ITエンジニアが実践している転職エージェントの活用方法

ITエンジニア 転職エージェント活用

ITエンジニアが実践している転職エージェントの活用方法

スポンサードリンク

現在、ITエンジニアの多くが転職によってステップアップを実現しています。

その際に転職エージェントをうまく活用しているのをご存じでしょうか。

何年も前からIT業界は人手不足が続いており、多くの会社が優秀なエンジニアを求めています。

しかし、一人で自分に合った転職先を探すのは大変です。

さらに、転職でステップアップを考えているのなら、ありきたりな履歴書では採用担当者の目には留まりません。

そんな時に、自分に合った転職先を紹介してくれたり、履歴書や職務経歴書の書き方を指導してくれたりする人がいると心強いものです。

それを担ってくれるのが転職エージェントです。

トップレベルのITエンジニアも利用している、転職エージェントの活用のコツについてご紹介します。


スポンサーリンク

1. ITエンジニアの転職事情

最近、多くの業種で人手不足と言われており、その中でも特にITエンジニアは不足しています。

最先端を担うITエンジニア不足は深刻で、どの会社も優秀な人を探している状況です。

同時に現職のITエンジニアも自分のスキルアップや、よりよい環境を求めて転職を考えている人はたくさんいます。

そういったITエンジニアが転職した例が、ネットでも紹介されているので、「自分もいつかは!」と思っている方もいるでしょう。

しかし、転職を甘く見てはいけません。

転職に失敗して、自分が希望した職場に移れずに後悔している人もいます。

⑴ ITエンジニアの2人に1人が転職経験者

以前から優秀なITエンジニアは、「自分の働きたい場所を自分で選ぶ」という意識が強く、幾つもの企業を渡り歩くことに抵抗がありませんでした。

そういったITエンジニアは、転職エージェントなどをうまく活用し、自分のキャリアをステップアップできる転職を成功させています。

転職にあまりよい印象のない日本で、IT業界は他の業種に比べて転職しやすいといえるでしょう。

もしかすると、あなたの周囲にも転職を経験しているITエンジニアがいるのではないでしょうか。

⑵転職はステップアップの手段

以前なら新卒で入った会社で長く勤めるのが一般的であり、転職はあまり歓迎されませんでした。

しかし、多くの企業が社員を退職させたり、会社自体を他の会社に売却したりするケースもあることから、いまは一つの会社に長く勤めにくい時代となっています。

特にITエンジニアは、従来の年功序列の制度では、自分のキャリアを見つけられないことも多くなりました。

そのため自分のキャリアを自分で考えるITエンジニアが増えています。

もちろん、いまの会社で自分のキャリアを見つけられれば、それを目指して努力できます。

しかし、いまの会社で将来に不安を感じているのなら、ステップアップのために転職エージェントなどに相談する良い機会です。

スポンサードリンク

2. 転職サイト、それとも転職エージェント?

転職を考える際に参考にするならば、多くの求人の中から検索できる転職サイトか、担当者があなたにあった転職先を紹介してくれる転職エージェントのどちらかではないでしょうか。

それぞれが扱う求人には特徴があり、うまく利用しないと自分にあった転職先が見つけられないこともあります。

もし、ステップアップを目指すITエンジニアが利用するのであれば、転職エージェントをおすすめします。

それは、転職エージェントがいまのスキルとあなたの希望を検討して、あなたに合った転職先を紹介してくれるので、自分で調べる時間を短縮できるなどメリットが多いからです。

次から、転職エージェントのメリットや活用の仕方についてご紹介します。

⑴転職サイトの求人は信用できない?

大手の転職サイトは何万件もの求人を扱っているので、自分に合った仕事が見つけられる可能性が高いことが特徴です。

しかし、現在は求人数が多く、自分に合った会社を探すのは時間がかかり、そこに応募しても良い返事をもらえるとは限りません。

また、転職サイトに掲載されている条件の良い求人には、多くの人が申し込みます。

そのため企業の採用担当者は、多くの希望者の中から条件の良い人を選んでアプローチします。

つまり、採用担当者の目に留まるようなITエンジニアでなければ、書類選考で落とされてしまいます。

スキルレベルに関係なく即戦力を求める人数だけ集めようとする企業も多く、そういった会社で働いたとしてもステップアップできません。

また、中にはブラック企業が求人を出していることもあるでしょう。

初めて転職される場合は、転職サイトではなかなかよい企業に出会えないかもしれません。

⑵意外に多い転職エージェントへの不満

先ほどのご紹介したように、始めて転職される方には転職エージェントがおすすめです。

しかし、全ての転職エージェントが優秀な方とは限りません。

あまり熱心ではない転職エージェントに当たってしまうと、転職先の企業を紹介してくれなかったり、こちらの提示した条件と合わない転職先をやたらと勧めてきたりすることもあります。

ネットを検索すると、転職エージェントに対する不満が数多く見つかります。

これは、転職エージェントが求人を出している企業に求職者を紹介することで報酬を得ていることから、自分のノルマを達成するために紹介しやすい人を優先したり、自分の顧客に強引に紹介したりするのが原因です。

また、転職エージェントにも新人や転職して間もない、対応に慣れていない方もいます。

そのため、最初に担当してくれた転職エージェントに不満を感じたら、担当者を変えてもらったり、違う転職エージェントに登録したりするといったことも必要です。

⑶ステップアップなら転職エージェントがおすすめ

学生時代にリクルート活動の一環として、履歴書の書き方や面接の受け答えの練習をされた方もおられるのではないでしょうか。

転職の場合も、履歴書の書き方や面接の受け答えは重要です。

そして、履歴書の添削と面接の指導も転職エージェントの重要な仕事です。

また、転職エージェントは未公開の求人情報を持っていることもあります。

これは、転職エージェントが個人的に、もし良い人がいたら紹介してほしい、といった依頼を受けているケースで、これを利用することで好条件の転職ができることもあります。

3. 効果的な転職エージェントの活用方法とは

ITエンジニアの転職には転職エージェントを利用するのがおすすめですが、申し込みだけを行って、ただ待っているだけではうまくいきません。

転職を成功させるには、転職エージェントをうまく活用することです。

次からは、その活用のコツについてご紹介します。

⑴自分の商品価値を理解する

転職エージェントは、求職者を企業に紹介することで企業から報酬を得ています。

求職者を顧客の企業に売り込む、営業をやっているようなものです。

もし、あなたに顧客の企業に紹介するだけの価値が無いと判断されれば、良い転職先は紹介されません。

そのため、まずはあなたが転職エージェントにとって価値があると思われることが大切です。

あなたは自分のITエンジニアとしての価値がどれくらいあるかを理解しているでしょうか。

社内では有能な方だと感じている方は、自分自身のセールスポイントを挙げてみてください。

それは、転職エージェントを介して、転職先の企業に自分を売り込むポイントになります。

また、自分の価値がどれくらいかよく解らないという方は、転職エージェントに相談することをおすすめします。

多くの転職者を見てきた担当者なら、あなたの価値を的確に判断してくれるでしょう。

また、自分でも気が付いていないメリットを見出してくれる可能性があります。

そして、顧客の企業に紹介してみたい、と思ってもらえれば、きっと自分に合った企業を紹介してもらえることでしょう。

⑵転職エージェントにはこまめに接触

転職エージェントに登録すれば、誰でも転職先を紹介してもらえる訳ではありません。

例えば、登録した転職エージェントが、条件に合った求人情報が持っていなければ、いつまで経っても転職先を紹介してもらえません。

さらに、ITエンジニアに限らず、どの職業でも当てはまることですが、転職エージェントの担当者は同時に何人もの求職者を抱えています。

そして、ノルマを達成するために、顧客の企業に売り込みやすい人を優先的に紹介していきます。

そのため、条件の多い、企業に売り込みしにくい人は後回しにされてしまいます。

こういったことを防ぐコツは、転職エージェントの担当者にこまめに連絡を取り、自分をアピールすることです。

そして、最初に提示した条件を広げたり、自分が興味を持っていることを話したりすることで、思わぬ転職先を紹介してもらえることもあります。

⑶転職エージェントは担当替え可能

先ほどもご紹介したとおり、転職エージェントの担当者は変更可能です。

もし、自分に合わないと感じたら、変更を依頼してみてください。

特に大手の転職エージェントの担当者には、経験の少ない方や、IT業界のことをよく知らない方もいます。

そして転職でステップアップを目指す場合は、転職エージェントの担当者の助言が重要です。

経験の少ない担当者に当たってしまうと、転職がうまくいかない原因にもなるので、経験のある担当者に変更してもらいましょう。

また、1つの転職エージェントにのみ登録するのではなく、同時に複数のエージェントに登録することをおすすめします。

転職先として可能性のある会社を増やすことのほかに、転職エージェントの担当者の対応を比較できます。

⑷転職のノウハウを教わる

転職エージェントの中には、ITエンジニアを専門に扱う業者もあります。

そして、こういった転職エージェントの担当者は、元ITエンジニアといったことはめずらしくありません。

転職エージェントの担当者の仕事には、履歴書の添削や面接対策なども含まれていますが、業界に詳しい人ならより具体的な話が聞けるのもメリットの1つです。

そして、そういった担当者なら、IT業界の転職事情をよく知っているので、ITエンジニア特有の採用担当者の目に留まりやすい職務経歴書の書き方や、面接で好印象となる自分の経歴のアピールの仕方といったノウハウを教えてもらえます。

そういった転職のノウハウをしっかり聞いて、実践するのが転職を成功させる近道です。


4. ITエンジニアにおすすめの転職エージェント

これまで紹介してきた転職エージェントは、インターネットでよく見かける大手のほか、少人数の会社まで数多くあり、それぞれ特徴を持っています。

そして、ITエンジニアが転職にエージェントを利用するのなら、IT系に強い転職エージェントをおすすめします。

次に、ITエンジニアに特におすすめしたい転職エージェント、3社をご紹介します。

第3位 マイナビエージェント

マイナビエージェントは、大手転職サイトとして有名な「マイナビ」の運営会社がやっている転職エージェントです。

ここの特徴は、大手転職サイトに集まる求人情報に加えて、非公開の求人情報も多く抱えており、さらに経験の少ない人に対するサポートが充実しています。

そして、マイナビエージェントは、特にITエンジニアの転職支援に力を入れているので、はじめて転職されるITエンジニアにおすすめしたい転職エージェントの1つです。

第2位 ワークポート

ワークポートは、IT専門の転職エージェントとして創業した転職エージェントです。

そのため、ITエンジニアの求人を多く抱えており、対応が早い点が好評価を得ています。

また、担当者はITに詳しい方ばかりなので、相談もスムーズに行えます。

サポートはそこそこで構わないので、とにかく多くの案件を比較してみたい、そして、できるだけ早く転職したいと考えている方におすすめします。

第1位 レバテックキャリア

ITエンジニアの転職に特化した大手の転職エージェントとして人気が高いのが、レバテックキャリアです。

元々はソフト開発を手掛けていた会社なので業界に精通しており、東京近辺を中心に取り扱う求人が特に多いのが特徴です。

また、元ITエンジニアだったキャリアカウンセラも多く在籍していることから、キャリアアップの相談にものってもらえることできるため、あなたに合った転職先を紹介してもらえます。

そのため、東京近辺に住んでいる方が、複数の転職エージェントを活用するなら、真っ先に登録しておきたい転職エージェントと言えます。


転職エージェントを賢く利用してステップアップ

近年、ITエンジニアに対する求人は増える一方です。

しかし、それだけ多い求人の中から、自分に合った職場を探すのは簡単なことではありません。

履歴書や職務経歴書の書き方や、面接での話す内容など、転職で自分を売り込むにはコツが必要です。

そういったことを指導してくれる方がいないと、スキルの高い方でも転職に失敗することもあります。

そんな時に頼りになるのが転職エージェントです。

ぜひ、自分のステップアップを助けてくれる転職エージェントを賢く活用して、転職を成功させてください。

IT業界専門の転職エージェントについては、
IT・Web業界専門の転職エージェントの評判は?

エンジニアの転職に役立つ、「転職理由」については、
エンジニアの転職|転職理由のホンネとタテマエ

あなたがよりよい環境でエンジニア業務に没頭できますように。

2019/08/24

スポンサーリンク
この記事も一緒に読まれています