難易度、働き方別に解説!インターネットだけでできるお仕事

2019.02.11
インターネットだけでできる仕事

難易度、働き方別に解説!インターネットだけでできるお仕事

現在の日本の働き方は、長時間勤務や長い通勤時間が一般的になっています。

そのため、家族やプライベートの時間が取れず、働き方に不満を抱えている方は多いのではないでしょうか。

そんな中「自分の時間を大切にできる」、「マイペースに仕事ができる」働き方として、インターネットを使ってできる仕事が注目されています。

国もテレワークを推奨しています。
総務省(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/telework/18028_01.html)

インターネットでできる仕事とは、環境さえ整えばオフィスに行かなくても自宅などでパソコンやタブレット、スマホでできる仕事のことを指しています。

働き盛りの30代、40代だけでなく、学生や高齢者でも簡単に始められるのが特徴です。

しかし、ネットでできる仕事をしようと思っても、どんな仕事が初心者でもできるのか、正直わからない方も多いようです。

そこで、初めての方でも参考にしやすいように、ネットでできる仕事の難易度を含めて詳しくご紹介します。


難易度 ★

1. 文字起こし

初心者でもできる仕事の1つとして、文字起こしがあります。

文字起こしとは、動画や音声で収録された内容をWordなど使って文章に直していく仕事です。

パソコンで文字を打つのが好きな方であれば、簡単に仕事をすることができます。

クラウドソーシングサイトを利用し、初めての方向けの文字起こし案件に応募することで仕事を獲得できます。

仕事には必ず納期がありますので、その時間までにしっかり文字起こしを完了しなければなりませんので注意しましょう。

2. データ入力

データ入力の仕事も、初めてネットで仕事をする方におすすめのお仕事です。

こちらもクラウドソーシングサイトを利用して応募し、仕事を獲得できたら先方からデータとして入力して欲しい素材が送られてきます。

その内容をデータ化することで収入を得ることができます。

こちらもパソコンで入力するのが好きな方であれば、すぐに始められる仕事です。

ただし、納期がありますので、ご自身の入力スピードを考えながらお仕事しましょう。

3. ECサイトの商品登録

ECサイトとは、商品を独自で販売するサイトのことを指します。

会社の規模などにもよりますが、ECサイトに載せる商品が数万点以上あり、毎日新しい商品が増えたり減ったりしている会社も多数あります。

その場合、自社で管理しきれないため、クラウドソーシングサイトを使って、会社の代わりにECサイトへの登録をする方を募集することがあります。

写真や商品の特徴が先方から送られてきますので、ECサイトの管理画面からその商品を登録したり、削除したりするだけですので、初めての方でもすぐにお仕事することが可能です。

4. 転売

転売とは、通販などで購入した商品を利益がつくように値段設定し、再度販売をすることを指します。

見ている方が買いたくなるように魅力的な写真を撮影したり、キャッチコピーを書いたりすることが大切です。

梱包や発送以外に手間がかからないことから、転売を主として稼いでいる方から主婦まで幅広い方が転売を行っています。

値段設定が高すぎてしまうと売れなくなってしまいますので、経験を積みながら利益も出る値段設定を学んでいきましょう。

5. Instagramの代筆

インスタ映えの言葉も浸透した、人気のInstagram。

綺麗な写真や面白い動画が見られることで、世界中で大人気のSNSです。

Instagramは企業がインスタグラマーに依頼をして、商品に関わる写真や内容を掲載することで広告としても使われています。

そういった広告となる記事を企業やインスタグラマーの代わりに書くのが、代筆の仕事です。

こちらも主にクラウドソーシングサイトで募集されることが多いです。

どんな言葉や写真が見ている方の関心を集めるのか、考えながら代筆をしていくのが大切なポイントです。

スポンサードリンク

難易度 ★★

1. WEB記事の制作

やや少し難易度が高い仕事の1つとして、WEB記事の制作があります。

こちらもクラウドソーシングサイトにて、恋愛や旅、金融、占いなど様々なテーマでライターを募集しています。

テストライティングを経て契約を結べば、ライターとして1件数千円などの収入を得ることが可能です。

こちらも納期のある仕事ですので、無理をしないスケジュールで働くことが大切でしょう。

2. ネットショッピングの運営

ECサイトの登録や転売などに慣れたら、ご自身でネットショッピングを運営するのもおすすめです。

ネットショッピング運営サイトBASEに登録すれば、わざわざご自身でHPを作って立ち上げなくても、ショッピングサイトを簡単につくることができます。

売りたい商品を自分で決めてセレクトショップとして販売し、利益に繋げられることから、副業としても収益を得ることができます。

3. スキル販売

ご自身が持っている経験やスキルを販売したい場合は、タイムチケットやココカラなどのスキル販売サイトがおすすめです。

人に何かを教えたい、お手伝いをしたい、コンサルティングをしたい、など、売りたいサービスを時間制で売る、あるいは単価で売ることができます。

料理教室や英会話、書道やアロマテラピー教室など、場所を借りて開催することもできるため、いままで趣味で行っていたことも収入に変えることができます。

あまり金額を安く設定してしまうと赤字になりやすいので、レンタルオフィス代や材料費、交通費なども考慮して金額設定しましょう。

4. 有料ブログ販売

無料で読めるブログもありますが、有料ブログサイトのnoteを使えば、1記事を10円から100円などの金額で販売することができます。

まずは無料のブログとして掲載していき、読者がついてくれば有料化するのも良いでしょう。

noteだけでしか公開しない限定の記事や写真、動画を公開して収入を得るのもおすすめです。

5. 動画編集

企業が、商品のアピールとして動画を制作することがあり、そういった動画を見やすいように編集したり、字幕をつけたりするのが動画編集の仕事です。

趣味や会社などで、少しでも動画編集したことがある方に向いているお仕事です。

クラウドソーシングサイトから仕事を探すことができ、場合によってはスキルがあまり無くてもチャレンジすることができ可能です。

動画は容量が重いため、通信料が掛かってしまったり、慣れない間は編集で数時間掛かってしったりすることもありますので、注意しておきましょう。

また、アダルト要素のある案件もありますので、受注前に確認しましょう。

6. アフィリエイト

ブログを書くのが好きな方は、アフィリエイトで収入を得るのも良い方法です。

アフィリエイトとは、ブログの中に自然に商品のリンクを貼り、その商品のクリック数によって収入を得るシステムです。

読んでいる方に広告だと意識させないことが大切で、ブログの中にナチュラルにコンテンツを入れることがポイントです。

文章を書くのが好きな方や、発信をすることが好きな方にぴったりのお仕事です。

しかし、すぐには収入に繋がらないというデメリットがありますので、じっくり取り組む方におすすめのお仕事です。

難易度 ★★★

1. HP制作、WEBデザイン

仕事でHP制作やHPデザインなどの経験がある方は、スキルを強みに仕事をすることが可能です。

会社員時代のお客様から受注することもできれば、クラウドソーシングサイトから応募し受注することもできるでしょう。

初めて個人として受注をする場合は、稼働時間なども考え、金額を決めて販売しましょう。

2. イラスト制作、商品ロゴ作成

イラスト制作やロゴ作成の経験がある方は、依頼を受け収入を得ることが可能です。

こちらも前職や個人的に取引のあるお客様を対象に受注することもできますし、クラウドソーシングサイトから受注することもできます。

クライアントによっては修正が何度も入り、工程や手間を考えると利益が少なかった、ということもあります。
電話やチャットを利用し、先方とニーズのすり合わせをしっかり行いましょう。

3. エンジニア業務

仕事でプログラムを経験されている方は、個人のエンジニアとして受注することができます。

クラウドソーシングサイトなどでご自身のスキルで収入を得る場合は、何の分野を担当し、どこまでできるのかをはっきりさせるのがポイントです。

クライアントはエンジニアと聞くと何でも多岐にできるイメージを持ちやすいため、得意分野を明示し、高単価で販売できる方法を探してみましょう。

4. 翻訳

語学のスキルをお持ちの方は、翻訳として活躍できます。

翻訳もクラウドソーシングサイトから応募することが可能ですし、翻訳者がたくさん在籍している企業へ登録するのも良いでしょう。

翻訳のスキルは、広告やHPから参考書まで依頼される範囲がとても広いです。

そのため、ご自身はどこまで可能なのかを先方に伝え、無理のない受注をしていきましょう。


インターネットでできる仕事のメリットとオススメの仕事

1. フリーランスとして仕事ができる

ネットで仕事ができるようになると、会社などの雇用される働き方に縛られず、個人事業主として自由に働くことができます。

フリーランスとして働くメリットは、時間や場所を選ばず、自分の名前をウリとして活動していける点です。

会社にとらわれないため、仕事の幅も広がり、会社では出会えない方とつながりを持つことができます。

フリーランスになり本業として行う場合のおすすめの仕事は、WEB記事ライターです。

書く本数によって収入も計算しやすく、文章を書いたり構成を作ったりする作業が好きな方であれば経験が浅くてもスタートできるからです。

経験を積めば、WEB記事以外にもキャッチコピー制作や広告作成など、幅広い仕事にも繋げられます。

2. 年齢問わず稼げる

ネットでできる仕事のメリットは、年齢関係なく働ける点です。

ネット環境とパソコンなどのツールがあれば、高校生から働き盛りの30代、40代はもちろん、高齢者まで仕事をすることができます。

高校生であれば、社会人には生み出せない若いアイデアを売ることもできますし、高齢の方であれば、経理や人事、法務などの実践的なスキルを売ることもできます。

ご自身で1つ強みを見つけられたら、年齢問わず商品として売り込むことができます。

例えば、高校生がインターネットだけで仕事をするのにおすすめなのは、noteなどを利用したブログ作成です。

若い方だからこそ、最新のトレンドに敏感で情報に長けています。

いまの若者だから感じる心理を汲み取り、情報発信することで収入を得ることができます。

3. 国内外問わず働ける

ネットでできる仕事の魅力の1つは、場所を選ばずに働ける点でしょう。

自宅やお気に入りのカフェで仕事もできますし、北海道や沖縄などの観光地で旅をするように仕事をすることができます。

国内だけでなく、海外に滞在しながらでもネット環境とパソコンなどの機器があれば仕事ができるため、好きな場所で働くことができます。

商品の発送が伴う転売やBASEなどは、日本人向けに作成するのであれば発送地を日本にする必要があります。

その場合は海外に向きませんが、それ以外であればどの仕事も場所を問わず働くことができるでしょう。

また、働く時間帯もご自身に合わせて働けるため、時間を気にせず取り組めるというメリットもあります。

4. 専門性を活かすことができる

デザインやエンジニア、翻訳などの経験がある方は、持っている専門性を仕事に活かすことができます。

他にも金融、物流、アパレル、人材など、いままで働いていた業界の知識も、WEB記事での掲載で活かして書くことが可能です。

会計士や税理士、翻訳などの資格を持っている方は、その資格を活かした記事を書いたりWEB上でできるコンサルティングをしたりと、より専門性が高い仕事ができます。

その他にも書道の経験やメイクの知識など、いままで趣味として考えていたことも専門性として、販売することができます。

また、民間の資格を持っている方でも、合格するための秘訣やアドバイスで収入を得ることも可能です。

ご自身が持っている資格や経験をもう一度見直し、経験を活かした仕事を考えてみましょう。

5. スマホやタブレットで仕事ができる

仕事内容によりますが、パソコンだけでなくタブレットやスマホからも、ネットの仕事をすることが可能です。

メモ機能を活用して記事を書き貯めておくこともできますし、アプリであればExcelやWordも使えますので、データの編集もスマホ1台で行えます。

Instagramなどで写真や動画を投稿するのはもちろん、折り畳み式のキーボードを使用すれば、パソコンと同じように文字を打ち込むこともできます。

重いパソコンを持たなくても身軽に作業を進めることができるのです。

スマホ1台で完結する仕事でおすすめなのは、転売やInstagramの投稿代行です。

フリマサイト活用はもちろん、慣れてきた方はBASEなども上手に活用しながら仕事をしてみましょう。

また、写真の撮り方を工夫し、盛り上がるInstagramを作るのも楽しい仕事の1つでしょう。

6. 高収入を目指せる

ネットでできる仕事は、一見収入が得られないと思われがちですが、実は高収入を得ることも可能です。

エンジニアやデザイナーとして独立をし、高単価で受注するのはもちろん、ライターとして執筆数を増やしたり、ライティングのスキルによって単価をアップしたりすることもできます。

ただし慣れるまではたくさんの数を経験し、スキルを高めていくことが大切です。

働いた分だけしっかり収入になるため、やりがいを持って働くことができます。

高収入を目指すのであれば、HP制作やエンジニア、翻訳の仕事がおすすめです。

資格や専門性の高い経験を売ることで、一般的な金額よりも高い金額で受注することができます。

自分の経験(趣味や特技など)を深堀りし、専門性を見つけるのも良い方法でしょう。

7. 副業として仕事ができる

本業はもちろん、月5万円程度の収入なら、副業として仕事をすることもおすすめです。

空いている週末を利用し、受注した仕事をコツコツとこなすことで収入を増やしていくことができます。

注意点は本業とのバランスです。

納期もありますので本業にも影響がないよう、無理のないスケジュールを組む必要があります。

月5万円程度の副業であれば、データ入力や文字起こしの仕事がおすすめです。

初めての方でも始めやすい仕事のため、負担も少なく本業と両立しやすいというメリットがあります。


どこでも何歳でも働けるネットでできる仕事

ネット環境さえあれば、国内外関係なく、場所を選ばず自由な時間に働けるのがネットでできる仕事のメリットです。

場所や時間だけでなく、経験や趣味を活かして仕事にすることも可能になってきています。

本業としても副業としても働くことができ、高校生から年齢を重ねた方でも気軽に仕事を始められるネットお仕事。

就職という方法もありますが、パソコン1台あれば何でもできる現代だからこそ、ネットでできる仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
 
在宅ワークのパソコンはどんな性能のものを買えばいいの?
在宅ワーク用パソコンに必要なスペック。2019年おすすめ機種は?

あなたの人生がより豊かなものになりますように!

2019/02/11

スポンサーリンク
この記事も一緒に読まれています