30代後半男性の転職はなぜ厳しいのか?成功のために知るべき理由

30代後半に入ると、転職は厳しくなる。

その年齢になって、あるいは35歳が近づいてきて、焦っている方も多いのではないでしょうか?

ですが、実際のところはどうでしょう。きっと身近にも、30代の後半で中途入社してきた人はいるはずです。

つまり、30代後半での転職は可能ですし、珍しいものでもないのです。

それなら、なぜ「厳しい」と言われるのでしょうか。

ここでは、その理由を分析することで見えてくる、30代後半の男性が転職を成功させる方法をご紹介します。


30代後半男性の転職が厳しいワケ

1.30代後半の転職は、収入ダウンとの闘い

「他の仕事にもチャレンジしたい」

「今の業界のままでは将来が見えない」

新卒で入社してから10年以上がんばってきたからこそ、職種や業界を変えてチャレンジしたいと思うこともありますよね。

ただし、未経験者として転職しようとすれば大幅な年収ダウンは確実です。

20代の頃は、新卒の初任給と比べても「多少の差」ですみました。

それが、30代で手にするようになった収入から新卒同然の年収まで下がるとしたら、当然、生活面は厳しくなってしまいますよね。

ある程度は年齢が考慮されることが大半ですが、だからこそ選抜は厳しくなり、満足のいく収入を得ようとすれば、自然と選択肢は狭まってしまうのです。

2.30代後半では、もう転職回数を増やせない

すでに30歳までで転職回数が2回以上ある人や、すでに30代後半の方は特に「この転職が最後」と腹をくくる必要があるでしょう。

年齢が上がれば、当然、企業から求められるスキルや経験も高くなっていきます。

一方で、転職を繰り返していると「浅い経験とスキルしか身につけていない」と見られてしまう可能性も高くなります。

この先、40代になればその傾向はさらに顕著になり、求人はハイクラス(上級管理職やエキスパート)の募集ばかりになっていきます。

つまり、30代のうちに経験とスキルを磨いておく必要があるのです。

また、年齢や転職回数の条件がゆるい募集となると、どうしても派遣社員やパートといった非正規雇用が多くなってしまいます。

雇用契約期間が限られていたり、昇給がなかったりと、35歳以上で転職するには特に条件の面でもリスクが大きくなってしまいますので、できれば避けたいところです。

3.30代後半の転職は、長期戦

30代後半になれば、仕事内容やキャリアだけではなく「ライフプラン」で転職を考えている人もいるかもしれません。

今は独身でも、この先の結婚や子どものことも考えた年収設定や、勤務地と転勤の有無を考える必要もありますよね。

配偶者の、専業主婦志向、出産・育児休暇、子育てに関する理解なども気になるところだと思います。

さらに、体力面でも20代や30歳になったばかりの頃と同じように考えるわけにはいかなくなりつつあります。

残業や休日出勤、シフト勤務など、ムリなく働ける条件であるかを検討するようになります。

このように慎重に条件を決めていくと、応募できる求人は限られてきますし、妥協できない条件が20代や30代前半に比べて多くなってしまいます。

そして応募できる求人が少ないうえ、良い案件ならば応募も集まりますので、選考の倍率が上がります。

こうした要因から、内定がとれるまでの時間は、20代~35歳までの就職活動に比べて大幅に長くなるでしょう。

やみくもに転職だけを考えて先に退職してしまったりはせず、いまの職場で働き続ける選択肢なども常に検討しながら気長に取り組んでいきましょう。

転職活動を進めておいて、内定が出てから最後の決断を下しても遅くはないのです。

スポンサードリンク

30代後半の転職者を迎える、企業側のホンネ

1.給与バランスの問題

「収入が下がってもチャレンジしたい」という人もいますよね。

企業側としては、この申し出がうれしいとは限りません

新卒から入社した社員との給与バランスもあるため、簡単に安い給与で受け入れるわけにはいかないこともあるのです。

また、いざ結婚したり子どもが生まれたりした場合に、「やっぱり年収が低すぎた」と後悔してまた転職することになってしまうかもしれません。

30代後半の男性というのは、こうした生活環境の変化が起きやすい年代でもあります。

だからこそ、企業側でも応募者の家族構成やライフステージを考慮して、この年収で生活ができるかに配慮しながら年収を決めているのです。

2.組織構成が難しい

その会社のなかですでに実績を重ねている人材がいるわけですから、「年下の上司」のもとで働くことになるかもしれません。

入社前は「自分なら気にしない」と思っていても、いざ20代の上司や社員から仕事を教えてもらうことになると、お互いにやりにくさを感じることもやっぱり多いのです。

ギクシャクした関係になっていると、部署全体の空気にも影響してしまいますよね。

これまでに30代後半以降の転職者を迎え入れた結果、現場がそんな状況になってしまった経験で、「30歳未満の人を採用して欲しい」という声が現場からあがっていることもあるのです。

3.伸び代が少ない

定年までの時間で考えると、30代後半の社員は20代の社員よりも10年分、働く期間が短いですよね。その分、伸び代が少ないという考え方もあります。

また、これまでの経験が逆にジャマになってしまう可能性もあります。

「前職ではこうしていたから」「この方が自分はやりやすい」と勝手に動いていると、企業が長年の経験で組み立ててきた仕事のルーティンから外れてしまいます。

もちろん、まだ自分たちの企業で取り入れていない手法を中途採用者から学びたいという企業もありますが、最初から転職者に合わせたら現場が混乱してしまいます。

まずは一通り、その会社での仕事を覚えてから、さらに良い仕事の進め方があれば提案してほしいというのが、企業から期待されること。

経験を発揮するべきところと、素直に転職先に従うところ、そのバランスに気をつけなければ伸びしろの少ない人物と判断されてしまいます。

4.年齢相応以上の経験があれば尚良い

企業も、採用にあたっては少なくないコストと労力、時間をかけています。

転職者側と同様、「苦労しているのだから、今のメンバーよりも優秀な人材が欲しい」という心理が働くこともあります。

そのため同業種の中途採用では特に、年齢相応以上の経験を求めてしまいがち。

同じ30代後半の人ならば、多少は給与額などが予定をオーバーしたとしても、役職やマネジメント経験のある人材を優先して採用しようとすることもあります。

厳しい30代後半での転職、成功させるには

ここまで、「30代後半での転職が厳しい」理由を紹介してきました。

ですが、冒頭でもお伝えした通り不可能ということは決してなく、30代後半でも問題なく転職を成功させている人もたくさんいます

しっかり経験を積んできた人材だからこそ歓迎される職場も多く、収入アップやキャリアアップは充分、叶えることができるのです。

そこで30代後半でも歓迎される人材となるための、ポイントをご紹介していきましょう。

1.30代後半の転職で歓迎される人材、6つの条件

35歳以上の転職者を迎える場合は、企業は「今までの経験を活かして活躍したい人」を求める傾向にあります。

そこで特に見られるのが、次の6つのポイントです。

  • これまで培ってきた専門性を、今後も活かしたいと考えている
  • 新規プロジェクトの立ち上げなどを成功させたことがある
  • 柔軟な発想や対応ができる
  • 3年以上のマネジメント経験がある
  • 広く太いパイプ(人脈)を持っている
  • 今の仕事に物足りなさを感じたため、転職しようとしている

 

