会社員以外の生き方とは?リアルな経済事情も紹介!

会社員以外の生き方

会社員以外の生き方とは?リアルな経済事情も紹介!

スポンサードリンク

毎日の残業、しっかり取れない昼休み、休日を返上した勤務、職場の対人関係など…

会社員になると、どうしても我慢しなければならないことがたくさん出てくるものです。

そうして過ごしていると、会社員以外の生活をしている方が羨ましくなったり憧れたりすることもあるのではないでしょうか。

とは言っても、会社員以外の働き方にはどんな種類があるのか、どのくらい稼いでいるのか、ピンとこない方も多いでしょう。

そこで今回は、会社員以外の働き方はどんなものがあるか、職種ごとの平均年収、健康保険や年金などの支払いや会社員以外の働き方のメリット、デメリットをご紹介していきます。


スポンサーリンク

会社員以外の仕事例と収入

起業する

会社員以外の働き方の1つで、起業するという働き方があります。

最近では、1万円起業と呼ばれ手持ちが少ない状態でも簡単に起業ができ、好きなサービスや商品を販売することが可能です。

起業というと大きな企業をかん会えるかもしれませんが、一人でもできますし、代表含めて数名で働くこともできます。

やりたいことが明確な方や、自分のオリジナルを作っていきたい方は起業に向いているでしょう。

収入

起業する場合、その会社の利益や成長により月収は様々です。

収入が安定してきた方で、平均月収25万円から40万円と言われています。

年収で言うと、平均450万円から高収入の方で3000万円前後の方もいらっしゃいます。

波に乗るまでは収入が少なめかもしれませんが、軌道に乗れば他の会社員以外の働き方より稼げると言って良いでしょう。

フリーランス(ライター、デザイナー、エンジニアなど)

起業とまではいかなくても、フリーランスという働き方もあります。
言葉を書くことや好きな方、デザインが得意な方やエンジニアの経験がある方は、フリーランスで働くことができます。

パソコン1台あれば時間や場所を気にせず働くことができ、個人事業主として会社員ではなく、1人で働くことができます。

特にライターは未経験から始める方も増えており、会社員以外の働き方で人気を集めています。

デザイナーやエンジニアの方は過去の作品や経験が受注のきっかけになることも多いため、まだまだ実績が必要な仕事と言えるでしょう。

収入

フリーのライター、デザイナーの平均月収は、25万円から30万円前後で、平均年収として300万円から400万円の収入を得ている方が多いようです。

エンジニアの場合は、数か月以上のプロジェクトが多く稼働時間も長いため、平均月収40万円前後、平均年収は600万円という数字が出ています。

フリーでノマド的に働く方が多い中、いかに1つの案件の単価を上げていくかが、高収入のポイントになります。

公務員

公務員と一口で言っても、役所勤めのほか、警察官、消防士、教師など様々な種類があります。

区役所や市役所で働けば、土日休みでありながら会社員よりも休みがしっかり定められており、残業も少なく、働く環境を整えることができます。

また、社内や社外の競争が少ないため、精神的にも会社員より楽に働くことができるのがメリットです。

収入

公務員の平均月収は40万円ですが、役職のある方を含めた月収ですので、若い方や経験が浅い方などは20万円台になります。

会社員以外の働き方で、且つ安定した職場で稼ぎたい方に向いており、会社員よりも細かく固い職場と言えるでしょう。

公務員が加入する社会保険もありますので、福利厚生もしっかり完備されています。

農家、漁師

普通の会社員として働く以外に、思い切って農家や漁師として働く方法もあります。

農家や漁師体験をきっかけに移住を決意する方や、自分の育った田舎に戻る方が一般的です。

毎日畑仕事や漁に出ることが基本のため、働く前に本当に農業や漁業が好きなのか、自分の気持ちを確かめることも大切です。

収入

農家の平均月収は30万円前後で、年収で言うと450万円前後と言われています。

一方、漁師の場合は、その漁業形態により幅があります。

一般的な漁業であれば平均月収は20万円ですが、遠洋漁業と言い、1年のうち200日以上を海の上で過ごす漁業であれば、平均月収は40万円から50万円、年収で言うと600万円ほどになります。

