嫌いな上司との接し方。ダメな上司との付き合い5つの対処法

ダメ上司 問題のある上司

嫌いな上司の下で働く…

これはなかなか辛いものです。

上司の言うことは一応聞かないといけないけど、指示はテキトーだしすぐ機嫌が悪くなるし、自分が頑張って仕事で成果を出しても上司の手柄…なんてことでは、やってられませんよね。

嫌な上司、苦手な上司、ダメな上司、いろんな問題アリの上司と、それでも関わりをもっていかなればならない……

そんな悩みをお持ちのあなたのための、嫌な上司との付き合い方5つの対処法を紹介します。


ダメな上司、嫌いな上司とどんな接し方をする?

上司の悪口は全国、どこの居酒屋さんにいっても毎日のように聞こえていることでしょう。

  • 仕事が出来ないくせに偉そうにしている
  • 自分は楽な仕事ばっかりして大変な仕事は部下に押し付ける
  • 部下を奴隷のように扱い、鬱に追い込むクラッシャー上司
  • 上の人間に対してはペコペコしているくせに下の人間に対しては威張る
  • 気分次第で怒鳴り散らす

などなど。

必ずしも無能で仕事が出来ない上司というわけではなくても、

    「意見が合わない」「人間性に問題がある」「厳し過ぎる」「生理的に嫌」

など、さまざまな理由で上司が嫌いな人は多いでしょう。

また、自分としてはそれほど嫌ってるわけでなくても、なぜか不当に評価が低い。

上司に嫌われてるかもという気がしたり、上司との接し方やコミュニケーションの取り方で悩んでいる人は多いでしょう。

そんなあなたと上司との人間関係を改善するにはどうしたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

1.たとえ嫌な上司でも…「上司をフォローしてあげる」

上司も人間です。

いや、「あんな奴は人間じゃねぇ!」とか思っている人もいるかもしれませんが…。

ともかく人間である以上、間違いもありますし、仕事の用件を忘れることもあるでしょう。

そんな上司がちょっと失敗したり至らないことがあった時、それ見たことか!と舌打ちをしたり、飲み会で陰口を叩いていては、何の解決にもなりません。

ここはあなたが大人になって、上司のミスを、さりげなく処理してあげましょう。
上司

やってやったよ、こんなの忘れるなよ、などと思いながらやると、その気持ちが口調や表情に表れやすく、上司も気分良くありません。

自分も失敗することもあるという気持ちで、あくまでさりげなく処理してあげることです。

上司は上司で立場もメンツもあるでしょう。

そんな時にさりげなく上司のミスをカバーしてあげることができれば、上司の見る目も変わってくることがあるかもしれません。

2.大嫌いな上司でも…「上司をたてる」

上司のアドバイスがなくても出来る仕事も多いかと思います。

そんな時でも上司に指示やアドバイスを求めたり相談したりして話を進めたほうが、結果を出した時に上司も悪い気はしません。

これがもし独断でやって成果を出すと、「出し抜かれた」「メンツを潰された」などと思われる可能性も否定できません。

…まったく困った上司ですが。

上司のおかげで結果がでましたという態度でいれば上司のメンツも保たれ、上司との信頼関係も築きやすくなり、今後の仕事もやりやすくなります。

大きな受注がとれた、プロジェクトが上手くいったなど成果が出た時に、表でもウラでも「上司のおかげです!」と言っておきましょう。


3.上司との聞くニケーション

上司との人間関係の問題の一番の共通点「相手の話を聞かないから、聞かない」

全ての根本はここから始まっていることが多いです。

「そんなこと分かっているよ、でも上司が聞かないんだからしょうがないじゃん」という声が聞こえてきそうです。

では、こっちの話や意見を聞かない相手に、聞かせるにはどうしたらよいかと言うことになると思います。

嫌な上司と…

ここも自分がまずは折れて、先に上司の話を聞きましょう。

今まであまり話しをしていなかったとなると、これから先も上司の方から話し掛けて来る事も少ないかと思います。

そんな時は、こちらからどんどん質問していきます。

仕事の事、プライベートの事、何でも尋ねましょう。

始めは上司も心を開いていないのですから、あまり話さないと思います。

それでも聞きます。

聞いて、聞いて聞きまくります。

こちらから聞くことによって上司との関係が、命令される受け身の状態から「責め」に転じることができます。

これをやってみると、意外と聞くことの難しさも分かってくると思います。

「聞く力」という本がベストセラーになっているくらいですからね。

それでは聞き方のコツ、聞くことの基本となる事柄で、よく言われることを挙げてみましょう。

1)相槌を打つ

こちらが話している時にいまいち話に乗ってこないなー、ノリの悪いやつだなーなどと思ったことはありませんか?

そういう相手はたいてい「相槌の反応が良くない」のです。

話も進みにくく、会話が中断して無言になってしまったこともあるかもしれませんね。

それがノリの良い相手と喋っているとどんどん話も盛り上がり、どんどん話が進んでいって、余計なことまで喋っちゃったなんて経験もあるかもしれません。

このような状況を上司との会話に作れれば、上司も気分良くいろいろお話してくれるようになるかもしれませんよ。

あいづちは「うん」「そうですね」だけではなく、たくさんの種類があります。
「なるほど」
「へえ」
「それは知りませんでした」
「さすがですね」
「うんうん」
「それから」
「そういうことだったんですね」
「すごいですね」
出典:バリエーションのあるあいづちを打とう。 | 聞き上手になる30の方法

ほかにも「おもしろいですね」と言ったり、相手の言ったことをそのまま使って言う、いわゆる「オウム返し」もいい戦法です。

2)話のコシを折らない

上司の話を聞いていると、その話がきっかけで、こちらも何か思い出したり言いたいことが出てきます。

しかし、そこで上司の話のコシを折って自分の話をしてしまうと、気分よく話をしていた上司は嫌な感じになってしまいます。とにかく話を聞くことに徹しましょう。

3)否定しない

「でも○○ですよね?」などと、否定するようなことは言わない。

否定されて嬉しい人は、よほどの大物だと思います。

部下がそんな意見をもっているのか、自分にない視点で見てくれて素晴らしい、などと考えられるような人が上司ならこういう問題は少ないでしょう。

残念ながらそうではないから問題が起きているわけですので、否定はしないようにしましょう。

上司を嫌な気持ちにさせてしまうと、聞くという事が一段と難しくなっていってしまいます。

このような事にならないように否定しないことは重要です。

とはいえ、上司の言うことが間違っているということであれば、そのままにしておくわけにもいきません。

その場では一旦聞くだけ聞いておいて、あとは同僚に相談するなりして解決の道を探りましょう。

一流の営業マンといわれる方は、「俺は話さない、お客様がいろいろ話してくれる」というような事を言っている人も多いです。

家庭でも相手の話をしっかり聞いてあげることができれば、解決しそうな問題もいろいろありそうです。

奥様や子供との関係もそうです。

一流営業マンになった気持ちで、どんどん話してもらえる環境を作りましょう。

そうすることにより仕事、プライベートと充実していきますよ。


4.上司との飲みニケーション

多くの方が耳にしたことがある「飲みニケーション」

簡単に言えばお酒を飲んで、酔った勢いでいつもより親密なコミュニケーションを取ることですね。

お酒のメリットとして、リラックス効果や人間関係を円滑にする潤滑油のような効果があるといわれています。

コンパや飲み会なども初対面同士だとどうしてもギクシャクしがち。

そこでお酒の力を借りることにより、帰る頃には打ち解けて「もう一軒行こう」「連絡先教えて」などといった関係になっている経験も少なくないかと思います。

飲みニケーション

いつもの職場でなく違った場所でお酒を囲んで、上司の子供の話、今までの恋愛話など聞くことが出来れば、いつもの上司・部下の関係よりも、かなりリラックスした状態で話せているのではないでしょうか?

そういう機会が1回より2回、3回と増えるごとに親しみやすく、気心知れた関係に近づいていくかもしれません。

こういったメリットもある為、会社としても期末ごとの打ち上げや歓送迎会、忘年会に新年会などを行うのでしょうね。

ただ単に、上の立場の方がお酒好きというのも理由かもしれませんけど。

いや、実はそもそも上司の酒癖が悪くて嫌いになった、という人もいるかもしれません。

でもそんな上司の飲みに付き合ってくれるあなたは、確実に好かれています。

ここは人間関係のため、グッと我慢するのもひとつの処世術です。

飲みニケーションによっていつもと違った話をしたり聞いたりすることにより、いつもより多くのコミュニケーションをとることが出来やすくなります。

これも業務の延長と捉えて、上司との関係改善を図りましょう。

とはいえ、どうしても飲みを断りたい時は、
【会社の飲み会の断り方】角を立てない言い訳ベスト9

5.やっぱり嫌いなので…上司との関係を割り切る

それでもどうにもならない場合は割り切る

上司はこんなもんだから仕方ないと割り切って、距離感をとって仕事をする。

それももちろんアリです。

でも、その中でもフォローしたり、上司を立てたりすることは忘れずにしましょう。

上司のメンツだけは守るようにすることによって、少しは自分の仕事環境も良くなります。

そして他の部署の管理職の人が、「難しい上役相手にうまくやっていて、なかなか見所がある…」と思ってくれているかもしれません。

いずれにしろ、愚痴を言ったり悪態をついていても解決しません。

出来る事をやることを心掛けていれば、余計な考え事やストレスも軽減され、集中して効率よく仕事を進めやすくなると思います。

全ては自分の為だと思い、上司のメンツを守ってやるのも業務の一つと考えるくらいでちょうどいいかもしれませんね。

でも、もし、「あんな上司は絶対に許せない!完全にパワハラだ!訴えてやる!」というケースなら、
パワハラ上司を糾弾する!~10倍返しだ!パワハラ対処法


嫌いな上司との関係を改善するには、自分が動くことから

仕事で一番大変なことは?との問いかけに対して、多い答えの中でもダントツなのが「人間関係」です。

先輩、同僚、後輩、取引先、協力業者の担当者など、仕事をしていれば逃げることができない問題です。

そんな中でも特に職場の上司と部下の関係は、なかなか難しいです。

人生の多くの時間を費やす「仕事」という時間で、少しでも要らない労力を省き、楽しい時間にする為にも自分自身を少しずつ変えていくことも必要になってくると思います。

上司にわからせてやろう、上司を変えてやろうなどと考えるのはすごく遠回りです。

他人を変えるなんてのはほぼ無理です。

でも、ある程度こっちが主導権を握る形でコントロールすることは可能です。

あとは気にしないことも、ひとつの作戦ですね。

しかしそれよりも、この5つができるようになった自分自身を想像してみてください。

1回りも2回りも大きくなっていることと思います。

そうすれば上司との問題に限らず、部下との問題などいろいろな問題もクリアーできるようになっているはずです。

せっかく頑張って仕事しているのに、上司と合わないということで大切な仕事を辞めたり、嫌々仕事に行ったりすることが少しでもなくなればと思います。

やたら怒鳴る、威圧的、人格否定するようなクラッシャー上司の対処法は、
クラッシャー上司対策!弱みを把握し職場で生き残る対処法6

こんなに上司との関係がこじれる前に、上司と上手くやっていく方法は、苦手な上司との人間関係を改善する~上司を味方にする方法4ステップ

こちらは「嫌いな先輩社員」のタイプ別の対処法です。上司の場合の対応もほぼ同じですので、こちらも参考になれば。
嫌いな先輩社員どうする?職場の嫌な人との付き合い方4タイプ別対策

仕事ができない「使えない上司」の特徴は、
使えない上司の特徴 「部下より使えねぇ!」21パターン

職場の嫌いな人との付き合い方は、
嫌いな人との付き合い方。職場の上司、先輩、同僚どう扱う?

上司との人間関係が解決して、あなたの仕事がもっと楽しくなりますように。