当てはまるものがあれば、積極的にアピールしていきましょう。

ちなみに、30代の前半までは実務経験が、30代の後半ではマネジメント経験が重視される傾向があります。

2.30代後半での転職成功、最初にやるべき6つのこと

「企業側のホンネ」の項目でもお伝えした通り、30代後半の転職者に向けられる目としては、年齢相応以上の経験が求められがちです。

だからといって、ウソをついて採用されても企業の期待には応えられず、確実にミスマッチになってしまいます。

重要なのは、自分にはどんな強みがあるのか、この会社でどう活かせるのか、具体的にイメージできるようにアピールすること。

そのために、まずは「自分を見つめなおす」ことが大切。そのための6つのポイントをご紹介します。

  • 自分の経験とスキルを洗い出す
  • 企業に歓迎される人材として足りない条件を洗い出す
  • 転職を考えるきっかけを見直す
  • 転職先に求める条件を考える
  • 職場で人一倍努力をする覚悟があるかを考える
  • 自分に足りないものを、今の職場で補う方法を考える

 

最初の2つはセットで行ないます。キャリアの棚卸しを行ない、歓迎される人材になるために足りないものを自覚しましょう。

さらに、転職先に求める条件を具体的にし、現実的なラインにあるかどうかを検討します。

次に、なぜ転職をしたいのか理由を考えます。転職を考えるきっかけになった不満を、転職以外で解消できる方法もあわせて考えましょう。

転職が欠かせないなら、転職先に求める条件を洗い出します。キャリアプランやライフステージもしっかり考慮しておきましょう。

明確になった希望を叶えるため、足りないスキルや経験を身につける努力ができるか、自分に問いかけてください。

そして、今の職場のままでスキルや経験を補うために、どう仕事に取り組むべきかを考えます。

なにしろ、転職先では研修がないかもしれません。その一方で、すでにその会社で活躍している同年代の社員に追いつくためには、人一倍努力をする必要もあります。

今までの働き方では身につかなかったスキルや経験を身につけるための努力が、転職を成功させる道なのです。

転職を成功させたい」「今より環境や年収の良い職場へ転職するんだ」という意気込みをもって、目の前の仕事に取り組んでみましょう。

異業種転職

3.30代後半の転職者を歓迎する企業の探し方

スタートアップ企業やベンチャー企業は、経験・スキルをもった30代後半の求職者を歓迎しているケースが多々あります。

マネジメントなどのポジションが空いていることも多いため、転職によるキャリアアップも実現しやすくなります。

また、上場企業や大手企業を目指すならタイミングが重要です。ポジションが限られていたり、高い専門性が求められたりするため、非公開で募集されていることも多いのです。

その場合は、転職エージェントなどを利用すると見つかりやすくなります。もちろん、エージェントに任せっきりにはせず、とにかく幅広く自分でチェックを続けることも大切です。

今の仕事と転職活動を両立するなら、面接などの時間を確保することも考えれば「数を打てば当たる」と応募し続けるわけにはいきません。

そこで、転職エージェントのキャリアカウンセラーやキャリアコンサルタントからのアドバイスが役に立つでしょう。

他人の視点を借りて意見をもらうことで、自分を客観的に見つめ直すことにもつながります。

そして、時には、「自分では当たり前だと思っていたスキルや経験が高い評価につながっていた」という発見もあるでしょう。


30代後半の転職、厳しさは「チャンス」の裏返し

「未経験での転職が難しい」「給与や待遇での条件が付く」など、30代後半での転職は20代の頃とは状況が大きく変わってきます

ですが、スキルや経験の面では「脂がのってくる」時期が30代後半の男性。

「厳しい」といわれるのは、その裏返しなのです。企業から期待されるようになり、人生も充実してくるからこそ、「厳しい」状況にならざるを得ないといえるのです。

だからこそ、転職しようと考えたこときっかけに自分を見つめなおしてみると、成長につながる道が、そしてこれからの生き方が見えてきます。

そうなれば、むしろ様々な企業から歓迎される人材になれるのです。30代後半での転職には「厳しさ」ばかりではなく、「チャンス」も見えているはずですよ。

そして、自力で転職を成功させるのは難しいと感じたら、転職エージェントを利用してみましょう。利用料は無料です。
おすすめ転職エージェント8選

あなたの転職がうまくいきますように。