1. TOP
  2. 保険の見直しは保険ショップを利用するべき3つの理由

保険の見直しは保険ショップを利用するべき3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
生命保険証書

保険料が高い! 毎月の出費を抑えたい! なんか補償が足りてない気がする。自分が病気になったら、本当にお金が支払われるの?

っていうか、どんな補償内容だったっけ……?

自分や家族が加入している保険に対して、そんな疑問や不満、不安な気持ちをもってませんか?

毎月毎月そんなに多くない給料から、よくわからない高い保険料を払うのはもう止めにしたい!

・・・そんな悩みは、保険の契約内容を見直すことで解決できます。

とはいえ、いったい何をどうしたらいいのか?自分ではわからないですよね。

まずは保険を契約した時のセールス担当者、生保レディ相談しようとする人がほとんどだと思いますが、それが間違いの始まりです。

スポンサードリンク

知ってた?生命保険って、時々見直しが必要なのですよ!

あなたは生命保険・医療保険に、いつ入りましたか?

つい最近、半年以内に入ったというのであれば、その時と現在とのご自身の状況はほとんど変化がなく、ほぼ現在の状態にピッタリと合った保険の契約になっているかもしれません。

しかし、保険の契約をしてから10年以上にもなる、あるいは保険に入ってから、結婚、出産、子供が独立した、離婚、マイホームを買った、大きな病気をした、リストラされた、転職した、不況で給料が下がった・・・など、人生に大きな変化があった人は、必要な補償額や、特約の必要性なども変わっていることがほとんどです。

保険に入る時は、いつ結婚して子供が出来て、子供がどこまで進学して、家を買って、給料はこのくらいまで上がって・・・というスケジュールがはっきり決まっているわけではありません。ということは、だいたいこうだろうというアバウトな予測の元に保険の補償額というのを決めたことでしょう。

仕事と生活の調和

しかし、現在のあなたの状況は、ずっと以前になんとなくイメージしていたものとピッタリそのまんま!という人は少ない筈。

ということは、あなたが過去に入った保険には、ムダな部分や、逆に足りない部分、あるいは現在の収入に対して支出が多過ぎる(家計を圧迫している)可能性があるということ。

これでは、お金も精神面も消耗してしまってよくありませんよね。

例えば、あなたはいま、こんな状況だったり、こんなことを感じたりしていませんか?

・毎月の保険料が高いと思う
・こんなに高額な死亡保障は要らないのでは?
・マイホームのローンがあるので支出を見直したい
・貯蓄とか保険にくっつけて要らない。自分で貯金するし投資もする
・特約がいろいろついてるけど使わなさそう
・結婚して配偶者のことも考えないと…
・子供が生まれた!この子のためにも万一のことを考えておかないと…
・子供を大学に行かせたいので学資保険に新たに入りたい
・子供が独立したので補償額を下げたい
・離婚した…
・転職して給与が減り、家計が苦しくなった
・給料が上がったので、もっといい保険に入り直したい
・節税になる保険があると聞いた
・新しい有利な保険に変えたい

保険は万が一のときに、あなたやあなたの家族を守ってくれる大切なものです。

しかし、過剰な保障や本当は必要としていない保険によって家計を圧迫してしまっては、元も子もありません。

「保険」は家の次に高い買い物、とも言われています。

ほとんどの人は、生命保険を見直すことで、大きく節約できるようになっています。

一方、必要な補償が足りていない人も意外と多いもの。

あなたも自分の現在の状況にピッタリの保険になるよう、見直しに着手してみましょう。

スポンサードリンク

保険の見直しが必要なのはわかるけど、面倒くさい……。

保険は人生のステージに合わせた見直しが必要”と頭の中では理解していながらも、実際にその行動に移すことは、少し面倒に感じていることでしょう。

また、こんなことも感じているかもしれません。

・親戚、友人、学生時代の先輩、もしくはそれらの方の紹介で加入しているので、見直しをしたとしても解約できない。
・知らない人に自分の身体の事や収入の事を話したり、無理矢理に保険の勧誘されるのは嫌だ。
・今加入している保険の契約内容が書いた書類を持っていくのは面倒くさい。
・仕事が忙しくて時間がない。

・・・・・

たしかに保険についてよくよく考え始めると、人間関係や収入、あるいは身体の事など、決して明るい気持ちになれるものではないというのが一般的でしょう。

しかし、真剣に考えるべき内容だからこそ、なるべく早めにその悩みを解決しておく必要があります。

あなたが保険の見直しが必要な理由は、以下の3つのポイントです。

(1)ライフステージの変化

結婚、出産、親との同居、独立など、人生の大きなイベントがあると、自分もしくは配偶者の方が負うべき責任も大きくなり、必要な保障額が増えていきます。
一方で、子供が独立したり、夫婦が別の道を歩むことになれば、必要な保障額は減ってゆきます。
1度や2度ではなく、ライフステージの変化に合わせて保険を見直すことで、より賢く保険に加入したり、解約することができます。

(2)保障内容の変化

保険は日々新しい商品が発売され、その保障内容も少しずつ変化していっています。
保険商品は、変化する世の中のニーズに合わせ、保障も充実していく傾向にありますが、逆に言えば、昔加入した商品は、時代遅れになっていくというケースもあります。

(3)保険料の変化

保険料は、年齢によって上がっていきますが、保険商品の変化に伴い保険料も変わってゆくものです。

また、貯蓄性のある保険商品に加入している方も多くいますが、利率や満期、解約返戻金などをしっかりと把握して支払っているでしょうか?実はこれらもずっと変更がない……というわけではありません。経済情勢などに連動して数字が変わってしまうタイプのものもあるので注意が必要です。

万が一の時に例えば…

「お金の事は、保険に加入しているから大丈夫」と安心していた矢先、保険会社に連絡すると、

「保険が対象とならない!」
「保障金額が全然足りない!」
「これ以上、保険料が支払えない!」

…といったように、さらなる悲劇が生まれる可能性は、ゼロとは言えません。

自分自身の生活の変化、保険商品の変化、時代の変化に合わせて、その時に最適な保障となっているか確認する必要があるのです。

保険を見直すとこんなメリットが!

お金を節約

(1)現在の生活に合った保険設計ができる

結婚をすると、出産や子供の進学など、月々の出費はどんどん増えてゆくものです。
万が一の時に必要な保障額は、独身時代や結婚当初に契約した保険契約とは桁違いとなってしまう事もあります。

生活費、教育費、マイホーム購入費などを試算することで、現在必要な保障額を算出し、それに合わせた保険商品を提案してもらえるのが、保険の見直しです。
ライフプランニングを行う事で、あらためて家族と話す機会が増えたり、夢を共有する時間が増えるかもしれません。

(2)必要のない保障を減らし、保険料を安くできる

現在加入している保険は、自分の意思で、しっかりと保障内容を吟味して選んだ保険でしょうか。
保障内容をよく理解していないまま、保険の営業マンからおすすめされるがままに加入したという人もいるのではないでしょうか。

将来の為にと、現在の生活レベルには合わない、必要以上の大きな保障金額を契約し、多くの保険料を払っていたり、保険料が安いからと、あまり必要のない特約がたくさん付帯されている可能性もあります。

また、夫婦それぞれで保険に加入していたという方は、契約をまとめる事で、保険料を少し安くできる場合もあります。
ライフプランニングを行い、無駄な部分を見極め、部分的に解約することで、保険料を安くする事ができます。

(3)現在加入している保障内容を把握することで、安心できる

保険の見直しをしても、必ずしも現在の契約を解約する必要はありません。ライフプランナー(保険レディや保険のセールスマン)は、解約を勧めると信用を失うというリスクも承知していますので、無理に解約をして、新規契約を勧めるはありません。(よほど損している契約でない限りは…)

いま現在加入している保険契約についても説明をしてくれますので、それが今の生活にピッタリであれば、その保険に加入しておいてよかったと思えるでしょう。

また、実際に解約してしまうと損をしてしまう保険契約もたくさんあります。

貯蓄性のある保険商品は、満期前に解約してしまうとかなり損をしてしまいますし、医療保険やがん保険は審査がありますので、現在の健康状態が悪ければ、新たに契約しようとしても加入できないという事もあります。保険の見直しをすることで、そういったアドバイスを受ける事もできるのです。

(4)ノベルティや商品券などがもらえる(かもしれません)

来店型の保険ショップで相談すると、キャンペーンとして、ノベルティグッズや商品券がもらえる場合があります。

最終的に契約をしなくても貰えるものや、契約をすると貰えるもの等、会社や店舗によっても違いがありますが、ぜひホームページや店頭でお得な情報がないかチェックしてみましょう。

(5)しかし、いま入っている保険会社のセールスに相談してはいけない!

というのも、もし「補償を減らして掛け金を安くしたい」などと言おうものなら全力でそれを阻止しようとされる……ケースが多いからです。

もちろん解約などもってのほか他の保険会社の、よりあなたにピッタリのいい商品を勧めてくれるということもありません

場合によっては、むかし入った利率のいい有利な契約条件の保険を、いまの低金利で設計した利率の低い保険(一見、補償は良さそうなもの)に変更を勧めたりもします

結局はまた同じ保険会社の商品に入ることになったとしても、いろんな保険会社の商品やプランからまずは中立な立場でアドバイスしてくれる人に一度は相談してみることが大切です。

スポンサードリンク

保険の見直しは、保険ショップで!

