1. TOP
  2. 50歳を過ぎても会社に必要とされる人10の特徴

50歳を過ぎても会社に必要とされる人10の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
50代でも会社に必要とされる人

多くの大企業では、50歳を過ぎた社員をコスト削減のために「早く辞めてほしい人」と、会社の発展に貢献する「残って欲しい人」に区別します。

辞めてほしい人にはアメとムチを駆使して早期退職を促します。

一方で残って欲しい人に対しては、会社が相応しいと考えるポストと待遇を用意します。

誰もが認める出世頭に残ってほしい…のは当然ですが、会社側からすれば困ったことに、そうした優秀な人ほど辞めていくというのはありがちです。

そして、将来の役員候補…とまではいかなくても、それ以外にも会社が力を入れて慰留してくる人がいます。

会社に少々の問題がおきてもリストラの対象にはならない、会社が必要とする人材の具体例を解説します。

あなたが会社に必要とされている人になっているか、ここでチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

1. 技術力が高い人

その会社の製品・サービスの生産に欠かせない高度な技術を持った職人や新商品の企画・開発を担える研究者は、いつまでも会社に残ってもらいたい人材です。

例えば食品メーカーや飲食店で「味を決める」権限を持っている人や手作業で工業製品の品質をミクロン単位で調整できる人は、体が続く限り働くことを期待されています。

自動車を所定の位置で正確に駐車できる船積みドライバーとか、プロ野球打者の要求どおりのボールを投げられる打撃投手とかも同じです。

こうした人たちには技術の伝承により、会社の持続的な発展に貢献することも期待されています。

またソニーのウォークマン、任天堂のDS、マイクロソフトのwindows、アップルのiPhoneなどの有名商品の開発責任者だった人のように、新商品の企画・開発で優れた実績を残した人も長く会社に残ってほしい人材です。

スポンサードリンク

2. 営業力が高い人

優れた営業・販売実績を残してきた人も貴重な人材です。その人がいなくなれば目に見えて売上が落ちる訳ですから、会社に必要とされることは間違いありません。

営業マンだけでなく店頭販売員でもスキルの高い人は、重要な人材とみなされています。

新幹線の車内販売で抜群の売上を誇るスタッフが話題になったことがありましたが、こうした人たちも末永く会社にいてもらいたい人材です。

営業・販売系で高い実績を上げている人にも後継者の育成が期待されています。

優れた営業マンには、相手を喜ばせる、気分を良くさせる、納得させることにより商談を円滑に進めるノウハウやスキルがあります。

また失敗したときにうまく相手の気持ちを和らげたり、許してもらったりするテクニックも身に着けています。

こうした能力を後輩に植え付けて会社全体としての営業力を高める役割も、50歳以上の優秀な営業マンには求められています。

3. 管理業務のスキルが高い人

総務、経理、財務、人事、労務、法務、ITなどの管理業務のスキルが高いベテランも重宝されます。

ただし管理業務はIT化、自動化が進んでいるため、昔と比べ職人的なスキルやノウハウを求められる機会は減っています。

こうした時代の変化を的確に認識することは極めて重要です。

新しいモノを拒絶する姿勢の強いベテランは、業務効率の向上を妨げる人物とみなされます。

そうなれば公的資格を持っていて専門知識が豊富な人でも、会社に残ってほしいとは言われません。

管理業務で必要とされるベテランは、他部門とのコミュニケーション力、部下や後輩への指導能力、業務改善に関する企画・推進力の高い人です。

周囲から「この人のおかげで管理業務全体が円滑に回っている」と思われている人は、会社にも有能な人材として認められています。

スポンサードリンク

4.社外の人脈が豊富な人

社外人脈が豊富な人は、業務分野を問わず会社から長く働いてほしいと期待されています。

営業マンは当然ですが、技術系でも外部の研究者・技術者や官公庁職員の間にネットワークを張り巡らしている人は、研究者・技術者の招聘、技術提携の実施、新規事業の立上げ、補助金の獲得などの面で貢献できます。

管理系の人も優秀な弁護士、会計士、税理士、ITコンサルタントなどの専門家人脈が豊富であれば、さまざまな場面で重宝されます。

専門的な案件で困ったときに頼れるだけでなく、M&Aや海外進出などの大型プロジェクトの際に外部専門家の取りまとめ役として機能することを期待されます。

ある程度の専門知識を有しつつ全体を鳥瞰できる人物は限られるため、長く会社に残ってほしい人材として認識されます。

 

 

・・・次のページで、ベテラン社員に求められている能力、役割について、さらに詳しく紹介していきます。

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法


★自分がもし転職するときに、どのくらい人材として価値があるのか知りたい25歳~35歳までの人は、
転職した方がいいか?転職診断テストで自分の市場価値を見極めるには?

50歳を過ぎても別の会社で必要とされる人材3つのパターンとは?
中高年サラリーマン
40代からの転職が変わった!あえて50歳以上も積極採用する企業の狙いとは?

★転職をちょっとでも考えたなら、最初にするべきことは…
転職サービスでもNo.1。リクルートの転職サイトにまず登録すべき理由

このままじゃ将来がヤバイ
・フリーター、・学校出たけど働いたことがない、・すぐ会社を辞めてしまった、
  …でも、正社員として就職したい人へ
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、大学中退者など14,882名が正社員に!

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす