アフィリエイト収入データでみる稼いでる人の割合。平均以上に稼ぐポイント12 | はたらくす

アフィリエイト収入データでみる稼いでる人の割合。平均以上に稼ぐポイント12

アフィリエイト収入データでみる成功法則 副業

給料が上がらない!

ネットで稼げるらしい!アフィリエイトで収入を得たい!

……でも、ほとんどの人は、ほとんど稼げないみたい・・・。

アフィリエイトって、ホントに収入になるの?

・・・どうすれば、アフィリエイトで稼げるんだ?

…という人のためにアフィリエイトを1から教えてくれるのは、
>>>数多くの成功者を出し続けているノウハウを習得! アフィリエイト革命
 

いま、景気がいいのか悪いのかよくわからないような状況が続く中、大手企業で副業がOKの会社が増えています。

そこでアフィリエイトに興味がある人も増加しているのですが、実際にアフィリエイトで多くの報酬を得ている人は、一部にとどまっているのが現実です。

アフィリエイトの市場規模は、2017年度の予測では前年度比 113.5%の 2,275億8,700万円の見込です。

2015年度時点では1659億円の予測だったため、使用規模は上昇を続けていることがわかります。

アフィリエイトサイト運営者1,000名を対象に実施したアフィリエイト・プログラムに関する市場調査によると、月3万円以上のアフィリエイト収入があるアフィリエイターやブロガーは全体の5.7%という結果でした。

アフィリエイターの中には、登録はしても実際は何もやってない人(報酬もゼロの人)が大半なので、その分きちんと稼いでいる人はこの数字よりもはるかに稼いでいます。

アフィリエイトで会社の給料より多く稼いでいる人がたくさんいることはまぎれもない事実です。

では、どうすればあなたもアフィリエイトで多くの収入を得ることができるのでしょうか?

アフィリエイターの調査データをもとに、アフィリエイトを行うにあたって、おさえておきたいポイントについて見ていくことにしましょう。

起業できない原因…?
『起業アイデアが見つからないせいだ!』……それは勘違いかもしれません。
天職×起業|副業から始めるノウハウを凝縮した実践講座

アフィリエイトによる収入はどのくらい?

アフィリエイトとは、一言で言えば、ブログなどのサイトを運営しながら広告報酬が得られる仕組みです。

アフィリエイトを始めるには、自分で運営しているサイトやブログに広告主が出稿している広告を貼ります。

そして、サイトを訪れた人が広告をクリックし、クリック先から商品を購入すれば、サイトの運営者に報酬が支払われる仕組みです。

アフィリエイトには、サイト訪問者がクリック先で商品を購入した時点で報酬が発生する「成果報酬型アフィリエイト」と、広告をクリックするだけで報酬が得られる「クリック報酬型」のアフィリエイトがあります。

どちらかひとつに絞ってもいいですが、併用して稼ぐ方法もあります。

それでは、アフィリエイトでどのくらい稼げるのでしょうか?

データを元に見てくことにしましょう。

始めに、日本アフィリエイト協議会が調査した「日本アフィリエイト協議会 アフィリエイト市場調査2017」のデータです。

月間アフィリエイト収入

出典:アフィリエイト市場調査2017を発表 ~月3万円以上の収入があるのは全体の5.7%~ 
http://www.japan-affiliate.org/news/survey2017/

このデータによると、1か月のアフィリエイト収入が全くない人の割合が39.2%、収入が1000円未満の人がそれぞれ33.1%となっており、これを合わせると、約72%でした。

また、1か月のアフィリエイト収入が3万円以上の人は3.4%となり、5000円以上の人は約6.3%となります。

収入1000円未満の人の割合は多く、収入5000円以上の人の割合は少ない結果となっていますが、2015年の結果と比較すると、収入1000円未満の割合は約2%減少しており、収入5000円以上の人の割合は、約0.1%減少とほとんど変わりがありません。

次に、アフィリエイトマーケティング協会が調査した
「アフィリエイトマーケティング協会 アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2017」の調査結果について見ていきましょう。
参考:http://affiliate-marketing.jp/release/release071127.pdf

この調査結果によると、アフィリエイト初心者~中級者であろう回答者の1か月の収入が全くない人の割合は23.9%、1000円未満の人の割合は43.6%となり、これらを合わせると約67%となります。

一方、中級者~上級者であろう回答者では、「20万円以上」と回答する者が、約 20%(20.3%)存在し、「100万円以上」の収入を得ている回答者が約 5%(5.1%)という結果でした。

このような結果からアフィリエイト収入額は、結果を出している人とそうでない人で二極化している傾向が推察されます。

3万円の収入を得るためには1日3時間の作業が必要

ここで、サイト運営と月の収入に関するデータを見てみましょう。

日本アフィリエイト協議会の調査によると、1か月に3万円以上の収入を得ている人は、1日平均のサイト運営時間は3.9時間、アフィリエイトマーケティング協会の調査によると、月5万円前後の半数の方が1日3時間以上のサイト運営を行っていることが分かりました。

これらの調査結果から、アフィリエイトで1か月に3万円以上の収入を得るためには1日あたり3時間以上のサイト運営が必要であると言えるでしょう。

やはり報酬を得るためにはしっかりとサイト運営に取り組む必要があるということですね。

スポンサードリンク

なぜ、アフィリエイトで稼げないのか?

調査結果から、アフィリエイトにキチンと取り組んでいる人は、ある程度の収入を得られることが分かりました。

一方、アフィリエイトサイトを運営している人の多くは、収入をほとんど得ていないことも分かったと思います。

それでは、なぜ多くの人がアフィリエイトで稼げないのでしょうか。

1.こまめにサイトやブログが更新できない

こまめにサイトやブログを更新していないことが、アフィリエイトで稼げない理由と言えます。

アフィリエイトは、広告主が出稿している広告を自分のサイトやブログに貼るだけですが、そもそも、自分のサイトを見てもらえないことには、広告がクリックされることもありません。

サイトのアクセスを増やすためには、最低限こまめにサイトを更新し、サイトに新鮮さを出さなければなりません。

できることなら、毎日新着記事を掲載するなどして、読者を引きつけるサイト運営を行うことが大切です。

2.サイトが面白くない

いくら更新しても、訪問者の知りたい情報がサイトに載っていないと、訪問者は見る価値がないと判断して訪れなくなってしまいます。

読者に役立つ情報を提供することが大切です。

自分が訪問者ならどのようなサイトが良いかということを考えながら、サイト作りを行う必要があります。

3.サイトの構成を工夫していない

アフィリエイトで収益を得るためには、広告がクリックされなければなりませんが、単に広告を前面に押し出しすぎるだけのサイトだったり、逆に広告が目立たない位置にあったりする場合、サイトの訪問者は、広告をクリックする前にサイトから去ってしまうことでしょう。

広告はクリックされやすい場所に配置されているか、広告の大きさはどのくらいが適切か、広告にどんなキャッチコピーをつければクリックされやすいか、また、広告のことばかり気に留めすぎて、サイトの内容が薄くなっていないか、サイトの構成を主観的な目線だけではなく、客観的な目線から眺めながら、サイトの問題点を探してみましょう。

4.アクセスアップの方法が分からない

サイトを立ち上げて半年から1年程度は、アクセス数はなかなか増えません。収入がほとんどない状態、または、あっても1000円以下、という状態が続くことがあります。

さらに、1年以上サイトを運営していても、収入がほとんど伸びない場合がありますが、そのような場合は、サイト立ち上げ後もサイトにほとんど手を加えていないことが原因と考えられます。

アクセス数を増やすためには、記事の内容をできる限りニッチな内容とすること、思わず注目するタイトルをつけること、そして、訪問者のためのサイト作りに徹することと言えるでしょう。

5.なかなか収入が増えずにあきらめてしまう

「アフィリエイトを始めると、収入が得られる」と言うことから、期待しながらアフィリエイトを始めたのは良いものの、サイト作りに時間をかけた割には広告が一切クリックされず、収入が1円も入らないケースが見られます。

また、収入が入ったとしても、月に数百円程度でがっかりしてしまった、というケースも多いのではないでしょうか。

売上を伸ばすためには、収入のことは二の次として、「どうすればサイトのアクセス数が増えるか」「どうすれば広告がクリックされるか」「訪問者が求めている情報を、いかにサイト内に盛り込むか」など、改善できることは、次々と改善することが大切です。

アフィリエイトは、花や野菜の種まきと同じで、始めはなかなか実を付けなくても、方法さえ正しければ、多くの収穫(収入)が得られるのです。

6.試しにやってみただけ

アフィリエイトを始めるのはとても簡単です。

アフィリエイトの運営会社で登録フォームに簡単な入力をすれば、それだけでアフィリエイターの仲間入りです。

アフィリエイト事業やドロップシッピング事業を展開し、調査機関の「フリーキャリア総研」を運営する「株式会社もしも」は、2015年5月時点におけるアフィリエイターの数をのべ469万人と発表しました(フリーキャリア総研調べ)。

同社は、同調査で2011年時点のアフィリエイター数をのべ387万人と発表しましたから、この4年間で約80万人増加していることになります。

アフィリエイター

参考:フリーキャリア総研 2015年8月13日付 http://free-career.com/infographics01/

株式会社もしも プレスリリース 2012年6月5日付 http://www.ds.moshimo.com/ds/www/news/release/detail?id=123

469万人もいるのか!それじゃあライバルがひしめき合っていて大変だ!

・・・と思うかもしれませんが、本気でアフィリエイトに取り組んでいる人が400万人もいるわけではないことは感覚的にはわかることでしょう。

アフィリエイターとして登録したほとんどの人は、軽い気持ちで申し込みだけはするものの、まったく何の作業もしないか、少し手をかける人でも無料ブログの日記や雑記に広告を1回張り付けているだけで終わっています。
(あなたも現時点ではここで止まっているかもしれません)。

これでお金をじゃんじゃん稼げる!…というのはさすがに無理があります。
(とにかく簡単に稼ぎたい人はアフィリエイトよりも、クリックするだけでポイントが貰えるといったサービスに登録する方がマシです。少額しか稼げませんが…)。

アフィリエイトをやってるといっても、実際は「ちょっと試しにアフィリエイトってモノに登録しておくか…」という程度のレベルの人がほとんどなのです。

アフィリエイトで稼ぐポイントとは?

アフィリエイトの市場規模は、今後も着実に成長を続け2021年度は4,058億円になると予測されています。

これは、EC市場のさらなる拡大によるEC分野の既存広告主の売上拡大に加え、新たにアフィリエイトを採用するその他分野の広告主が増えることが、アフィリエイト市場拡大に結び付くと考えられているためです。

アフィリエイト市場予測

出典:矢野総研-アフィリエイト市場に関する調査結果 2017 http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471958_01.pdf

これを単純に469万人で割ると一人当たり約8万6千円となります。

複数のアフィリエイト運営会社(ASP)に登録している人も多く、正味の人数は469万人よりも少ないため、実際の一人当たりの額はこれよりも上がると考えられます。

(平均で8万6千円というは、単純に市場規模をのべ人数で割っているだけなので、実際に報酬として振り込まれている金額はこれよりも少なくなります。)

しかし、ほとんどの人はこんなには稼げていないことでしょう。

アフィリエイトで収益を上げている人は全体数のごく一部というのは確かにその通りです。

これはつまり、冒頭のアフィリエイターへの調査データからわかるように、正しい手順で地道に作業に取り組み続ける人がごく一部しかいないということです。

収入を高めるための方法に基づいてサイト運営を行えば、収入を上げるチャンスはあるのです。

それをキチンと行った人がほとんど一人勝ちのような状態で稼いでいるのです。

それでは、アフィリエイトで稼ぐためのポイントは、どのような方法があるのでしょうか。

1.好きなことをテーマにする

アフィリエイトで稼ぐためのポイントは、好きなことをテーマにすることです。

アフィリエイトで稼ぐためには、サイトやブログの立ち上げに始まり、広告を選んだり、サイト構成を考えたりして日々サイトを更新していくなど、地道な活動が必要となります。

また、サイトの文章も作成しなければなりませんので、文章力も必要です。

こうしてみると、アフィリエイトで稼ぐことは、とてもハードルが高いように感じられますが、好きなことをテーマにしていると、時間を忘れて取り組むことができます。

そのうえ、好きなことをテーマにしていると、どんどん掘り下げながら調べていくことを楽しみながらできるので、質の高いサイトを作ることができます。

そのようなサイトを作ることができれば、アクセス数も自然にアップすることでしょう。

好きなことをテーマにすることは、アフィリエイトで稼ぐための基本と言えるでしょう。

2.収益が得られやすい分野のアフィリエイトを行う

アフィリエイトでは、好きなことをテーマにすることも大切ですが、収益が得られやすい分野のアフィリエイトに取り組む方法もあります。

収益が得られやすい分野のアフィリエイトとは美容、健康、投資、転職、保険、情報商材などです。

例えば美容・健康のアフィリエイトが収益を得られやすい理由は、高額の商材の数が多いためです。

美容・健康に当てはまる商材には、化粧品やボディケア商品、サプリメントやダイエット食品などがあり、多種多様です。

アフィリエイトを始めた直後は、ダイエット食品など1つの分野に掘り下げてサイトを作る方法もあります。

そして、ダイエット食品のサイト運営に慣れてきたところで、健康食品、サプリメントなどの商材を扱うサイトを立ち上げていくと、より収益の幅が広がります。

なお、美容・健康のアフィリエイトを行う場合、扱っている商品の効能を大げさに表現してしまうと、「医薬品医療機器等法」(薬機法・旧称で薬事法)に違反してしまう場合があるので、あくまでも、商品の効能に忠実に書いていくことが大切です。

薬機法に適応した表現の方法については、「日本化粧品工業連合会 化粧品等の適正広告ガイドライン」が参考になるでしょう。

また、アフィリエイター向けに薬機法の実際のところをわかりやすく解説した動画教材も販売されています。
>>>「アフィリーガル

このジャンルをやる人はしっかり押さえておきましょう。

3.こまめにブログやサイトを更新する

サイトを立ち上げたら、サイトやブログはこまめに更新しましょう。少なくとも半年から一年程度は、毎日更新すると効果的です。

毎日更新すると言っても、書くことがないと感じるかも知れませんが、最初の半年間は、サイト内のコンテンツを充実させることを重点に置くと良いのです。

訪問者としては、サイトの内容が充実していると読み応えがあります。

しかし、サイトを作成する側としては、一度に多くのコンテンツを作ることは難しいので、毎日少しずつ内容を増やしていくのです。

例えば、酵素ドリンクを商材としたアフィリエイトサイトを運営する場合、「酵素ってなに?」から始まり、「酵素の種類はどれくらいあるの?」、「○○という酵素の特徴は?」など、酵素に関する内容を毎日少しずつ増やしていくのです。半年間、毎日1つの項目を増やしていくだけで約180の項目ができあがります。

サイトの内容が充実し、検索エンジンに発見されやすくなれば、毎日更新しなくても、週に1~2回程度の更新でも十分に検索されるようになります。

アフィリエイトは特に始めた直後が大変ですが、立ち上げ直後の更新作業は「種まき」と考え、コツコツとサイトの内容を充実させていきましょう。

4.サイトやブログの作成は、1日3時間程度かけるようにする

ブログやサイトの作成は、1日3時間程度をかけると効果的とされています。

この記事の前半でも紹介しましたが「日本アフィリエイト協議会」と「アフィリエイトマーケティング協会」の調査結果によると、1日3時間以上のサイト運営で月に3万円以上稼げる、ということが分かりました。

1日3時間、と言うと長く感じるかも知れませんが、例えば、先ほどの例で説明した「酵素」に関することを掘り下げるために、500文字~1000文字程度のコラム記事を1本作成すると、慣れない間は1時間以上かかることもあるでしょう。

そのほか、アクセス数を高めるために、検索されやすいキーワードを調べたり、SEO対策を行ったり、または、次のテーマはどうしようか、などとサイト運営についていろいろと考えているうちに、時間はあっという間に過ぎてしまうものです。

「訪問者のために、サイトの内容を充実させよう!」と考えているうちに、サイト更新のための作業は自然と増えて、1日3時間程度の作業が意外に早く感じられることでしょう。

5.文章力を高める

アフィリエイトサイト運営で大切なことは、文章力を高めることです。

広告を貼るのと同時に、キャッチコピーを掲載するとより訴求力が高まります。

また、アフィリエイトサイトで大切なことは、商品に関連した内容を充実させることです。

商品の特徴、商品名の由来、商品に含まれる成分の紹介、など、商品をサイト上で紹介するには、文章で説明することが必須になります。

そのため、文章力を高めることが大切なのです。

文章力を高めるためには、いろいろな種類の文章を読むことが大切です。

「どんな文章を読んでいたら、グッと引きつけられたか」、「思わずクリックしてしまったキャッチコピーはどんなタイトルか」、「思わず読みたいと感じたタイトルは、どんなタイトルか」など、普段からたくさんの文章を読んで、良い文章を書くための研究をしてみましょう。

それでも、「文章を書くのは苦手」と感じる人がいるかも知れません。

そのような時は、クラウドソーシングのサイトで、ライターに文章作成を依頼する方法もあります。

ライターには、ターゲットは誰か、どのような内容を書いてもらうか、文字数はどのくらいか、どのようなことに注意して書いてもらうか、など、分かりやすい指示を心がけましょう。

また、文章の見本があると、さらに分かりやすいです。

ライターに依頼すると執筆料がかかりますが、自分で文章作成を行わない分、サイトの維持・管理に時間を割くことができますので、有効な方法と言えるでしょう。

6.検索されやすいキーワードを元に記事作成

アクセス数を高めるためのポイントとして、「検索されやすいキーワード」を盛り込む、という方法があります。

例えば、「ビタミンC」をテーマに書きたい場合は、ビタミンCをGoogle検索するなど、検索サイトで検索してみましょう。

「ビタミンC」をGoogleで検索してみると「ビタミンC」の下の方に、「ビタミンC誘導体」「ビタミンC 効果」「ビタミンC サプリ」と表示されます。これらを「サジェストキーワード」と呼びます。

サジェストキーワードを調べると、ビタミンCと一緒に検索されている語句は何か、ということが分かります。
(注:「ビタミンC」のサジェストキーワードは、その時によって変わることがあります)

今回の場合、「ビタミンC誘導体」がサジェストキーワードのトップに来ていますので、「ビタミンC誘導体」に関するテーマで記事を書くと良いでしょう。

もっとも、「ビタミンC誘導体」をキーワードとした記事の数も多いため、他のサイトよりもより読者のためになる記事を書く必要があります。

7.SEO対策を行う

「SEO」とは、「検索エンジン最適化」を意味します。

SEO対策を行うことによって、検索エンジンに見つけてもらいやすくなるのです。

SEO対策の1つに、先ほどあげた「検索されやすいキーワードを含む」ことがあります。

特に、タイトルの部分に検索されやすいキーワードを含みましょう。

ただし、タイトルが長すぎると検索ですべてが表示されなくなるので、タイトルはなるべく長くても28文字までにとどめます。

また、検索されやすいキーワードは、記事やコンテンツ内に複数回登場させるとさらに効果的です。

そのほか、ホームページ作成時に使用する「HTML」の知識を元にSEO対策を講じる方法があります。

例えば見出しタグである「h1タグ」、ページのタイトルを表示する「タイトルタグ」、引用したことを表す「blockquoteタグ」など、これらのタグを含めることで、検索順位が上がりやすくなります。

これらは、SEO対策の一例です。

SEO対策はたくさんの方法があるので、SEO対策について検索する、またはSEO対策に関する本を買って読んでみるなど、SEO対策について研究してみると良いでしょう。

8. FacebookやTwitterで拡散を狙う

インパクトのある記事を書くことでFacebookやTwitterなどのSNSでいいね!シェア、リツイートされやすくなります。

こんな記事、こんなサイトがあるということを多くの人に知ってもらうことでサイトへの訪問者を増やし、アフィリエイトの売り上げにつなげることができます。

思わずシェアしたくなるような有益な情報や、面白い、感動するような内容の記事をかければ、爆発的なアクセスを集めることも可能です。

9.PPC広告やFacebook広告を利用する

SEO対策を行い検索で上位表示を狙ったり、SNSでのシェアされることによってアクセス数を増やす以外にアクセス数を増やすそのほかの方法としては、「PPC広告」や「Facebook広告」を利用する方法があります。

PPC広告とは、検索ワードに応じて表示される広告です。

PPC広告のメリットは、広告が掲載されるだけでは費用がかからず、広告がクリックされた回数に応じて広告費用が発生する点です。

検索サイトでワードを検索すると、PPC広告は検索の上位に表示されるためにクリックされやすくなり、自分自身が運営するサイトへと誘導しやすくなります。

自分自身でFacebookを運営していて、しかも、友達が多くシェアなどで来訪者が多ければ、Facebookからアフィリエイトサイトに誘導することも可能となります。

しかしそれではなかなか多くのターゲットを呼び込むことは難しい…というときには、Facebook広告を利用することもできます。

10.売上の高いサイトを参考にするなど、研究を怠らない

アフィリエイトでさらに収益を高めるためには、売上の高いサイトを参考にすることが大切です。

「学ぶ」ことは、まねをすることでもあります。

例えば、どのようなタイトルをつけているか、サイト内の記事のボリュームはどのくらいか、サイトの構成はどのようになっているか、サイト内で画像はどのように配置しているか、など、注目する点は、いろいろとあります。

11.セミナーに参加し、横のつながりを広げる

アフィリエイトプログラムに参加すると、アフィリエイトのホームページ上などでセミナーの告知をしている場合があります。

さらなるステップアップを目指すなら、アフィリエイトのセミナーに参加してみましょう。

始めは、「知らない人しかいないセミナー会場に足を運ぶのは気が重い」と感じるかも知れません。しかし、セミナー会場で多くの情報や知識を得ることで、大きな刺激を受けることでしょう。

アフィリエイターは、基本的に自宅での作業となりがちで、黙々と作業を続けていくことになりますが、セミナーで、同じ悩みを抱えている人たちと交流を深めることで、アフィリエイトに取り組む気持ちが高まるはずです。

また、セミナーが終わった後に懇親会が開かれる場合がありますが、懇親会があったら、ぜひとも参加しましょう。

懇親会で食事をしながらいろいろな話をすることで、さらに打ち解けやすくなり横のつながりが強まることでしょう。

セミナーに参加することで、一人孤独にアフィリエイトに打ち込んでいる感覚から、仲間とつながっている感覚へと心境が変化するので、アフィリエイトに対するモチベーションアップが期待できます。

12.経費をしっかり確定申告する

アフィリエイトを始めたばかりの頃は、収益がなかなか得られませんが、日々、コツコツと作業を繰り返していくことによって、徐々に収益が高まっていくことでしょう。

そうなると、確定申告にも気を配らなければなりません。

確定申告を行わなければならないケースは、アフィリエイトの年間所得の額によります。

会社から給料をもらいながらアフィリエイトを行っている場合は、アフィリエイトの所得が年間20万円を超えた場合、また、会社に勤めず、アフィリエイトを専業で行う場合は、年間所得が38万円を超えた場合に確定申告を行わなければなりません。

なお、所得とは収入から経費を引いたものです。アフィリエイトの経費に当てはまるものしては、文房具やアフィリエイトの本・情報商材などがあります。

また、ネットの利用料は使った分だけ経費にすることができます。

ただし、ネットは個人的に使っている場合もあるので、経費にできるのは半分程度が無難です。

そのほか、セミナーに参加した場合は、セミナー費はもちろん、交通費も経費にすることができます。

キチンと申告するために、何かでお金を払ったときにはしっかり領収書を受け取るクセをつけるようにしましょう。

収入と経費をこまめに記録していくのは面倒に感じるかも知れませんが、この作業をきっちりと行うことで、翌年支払う税金を抑えることができます。

また、こうした数字をしっかりと把握して税務申告もキチンと行うことで、「自分はアフィリエイトで稼いでいる」という実感を持つことができるようになります。

それが自信とやる気につながり、さらにアフィリエイトに力が入るという好循環が生まれます。

アフィリエイトの収益が増えたら、確定申告のことにも気を配るようにしましょう。


あきらめずに取り組むことが大切!

アフィリエイトは、収益がほとんど得られない人がほとんどというのが現実です。

ある程度の作業をしている人でもなかなか報酬が得られず、多くの人がたいした収益を得られないままあきらめてしまいます。

しかし、アフィリエイトで収入を増やすための方法を毎日地道に取り組んでいくことで、少しづつ収益が得られやすくなるのです。

アフィリエイト運営が軌道に乗ると、会社の給料以上の収益が得られることもあります。

「アフィリエイトで、どうすれば収益が得られるか?」ということを常に考え、アフィリエイトを運営する方法を学び続け、それを実践していくことが大切だと言えるでしょう。
 

>>>数多くの成功者を出し続けているノウハウを習得! アフィリエイト革命

アフィリエイト以外にオススメなネット副業は?
副業したい初心者におすすめ。インターネットを使って在宅ワークで稼げる仕事は?
 

あなたもアフィリエイトで会社員の給与以上の収入が得られますように。