1. TOP
  2. やる気が出る言葉50選!元気になる名言集!

やる気が出る言葉50選!元気になる名言集!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
やる気が出る名言集

やる気が出る言葉に助けられたことってありますか?

「あぁ、失敗した。もうダメだぁ~」

「毎日、怒られてばかり。もう立ち直れないよ~」

「このごろ、退屈でダルい…」

…仕事で辛い思いをしたりして、やる気を失っていませんか?

やる気を出そうと思っても、なかなか自分で出せるものではないですよね。

そんなあなたのために、やる気が出る言葉を50選びました。

失敗して落ち込んだ時、元気になりたい時に、あなたのやる気が、みなぎる名言集です。


1.落ち込んだ状態からやる気をだす言葉15

●人生は一度きりだから 生まれ変わるなら生きてるうちに

(長渕剛 シンガーソングライター)

人生は一度きり! 仕事で落ち込んでいるくらいなら、生まれ変わるくらいの気持ちを持つことも大切ですね。

●人生はキミ自身が決意し、貫くしかないんだよ

(岡本太郎 芸術家)

人生の決定権はあなたにある! 自分の人生を生きていきましょう。

●賢い人は、徹底的に楽天家である

(アンドリュー・カーネギー 実業家)

賢い人、できる人ほど、楽天家。前向きな考え方には、現状を打開する力があります。

●考えてばかりいると、日がくれちゃうよ 

(相田みつを 詩人・書家)

くよくよと落ち込んでいても、何も解決しません。考えすぎるよりも、まずは行動を!

●本気ですれば大抵のことはできる。本気ですれば何でもおもしろい。本気ですれば誰かが助けてくれる

(後藤静香 社会教育家)

気持ちが大事!本気が大事! 本気で取り組むと、物事がうまく回り始めます。

●辛いという字がある。もう少しで幸せになれそうな字である

(星野富弘 詩人・画家)

頸髄損傷で手足の自由を失ってしまった星野氏。口に筆を加え、文や絵を書き始めました。辛さの先には、幸せが待っています。

●うしろをふり向く必要はない。 あなたの前には、いくらでも道があるのだから

(魯迅 小説家・思想家)

落ち込みたくなる気持ちも分かります。でも、目の前にある道を一歩ずつ歩いていこう!

●速度を上げるばかりが、人生ではない

(マハトマ・ガンジー 弁護士・政治指導者)

スピード重視のご時世、疲れちゃいますよね。時にはゆっくり歩んでみませんか?

●いっぺん夢中で生きてみい。毎日が夢中や

(明石家さんま お笑いタレント・司会者)

夢中で生きる! まわりを気にせず夢中で生きる! 落ち込んでいたことすら忘れます。

●誰かの為に生きてこそ、人生には価値がある

(アルベルト・アインシュタイン 物理学者)

「誰かの為に」という想いがあるからこそ、大きな仕事を成し遂げられるのです。

●壁というのは、できる人にしかやってこない。
超えられる可能性がある人にしかやってこない。
だから、壁があるときはチャンスだと思っている

(イチロー プロ野球選手)

乗り越えられない壁はない! しかも壁はチャンス! きっと大きく成長するでしょう。

●人を信じよ、しかし、その百倍も自らを信じよ

(手塚治虫 漫画家)

自分の味方は、自分自身! 自分を信じ続けることで、逆境も乗り越えられます。

●苦しみを経験するから幸せの有り難みが分かる。苦しむことは幸せになるためのプロセス

(美輪明宏 シンガーソングライター・俳優)

苦しみは、できることなら避けたいもの。しかし、苦しみを経験したからこそ、身にしみて分かることもあるのです。

●幸福の便りというものは、待っている時には決して来ないものだ

(太宰治 小説家)

落ち込んでいるときこそ、落ち込んでしまうような出来事が起きてしまうもの。立ち上がり、一歩一歩、歩いて行くことが大切です。

●下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ

(チャールズ・チャップリン 俳優・映画監督)

下ばかり向いていると、見えるはずのものが見えなくなってしまいます。でも、上を向くと、きっと素晴らしいものが見えるはず。

スポンサードリンク

2.失敗から立ち直る言葉15

●こけたら立ちなはれ 立ったら歩きなはれ 

(松下幸之助 実業家)

転んでも、立ち上がることが大事。気力を振り絞って、立ち上がりましょう!

●最大の名誉とは決して倒れないことではない。倒れるたびに起き上がることである

(孔子 思想家・哲学者)

一見、倒れないほど強そうな人も、倒れるたびに起き上がってきたから、強くなったのです。

●状況?何が状況だ。俺が状況を作るのだ。
環境?環境がどうしたというのだ。環境とは自分で作り出すものではないか

(ナポレオン・ボナパルト 軍人・政治家)

失敗を環境のせいにするくらいなら、自分で環境を作ってしまえばいいんです。

●お前、クビになって悔しかったやろ。じゃあ、見返してみろ

(野村克也 元プロ野球選手・監督)

悔しかったやろ? 見返してみろ?? じゃあ、やるしかないだろ!!!

●「失敗」と書いて「せいちょう(成長)」と読む

(野村克也 元プロ野球選手・監督)

失敗すると悔しく思うけれど、失敗した後は、いつしか成長しているのです。

●うまくいかなくても、やったことは全部、将来の自分のプラスになります

(孫正義 実業家)

「あの時の失敗が、今になって活かされている」そんな経験、ありませんか?

●若いうちだ。思い切ってやることだよ。会社の一つや二つ、潰してもいいじゃないか

(田中角栄 元総理大臣)

会社をつぶすことすらOK!? 思い切りが肝心です。

●わたしは今までに一度も失敗をしたことがない。電球が光らないという発見を、今まで二万回したのだ

(トーマス・エジソン 発明家)

失敗は、見方を変えれば発見なんです。失敗しないと、発見すらできません。

●チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ

(本田宗一郎 実業家・技術者)

何もしないことこそが失敗! チャレンジ精神が大事!

●人生に失敗がないと、人生を失敗する

(斎藤茂太 精神科医・随筆家)

本田宗一郎氏と同意見! 失敗しないことこそ、失敗なんです。

●ミスをしない人間は、何もしない人間だけだ

(セオドア・ルーズベルト 元アメリカ大統領)

人間は、ミスして当たり前! 何もしないと、ミスをするわけがないのです。

●恥かけ、汗かけ、涙しろ! 

(ルー大柴 お笑いタレント・俳優)

当たりさわりのない生き方はつまらない! 心が揺れ動くから、人生は面白いんです。

●努力は報われず、正義は滅びる。恋する者は泣きを見る。されど挑戦の日々

(秋山仁 数学者)

全く何もうまくいかない! でも、成功を信じて、日々挑戦し続けるんです。

●成し遂げんとした志をただ一回の敗北によって捨ててはいけない

(ウィリアム・シェイクスピア 劇作家・詩人)

本当に志が強ければ、敗北をバネにして、その志を必ず達成させることでしょう。

●「負けました」とはっきり言える人はプロでも強くなる。これをいいかげんにしている人は、上には行けません

(谷川浩司 将棋棋士)

自分の負けを認めることは、自分自身と向き合うこと。だから、強くなれるんです。

3.励みになる言葉、頑張れる言葉20

●100点は無理かもしれん。でもMAXなら出せるやろ

(松本人志 お笑い芸人)

全力を出し切ることなら、どんな人でもできるんです。

●迷うから負けるんだ

(朝青龍 元大相撲力士)

やると決めたら、迷いは不要。全力で突き進むのみ!

●井戸も最初は泥水、掘り続けりゃ清水が湧いてくる

(北島三郎 演歌歌手)

一見、失敗に思えることも、あきらめなければ、成功へとつながるんです。

●君が次に叩く1回で、壁は打ち破れるかもしれないんだ!

(松岡修造 元プロテニス選手・タレント)

あきらめてはいけない!ここで、あきらめなければ、突破口が開くはず!

●なせば成る なさねば成らぬ何事も 成らぬは人のなさぬなりけり

(上杉鷹山 大名)

上杉鷹山は、破綻寸前の出羽国米沢藩の財政を立て直しました。困難と思えることも、やり抜けばできるのです。

●できると思えばできる、できないと思えばできない。これは、ゆるぎない絶対的な法則である 

(パブロ・ピカソ 画家)

想いこそ大切。なぜなら、想いは現実を引き寄せる力があるからです。ここぞという時は「できる!」と信じ切ることが大切です。

●必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ

(織田信長 戦国大名)

「必死」は「必ず死ぬ」と書きますが、それくらいの気持ちで生き抜くことで、実りある人生となるのです。

●千里の道も一歩から

(ことわざ)

どんなに困難と思えることも、はじめの一歩が大切。必ず、目標にたどり着く時が訪れるのだから。

●どんな芸術家でも最初は素人だった

(ラルフ・ワルド・エマーソン 思想家・哲学者)

仕事を始めたばかりの時は、なかなか仕事がうまく進まないもの。でも、みんな最初は素人。初めての経験を乗り越えて、今があるのです。

●「やりぬかなくては」という気持ちがさまざまなアイディアを生み出す

(樫尾忠雄 カシオ計算機創業者)

カシオ計算機は、世界初の個人向け電卓を開発しましたが、開発までの道のりは紆余曲折。根底にあったのは「やりぬかなくては」という心意気だったのでしょう。

●取り組んだら放すな。殺されても放すな。目的完遂までは・・・

(電通・鬼十則)

広告代理店・電通の行動規範、鬼十則の一つです。鬼十則は非常に厳しい内容ですが、仕事を完遂するまでは、心を鬼にしなければならない、ということです。

●手を抜く方が疲れる

(木村拓哉 俳優・歌手)

疲れると手を抜きたくなりますが、疲れるのは手を抜いている証拠。本気で取り組めば、疲れを感じません。

●一生懸命だと知恵が出る。中途半端だと愚痴が出る。いい加減だと言い訳が出る

(武田信玄 戦国大名)

「言い訳」はいい加減な証拠、「愚痴」は中途半端な証拠。問答無用でやるしかないのです。

●面白いから一生懸命やるのではない。一生懸命やるから面白いのだ

(中谷彰宏 作家)

面白いから始めたことは飽きやすいものですが、一生懸命やって面白くなったものは、さらに深めようとします。

●下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ 

(小林一三 阪急阪神東宝グループ創業者)

どんな仕事も、魂を込めて全力で取り組む。その気持ちが、まわりの人の心を打つのです。

●明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ

(マハトマ・ガンジー 弁護士・政治指導者)

そもそも、人生はいつ終わるか分からないもの。一日一日を全力で生きることが大切です。

●人間、死んだらいくらでも休めるんだ。いま勉強しなくてどうする

(大前研一 経営コンサルタント・起業家)

せっかく生まれてきたのだから、生きているからこそできる経験をするべきです。

●常に明るさを失わず努力する人には、神はちゃんと未来を準備してくれます

(稲盛和夫 実業家)

明るく生きる、努力する、懸命に生きる。神様でなくとも、まわりの人たちは、そんなあなたを見ているのです。

●天才なんかあるものか。僕は他人がコーヒーを飲んでいる時間に仕事をしただけだ

(魯迅 小説家・思想家)

ちょっとした努力の積み重ねが、長い間には大きな差へと広がります。日々の努力が大切です。

●うつむいてはいけない。いつも頭を高くあげていなさい。世の中を真っ正面から見つめなさい

(ヘレン・ケラー 教育家・社会福祉活動家)

ヘレン・ケラーは、視覚・聴覚に障害を持っていましたが、懸命に生き抜きました。どんなことがあっても、世の中を真っ正面から見つめることが大切です。

 


ちょっとした一言こそが、心の支えに

言葉というものは、たとえ短い言葉であったとしても、心に響き、心の支えになるものです。

むしろ、短い言葉こそ、意味がギュッと込められていますから、心に響きやすい名言になるのかもしれませんね。

多くの職場は緊張感でいっぱいになっていることから、厳しい言葉を投げつけられ、傷ついたり、落ち込んだりしてしまうものです。

しかし、言葉で傷つくこともあるけれど、言葉で癒やされることもあるのです。

言葉で癒やされたら、今度は、身の回りの傷ついている人を、あなたが言葉でいやしてあげてはいかがでしょうか。

部下や後輩、チームのメンバーを励ます言葉は、
ペップトーク例10!良い上司が部下を励ます言葉、ダメ上司の言葉

こんな名言をはく人を尊敬するという人も多いことでしょう。

では、転職の面接などで質問されたら、どんな人を尊敬していると答えるといいかというと、
尊敬する人ランキング!偉人・歴史上の人物vs両親・恩師?

あなたが言葉の力でもっと元気になって、やる気が湧きでますように!

★自分の「個性」や「強み」がわかればもっと自己PRしやすいと思う…
女性事務員
無料の自己分析とスカウトサービスだけじゃない、転職者の8割が利用する転職サービス


フリーター働いたことがない入社してすぐ会社を辞めた…という人も、
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
仕事探しでも運命の出会いってあると思う。
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす