会社を休む理由:当日に電話で連絡がやむを得ないケース10

会社を休む理由を当日に電話連絡する 休みたい

会社を休む理由を当日上司へ伝えるのはなかなか気が引けるものですよね。

特に、忙しい職場で自分が抜けると同僚の作業がさらに大変になる、自分しか対応できない業務があるといった場合は、「休みます!」と堂々とはっきりとは言いづらいです…。

やむを得ない事情があるのに、「ちょっと急用で…」とか、あわてて適当な嘘の言い訳をして仕事を休む………ついついやってしまいがちですが、それは良くないです。

ここでは、当日、前日などに、突発的、急に休まざるをえない状況、というか休むべき正当な理由について紹介します。


会社を休む理由<当日編>

会社を休む理由のうちでも、事前にわかっているものについては、有給休暇を申請すれば、かなりのブラック企業でない限り休むことはできる筈です。

しかし、当日に上司に連絡して「○○○なので、休ませてください。」というのは、かなり気が重いです。

ましてや自分の体調が悪い時や、なにかのトラブルが起きたために休まざるを得なくなって、電話をするのはそれだけでもかなりしんどいもの。

そんなあなたの気持ちをちょっとでも後押しするために、当日でも大丈夫な理由を用意しました。

ぜひ、ご活用ください。

なお、電話で上司へ欠勤することをうまく伝えるには、、
会社を休む電話連絡ベストな欠勤の伝え方とタイミングは?

事前に休暇を申請する場合の理由は、
有給の理由をどう伝える?堂々と有給を取得できる理由例7

・・・も参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.風邪、熱がある

あまりにも一般的な理由過ぎて、仮病を疑われるのではないかと心配になってしまうかもしれません。

しかし、風邪といえどもうつしてしまえば同僚にも迷惑がかかります。仕事中に、くしゃみを連発したりゴホゴホッ…と咳込んだ同僚がいると余計にうっとおしく思われてしまうものです。

体調管理ができてないことを責められるのはいたしかたありません。キチンと風邪であることを伝えて休養しましょう。

また、仮病かと疑った上司が、「病院に行ったか」「症状はどうだ」「熱はどうだ」「病院で診断書をもらって来い」と言われる場合もあるかもしれませんが、臆することなくありのままを伝えましょう。

ちなみに診断書は、ただの軽い風邪の場合、出してもらえない病院もあるようです。また、診断書の取得にはお金がかかります。

嫌味な上司には、「提出出しなかった場合は、会社の規定上どうなるんですか?」「会社として診断書が必要であれば、その数千円のお金は会社が負担してくれるんですか?」と聞いてしまうのもよいかもしれません。

2.下痢、腹痛、嘔吐下痢症

ひどい下痢だと、本当にトイレから出られない状態が続く事もあります。また。その後は病院でしっかりと診てもらわなければいけません。

食べたものを吐くことと下痢がダブルで襲ってくる嘔吐下痢症はロタウイルス、アデノウイルス、ノロウイルスなどによる感染症です。

O157など他人にうつしてしまう可能性もありますので、しっかりと病院で診てもらった上で、出社できるようになるまで休養する旨を伝えましょう。


3.インフルエンザ

会社は、従業員がインフルエンザになった場合は、出社を停止させなければいけません。従業員は、会社に行ってはいけないのです!

小中学校でも熱が引いてから3日間は出席停止となります。

会社の場合は、症状が出てから1週間程度の休みを取らせる事が一般的です。


4.生理痛(女性の場合)

女性の場合は、特有の悩みで出社がツライという事もあります。生理痛はその代表です。

特に上司が男性であれば、女性の気持ちは分かりませんので、「無理してでも出てこい」と強く主張する事はできません。

5.子供が熱を出した

子育て中の方、特に育児を担うことの多い女性の方にとっては何度もおとずれるやむを得ない事情です。

小さい子供が風邪や発熱、下痢などの場合、保育所も預かってくれませんので、自宅で看病するしかありません。

ふだん子供の世話をあまりしていない男性の方にとっては、これを言い出すのは少し抵抗がある理由かもしれません。

しかし、共働きなら奥さんばかり休むのも不公平というもの。最近ではイクメンという言葉があるくらいです。いつも育児を頑張ってくれている奥さんをねぎらう意味でも堂々と休暇をとりましょう。


6.奥さん(旦那さん)の体調が悪い

夫婦間の話をするのは、少し恥ずかしい気持ちや抵抗がある人が多いでしょう。

でも「よい奥さん(旦那さん)なんだ」と思われて、人間としては、逆に印象がよくなる可能性もあるかもしれません。

7.奥さんの出産(男性の場合)

最近では、立ち合い出産も一般化してきていますので、堂々と休暇をとりましょう。

ただし奥さんが妊娠していて出産予定日が近いことは、事前に伝えておくのが社会人として常識的な対応です。

出産はまだ先でも妊娠中の奥さんの具合が悪くなったりした時も一大事です。奥さんとお腹の子供のためになにがなんでも休みましょう。


8.親の介護

これも突発的で緊急の事態が起こった場合は、会社も上司も、文句を言いにくい理由です。

父親、あるいは母親が突然たおれた、あるいは年老いた親が急に体調が悪くなって病院へ連れていかないといけないなど、ある程度の年齢になると、そうしたことも起こりがちです。

もし介護が長期にわたる場合は人事総務に確認して、介護休暇制度がどうなっているかしっかり相談してみましょう。

9.家族、親戚、大切な友人などが亡くなった

誰にも、どうしようもない理由です。身内の不幸は、同僚や上司も、なんとかサポートしてあげたいと思うものです………。

甘え過ぎず、迷惑をかけ過ぎず、フォローをしてくれた関係者にはしっかりとお礼を伝え、出社後も気丈に振る舞うように心がけましょう。

普通の会社であれば忌引休暇の制度が用意されているはずです。

一般的には対象となるのは3親等まで。有給とは別に以下の日数を休むことができます(勤め先により異なります)。

例)
配偶者:7日
(血族)
父母:7日
子:5日
祖父母:3日
兄弟姉妹:3日
おじ、おば:1日
孫:1日間
(姻族)
配偶者の父母:3日
配偶者の祖父母:1日
配偶者の兄弟姉妹:1日
※おい、めいは含まれません。

忌引休暇の対象にならなくても、親類、大切な友人や知人などが亡くなったら、出社しても仕事が手につかないことでしょう。

その場合は、「大切な人が亡くなった」と伝えて会社を休みましょう。

ちなみに四十九日や◯回忌などの法事は事前に日程が決まっているものですので、これを理由に当日連絡して休ませてくださいというのはNGです。

10.台風、豪雨、大雪などの悪天候、災害など

大雪で電車が動いていない。台風の影響で間引き運転、電車が止まって遅延しているなど、会社に行きたくてもなかなかたどりつくのが困難な状況の時、いっそ休んだ方がいいかもしれません。

実際、強風や豪雨、路面の凍結などの時に出歩くのは危険でもあります。特に妊婦の方や、身体に障がいを抱えていたりすればなおさらです。

大雪の日

出勤したところで、打ち合わせ予定の相手方も出社していない可能性もあります。みんな混乱していてたいして仕事にならないことが予想される日は休んでも休養したほうが効率的でもあります。

台風のときに出勤すべきかどうかは、
台風のとき出社すべき?大雨・強風で交通機関が止まったらどうする?

大雪で会社を休むかどうかについては、
大雪で出勤できない!休む連絡、出社する場合の通勤対策

ヘタに出社しても風邪を引くて次の日に休んでは元も子もありません。「(台風・大雪など)のため、大事を取って休みます」と伝えましょう。なによりも自分の身の安全を優先です。

大切なのは、仕事を助けてくれる人へのフォロー

会社を休む事自体は、決して悪い事ではありません。前述の記載にあるような理由があれば、しっかりと休むべきです。

しかし、会社を休む事によるリスクがあるのも間違いありません。

突然の休みが目立つようであれば評価は下がるでしょうし、他のメンバーに迷惑をかけてしまう事もあるでしょう。

事前にわかっている休みであれば、休む前に準備や根回しができますが、体調不良や忌引き等、急な休みの場合には職場も混乱したかもしれません。休んでしまった後のアフターフォローはさらに重要です。

出社後、しっかりと謝罪やお礼の気持ちを伝えましょう

また、普段から同じ仕事をしているメンバーとは、お互いに助け合えるような関係を築いておく事も重要です。

似たような事情で会社を休んだメンバーがいれば、優しい態度をとったりサポートしてあげる事で、信頼関係を築くようにしましょう。

また、くれぐれも急な休みの連絡を取る際は、上司に対してLINE等のSNSメールで休暇連絡をしたり、同僚に対して配慮のない言い方で仕事の依頼をして軽く済ませてしまう事のないように注意しましょう。

関係者へのケアをしっかりと行えば、休みをとる事に対して恐れる必要はありません。

急な欠勤の連絡、会社へ休む電話をかけるときの言い方の例については、
会社を休む電話連絡。ベストな欠勤の伝え方とタイミングは?

正当な理由があるのに休ませてくれない会社だとすれば、それは、ブラック企業といってもいいかもしれません。

ブラック企業については、
ブラック企業の見分け方。求人情報で判定し転職前に気づく8つの方法

事前に休暇を申請する場合の理由は、
有給の理由をどう伝える?堂々と有給を取得できる理由例7

あなたが気後れせずにしっかり休みを取れますように。