遠洋漁業は、公海や外国の海へ向かう漁業ですので、世界中の海を回るような気持ちでないと務まらない仕事でしょう。

政治家、議員

会社員以外の働き方で、政治家になる方法もあります。

もっと街が良くなる方法を探し、実現していきたい方にはぴったりの職業です。

選挙ではある一定数の票が必要なため、周りの方へアピールする強い熱意が必要になります。

収入

政治家、議員の月収は、国会議員の場合90万円前後と言われており、年収で言うと2200万円前後が平均となります。

市議会議員の場合、平均月収は60万円前後、年収は750万円前後とも言われています。

国民から支持してもらえるように選挙に挑み、政治と国民の架け橋として働くため、様々なプレッシャーが大きい職種です。

収入が高い分、政治や法律の勉強も必要ですので、収入だけ見て簡単にできる仕事ではないと言えるでしょう。

教授

教授となり大学、大学院などで学生に向けて教鞭を取る働き方もあります。

大学や大学院にも、私立や公立など種類がたくさんありますので、学校の教育方針や方向性からも選ぶことができます。

学生に教えながら、自分自身も好きなことを研究し続けたい方にはぴったりな職業でしょう。

収入

教授の平均月収は70万円前後、平均年収は1400万円前後と言われています。

仕事内容としては教壇に立って学生を育てるだけでなく、ご自身の研究にも没頭できる環境があります。

学会などにも発表することで、様々な分野で日本を引っ張っている仕事と言えるでしょう。

家の跡継ぎ

会社員以外の働き方として、家業を継ぐという方法もあります。

社会に出ることで、家族の仕事に興味を持つ方もいらっしゃるでしょう。

いままでは自分の親がやっている仕事が好きではなかったけれど、働いてから好きになったという方もいます。

無理して決断することはせず、自分が本当にしたい仕事なのかを考え慎重に決めましょう。

収入

家業お跡継ぎの場合、その業種、職種によっても収入の幅があるため、一概にこの月収と平均を言うことは難しいです。

しかし、収入が安定してくると会社員時代よりも稼げるようになった、という声もありますので、ご自身の努力次第で上げることができるでしょう。

同業種の会社がどのように収益を上げているのか、日々の勉強が必要となります。

フリーター

会社員や独立という働き方に縛られず、フリーターとして働くことも1つの生き方です。

好きなことを模索して働いていたら、勤めている会社に見込まれて社員になったり、自分で会社を立ち上げたりする方もいます。

自分にはどんな仕事が合っているか探す場合でも、フリーターはとても役立つ働き方でしょう。

収入

フリーターの平均月収は20万円前後で、平均年収は260万円前後です。

ただし、経験やスキルが高い方は高時給になるなど、正社員と変わらない待遇を得ている方もいらっしゃいます。

最近は最低賃金が上がっていることもあり、そこまで会社員と収入が変わらない職業もでてきています。

主婦、主夫

仕事ではありませんが、主婦、主夫になるという生き方もあります。

一緒に夫婦として生活していく上で、配偶者のフォローは欠かせません。

内助の功があってこそ活躍している旦那さん、奥さんもいらっしゃいますので、夫婦話し合って主婦、主夫になる方も増えてきています。

収入

主婦、主夫の方は収入こそありませんが、旦那さんや奥さんを助けることで、配偶者の収入を支えると言って良いでしょう。

特に相手の方が朝から夜遅くまで働いている場合、家事や子育てを中心に行ってくれる主婦、主夫はとても大切な存在でしょう。

スポンサードリンク

会社員以外の仕事で毎月に必要な支払いについて

国民健康保険、国民年金

会社員以外となると公務員や政治家、議員などを除いて基本的に社会保険はなくなります。

社会保険に入らなくなると言うことは、ご自身で国民健康保険、国民年金に加入しなければならない、ということになります。

また、会社の社会保険に加入している場合、保険料の半分は会社が納めているため安く済みますが、ご自身で国民健康保険、国民年金に加入する場合は会社の負担がありませんので、金額が高くなります。

自治体にもよりますが社会保険に加入している場合、月収30万円の方で平均的に4万円〜5万円引かれています。

フリーで働く方の場合、国民健康保険、国民年金に加入し支払っていきます。

全体的な平均として社会保険より1.2倍から1.5倍ほど高くなりますので、会社員と比べて支払いが多くなるでしょう。

住民税

住民税は、前年に収入があれば必ず支払いが発生する税金です。

いままで給与から会社が支払ってくれていたものが、ご自身で納付するようになるため手間に感じる方が多いようです。

会社員のときは特別徴収で毎月住民税が差し引かれていることが多いのですが、自分で支払う普通徴収となると、4期に分けてある程度まとまった金額で支払うため注意が必要です。

月収から差し引いて計算しよう

職種ごとの平均月収は、上記に挙げた国民健康保険、国民年金、住民税を引いていない金額になります。

実際にどれくらいの月収になるのか、ご自身で差し引いてシミュレーションをしてみると、実際に生活できるのかリアルな数字が出てきます。

差し引いてみると会社員の方が、収入が良かったという場合もあります。

生活していく上で収入はとても大切ですので、ご自身で食べていけるのか生活できるのかチェックしておきましょう。

収入UPには、単価と稼働時間が重要

公務員や政治家、議員、教授といった職種は、安定した収入を得ることができます。

しかしフリーランスで仕事をする方や、農業や漁業といった季節に収入が関わる仕事の方は、年収をいかに上げるかがとても重要になってきます。

フリーランスの方は、ある程度量をこなして経験を積んだのち、受注する単価を上げていくことが一般的なようです。

稼働できる時間は一緒ですので、いかに単価を上げるか、あるいは稼働時間を短くして量をこなせるようになるか、この2点が大切なポイントでしょう。


会社員以外の1日の過ごし方

公務員や政治家、議員、教授といった方の場合、会社員の1日の過ごし方と大きく変わりませんが、フリーランスや起業をした方の場合は1日の過ごし方が変わる方が多くいます。

特にフリーランスで働いている方は、いつ稼働しても成果物さえ提出していれば収入になるため、昼夜逆転の生活をしている方も多いようです。

1人で稼いでいる方は、前述通り稼働時間が重要になりますので、朝早く起きて仕事に着手するなど、働く時間のコントロールが必須と言えるでしょう。


会社員以外の働き方のメリット

1. 稼働時間を自分で調整できる

1つ目のメリットは、稼働時間を自分で調整できる点です。

会社員では休み時間、休日がすべて決まっていますが、フリーランスや起業する方の多くがご自身で調整をしています。

ご自身のスケジュールに合わせて働いていますので、連休が取りやすく家族の時間も大切にできるでしょう。

2. 月収を自分で上げることができる

会社員以外の仕事の魅力の2つ目は、ご自身で月収を上げることができる点です。

会社員ですと、成果や年功序列などの仕組みにより、昇給の上限が決まっています。

そのため、ある程度の役職に就かなければ収入が上がらないことが多いです。

しかし会社員以外の仕事をしている場合、ご自身で単価を上げたり、仕事量を増やしたりすることで収入を簡単に増やすことが可能です。

3. 家庭と両立しやすい

会社員であれば、急遽残業になってしったり、休日に出勤しなければならなかったりということが多々あります。

しかし会社員以外の仕事をしている場合、自分で時間調整ができるため、家族との時間やプライベートと両立しながら働くことが可能です。

ノマド的に働いている方の場合、さらに働く場所の制限もありませんので海外や地方などで働くこともできます。                                                          

会社員以外の働き方のデメリット

1. クレジットカードの審査が通りにくい

公務員、政治家、議員、政治家、会社を興している方は別ですが、フリーランスで働いている方の場合、クレジットカードの審査が通りにくいというデメリットがあります。

会社に雇用されている場合、何かあっても務めているので収入が必ずあると見込まれます。

しかしフリーランスの場合、信用が薄くなってしまうことがあります。

会社員以外の働き方をする前に、不動産に関わる引っ越し関係、ローン組みなどは済ませておいた方が無難でしょう。

2. 社会保険から国民健康保険、国民年金に

会社員のときは社会保険に加入していましたが、会社員以外の働き方となると国民健康保険、国民年金に切り替わります。

社会保険の場合、会社が負担にしている割合があるため、支払い金額が抑えめであるのに対し、国民健康保険、国民年金はやや割高に感じるでしょう。

必要な保険料が高くなってしまうというデメリットがあります。

3. 周囲の目が気になる

会社員以外の働き方がまだまだ主ではないため、家族や親せき、友人などの目が気になる方も多いようです。

個人事業主として働いているのにも関わらず、フラフラしているように思われるなど、プレッシャーになることもあります。

会社員以外で働くには、ご自身の強い意志や場合によっては周りへアピール、説得が必要でしょう。


様々な働き方を知って、自分に合ったものを見つけよう

ここに記載した会社員以外の働き方は一例であり、まだまだたくさん増え続けています。

会社員以外の働き方の醍醐味は、ご自身で決めて自由に働くことができる点です。

仕事を始めたばかりの頃は収入に関して不安な面もありますが、自分の力で稼げたときは一人で生きていけるという大きな自信に繋がります。

会社員を含めてご自身に合った仕事を探してみると、いまよりも充実した生活が待っているかもしれません。

自営業をめざすなら、どのような仕事をするか参考にしてください。
自営業の種類一覧|脱サラも可!あなたの知らない世界がきっとある!

様々な働き方を知って、あなたが最適な仕事に転職できますように。

2019/02/11

スポンサーリンク
★スキルと経験を活かしてより高い報酬とやりがいのある仕事に就きたい専門職や管理職、海外勤務の募集情報は…
エグゼクティブ
年収1000万円を目指す人のための転職サービス
この記事も一緒に読まれています