会社で嫌われている…と感じたら7つのやるべきこと

会社で嫌われてる…? 職場の人間関係

会社の人に嫌われている…自分でそれに気づいてしまったら、どうしたらいいのでしょうか?

自分のどこがいけないのか?何か考え方や仕事の仕方を変えればいいのだろうか?

同僚や先輩社員、後輩にまで嫌われて、上司からの評判は悪く無いのに…

ランチに誘われない、他の人は声をかけられるのに自分だけ話しかけられることが少ない、職場で孤立したり、仲間はずれにされている…

・・・そんな悩みで落ち込んでいる人へのアドバイスです。


会社で嫌われていると感じたら…

特に悪気なく振舞っているのに、いつの間にか周りから嫌われてしまっている…。辛いですよね。

会社の仕事は基本、チームでやるものですから、人間関係がこじれてしまえば上手くいくものも上手くいきません。

それどころか自分がオミットされている場に身を置くのは非常な苦痛です。そのまま放っておけば、心を病んでしまう可能性もあります。

もしも職場の状況が明らかな上司からのパワハラやイジメ・嫌がらせであるなら、まずは人事に相談した方がいいでしょう。

ただ、それが出来ないような職場もあります。

また、ちょっと反感を持たれているな、という程度でしたら、少し態度を改めるだけで、人間関係は改善することができます

会社の人に嫌われているかも? と思った時にリカバーし、うまく人間関係を構築していく方法をご紹介しましょう。

スポンサードリンク

1:なぜ嫌われているのか考えよう

まずは自分が嫌われることになった原因から考えましょう。この点をしっかり把握しておかないと、一時的に人間関係がよくなっても、再び悪化してしまうことになります。

会社で人から嫌われやすい条件とはまず

  • 自分のことしか考えられない
  • いつも否定的な態度をとる
  • 話題に乗ってこない
  • 話しにくい・お高く留まっていて、話しかけづらい

……こうした性格や態度の人は、嫌われやすい傾向にあります。

ひとことで言うと「独善的で他人の意見を聞かない」です。

自分はそんなことはない。いつでもオープンで人の話を聞いている」と思う人もいるかもしれません。

しかし自分が思う自分と、人が思う自分とはだいたい違うもの。意識していないのに、いつの間にかそういう態度をとっていたかもしれません。

2:こちらから、人を好きになる

心理学的に見ても、人は「自分を拒絶する人」に苦手意識を持ちます。自分を理解してくれない相手に、自分を見せることは難しいからです。結果、その人のことを避けるようになり、いつしか嫌うようになっていくのです。

もしあなたが好かれるようになりたいのなら、まずは逆の方向から。自分自身が、他人を拒まない人になるよう努力しましょう。

例えば、なにかの集まりで常に友達に囲まれている知り合いを思い浮かべてください。いつも人が自然に集まってくる人というのは、相手を乗せるのが上手い人じゃないでしょうか? それでは、人に好かれるようになる具体的なテクニックについて紹介していきましょう。


3:頼まれたらちゃんとやる

昔話の「鶴の恩返し」がそうであるように、優しくしてくれた相手には、自分もなにかお返ししてあげたい。そう考えるのは人として当然の感情です(昔話で恩返しするのは鶴の方でしたが)。

例えば、急ぎの仕事を頼まれた時、不可能でないならば2つ返事で快く引き受けましょう。もしあなたが仕事を抱えていたとしても、このことで相手あなたに好印象を持ちます。

急な仕事やってあげればあなたに好印象を持つだけでなく、あなたがなにか無理めなお願いをした時でも、快く引き受けてくれるでしょう。

好印象を持ってくれれば、仕事の効率も上がるので、プラスマイナスゼロではなく明らかにプラスになります。

もちろん、無理なお願いもありますので、その時は事情を話し、やんわりと断りましょう。

この時に大事なのは、相手の要求をしっかり聞くこと。「無理!」と頭ごなしに断ると、嫌われるもとになりますのでご注意を。


4:笑顔で挨拶をする

至極当たり前のことに思われるかもしれませんが、明るく挨拶をすることで、こちらは心を開いているということを示すことができます。これがもしぶっきらぼうに挨拶をしたとしたらどうでしょう? 話しかけてほしくない=周りを拒絶している、とみなされ、周囲から人は離れていきます。

あた、挨拶をする時に「おはようございます、◯◯さん」と、相手の名前を付け加えると、自分に関心がある、と思われるので、さらに好感度はアップします。

「そんなこと言っても、昨日まで嫌っていた人の気持は変わらない」と、思うでしょうか? 確かに1回だけでは状況は変わらないかもしれません。

しかし挨拶は「おはようございます」から「こんにちは」「おつかれさまです」「失礼します」まで、1日に何回も口にするものです。明るく何度も挨拶していれば、だんだんと相手のこわばった気持ちも溶けていきます。まずは朝の挨拶から始めましょう。

5:会話をするときは相手を見る

人から話しかけられているのに、パソコンに向かったままで生返事なんて、やっていないでしょうか?

話しかけられたら、きちんと相手の目を見て、話を聞いているというアピールをしましょう。

もちろんジッと目を見つめ続けては、相手に緊張感を与えてしまうので、時折、目線を外してもかまいません。

パソコンに向かったままと同様、話をしながらスマホをいじったり、他のことをするのも、相手にいい印象を与えないので、気をつけましょう。

話を聞く姿勢を示すことは、相手に関心を持っているとアピールすることになります。人は自分に関心のある人には、心を開きやすくなります。雑談であっても、ちゃんと相手の話を聞くよう心がけましょう。


6:相手の動きに合わせる心を開かせる=ミラーリング

ミラーリングとは、相手が取っている動きに対して、まるで鏡に映したように自分の動作を合わせていく方法。人は自分と同じと感じる相手に対し、心を開く傾向にあるので、その心理をうまく利用するのです。

例えば、相手と話す時、立っていたら同じように立つ。足を開いていたら、同じように足を開く。これだけで相手は親近感を抱くのです。

もちろん態勢だけではありません。相手がゆっくり話すようなら、やはり自分もゆっくり。相手がゆっくり話しかけているのに、こちらが早口で返したら、相手は会話を拒否されたと感じるのです。思い当たる経験はあるのではないでしょうか?

ミラーリングを意識して、相手との仲間意識を高めていきましょう。

7:好かれるのは仕事のうちと考える

そうはいっても、人とコミュニケーションを取るのが昔から苦手、という人もいるかもしれません。

確かに事務的な伝達はできても雑談は苦手。笑顔にしようとしてもこわばってしまう、という人はいます。

そういう人はまず、自分はそういうタイプと割り切るところから始めましょう。そして業務を進めるため、良好な人間関係を作るのは業務のうち、と考えるようにしましょう。

そして具体的には、少しずつ出来るところから始めるのです。挨拶だけでも、ミラーリングだけでもかまいません。思い切って習慣化してしまうのです。

そのうち少しずつでも効果が実感できれば、他のことを実行する自信になっていきます。できることからコツコツと取り組んでいきましょう。

職場で嫌われる人にありがちな問題は、
職場で嫌われている…なぜ?職場で嫌われる人ありがち14パターン

職場の人間関係で孤立した…、
職場の人間関係で孤立したら…孤立から復帰する9つの考え方

女性同士の人間関係で悩んだら、
職場の人間関係 Aさん(女性)から嫌がらせを…対処法は?

新入社員が配属された部署で嫌われないためには、
新入社員必見!職場の人間関係で悩まずに済む6つの秘訣

人事異動や転勤などで新しい部署に移った人が嫌われないためには、
職場の異動、新しい部署での人間関係の不安を解消する10の心得

上司からも厳しく責められて、会社で嫌われているというより、もはやパワハラなのでは?と思ったら、
パワハラ上司を糾弾する!~10倍返しだ!パワーハラスメント対処法

もうこの職場で働くのは耐えられない…転職したいと思ったら、
転職を考える女性が20代で意識しておくべき7つのこと

あなたが職場で嫌われることなく、楽しく仕事ができるようになりますように。