始めやすい商売とは?特徴10と仕事例27

始めやすい商売とは

始めやすい商売とは?特徴10と仕事例27

スポンサードリンク

始めやすい商売には、資金なしで始められる仕事、一人で開業できる仕事、自宅で開業できる仕事などの特徴があります。

しかし、始めやすい商売か否は、仕事を始める人が置かれた状況により異なります。

ここでは始めやすい商売に広くみられる特徴を整理した上で、それらに該当する要素が多い仕事から順にご紹介します。

 


スポンサーリンク

始めやすい商売の特徴

免許・資格等が不要

世の中には自営業でも大型トラック運転手、理容師、鍼灸師など、免許や資格がなければ開業できない仕事があります。

当然ですが、こうした免許等と無縁の商売の方が簡単に始められます。

免許・登録には一定の審査があるため、内容によってはハードルが上がります。

しかし、中には届出で済む免許・登録の場合もあり、必要なスキルがそれで揃う商売であれば容易に始められます。

また、飲食店のように「食品衛生責任者」と「防火管理者」さえ取得できれば、材料仕入、店舗開設、設備配置など誰でもできる商売には、多くの人が参入できます。

成果報酬型

成果報酬型の商売は営業のハードルが大幅に下がります。

とりあえず使ってみようという顧客は数多く存在します。

ただし、成果を上げられなければ赤字が膨れ上がり、すぐに倒産してしまいます。

初期投資が少ない

店舗、機械、保証金等の初期投資が少なければ、商売を始めやすくなります。

コスト削減という点では、パソコン1台あればできるような商売が理想的です。

また、店舗には工事・賃貸料だけでなく人件費、水道光熱費などの運営コストもかかります。

こうした固定費のない方が独立開業しやすい仕事と言えます。

商売をしている上で最もかかるコストは、原価を除けば「人件費」と「不動産コスト」が2大費用になります。

当然ながら1人でできる、自宅でできる商売はコスト負担が少なく始めやすくなります。

一般的に店舗ビジネスでも自宅を改装する方が安上がりです。

新しい商売

目新しい商売であれば競争者が少なく始めやすいでしょう。

例えば数年前の仮想通貨取引所には、多くの人が参入できるチャンスがありました。

フランチャイジー経営

一般的にフランチャイジー経営の場合は持参金(加盟料等)が必要なため多少の手元資金は必要です。

ただし、本部が経営指導をしてくれるため、商売を起ち上げる苦労は減ります。

始めやすい商売 フランチャイジー

スポンサードリンク

始めやすい商売ランキング

1位:内職

始めやすさで言えば内職が第1位です。免許・資格・スキル・初期投資が不要な一方、1人で自宅にこもってできます。ただし総じて報酬が低いという難点があります。

2位:ライティング

ライティングにも内職と同じ特徴があります。ただしスキルの面では内職より高いレベルを求められます。その分、内職と比べ高い報酬を期待できます。

3位:アフィリエイト

ブログなどを公表して広告収入を得るアフィリエイトにもライティングと同じ特徴があり、誰でも始められます。

ただし多くの読者を引きつけられなければ、ほとんど報酬を得られません。

始めやすい商売 アフィリエイト

4位:ユーチューバー

始めやすさという点では、ライティングやアフィリエイトと変わりません。

ただし多数の閲覧者を獲得するためには、日々斬新な動画を公開するなど多大な努力を要します。

5位:電話代行業

受付やコールセンターなどの電話代行業も、1人で自宅にこもって行えます。

ただし、受付時間中の拘束が厳しい上に信用力の乏しい個人による営業はかなり困難です。

6位:調査業(訪問調査等)

住宅の現況確認や商業ビルのテナント調査など足で稼ぐ確認作業には、免許・資格や高度なスキル・ノウハウは不要です。誰でも1人で簡単に始められます。

7位:軒先ビジネス

自宅の庭先、駐車場、倉庫などの空きスペースを貸して賃料を得る軒先ビジネスには、顧客管理以外の手間がかからず楽に始められます。

ただし他人が借りたがる有力な軒先を持っている人は限られるため、誰にでもできる商売ではありません。

8位:営業代行業

完全成功報酬型の商売であれば、個人で営業代行業を起ち上げても顧客は集まるかもしれません。ただし、儲けるためには相当の努力とセンスが必要になります。

9位:ネット販売業

インターネット上で商品を売買する商売も手軽に始められます。

アマゾンや楽天に出店する場合は審査もありますが、個人でECサイトを運営することも可能なので売れるかどうかは別として新規参入は難しくありません。

10位:講師・コーチ業

お茶、お花、着付け、琴、三味線、料理、そろばんなどの伝統的な習い事からか家庭教師、テニスコーチ、ダンスインストラクターなど講師やコーチ業は多種多様です。

中には無資格で商売を始められるものもあります。

始めやすい商売 着付け教室

11位:コンサルティング

コンサルティング業は資格不要です。このため自称コンサルタントという怪しい人物も少なからずみられます。看板を掲げるだけなら誰でもすぐに始められます。

12位:無店舗型風俗営業

無店舗型の風俗営業は公安委員会(窓口は警察署)へ届出れば営業できます。

免許や登録事業のような審査はないため、容易に新規参入できます。ただし業界の作法を理解していないとすぐにツブされる恐れがあります。

13位:仮想通貨投資顧問業

仮想通貨は金融商品(有価証券)ではないため、その投資に関するアドバイスや一任取引は無免許・無登録で行えます。

新しい分野で同業者も少ないため、仮想通貨に詳しい人であれば大いに商売のチャンスがあります。

14位:移動販売業

ワゴン車や軽トラックを改造した移動販売は数百万円の初期投資が必要なほか、販売場所を確保するための届出や許可申請などの手続きが必要です。

しかし販売できる体制ができれば、軌道にのることもできるかもしれません。

15位:プログラミング

一定レベル以上のプログラミングのスキルがあれば、個人事業主として商売を始めることは難しくありません。

16位:ウェブデザイン

ウェブデザインも基礎的なスキルを身につけていれば、個人でも簡単に商売を始められます。ただし売れっ子になるためには、それなりの努力とセンスが必要です。

17位:投資顧問業

有価証券の投資助言・代理業(投資顧問業)を行うためには、金融商品取引法に基づく登録を受ける必要があります。

ただし個人でも登録できるため、他の金融業と比べれば簡単に始められます。

始めやすい商売 投資顧問

18位:貸金業(都道府県型)

貸金業は単一の都道府県内での営業にとどまる場合は、都道府県知事が登録を行います。個人でも登録でき新規参入のハードルは高くありません。

19位:飲食店

数百万円の開業資金を用意できる人であれば、飲食店は簡単に始められます。

ただし、繁盛できる(長期的に営業できる)人は多くありません。素人が手を出して失敗する典型的な商売です。

20位:物販店

物販店も飲食店と同様に開業資金があれば簡単に始められます。

ただし飲食店以上に失敗する可能性が高い商売です。趣味の延長線で始めた店が流行る人はごくわずかです。

21位:古物商(リサイクルショップ)

古物商の許可は公安委員会(窓口は警察署)が行いますが、何らかのスキルや経験が問われるものではありません。誰でも手軽に始められます。

警視庁のウェブサイトには申請手続きがアップされています。

22位:民泊業

民泊は人が宿泊できるマンションや民家を確保できれば誰でも始められます。

ただし合法的な届出業者は年間180日以下の日数しか営業できないという足かせがあります。

23位:リース・レンタル業

物品のリース・レンタル業も簡単に始められます。ただし商品を用意するための資金を要する上に、想定よりもお客さんが少ないと商品の維持負担が大きくなります。資金的に余裕がない人には難しい商売です。

24位:便利屋(清掃・廃品回収業)

便利屋も体一つで明日からでも始められる商売です。

ただし需要が多い清掃や廃品回収業を行うためには産業廃棄物処理の認定業者になったり、古物商の許可業者になったりする必要があります。

25位:フランチャイズビジネス

起業家としてのリスクとコストを低減した上で商売を始めたいのであれば、フランチャイジーになるのが一番です。

ただしフランチャイジーの実態は独立した経営者と大きく異なることに注意が必要です。

26位:農業

最近はUターンやIターンに力を入れている自治体も多いため、農家になること自体は難しくありません。

ただし農業でもうけることは困難です。

兼業も視野に入れた上で農業を始めることを検討すべきです。

始めやすい商売 農業

27位:不動産賃貸業

アパートや雑居ビルなどの不動産賃貸業は、資金を確保できれば誰でも始められます。

ただし不動産投資には借入れがつきもののため、利息支払や元本返済も考慮した上で利益を確保するためにはかなりの努力を要します

「始めやすい=儲かる」ではない

世の中を見渡すと、始めやすい商売はいろいろあります。

しかし、「始めやすい=儲かる」ではないことに注意が必要です。

始めやすい商売は、飲食店など誰もが着眼する競争の激しい商売ニッチな伝統工芸品の販売など市場規模が小さい商売に分かれます。

いずれも商売として成功させるためには、他者と差別化するための努力と工夫が欠かせません。

商売に失敗はつきものなので、始めやすい商売に参入してトライアンドエラーを繰り返すことも悪くありません。

しかし、失敗する確率の方が高いことを認識し気を引き締めて取り組むことが大切です。

自営業の種類をチェックして、自分ができそうな仕事を検討しましょう。
自営業の種類一覧|脱サラも可!あなたの知らない世界がきっとある!

自営業になった時の年収は、
自営業の年収|業種別平均年収ベスト10|稼げる職種はこれだ!

あなたが納得いく形で、起業できますように。

2018/12/19

スポンサーリンク
★スキルと経験を活かしてより高い報酬とやりがいのある仕事に就きたい専門職や管理職、海外勤務の募集情報は…
エグゼクティブ
年収1000万円を目指す人のための転職サービス
この記事も一緒に読まれています