保険を見直す方法はいくつかあります。

自分で各社に資料請求して調べる、さきほど述べた理由でオススメしませんが契約した保険のセールスレディや営業マンに相談する、よくわからないのでとりあえずいったん全部解約するというような人も中にはいます。

そんな仲で、現在もっともポピュラーな方法は、保険ショップに行くことです。

保険の相談

来店型の保険ショップでの相談をおすすめする主な理由は、以下の3点です。

(1)いろんな保険会社・保険商品の中から選べる

保険種類には、生命保険、医療保険、がん保険、介護保険、火災保険、自動車保険等、たくさんの種類があります。また、保険会社によって、少しずつではありますが、それぞれ保障内容や特約、保険料が異なります。

人気のある保険ショップでは、たいてい複数の保険会社の商品を取り扱っていますので、それぞれの保険会社の商品を選んで、いいとこ取りができるのです。

いわゆる生保レディや完全歩合制の保険営業マンは、たいていどこかの保険会社に所属していて、他社の商品を販売することができません

より自分に合った保険商品を探すという意味では、この点が、保険ショップの最も大きな魅力です。

(2)しつこい勧誘がない

世の中には、「保険は嫌い」という人がたくさんいます。その原因の1つが、営業マンによる、しつこい勧誘です。突然会社にやって来たり、1度面談をして「入りません」と言ったのに、その後も連絡をしてきたり、「考えます」と加入を迷っている態度を見せると、何度も連絡をしてきたり…という経験をした方もいるでしょう。

保険ショップは、自分の行きたい日時に予約を入れる事ができますし、面談後も、何度もしつこく電話をかけてきたり、突然会社や自宅に訪問されるという事もありません

(3)FP資格を持ったライフプランナー

保険ショップで面談をするライフプランナーは、ファイナンシャルプランナーなどの資格を持った方も多くいます。単に「保険」についてのアドバイスだけではなく、お金にまつわる様々な知識を持っている方も多く、生活全体の中で、どう保険を活用するかという複合的な視点で、アドバイスをしてもらえるのです。

ちなみにどの保険ショップも、無料で何度でも相談できることを忘れてはいけません。

「保険見直し本舗」って?

数多くある保険ショップの中でも、最近注目されているのが、「保険見直し本舗」です。

保険見直し本舗

(1)取扱保険会社数40社以上!

40社以上の保険会社から、商品を選ぶことができます。他の保険ショップと比較すると、最も多い数です。見直しをする上で、選択肢が多いのは嬉しい事です。また、企業としての信頼度も伺えますね。

(2)全店舗直営!

北海道から沖縄まで、全国に200店舗以上もある「保険見直し本舗」ですが、そのすべてが直営店舗とは、ちょっとすごい話です。正直、相談者にとって、その恩恵を実感する機会は少ないかもしれませんが、経営者の強い想いを感じる事ができます。

業界最王手「ほけんの窓口」や「みつばち保険」も、日本全国に数百店舗の規模を持つ保険ショップですが、いずれもフランチャイズ(看板貸し)制を取り入れることで店舗を拡大してきました。

直営店舗のメリットは、採用や社員教育の基準を均一に保てる事や、本社との情報共有のスピードが早い点等です。その分、コストの面ではリスクがありますので、多店舗経営をする上でフランチャイズを取り入れる事は決して悪い話ではありません。

そんな中で、200以上の店舗をすべて直営店として拡大してきた事は、企業として信頼できる一つの証といえるかもしれません。

(3)契約実績80万件以上!

契約件数が多いという事は、見直しの必要性を感じた方が多くいたという証です。

保険の契約は、お客様にとっても、販売する側にとっても、決して気軽にできるものではありません。アドバイザー(窓口販売員)が、相談者が現在加入している契約を確認し、しっかりと説明をした上で、さらに、相談者と現在や将来の対する考えを共有し、双方が納得した上で、契約や解約という結論に至ります。

契約件数の実績は、信頼の実績とも言えるでしょう。

(4)コンサルティングアドバイザーの90%が女性

相談者の対応をするコンサルティングアドバイザーの90%が女性です。特にあなたが女性だったら、男性には言いにくいことも安心して相談できますよね。

(5)キッズスペースがある店舗も

「保険見直し本舗」は、お店の中に子供が遊具で遊べるキッズルームがある店舗もあります。まだ小さい子供がいる方は、外出先で落ち着いてゆっくり座るのもひと苦労。ましてや夫婦2人で話を聞く場合は、子供が気になって保険の話どころではありません。

お店にキッズルームがあれば、気楽に足を運ぶことができますね。ホームページでは、キッズルームがある店舗を簡単に検索する事ができます。

(6)訪問もしてもらえる

店舗にキッズスペースがあっても、もっと小さな赤ちゃんがいる家庭や、家事や仕事が忙しくて、わざわざお店まで直接足を運べないという方もいるでしょう。「保険見直し本舗」は、アドバイザーが直接お家に訪問して、保険の見直しをしてくれるサービスもあります。

保険の見直しは、一度の面談ですぐに結論に至らない場合もありますので、そんな何度もお店には通えない!という人もいるでしょう。忙しい方にとっては、とても助かるサービスです。

(7)契約者専用ページなどのアフターフォローあり

契約者の方には、専用ページが開設され、その画面から口座情報や住所変更等の依頼をする事ができます。

仕事や家事で、保険ショップが営業している時間に連絡できない、相談したい担当と連絡がとれないというケースは多く考えられます。事前に専用ページで相談を依頼しておく事で、より効率的に相談・手続きができることで助かる人もおおいのでは?

※いずれも2016年2月末時点での情報です。

>>あなたにぴったりの保険がきっと見つかる【保険見直し本舗】

スポンサードリンク

もし経験豊富なファイナンシャルプランナーが適切なアドバイスをくれるとしたら…

毎月数千円~数万円ほどの金額を支払っている保険。金額や補償を見直すことで、ムダをなくすことは家計にとっても精神衛生上もとても大切です。

現在の自分にピッタリの保障内容・保障額であれば、日々の仕事や将来の夢に向かって、自信を持って過ごしていく事ができますし、毎月無駄な保険料を払っている事が分かった時は、その浮いた分のお金で少し贅沢ができるかもしれません。

他にもこんなことが……

• いまのあなたと家族にとってベストな保険に変更できる
• 家計収入に対して払い過ぎと思われる保険料金を安く見直せる
• 入院、怪我、病気など、いまよりも有利な補償になる
• ネット上の自分の状況とは違う人の体験やアドバイスなどの情報に不安を募らせ右往左往しなくて済む
• 最新の保険でお得なオプションなどが新たにつく場合がある
• 一人でいろいろな情報を調べる必要がなくなる
• 保険の設計書(プラン)を組んでもらうために何人もの保険のセールスに会って同じ話をする必要がなくなる
• 正確な統計データを元に比較検討できる
• 保険に不信感を持ったまま掛け金を払い続けることを避けられる
• 専門家との無料相談で現在入っている保険に納得することも
• 「適切な生命保険・医療保険選び」という慣れないことで時間を取られたり、消耗したりせずに済む
• 生半可な知識で見直しをして重要な補償が抜けていたりする心配がなくなる
• 専門家と二人三脚で最適なプランを見つければ良いという安心感が得られる
• 払う必要のない余計なお金をかけずにしっかりとした補償が組める
• 家計簿を見て溜息をつくことがなくなる

といったメリットがあります。

失敗しない保険の見直しで悩んでいる人は、保険ショップでの無料相談を試してみてください。

保険の見直しも「セカンドオピニオン」の時代

保険の見直し相談は、何度行っても無料です。しかし、たまたま相談した担当の人の話がいまいち理解できなかったり、信じられなかったり、相性がよくなかったり、という事はあるものです。

そんな時は、ぜひ別の保険ショップでも相談してみましょう。

“こんな風に言われたけど本当なの?”“紹介されたこの商品よりも安い保険商品はないの?”とセカンドオピニオン的に活用する事ができます。

保険の見直し相談は、無料で何回も相談する事ができますので、自分にピッタリの保険や、本当に信頼できるプランナーを探してみましょう。

まだ生命保険で消耗してるの?

具体的にどの特約を見直すかは、
生命保険はいらない理由5つ。必要性なく事情で入る人の見直し項目

さらに詳しく検討したい人は、
生命保険はいらない!ってホント?医療保障をどう考える?

保険を見直すことで、あなたの日々の生活が、より充実したものになりますように!

>>あなたにぴったりの保険がきっと見つかる【保険見直し本舗】

 

★会社に行くのが嫌で在宅で稼ぎたいという人にはネットビジネスがおすすめです。
ネットで副業したい初心者向け。在宅ワークで出来る仕事は?

★転職に役立つ資格を取りたい人は、
簡単に取れる資格<女性に人気6つ>好きなことを仕事に!

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

よく読まれている関連記事

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす