1. TOP
  2. 会社を辞める理由:ブラック、うつ、辛ければ辞めていい理由16

会社を辞める理由:ブラック、うつ、辛ければ辞めていい理由16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
会社を辞めるべき辞めるに値する理由は?

会社を辞める理由辞めるに値する理由は、あなたにとってなんでしょうか?

いまの会社で働き続けることに我慢できない。

それは、体調不良や病気、うつ、精神的な不調から、会社の仕事のやり方に疑念を抱いたり、酷い扱いや待遇にうんざりしてのことなど、さまざまな理由が複合してのことかもしれません。

あなたが会社を辞めるべき、辞めるのに十分な理由の例を以下に紹介します。

スポンサードリンク

会社を辞める理由<うつ、病気>

1.胃が痛くなるなど体調の変化をきたしている

過労による疲れ、不整脈、頭痛がやたら多い、過度のストレスによる過敏性腸症候群や頭痛など、頻繁に体調に影響が出るようであれば危険信号です。

過労死では毎年数百人の方が亡くなっています。あなたにとってもひとごとではありません。

2.うつ、精神的に辛い

厳しすぎる上司や、顧客からのクレームが絶えないような業務で精神面に問題が出たら、これも辞めた方がいいでしょう。

営業のノルマが辛いなど、ストレスの原因が業務内容そのものであれば、仕事を変えた方がよいでしょう。

うつ病は、早く対処すればどうということのない病気ですが、深みにハマってしまうとなかなか抜け出しにくくなります。

スポンサードリンク

会社を辞める理由<ブラック企業>

3.従業員がどんどん辞めていく

労働環境が劣悪な会社は、従業員が流動的です。

入社前に条件のよい話ばかりを挙げ、現実との差に耐え切れず、すぐに辞めてしまうのです。

退社理由は1つではなく、労働時間、給与体系、不十分な保険制度や福利厚生、パワハラ、管理不足、コンプラ違反等、様々な問題が混在しているのもブラック企業の特徴です。

4.売っているモノやサービスが詐欺商品

「会社がやっている事だから仕方ない」「発覚したらうちの会社は潰れるかも」と他人事に考えているうちに、自分個人がその犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

犯罪とまではいかないまでも“グレー”なサービスは世の中に数多く存在します。給料もよい訳ではなく、後ろめたさがあるのであれば、間違いなく会社を辞めた方が得策でしょう。

5.異常なノルマが課される

達成できる人がいないほどの過酷なノルマを課しているような会社もブラック企業です。

叩き上げの社員が管理職となって「俺たちの時代はやっていた」と、そのようなノルマを課しているのでしょうが、もう現在は「俺たちの時代」ではありません。

時代に合った組織で働く事をオススメします。

6.サービス残業

残業代が出ない、休日出勤も当たり前でその残業代も出ない。上司や管理職に相談しても「我慢しろ」としか言われない。

世の中には、1分単位で残業時間をチェックして、残業代を計算するという会社もあります。残業代や有給を申請しないと「なんで残業代を申請しないんだ!」「有給を絶対取れ!」と、逆に怒られてしまう会社もあります。あなたの企業はどうでしょうか?

会社を辞める理由<上司・同僚に問題がある>

7.パワハラやセクハラが蔓延している

パワハラがセクハラが通用する組織は、社会的に問題になるその以前から、それを容認、黙認してきた社風があるからです。

そのような組織が、すぐに風通しの良い心地よい人間関係を築ける会社になるはずがありません。度を越えるようなパワハラ、セクハラがあれば、人事総務にすぐに相談して、改善されないようであればすぐに辞めてしまいましょう。

8.社風が気持ち悪い

異常なほど体育会系だとかや、社長を「神」のように崇めているとか、社風は組織によって様々です。

それが原因でトラブルや苦労が多く、本来の業務に支障をきたしているようであれば問題です。

9.尊敬できる上司や先輩が誰もいない

サラリーマンとして成長過程の若い間は、どんな上司につくかで、その後の自分の将来が大きく変わってきます。

反面教師にする事はできますが、尊敬できて一緒に働ける事を誇りに思える上司や仲間と出会えるに越した事はありません。

緊急性は低いかもしれませんが、これも立派な辞める理由のひとつです。

10.人間関係に悩まされている

反りが合わない同僚や先輩後輩、自分にだけ辛くあたる先輩社員など、向こうに嫌われている場合も自分が嫌いな人がいる場合も、職場に行くのが憂鬱です。

それがあまりに酷く、改善される見込みもないと感じたら、そこから抜け出すという選択も可能です。

11.職場の人とトラブった

お酒の席で起きたトラブルや社内恋愛のトラブル、個人的な金銭のやりとりでのトラブル等、オフィス内では様々なドラマが生まれがちです。

個人的な人間関係のトラブルは、必ず仕事にも影響が出てきます。出世にも大きく影響する可能性がありますので巻き込まれたら大変です。

スポンサードリンク

会社を辞める理由<会社に将来性を感じない>

12.同族経営で出世の見込みがない

将来、大きな組織で役員や社長を目指したいと考えている方にとっては、モチベーションが下がってしまいます。

このような組織は経営の方針に偏った考えがあったり、変革を嫌う組織もあるので、働き続ける事で不満が蓄積していかないように注意が必要です。

13.経営状況がやばい

大企業であっても赤字状態が続いているという事は珍しくありません。しかし、ボーナスが支給されないとか、大規模なリストラが慣行された(予定がある)という現場レベルでの影響があるようであれば、じっとしていてはいけません。

14.自身の成長の余地がない

「成長」は仕事における報酬の1つです。単純な業務の繰り返しや、年数が経っても同じ事を続ける仕事はたしかに存在します。

役割やポジンションに変化がなく、管理者への昇格などもないような仕事であれば、自分が望む「成長」を実現できる仕事を探すのもよいでしょう。

会社を辞めるべき理由<自分に合わない>

15.自分にとって仕事が厳しすぎる

やたら神経質でミスが許されないような社風だったり、仕事の処理スピードなどとても高い基準をもうけられていてとてもついていけない。

こんなケースも、そのまま働いていては出世もできないし、精神的にもまいってしまいます。

自分に合った仕事のレベルの会社で働けることもひとつの幸せです。

16.副業したいけど禁止されてる

副業を認めている会社もありますが、禁止している会社もまだまだたくさんあります。

副業の内容が本当に自分のやりたい事で、会社をクビになるリスクを冒してでもやりたいという覚悟のある方は、独立したり、その副業を本職にできる会社を見つけみてみるのはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

いまの会社、定年まで続けますか?

仕事をしていると、ふと「このままいまの会社にいてもいいんだろうか?」と考える事はありませんか?

現在は、終身雇用制度が崩れ、働き方も多様化しています。

身を粉にして働いても、その見返りを会社に求められる時代ではありません。

気づいたら組織が吸収されたり合併していたり再編したりして、あっという間に自分のいるポジンションが危うい立場に陥る可能性もあります。

一方で、そんな息苦しいサラリーマン生活から解放されて、自由な働き方を求める方も増えてきています。

「ネットで稼ぐ」「地方で暮らす」といった働き方で、実際に生活できる事を証明している若い方たちもたくさんいます。

このような社会的変化も背景あり、「会社を辞める」という選択肢は、ますますハードルが低くなってきているようです。

現在の自分がおかれている環境に不満があれば、我慢せずに、もっと自分らしい生活を選んでよいのです。

1つでも当てはまる項目があるという方は、転職を検討したり、独立を目指すサインかもしれません。

辞めることを決めたとしても、なお転職・独立は慎重に

しかし、勢いで会社を辞めてしまうのはNGです。

焦って転職先を決めたとしても、また同じ事の繰り返しかもしれません。

転職して、本当にその問題が解決するのか、よく検討する事が大切です。

今の会社で自分が抱えている問題について、全く自分に原因がないと言い切れなければ、転職先でも同じ問題にぶつかる可能性はとても高いです。

転職には、エネルギーが必要となります。独立となれば、さらに大きなエネルギーが必要となります。

そのエネルギーがあるくらいなら、今いる会社で圧倒的な結果を出して、高評価や高収入や社内での自由を勝ち取るという選択肢もあります。

例えば、「誰にも負けない営業成績を出してみる」「企画提案をしてみる」「自分の意見を言ってみる」「部署移動の希望を出してみる」等、環境を変える為にできることは意外に多くあります。

それでも解決しない問題や、どうにもならない問題はあるものです。

その際は、自分の適性をしっかりと見極め、これまで培った経験やスキルが生かせる職場環境を求めて、転職や独立を検討しましょう。

会社を辞めたらどうなるか?しっかり考えてみるには、
仕事を辞めたらどうなる? 辞めた後の自由と困難シミュレーション

仕事が辛くて消えてしまいたいとか思ったら、
仕事辛い 死にたい…そんな時に心休まる11の教え

仕事を辞めることを上司などに伝える時、なんと言えばいいのかは、
会社を辞める理由10…嘘も方便、ホンネとタテマエ具体例

転職についてじっくり考えてみるには、
仕事辞めたい、でも辞めて失敗したくない人の13の確認事項

あなたが会社を辞める理由に自分で納得して新しい一歩を踏み出せますように。

なかなか表には出てこない高待遇の求人。
スキルと経験を活かせる専門職や管理職、海外勤務の募集情報は…

エグゼクティブ
最低でも年収600万円以上もらってる人たちに支持されるNo.1の転職サービス!

◎書類選考でつまづいたり、面接でなにをアピールしたらいいのかわからない…という人は、
あなたの強みが見つかる!
自己分析して書類作成→面接へスムーズな転職活動ができる無料の「グッドポイント診断」

第二新卒フリーター ☆学校出たけど働いたことがない ☆すぐ会社を辞めてしまった
…でも、こらからいい会社に正社員として就職したい人へ
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、大学中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

★自分がもし転職するときに、どのくらい人材として価値があるのか知りたい25歳~35歳までの人は、
転職した方がいいか?転職診断テストで自分の市場価値を見極めるには?

★…同じく35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

50歳を過ぎても別の会社で必要とされる人材3つのパターンとは?
中高年サラリーマン
40代からの転職が変わった!あえて50歳以上も積極採用する企業の狙いとは?

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす