転職の面接3つの基本質問+面接官が好んでよく聞く質問への具体的な答え方の例

転職面接質問への答え方

転職での面接というと、いったい何を質問されるのだろうかと身構えてしまい、ついつい不安になるものです。

しかし、上手な答え方はいたってシンプルです。

特に転職では、いかにしてこれまで社会人として経験を積んできた自分をPRするかに尽きます。

まず、定番の3つの基本質問に対する準備をしっかりとしておくことと、加えて面接官が好んでよく聞く質問、「あなたを採用したら、当社は得をしますか?」を意識しておくことで、あなたの転職への本気度がわかります。

面接を突破するための基本の応答を順にみていきましょう。


1.3つの基本質問

3つの基本質問とは、面接官からすると必ず聞いておきたい点で、順番は別にして答えを箇条書きにして事前にまとめておくと安心です。

①あなたの自己PRをお願いします。

②当社の志望理由をおっしゃって下さい。

③前職をやめられた理由を教えて下さい。

それぞれの質問に最低でも3分間は話せるように準備をしておきます。

3分間はかなり長い内容です。実際の面接の場面では1分少々で十分ですが、3分話せるだけの準備をしておくと緊張して仮に多少忘れてもしっかりとPRは出来ます。

① 「自己PR」は「職務経歴書」に沿って

よくある転職マニュアルの面接編を見ると、面接ノウハウと職務経歴書は別のページで書かれている場合がほとんどです。

それぞれ書き方と話し方のノウハウなので、別建ては当然といえば当然かもしれません。

しかし、実は「自己PR」という意味ではまったく同じことなので、相乗効果が出るように面接で自己PRする時は、先に提出して面接官の手元にある「職務経歴書」の流れを意識して話すようにします。

あなた
「はい、私の自己PRは、先に提出しました職務経歴書にありますように、まず前職での経歴と実績です。

私は○○年に前職である△△社に入社いたしました。そこで担当いたしました仕事は・・・で、実績といたしましては・・・がもっとも大きなものです。」

あなた
「次に、私の性格的な特徴をPRいたしますと、職務経歴書の中段の②に書きましたが、常に前向きで積極的であるということです。具体的に申し上げますと、前職時代にこんなことがありました、それは・・・。」
あなた
「最後に、私自身の保有資格や特技等についてですが、職務経歴書の③にありますように、○○年に取得しました△△資格が御社に入社後、お役に立てると考えます。また、スキルでは・・・。」

 
ここまで話すと、面接官も手元にある職務経歴書に目を落として読んでくれます。

事前に面接官に届いているのである程度は読んでいるはずですが、あらためて説明を受け印象を強くする効果があります。

ただし、職務経歴書に書いてあることとまったく同じことを棒読みするのは意味がありません。

職務経歴書は書き言葉なのでどうしても堅くなっていますが、そこにエピソードを交えながら話し言葉で補足していくことがポイントです。

逆に言うと、職務経歴書を書く時は面接で自己PRのスピーチをすることをイメージし、順序よく書いていくことが重要です。

また、職務経歴書ではエピソードのような事細かなことはあえて避け、概略だけを書いておけば面接時の話が重複しなくてすみます。

② 御社への志望理由

志望する企業への志望理由は自己PRの次に必須の想定質問です。

志望理由は、「2段階構成」と覚えて下さい。1段階目は企業そのものへのラブコール、2段階目はやりたい仕事への熱い想いです。

基本形は、

転職希望者
「私が御社を志望いたしましたのは、御社の○○(※1)です。その中で、△△職(※2)を志望いたしますのは、・・・だからです。」
となります。

(※1)ここには、志望している会社の経営理念や事業内容、新規事業などが入ります。

面接官は少なくとも自社を志望してくる人は、最低でも知っておいてほしいと思っていますので、リクルートブックやホームページをよく読んで気になるところから引用します。

(※2)ここは、営業職や事務職と言った、募集職種が入ります。

これが2段階構成の骨組みです。具体的な事例で紹介するとつぎのようになります。

あなた
「御社の事業展開をホームページや今回の募集要項で拝見しましたが、積極的な企業姿勢を感じました。

特に事業内容にある○○は、私が前職の営業でも経験し非常に興味を持っている事業です。

○○事業は今、過渡期にあると考えますが、御社の取り組みは他社の追随を許さないものであると思いました。

その中で今回の募集職種である営業職は、私のこれまでの経験を生かせる職種です。

職務経歴書にも書きましたが、前職では△△(ex商品群、地域、顧客層など)を担当しており、また営業成績は経歴書に書いた通り・・・といった結果を残しており必ずお役に立てると考え志望しました。」

③ 前職の退職理由

避けて通れない基本質問の3つ目は、前職の退職理由です。

自己PRも志望動機も、ある程度パターン化して話すことができますが、前職の退職理由はそうそう簡単にはパターン化できません。

なぜなら、会社を辞める理由は本当に人様々です。しかも、どんな理由にせよ、上手に説明しないと変にカン違いされてします危険があるからです。

また、前向きに話さないと愚痴になる可能性があるからです。

前向きな退職理由はひとつしかありません。新しい会社でのキャリアアップ、あるいはスキルアップです。

極端な話、前の会社が諸事情でイヤになったから辞めたという理由は、転職面接では誰も同情してくれません。

当社もしばらくして嫌気がさして辞めるかもしれないと思われたら、その時点で終わりです。

では、前向きな退職理由であるキャリアアップ、スキルアップとは具体的にはどう言えばいいのでしょうか?

あなた
「はい、私が前職を退職いたしました理由は、キャリアアップです。

前職で○年間営業職の仕事をしてまいりました。

私はもともといろいろな人に自社製品を紹介して喜んでもらうという営業の仕事が好きで入社したのですが、前職では既存の顧客へのルート営業がほとんどで、私の考える本来の営業がなかなかできませんでした。

また、自社製品の品質に問題があっても、前社では顧客の使い方の問題であるといった風潮があり、これでは顧客満足にはなりません。

しかし、御社では顧客第一主義の考え方や、厳しい品質管理は業界でも有名であり、そんな御社で働ければ私の営業職としてのキャリアアップにつながり、また本来私の目指す営業スキルの向上にもつながると考え、転職を決意しました。」


 
現実の退職理由は、複雑な人間関係があったり、働き甲斐・やり甲斐のこと、労働条件、許容できない会社風土など入り組んだ事情があるのが普通です。

しかし、面接の短時間の中で「退職理由」として話すには、よほどの説得性のある理由がない限り難しい問題です。

それもこれも熟慮した結果が、転職=キャリアアップであるという説明がシンプルでわかりやすいと言えます。

また、志望先の会社も、過去の事情をあれこれ言われても理解に限界があり、結局はそれらを振り切って当社で心機一転働く意欲があるかどうかが一番聞きたいところなのです。

スポンサードリンク

2.「あなたを採用すると当社は得をしますか?」

さて、面接官が時に好んで使う質問がこれです。

面接の最後辺りでよく聞いてくることがあります。

まったく無防備でこの質問を受けると、「うっ!」と戸惑ってしまうのが普通ですが、これによって志望者の本気度を見たり、入社後の宣言をさせるにはもってこいの質問なので要注意です。

あなた
「はい!得をすると思います。と申しますのも、前職での営業実績は必ず御社でも貢献できると考えます。

もちろん、最初は御社のやり方や仕組みに慣れるまで多少の戸惑いもあるかもわかりませんが、一生懸命さは私の持ち味であり、先輩方のご指導等いただきながら、できるだけ早い時期の戦力化を目指したいと思います。」


 
ためらうことなく、すかさず言うことがポイントです。

3.質問に答える時のポイント

①結論を先に述べる

前段の基本質問の答え方でもおわかりと思いますが、結論を先に述べる、これがポイントです。

さらにわかりやすい答え方は、質問をオーム返しに言ってから答えることです。

「志望動機は何ですか?」と聞かれれば、「はい!私の志望動機は・・・」、、、

「前職の退職理由は?」と聞かれれば、「はい!私が前職を退職いたしました理由は・・・」、、、

…と、オーム返しに言うと、自分自身に足かせができ、結論が言葉として必ず続いて出てきます。

②具体的に語る時は?

結論だけだとわずか数秒で終わってしまいますが、PRとして説得性を持って続けるにはこんな“接続詞”を使い、後段を続けます。

あなた
「はい、志望動機は・・・です。具体的に申し上げますと・・・」
あなた
「はい、自己PRは・・・です。エピソードとして・・・」

あなた
「はい、前職の退職理由は・・・です。と申しますのは・・・」

 

③話をまとめて終わりたい時は?

一方で、例え話やエピソードを語り出すとついつい長話になってしまうことがあります。

時間で言えば、1分から1分半ぐらいを目途に、自分でも長くなってきたなと感じ出したらフィニッシュに入ります。

一般的には「以上です。」がストレートですが、次のような終わり方をすると最初の質問からはずれずに、しかもまとまり感をもって終わることが出ます。

あなた
「志望動機は・・・・・です。具体的に申し上げますと・・・・・・・・・・です。

以上が私の御社への志望動機です。」


3つの基本質問をクリアして面接を突破しよう!

以上が、3つの基本質問を想定したノウハウです。

これらを基本形として覚えておくと、追加質問はじめその他の質問にもバリエーションが広がりますので是非試してみてください。

中途採用の面接でかならず質問される転職理由 8つの回答例

あなたがうまく面接の応対をおこなえますように。