会社を辞める理由10…嘘も方便、ホンネとタテマエ「退職理由」の具体例

会社を辞める理由、どう説明する?

会社を辞める理由は、ズバリ「不満があるから」です。

・人間関係に耐えられない

・仕事がきつい

・給料が安い

・子育てと両立できない

…など色々ありますが、突き詰めれば今の会社で働くことになんらかの不満があるから辞めるわけです。

ただ、それをストレートに退職の理由として会社(上司)に言ったり、周囲の人に漏らしたりすることは控えた方がいいです。

正直に本当のことを言ってしまうのは会社を辞める時にいい方法ではありません。

退職理由として納得してもらえなかったり、あとあと面倒なことになったりします。

ホンネを語らずタテマエで押し通すために、具体的に使える「言い訳」としての理由の例を紹介します。


会社を辞める理由…退職理由を会社・上司にどう告げる?

原則として自主退職の場合は、退職したい旨を会社(上司)に告げる時に、会社を辞めたいホントの理由を正直に打ち明ける必要はありません

明らかに事実と異なること(とくに会社を非難すること)を退職理由にすると問題ですが、そうでなければ「嘘も方便」です。

その嘘(言い訳)を上手く言うためには、退職理由の本音と建前をセットで考えておくことが重要です。

退職する時と転職や再就職の面接を受けた時に述べる理由は同じにしておいた方がいいものと、まったく別にした方がいいものがあります。

後でつじつまがあわないなど面倒なことにならなくていいよう、しっかりと考えておくといいでしょう。

以下に良くあるホンネとタテマエの例を見ていきます。

スポンサードリンク

1.人間関係が悪い

会社を辞めるホンネの理由

無責任な上司、パワハラ・セクハラが過ぎる先輩、意地悪な同僚から逃げたい。気持ち良く働ける会社へ転職したい。

会社を辞める(辞めた)タテマエの理由

今の職場環境や待遇に不満はないが、他の職場や仕事を経験することを通じ、一段と成長したい。

正直に言うと、部署転換などを勧められてしまうかも…

無責任な上司や意地悪な人は少なくありません。

それが原因で転職するのは問題ありませんが、その本音をペラペラしゃべってしまうと、逆にあなた自身の人間関係の能力に問題があると判断されるリスクがあります。

パワハラ、セクハラなどが理由で退職する人への社会的な理解は高まっていますが、会社も認めるような大きな問題にならない限り、逆にあなた側の落ち度を指摘され責められるかもしれません。

また、会社として、あなたを辞めさせたくない場合は、「次の人事異動の時期には部署の配置転換をするから、なんとか考えなおしてくれないか」と言われることもあります。

このため、スパっと辞めたい場合は、「現状に不満はないが、新しいチャレンジをしたい」と言うことが無難です。

2.上司や先輩の質が低い

会社を辞めるホンネの理由

出来の悪い上司や意固地な先輩がいて仕事がスムーズに進まない。もっと効率的、効果的な仕事ができる会社に転職したい。

会社を辞める(辞めた)タテマエの理由

今の職場に不満はないが、異なる視点や特長を持つ上司や先輩の指導を仰ぎたい。

批判は避けるのが吉!これも正直に言うと異動で解決させられるケースが多い

上司や先輩の能力が低く仕事の段取りが悪いと辛いですね。

取引先や社内関係者との連絡調整がヘタ、無駄な会議を何度も開く、パソコンなどのIT機器やソフトウェアを使いこなせない、といったダメな上司や先輩がいると仕事に対する意欲も低下します。

しかし、こうした本音は上司や先輩の批判になるため、他の人にも鍛えられることにより一段と成長したいと言う方が良いでしょう。


3.仕事がつまらない

会社を辞めるホンネの理由

毎日同じことの繰り返しで面白くない。自分が興味を持てる仕事に就きたい。

会社を辞める(辞めた)タテマエの理由

今の仕事に不満はなく求められる成果も上げていると思うが、より大きな責任を果たせるように成長したい。

これも会社・仕事への不満なので隠す方が吉

仕事がつまらないから辞めるというのは大変正直ですが、周囲の印象は極めて悪くなります。

言い方によっては、その仕事をしている他の人の侮辱になりかねませんので、表に出すべきではありません。

現状も悪くないが、より大きなチャレンジをしたいという趣旨を伝えれば、否定的なイメージが弱まります。


4.仕事がきつい

会社を辞めるホンネの理由

精神的、肉体的負担が大きいため、もう少し余裕のある会社へ転職したい(とにかく、もう少し楽をしたい)。体調を壊した。

会社を辞める(辞めた)タテマエの理由

目の前の仕事に追われ近視眼的になりがちな点を反省し、自分を客観視しながら課題を克服し成長したい。

転職活動のことも考えて、この理由は使わない方がベター

仕事がキツイという退職理由は、非常にネガティブに捉えられます。転職活動中、絶対に言ってはいけません。

また、これを告げられた上司にしてみれば、自身の管理能力を問われる可能性を恐れ、あなたを引き止めようとして圧力をかけてくる恐れもあります。

自分を見つめ直し成長したい、といった趣旨の理由に変換することが望ましいでしょう。

5.勤務時間が長い(残業が多い)

会社を辞めるホンネの理由

サービス残業はもう嫌だ。残業時間が短くて完全週休2日制の会社へ転職したい。

会社を辞める(辞めた)タテマエの理由

家庭の事情(親の介護、子供の世話、遠隔地への転居など)で勤務時間を短縮せざるを得なくなった。

自分だけの都合よりも、家族を理由にする

長時間勤務に耐えられないという退職理由は、あまり好意的にみられません。やる気がないとか根性が足りないとか否定的な印象に繋がりやすいものです。

辞めるときには、仕事のことだけを考えれば今の職場に十分適応できるが、家庭の事情でどうしても勤務時間を制限せざるを得ないと説明すれば良いでしょう。

一方、転職活動の際には、環境を変えて新たなチャレンジをしたいといった前向きな理由を述べることをお勧めします。


6.給料が低い

会社を辞めるホンネの理由

もっと給料が高い会社へ転職したい。

会社を辞める(辞めた)タテマエの理由

今の仕事に不満はないが、自分の能力を高めるために新たなチャレンジ(転職、資格取得、留学など)をしたい。

よくある理由ですが、正直に言うのはどうかと…

給料が低い会社で働きたい人はいません。本音では、至極真っ当な退職理由ですが、これを言っては身も蓋もありません。

周囲の人は、「給料が低いのは事実だが、それを承知で入社したのでは?」と思います。現状への不満ではなく、より高い満足を得るために会社を辞めるという言い方が無難です。

 

・・・次のページで、さらにいろいろな会社を辞める理由について解説していきます。

 

辞める前には、あなたが転職市場でどのくらいの価値があるのかを、チェックしておきましょう。

200万人の転職実績データを分析し、あなたが転職した時にどのくらいの年収を提示されるのかを教えてくれるサービスは、
予想オファー年収】をスマホで把握!【面接確約オファー】ですぐに面接できる会社を選ぼう!

あなたがまだ25歳~35歳までだったら、自分の転職市場における順位やふさわしい年収レベルなど客観的な評価がわかる転職診断テストも受けてみましょう。
転職診断テストで転職した方がいいかを診断!あなたの市場価値(予想年収)が判明!

偶然の出会いが人生を変える、なんて思ったことはありませんか? たまたま出会った人と恋におちる。運命なんてそんなものだったりします。 ...