1. TOP
  2. 最終面接で逆質問【転職・中途】ではしない方がマシ。安全な受け答えはコレだ!

最終面接で逆質問【転職・中途】ではしない方がマシ。安全な受け答えはコレだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最終面接での逆質問。安全な受け答えは?

長かった転職活動もやっと最終面接までたどり着き、その最終面接での質問もなんとかクリアして、これで面接も終わりかなと思った時……

面接官から、「こちらからお聞きしたいことは以上ですが、○○さんの方から質問があれば、どうぞお尋ね下さい。」と言われました。

これが、いわゆる「逆質問」です。

急に、「質問はありませんか?」と言われても、戸惑ってしまいますよね。

でも、最後の最後でうろたえたり、何か聞かなければと苦し紛れに変なことを聞いたりしては、これまでの苦労が水の泡となります。

そこで、ここでは最終面接での「逆質問」をうまく乗り切るために、具体的なトーク例を心構えとともに紹介したいと思います。


1. 無理やり質問しなくていい

最終面接に至るまで、応募者はいくつもの段階を通過しかなり絞り込まれてきています。

つまり、それなりに応募者の人物評価は固まってきている、というのが最終面接です。

となると、あとは社長や役員など経営幹部の“決め”と“確認”を待つだけになっています。

その最終面接で、応募者から新たな側面や情報を引き出すために、この逆質問を仕掛け、質問のレベルや内容を見極めるというのは、選考上ほとんど意味がないというのが実際のところです。

しかも、その最終面接もほぼ終わろうとしている段階で、応募者からの「なにか気の利いた質問」が、これまでの選考の流れに影響することはありません。

結論から言えば、無理やり質問をしなくていいのです。

面接マニュアルでは、逆質問での適切な質問は、志望会社への関心の高さを示すものとして評価を上げることになるとしています。

具体的な逆質問の例としては、

①「入社後の研修はどのようにされておられるでしょうか?」など、入社後の育成方法などを関する質問

②「〇〇様(面接官)ご自身が一番やりがいを感じられたのはどのようなお仕事でしたでしょうか?」など、面接官自身の価値観や経験について尋ねる質問

③「現在、御社が業績を伸ばしておられる最大の理由はどういったことでしょうか?」など、会社の事業や現状に強い興味を示す質問

・・・などを推奨するものをよく見かけます。

しかし、ここでちょっと考えてほしいのは、面接を担当する方も面接ノウハウを面接官の立場から裏読みしているということです。

上記のような質問が、自社へ関心が高いと考え高評価の材料になるかというと、そう単純なものでもないということを知っておく必要があります。

これらの例は、“いかにも逆質問らしい質問”というのを経験上知っているので、一応、聞かれた以上は答えるものの、はっきり言って面倒だなと感じているということも知っておいた方がいいでしょう。

スポンサードリンク

2.「質問はありませんが・・・」と切り返す

最終面接で逆質問を好まない理由は他にもあります。

それは、面接官も忙しく、次の面接時間が迫っているのであまり時間をかけて答えている暇はないという、時間コントロールの側面があります。

ひどい場合は、2つも3つも、答えるのに窮するような重い質問をさらにかぶせてくる応募者がいます。

いくら会社研究に熱心だからと言っても、実際には印象は真逆で、“空気の読めない人”というマイナス評価になることもあります。

以上から「無理に質問しなくてもいい。」という結論になるのです。

しかし、ここで逆質問はナシ、「特にありません。」と一言で終わってしまって、なんだか愛想がないという受け止め方をされても心外なので、

応募者
「はい、質問は特にございませんが、御社に入社できました暁には一生懸命頑張りますので、選考の方、よろしくお願いいたします。」
応募者
「はい、特にございません。

今回の御社の募集を拝見させていただいた時からいろいろ研究させていただき、また、私なりのPRをしてまいりました。

是非、ご採用していただきますようよろしくお願いいたします。」

 
と切り返して結ぶのが「最終面接での最後の言葉」としては最適と言えます。

3.意を汲み取り「最後のPR」をするのがベスト

一方、「最後になにか質問があれば・・・」という問いかけを“逆質問”とは取らずに、「最後になにかあれば・・・」という意味で、応答する技があります。

いわば「言い残したこと」「言い忘れたこと」「もう一度言っておきたいこと」について、応募者に発言機会を与えるという“ラストトーク”が、特に最終面接ではよくあります。

