1. TOP
  2. 社会人一人暮らしの不安を解消。新生活を楽しむポイント8つ

社会人一人暮らしの不安を解消。新生活を楽しむポイント8つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
社会人、始めての一人暮らし

新社会人になって親から独立し、始めての一人暮らしに不安を覚えている人は多いでしょう。

親の保護から出て一人で生きていくことは、世間の荒波にもまれる「社会人」としての訓練にもなります。

すでに何年か会社勤めをしてから、会社の寮や実家を出て、一人暮らしを始める人も同じです。

一人暮らしで最低限必要なモノと注意事項をまとめました。

スポンサードリンク

1.新社会人!一人暮らしで必要なモノ

一人暮らしをする前には、やはりある程度の「覚悟」が必要です。あまり重く考えるものではありませんが、一度実家を出たからには、すぐに出戻ってくるのでは格好がつきませんよね。

実家で生活してきた親や兄弟にとって、あなたが一人暮らしを始めることは寂しい反面、一人前の社会人になった証でもあります。

一人暮らしをする決心をしたら、一人で生活をしていくことを心に誓ってみましょう。

スポンサードリンク

2.なにはなくともやっぱり資金

そして現在実家や寮で生活している人が一人暮らしをするために一番必要なのは、「お金」です。

やはり先立つ物は金。実家や寮を出ようとするのであれば、ある程度の貯金が必要になります。

いまはまだ一人暮らしの検討中の人も、目的がはっきりすると、お金を貯めやすくなりますよ。

3.一人暮らしに必要な賃貸物件

一人暮らしで第一に必要なのが家です。いきなりマンションを購入する人は少ないので、賃貸物件を探す前提で話を進めます。

賃貸物件の場合、まず最初に必要なのが敷金礼金です。敷金と礼金は、地域によっても違いますし、築年数によっても違いますから、とにかくよく調べておくことが大切です。

社会人3年~10年くらいの人が一人暮らしをする場合は、ワンルームや1DKの広さがあれば十分と言えるでしょう。

一人暮らしを開始するときに大きな部屋に住むことは頑張るきっかけにもなるのですが、他にもお金は必要になりますので無理をしないことです。

これくらいの広さであれば、敷金・礼金の相場も下がってきているので、最大でも30万円くらいまでが目安です。

家賃については広さ、築年数、駅からの距離におおよそ比例しますので、条件を見ながら決めるようにしましょう。

家賃が5千円安ければ、年間6万円貯まることになります。家賃は安ければそれに越したことはないので、じっくりと探して、粘り強く家賃交渉をしていきましょう。

賃貸物件を探すときにもう一つ重要なのが「更新」です。

更新する時には、家賃2か月分の更新料が発生するのが一般的です。1年で更新をするのか、2年で更新をするのか、それだけで発生する費用が全然違いますので、契約前にチェックするようにしましょう。

部屋探しのコツはこちら、
部屋探し、不動産屋が教えない5つの得するポイント

スポンサードリンク

4.『家具』『家電』

一人暮らしをするためには、家電や家具が必要になります。最近は家具といっても高級タンスなどを買うことはほとんどないでしょう。とりあえずベッドがあればなんとかなります。

それと忘れがちなのがカーテンです。これは防犯のためにも重要です。

窓にピッタリのサイズのカーテンを注文して届くまでに時間がかかることもありますので、部屋が決まったら早めに手配しましょう。

家電選び

家電もハイスペックなものを購入するのではなく、まずは一人で生活していくのに問題ないレベルに抑えるようにしましょう。

また、冷蔵庫やエアコンなどの必要最低限の電化製品以外は、住み出してから購入しても遅くありません。自分の生活スタイルに合わせた家電を揃えるようにしておいてください。

初めての一人暮らしをする場合は、家電で少なくとも20万円くらいはお金を用意しておく必要があります。

家電量販店でまとめて購入したらかなり値引きをしてくれます。ここでもビジネス同様、値切りの交渉をしていきましょう。

5.一人暮らしの食事

一人暮らしで一番苦労するのが食事かもしれません。

仕事が出来る人は、一人暮らしでもしっかりと栄養の事を考えていますし、朝から仕事に集中できる体調を作ってきます。

これまでは栄養のバランスなど考えたことがないかもしれませんが、野菜を中心に摂るように考えてみるとか、場合によってはサプリメントなどを活用して、自己管理をしていかなければなりません。

また、食費を上手くコントロールできないと貯金もできなくなります。普段のお金の利用の中で、食費をうまく節約するように考えてみてください。

外食を続けるのではなく、簡単なものでもいいので、たまには自炊をする日も作ると良いでしょう。

家賃を除けば食費が一番お金がかかる部分でもあります。

外食を続ける、毎日お弁当を買うとなると、稼いだ給料はあっという間になくなっていきます。

先ほどの食事のおける自己管理と同じことですが、食費についてもしっかりと管理していくようにしましょう。

スポンサードリンク

6.生活用品

一人暮らしになると生活用品も自分で全部そろえなくてはいけません。

生活用品

お風呂やトイレの洗剤。キッチンの洗剤、タワシ。洗濯物を干すハンガーや洗濯バサミも必要です。

実家では全部揃っていた筈ですので、気にしてなかったかもしれませんが、意外といろんなモノが必要です。

これは気づいた時にいつでも買い足していけるので、必要に応じて買い揃えていきましょう。

 

・・・次のページでは、一人暮らしの危険・リスクについて紹介します。

なかなか表には出てこない高待遇の求人。
スキルと経験を活かせる専門職や管理職、海外勤務の募集情報は…

エグゼクティブ
年収600万円以上もらってる人たちに支持されるNo.1の転職サービス!

◎書類選考でつまづいたり、面接でなにをアピールしたらいいのかわからない…という人は、
あなたの強みが見つかる!
自己分析して書類作成→面接へスムーズな転職活動ができる無料の「グッドポイント診断」

第二新卒フリーター ☆学校出たけど働いたことがない ☆すぐ会社を辞めてしまった
…でも、こらからいい会社に正社員として就職したい人へ
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、大学中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

★自分がもし転職するときに、どのくらい人材として価値があるのか知りたい25歳~35歳までの人は、
転職した方がいいか?転職診断テストで自分の市場価値を見極めるには?

★…同じく35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
仕事探しでも運命の出会いってあると思う。
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

50歳を過ぎても別の会社で必要とされる人材3つのパターンとは?
中高年サラリーマン
40代からの転職が変わった!あえて50歳以上も積極採用する企業の狙いとは?

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす