医療機器メーカーの営業は未経験OK!【医療業界へ転職】のポイント

営業職で年収アップを目指す場合、その収入の高さで上位に並ぶ医療業界の募集に目が行きますよね。

ですが、「業界未経験での転職は難しそう」というイメージがあって二の足を踏んでしまうのではないでしょうか。

収入が高い分、専門知識も求められる仕事ですから当然です。

それが実は、未経験者に対しても門戸が広い業界なのだといったら驚かれるかもしれません。

ここでは、業界未経験で医療機器メーカーへ転職する際の成功の秘訣をご紹介します。

業態や仕事内容を見極め、あなたのスキルを最大限に活かすために、ぜひ参考にしてみてください。


医療業界の営業、メリット・デメリット

1.医療業界は高収入を狙える

医療業界は、平均的に給与水準が高い業界です。

その大きな理由は、ひとつひとつの機器が高額なこともあり、充実したインセンティブ制度を設けているところが多いため。

特に外資系企業のインセンティブ制度は高水準な場合が多いので、注目しておいても良いでしょう。転職活動の際は、できればその会社のインセンティブ制度について確認しておきたいところですね。

2.拘束時間は長め

医療業界の営業は、拘束時間が決して短くはありません

勉強会の開催や学会への参加などで、平日の夜や休日の出勤はほぼ必須となります。

ただし、会社によってはフレックス制などが導入されていて勤務時間を自由に調整できるところもあります。プライベートな時間も大切にしたい場合は、こうしたポイントもチェックしておきましょう。

3.意外と未経験でもキャリアアップ可能

未経験から医療業界に飛び込んでも「出遅れるのでは?」と不安になるかもしれません。ですが、ここに関してはそう不安になることもないでしょう。

実は医療業界では、ヘッドハンティングが盛んに行なわれているのです。経験を積んでいくと、同業他社に好条件を提示されるケースをよく見かけます。

なかでも特に重宝されるのが、ドクターとのパイプを太く持っている人材。

未経験からの転職でも、人脈をつくっていくことで早期のキャリアアップも実現できます。これには、今までの経験も存分に発揮できることでしょう。

スポンサードリンク

医療業界で“ねらい目”な仕事とは

1.医療機器メーカーと製薬メーカーは似ているようで違う

医療機器メーカーの営業と「MR」(製薬メーカーの営業)は、ひとまとめに考えられがちですね。

ただし結論から言うと、MRの方が少々ハードルは高い傾向にあります。その理由のひとつが、MRには「公益財団法人MR認定センター」が主催する「MR認定試験」という資格がほぼ確実に必須となる点です。

MR認定試験に合格していなくても、MRとして働くことはできます

ですが実態としては、多くの製薬メーカーがこの資格の取得を義務付けているのです。

つまりMRとして転職しても、新しい会社で仕事と研修をこなしながら、同時に年1回開催される試験に向けた勉強もしていく必要が出てきます。飛び込むには、相応の覚悟が求められるでしょう。

そしてMR認定証取得までの実習や勉強に時間とコストがかかる分、既に資格を持っている経験者の方が優先されてしまう傾向が強いのです。この点には注意して、転職先を選びましょう。

2.医療機器メーカーは営業採用に積極的

一方で、医療機器メーカーの営業では特に必須の資格というものはありません

自社が扱う製品に対しての専門知識と、対象となる疾患の知識が身につけば充分。これなら、社内研修やOJTで対応できる範囲ですよね。

しかも近年は、医療費削減の一環で政府が在宅医療を推進しています。

高齢化社会が進むにつれて、その方針はますます本格化。そのために必要となるのが、自宅に設置できる各種医療機器なのです。

「一家に一台」とまではまだ言いませんが、需要は年々増え続けています。その結果、多くの医療機器メーカーで積極的な人材採用が行なわれています。

つまり、まったくの未経験で転職しやすいのは医療機器メーカーの営業なのです。資格は不要で、人材需要も高め。ここが、転職先としてねらい目となるポイントです。

医療機器メーカー営業の主な仕事内容とは?

主な役割は、担当エリア内の医療機関への機器の提案と、その後のサポート

医療機関や提案相手によって仕事のポイントがありますので、その例をいくつかご紹介します。

そのなかから、自分の経験やスキルを発揮できるスタイルを、イメージしておくと良いでしょう。実際の転職活動の際は、1社ずつ特性や仕事内容を細かくチェックしておくことをオススメします。

1.営業先ごとのポイント

1)病院への営業活動

大学病院、地域の基幹病院、中小規模の個人病院まで、規模は様々。また、大きな病院では組織が細かく別れている場合もあります。

医療機器を販売するなら、実際に使用するドクターや検査科のスタッフの方々だけではなく、会計を担う事務部門や看護師とのコミュニケーションも必要になるでしょう。

また、訪問に関しては規制や細かいルールが敷かれていることも多いので、そのルールを事前に確認しておく必要があります。

控室などの前でドクターが通るのを待つ「医局待ち」や、外来診察が終わる先生を待ってつかまえる「外来待ち」などは、オーソドックスなテクニックですね。

2)クリニックへの営業活動

いわゆる、開業医の先生のところです。

こうしたクリニックは、連携する基幹病院の近くに開業しているケースが多数。規模は小さいので、医療機器購入の決裁が院長の一存で決まります。

大学病院のように複数の部署を回る必要はない反面、院長先生に好かれるかどうかが取引の決め手になる傾向があります。

訪問は、午前診療が終わるお昼のタイミングや、午後の診療終わりのタイミングが良いでしょう。

3)医療関連施設への営業活動

治療をメインに行なう機関ではありませんが、老人ホームや健診センターでも医療機器のニーズはあります。

この場合、病院やクリニックのようにドクターが決裁者ではありません。その機器を扱う検査技師や看護師、あるいは事務長といったポジションの人物が窓口となります。

2.商談相手によるポイント

1)ドクターへの営業活動

医療機器は、患者さんの治療もしくは検査のために使用されるもの。

当然、その患者さんを診るドクターが必ず関わってきます。全てのケースが該当するわけではありませんが、医療機器購入の申請はドクターの発案から決裁にあがることがほとんどです。

そこで見極めるべきなのは、ドクターの人柄です。

温和で優しい先生も多いですが、中には気性が荒かったり、態度が横柄だったりという先生がいるのも事実です。転職活動の際には、「どんな先生がいたか」といったエピソードを聞いてみるのも良いかもしれませんよ。

2)各専門部門への営業活動

ドクターへの営業は最重要事項ですが、それだけではまだ機器の導入は決まりません

病院・クリニックも民間企業と同じように組織なので、商品を購入するためにはあらかじめ決められた決裁ルートを通す必要があります。

決裁ルートは医療機関によって異なりますが、一般的には看護師(外来・病棟)、検査科、薬剤部、事務(用度・調達)などのポジションの人物が関わってきます。

担当する医療機関の人間関係を把握し、各部門の誰がキーマンなのかを押さえていきましょう。

3)代理店への営業活動・販促活動

医療業界では、メーカーが直接医療機関に薬や医療機器を販売せず、間に代理店を通すのも慣習となっています。

そのため、代理店に対しての営業活動・販促活動も、医療機器メーカーの営業にとっては重要な仕事のひとつです。

自社製品のPR・セールスをしてくれる代理店の営業がいるということは、自分の分身ができるのと同じこと。複数の医療機関へ同時に売り込むことができるようになるので、効率は格段に上がります。

また、医療機関における取引ルールの複雑さや、医療関係者との信頼関係作りにも時間がかかることも代理店の力が活きてくる理由です。

院内のルールを熟知している代理店や、自分がまだ開拓ができてないドクターとのパイプを太く持っている代理店とタイアップできると、営業成績は大きく変わってきます

3.医療機器メーカー特有の仕事内容

1)患者への説明や手術の立ち会い

医療機器の営業は、実際に製品が医療機関に導入されたあとのサポート・フォローも担います。

医療従事者に対しては、製品説明会・勉強会が必須。さらに、在宅医療などで患者さんが自分で医療機器を操作する場合など、医療従事者が説明する際に立ち会うこともあります。

また、手術用の医療機器を扱う場合は、手術の立ち会いが必要となる可能性も。

こうしたシーンが苦手な方には、耐えられない仕事になってしまうかもしれません。

どんな場面で使われる医療機器を扱うのか、転職時にはあらかじめリサーチしておきましょう。

2)勉強会の企画・開催

日々、製薬メーカーや医療機器メーカーが主催する講演会・勉強会が開催されています。

その内容の企画や、登壇をお願いするドクターへの依頼、集客に向けた各医療機関を回っての声かけ、当日の運営全般などの業務も営業活動の一環。

平日の夜や土曜日の開催になることも多いので、残業や休日出勤が発生します。そのため、決して拘束時間が短い仕事ではないということは、念頭においておきましょう。

3)学会や各種医療関連行事への参加

疾患ごとに学会があり、全国集会や地方会なども催されています。

参加するのは主に医療従事者ですが、実はメーカーが展示ブースを設けているケースもあるのです。

営業は、その運営サポートとして関わることになります。ただ、ドクターの発表や最新の医療動向が聞けると営業活動に役立つことも多いので、新たな商談チャンスにもつながりますよ。


医療機器メーカーの営業に求められるスキル・素質とは?

1.コミュニケーション能力

実務で考えれば、もっとも必要なスキルは「コミュニケーション能力」です。

医療機関の数は限られているため、担当する医療機関をどんどん乗り換えるわけにはいきません

気難しい先生や横柄な病院事務担当者などにあたってしまった場合も、コミュニケーション能力で上手く渡り歩いていく必要があるのです。

ドクターや看護師など医療従事者との信頼関係は不可欠ですが、実はほかにも営業成績を上げるコツがあります。

それは、同じ医療機関を担当する他社の営業との連携。有益な情報をこまめに交換しあっていると、商談はとてもスムーズに進むようになりますよ。

医療機関の内外の人間関係をうまく把握し、コミュニケーションを図っていきましょう。

2.専門知識の勉強意欲

医療は日々進歩しています。自社製品に対する専門知識だけではなく、医療に関わる法改正の動向や、新薬、新しい治療法に関する情報などを、常にブラッシュアップしておきましょう。

これが、ドクターから信頼され商談につながるきっかけとなるのです。

3.命を預かる責任感

忘れてはならないのが、取り扱う医療機器の先に必ず患者さんの存在があるということ。

医療に関われば、必ず「命」にも関わることになります。

自分の扱う商材が、患者さんの命に直結しているという責任感・使命感をもって仕事に取り組めることも欠かせない資質と言えます。


営業職での年収アップなら、未経験者OKの医療機器メーカーへ

医療業界の営業に転職したいと考えた場合、医療機器メーカーの営業なら門戸が広くなっており、チャンスは豊富です。

業界未経験でも充分に歓迎されますし、収入アップの道がひらかれることでしょう。

ただし、扱う商材によって手術の立ち会いがあったり、休日や平日夜の拘束時間が長くなったり、業界特有の注意点も多数あります。

転職時には、具体的な仕事内容などのリサーチを行なったうえで、職場を選んでいく方が賢明ですね。

 
あなたが医療機器メーカーへの転職に成功しますように!