「質問はこれで終わりますが、最後に〇〇さんの方から質問でもなんでもいいのでおっしゃって下さい。」

「では、面接は以上で終わりますが、何か言い残したことや最後に言っておきたいことなどありますか?」

これらの場合、「何かありますか=質問したいこと」と考え、質問をひねるのではなく、「最後のPR機会」を与えてもらったと捉えた方が時間的にもタイミング的にも良いことなのです。

応募者
「はい、ありがとうございます。

さきほど自己PRでも申し上げましたが、とにかく粘り強い性格で、どんな仕事もあきらめずに最後までやり通す意志の力は誰にも負けないと自負しております。

ご選考、よろしくお願いいたします。」

応募者
「はい、先ほど志望動機でお話しさせていただいた通り、前職時代の経験と私自身の強みは御社に入ることができましたらいかんなく発揮できると思いますので、ご採用のご検討よろしくお願いいたします。

本日は貴重なお時間ありがとうございました。」

 
以上のようにきっぱりと言い切りましょう。

いずれの発言も数十秒で終わるものなので、最後のフィニッシュにふさわしい好印象を残して面接を終えることができます。


4.逆質問タブー集

面接官は、基本的には応募者が話しやすい雰囲気を作るために「何か質問はありますか?どんなことでもいいですよ。」と満面の笑顔で話しかけてくれます。

そして、面接の最後を締めくくる準備をします。

しかし、この「どんなことでもいいですよ」に反応して、とんでもない質問をすると、これまでせっかく積み上げてきた人物イメージが一気に吹き飛んでしまうことがあるので要注意です。

最後に、具体的な逆質問のタブー集を紹介しましょう。

① 労働条件の確認に関するもの

×「求人内容では、給与の幅が○○〜○○とありましたが、私の場合はどの辺でしょうか?」

×「土日は基本的には休みとありましたが、出勤することもあるということでしょうか?」

×「昇給の前年実績はなしとありましたが、ずっとないのでしょうか?」

② 勤務の具体的な詳細を聞くもの

×「利用する通勤経路についてお聞きしてもいいでしょうか?」

×「もし、採用となれば勤務の開始はいつ頃からでしょうか?」

×「残業は週にどれぐらいあるのでしょうか?」

③ 選考結果に関すること

×「今回の結果はいつ頃いただけるのでしょうか?」

×「結果はメールでしょうか?電話でしょうか?」

×「不合格の場合も連絡はいただけるのでしょうか?」

 
・・・最終面接で、役員の前でそれまで立派な志望動機や自己PRをしていても、最後にこんな質問をされると一気に興醒めしてしまいます。

質問してはいけないという意味ではなく、逆にこれらはいずれも、働く人間としては必ず聞いておきたい大事なことばかりです。

聞くタイミングと聞く相手が問題ということです。

①②については、採用担当者から内定連絡をもらってから十分間に合います。また、特に給与面や勤務時間などは契約書などでしっかり確認します。

については、最終面接終了後、採用の窓口担当者にしっかり確認をとっておくことです。


どうしても聞きたいことがあれば素直に聞く

以上を頭にしっかりと入れた上で、本当に聞きたいことがあれば細かい策略を考えずに素直に聞くことが大切です。

言えることは、ベテランの面接官なら、面接テクニック上の当て馬質問か、本当に聞いてみたくて聞いた質問なのかは、すぐにわかるということを付け加えておきます。

あなたが最終面接を無事に突破できますように。

あなたに最適な転職活動の進め方は?
転職診断
★自分の「個性」や「強み」がわかれば自己PRがもっと簡単に!

リクナビNEXTグッドポイント診断でわかる自分の5つの『強み』で転職を有利に進める


フリーター働いたことがない入社してすぐ会社を辞めた…という人も、
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
仕事探しでも運命の出会いってあると思う。
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす