ってしまいます。

長所・自己PR・「強み」の違いって?

長所、自己PR、「強み」というのは、なんとなく似ていますよね?どこが違うのでしょうか。実は、就職活動においては、長所と自己PR、「強み」の違いを理解して使い分けることが大切なのです。

その使い分けのポイントを簡単におさえておきましょう。

①長所とは?

自分の性格や性質のプラス面に焦点を当て、自分のよい点はこういうところです、ということを表現します。

たとえば「誰とでも仲良く話せる」というのは、長所です。

②自己PRってなに?

その企業や業務に対し、自分の特徴がどう活かされ、どのように貢献できるかを具体的に語ることです。

営業職であれば、「コミュニケーション能力の高さ」は営業トークやプレゼンテーションのうまさにつながります。

こうした能力と前職で成功した体験などを組み合わせて、自分をPRすることです。

③「強み」てなんだろう?

自分のよい点の中で、仕事に活かせる部分のことです。前述の「誰とでも仲良く話せる」は長所ですが、「コミュニケーション能力が高く、チームワークづくりがうまい」というと「強み」になります。

つまり、長所とは、自分の性格のプラス面を表すものです。

自己PRは、この2つに体験談などを組み合わせて、企業の目線から自分がその企業や業務に対し、どのように貢献できるかを伝えるもの、と考えてよいでしょう。

「強み」とは、面接者からみて仕事に活かせる自分の持ち味を伝えるもので、同じようなスキルや経験を持った他の候補者と区別化するためのものといえます。

転職活動で使える自分の「強み」を知ろう

これまでみてきたように、仕事を探す上であるいは仕事を進めていく上で、自分の「強み」を活かすことはとても大切です。

では、どんな仕事がしたいか分からない、何に向いているのか分からない、と悩んでいる人はどうすればよいのでしょうか?

それを見つけるためには、まず自分を客観的に見ることから始めるとよいでしょう。

自分を客観視して「強み」を知る方法は、大きく分けて3つあります。

(1)身近な第三者に評価してもらう

上司、同僚、部下、取引先の人、友人、家族など、周りの人に自分の「強み」を語ってもらいます。そうすると自分では気がつかなかった「強み」を発見できます。

(2)自分で分析する(自己分析)

  • 自分で思う長所を挙げる 例)行動が速い
  • 好きなことを挙げる 例)絵を描くのが好き
  • 過去に達成したことを挙げる 例)2016年に個人の売上目標を達成
  • 得意なことを挙げる 例)料理が得意
  • 失敗から立ち直った体験を挙げる 例)簿記2級の試験に失敗したが、次の受験で見事合格した。

上の2つの方法は、手軽でお金もかからず、自分の「強み」を見つけるにはよい手段です。しかし、問題点もあります。

それは、どうしても個人の主観が入ってしまうこと、偶然だったり運がよかっただけという可能性があることです。

例えば、友人から「親切だね」と言われたとしても、実は誰にでも親切にしているわけではなく、あくまでもその友人がそう感じているだけかもしれません。

あるいは、売上目標を達成したといっても、もともとの目標が低かっただけという可能性もあります。さらに、自分では得意だと思っていることも、大勢の中に入ってみると、実はそれほどでもなかったということもありえます。

そこで、自分の「強み」を知る3つ目の方法をご紹介しましょう。

(3)グッドポイント診断ツールという最強の武器

それは、自分の「強み」がわかる分析ツールを使うことです。

分析ツールには、有料と無料のもの、用紙に記入するものやオンラインでできるものなど、さまざまなものがあります。

内容が充実したものは値段が高く、簡単には利用できません。また、無料のものはいい加減なものがあったり、どれがよいのか決められません。さらに、あれもこれもといくつも受けてしまうと、どの結果が正しいのか分からなくなってしまいます。

そんな中オススメしたいのが、リクナビNEXT「グッドポイント診断」です。

「グッドポイント診断」は無料のサービスですが、有料の「強み」分析ツールと比べても、ひけをとらないクオリティを持っています。

ちなみにリクナビNEXTは、社会人のための転職情報サイトです。

求人情報の提供はもちろん、匿名で履歴書を登録しておくと、企業からスカウトが来る機能も備えています。

現在の会員数は700万人を超え、転職する人の約8割が利用するといわれる、日本最大級の転職情報サイトです。

そのリクナビNEXTが開発した「グッドポイント診断」の特徴をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

<リクナビNEXT「グッドポイント診断」の特徴>

  • 転職情報サイトならではの、転職する人のための「強み」分析ツール
  • オンラインでいつでもどこからでも簡単に自己分析ができる
  • 診断結果がすぐに分かる
  • 18種類の「強み」の中から、あなたに合ったもの5つを抽出して提示
  • 18種類の「強み」はこちら
  • 結果は客観的評価なので、自分の真の「強み」が分かる
  • リクナビNEXTの求人応募の時に、自分の「強み」として診断結果を添付できる

全部で300近い質問と4つの選択肢から自分に最も近いものを選ぶ形式。3部構成で各ステージそれぞれ15分間の制限時間が設定されています。
(全体の所要時間は20~30分程度)

診断が受けられるのは一人一回だけなので、時間がある時にしっかりと回答しましょう。


(↑パソコン版の画面。スマホで利用できます!)

質問内容は、自分の考え方や好み、過去の経験などを問う、まさに心理テストに近い内容が多く含まれています。

診断結果は、回答からピックアップされた5つの「強み」ごとに、その意味が分かりやすく前向きで印象のよい文章にまとめられ、自分では気がつかなかった個性が表現されています。しかし、結果を読むと「なるほど、そんな面もあるな」と納得できる部分も多く、転職時の志望動機や自己PRに使える内容がふんだんに盛り込まれています

診断結果の例:


(↑パソコン版の画面。スマホで利用できます!)

「強み」を知ると明るい未来が開けてくる

実際この診断結果をもとに、求人に応募する時の自己PRを見直したり、自分らしい経験談を思い出したりと、転職希望者の間でも好評です。

さらに、採用する企業側も、履歴書だけでは読み取れない個性や価値観、意欲の高さなどを知る手がかりになる、といった好意的な評価が寄せられています。

自分のことは自分が一番よく知っている、というのは事実ですが、自分の「強み」を選び出し、さらに採用担当者に伝わるように言葉にするのは、実際簡単ではありません。

「彼を知りて己を知れば、百戦してあやうからず」という有名な孫子の言葉どおり、希望する企業の研究は十分に行うとして、自分を知るための努力もしっかりしておくことが、転職に成功する秘訣といえるでしょう。

グッドポイント診断は転職希望者の強い味方!

自分のやりたいことや向いている仕事を知るには、自分の「強み」を客観的に知ることが第一です。

さらに、企業の採用担当者の印象に残る自己PRをするには、自分の「強み」に長所や過去のエピソードを上手に絡めて、伝わる言葉に置き換える努力が求められます。

転職サポートで実績のあるリクナビNEXTが、蓄積されたデータをもとに開発した「強み」発見ツール「グッドポイント診断」は、転職の心強い味方になってくれるでしょう。
 
リクナビNEXT「強み診断」はこちらから登録して開始できます。

>>>無料の強み診断が受けられるリクナビNEXTの登録へ。