1. TOP
  2. 英語力を活かし、正社員として転職して活躍できる狙い目の業種一覧

英語力を活かし、正社員として転職して活躍できる狙い目の業種一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英語力を活かして転職!正社員で活躍できる業種は?

一般的に英語力の高い人は転職に有利と言われています。

英学力は明確かつ具体的なスキルであるため、自らの能力をアピールする有力な材料になることは間違いありません!

「TOEIC○○○点以上」という条件で正社員の求人募集も数多くあります。

ただし、“英語力がすべて”ではありません。もしそうであれば、米国人や英国人は就職で苦労しないはずですよね。

英語力の高い人が、より有利な条件での良い転職先を見つけるためには、英語力の価値を過大または過少ではなく適正に評価することが大切です。

英語力を活かして正社員として転職するには、どんな業種が狙い目なのか。どんな方法で転職先を探せばいいのか、転職成功のポイントを紹介します。

スポンサードリンク

1.英語力が転職に必須の業種

まずは英語力が必須。ビジネス英会話や英語でのビジネス文書が読み書きできないと話にならないレベルの業種です。

(1)通訳・翻訳・語学教育

当たり前ですが、英語の通訳、翻訳、教育に携わる人には高度な英語力が必要です。

ただし英語ができるだけでは一般の米国人や英国人と変わりません。見逃されがちですが、日本語の能力も重要です。

さらに仕事で使うとなると、ビジネスなどの専門知識や教育技術などのスキルも求められます。

(2)国際機関

国連(UN)や国際通貨基金(IMF)などの国際機関の公用語には必ず英語が含まれています。フランス語やスペイン語もかなり使われますが英語にはかないません。

国際機関で働きたい人には、「TOEIC900点なので英語が苦手です。」という言い方が嫌味にならないくらいの英語力が求められます。

(3)外資系企業

外資系企業では日本法人や在日支店でも多くの外国人が働いています。このため社内では英語が公用語になるケースも少なくありません。

ただし日本で営業する以上は完全に日本語を排除できないため、英語しか使わないということはありません。

(4)商社

海外企業との取引が日常的に行われる商社では、言うまでもなく英語力が求められます。

新入社員には一般企業よりも手厚い英語研修の機会が与えられます。

外部の専門家に英語の通訳や翻訳を依頼することはほとんどありません。

(5)航空会社・空港の管制官

航空会社でも母国語の次に重視される言語は英語です。

英語は航空業界の公用語になっています。日本国内でも機長と管制官は英語で交信します。

日本の国内線の客室乗務員も英会話の訓練を受けています。

(6)ホテル

ホテルの従業員にも英語力は欠かせません。

一流ホテルの幹部社員、レセプション、コンシェルジュなどは英語を流暢に話せることが求められます。

最近では下町の格安旅館でも外国人宿泊者が増えており、英語の必要性が高まっています。

インバウンド効果によって、英語以外の言語、主に中国語会話などの需要も高まっています。

(7)旅行代理店

日本人旅行客の航空チケット、ホテルなどを手配する旅行代理店では英語が日常的に使われます。

言うまでもなくツアー客の添乗員にとっても英語は極めて重要なツールになります。

最近では訪日外国人の案内のために英語を使う機会も増えています。

スポンサードリンク

2.英語力を活かせる業種

次は、英語力があるとかなり有利な業種。なくても大丈夫ですが、英語力を武器にいい条件の転職をすることが可能。

(1)大手金融機関

金融業界はグローバル化が進んでいるため、大手金融機関では英語を使う機会が増えています。

競争相手も欧米の金融機関になることが多く、良くも悪くも日本の常識におさまらない仕事が増加しています。

(2)広告・メディア企業

大手広告代理店やメディア企業には海外の情報を得たり逆に海外へ情報を発信したりすることが求められるため、英語を始めとする外国語を必要とする場面が多々あります。

またコンテンツの販路は海外にも広がっており、報道や制作だけでなく営業でも英語を使う機会が増えています。

(3)メーカー

メーカーも規模が拡大すれば必然的に海外へ進出していきます。

海外で何万人もの労働者を採用している大企業も珍しくありません。国内製品の輸出、海外拠点への赴任などで海外へ行く人が増えており、英語を必要とする場面も増加しています。

(4)小売業

小売業は地域密着型のビジネスなので、従来は輸入品の調達業務を除きあまり英語を必要としませんでした。

しかし最近では訪日外国人が増加しているほか、日本のコンビニやスーパーなどのビジネスモデル自体を海外へ輸出するケースも増えており、英語の必要性が高まっています。

(5)飲食業

小売業と同様に飲食業も訪日外国人への対応や海外進出の機会が増加しています。すでに大都市の店舗では、オーダー受付や料金支払などに関する簡単な英語を使うことは当たり前になりつつあります。

(6)建設・不動産

建設・不動産業も典型的な内需型産業ですが、人口減少や公共工事の縮小が続く中で海外に活路を求める動きが強まっています。

大手ゼネコンが海外で大規模な宅地開発プロジェクトや道路・橋梁工事などを受託するケースが多くなり、さまざまな分野で英語を使う機会が増えています。

(7)鉄道・バス・タクシー

小売・飲食業と同様に旅客運送業でも外国人客と接する機会が多くなっています。

また最近では、鉄道・バスの車両と運行サービスをパッケージで輸出するビジネスが拡大しています。こうした面からも英語の必要性が高まっています。

(8)大学・学校

外国人居住者が増加する中で、学校では生徒や保護者とのコミュニケーションに英語を用いることも珍しくありません。

多数の留学生が在籍する大学や外国人比率の高い公立学校では、英語を始めとする外国語でのコミュニケーションが欠かせなくなっています。

(9)官公庁

これまでは外務省を始め外国や国際機関との折衝が多い職場を除けば、公務員が英語を必要とする機会は限られていました。

しかし最近では、外国人居住者や観光客の増加や企業の海外進出強化などに伴い多くの職場で英語を使う機会が増加しています。

英語力は転職にどのくらい有利か

英語力は多くの職場で必要とされており、転職市場において“英語ができる人”の評価が相対的に高いことは間違いありません。

ただし、“英語ができる”ことの意味や重要性は、組織により異なります。

(1)高度な英語力が武器になる職場

国際機関では英語ができて当然なため、ネイティブ・スピーカーがストレスなく会話できるレベルの英語力が求められます。

日本人としては不愉快な気もしますが、英語力は中央官庁などの出向者ではないプロパー職員の出世にかなり影響します。

外資系企業、商社、旅行・宿泊業では英語が公用語や標準語となるケースが多いため、通訳や翻訳を介さずビジネスを進められる英語力が必要です。

もっとも、こうした企業では仕事に必要な意思疎通を図れれば構わないため、流暢に英語を話すことは求められません。Japanese Englishでも仕事ができれば良いのです。

(2)英語力が付加価値に過ぎない職場

多くのメーカーや小売・飲食などのサービス業では、必要最低限の英語力で足ります。

例えばラーメン店では、客数、麺の種類・量・固さ、スープの種類、背脂・ニンニクなどのトッピングの有無を確認できれば店も客も困りません。そもそも日本人客でもほとんど話さないので高度な英語力は不要です。

メーカーの場合はもう少し会話を要しますが、それでも一番求められることは商品・製品に対する知識や技術力です。

実際に商品を前にしたり工場のラインに立ったりすれば、十分に会話できなくても概ね重要なことは伝えられます。

海外へ人材を派遣するときも仕事の能力を基準に選任します。語学力は二の次です。

(3)英語力プラス企画力が評価される職場

英語力を“nice to have”の付加価値と位置付けている(2)の職場でも、高度な英語力は大きな武器になります。

英語が苦手な大多数の人たちのコミュニケーション力の向上に役立つ仕事には、すごく大きなニーズがあります。

職場により必要最低限の英語は異なりますが、それを的確に把握した上で、単語帳、英会話マニュアル、顧客向け英文パネルを作成するなどの企画力や実行力があれば、非常に重要な戦力として認められます。

契約書や製品マニュアルの起案などかなり高いレベルの英語力を要する仕事でも、商品やサービス内容などを踏まえ目的に即したものに仕上げる企画力が不可欠です。

(4)異文化体験が評価される職場

とくに海外進出を始めたばかりの企業や検討中の会社では、コミュニケーション手段として英語を身に着けていることだけではなく、海外で生活し異文化に接した経験が評価されることもあります。

日本の常識が海外の非常識ということもありますので、そうした点を理解し商品やサービスの改善提案を行う能力が求められる場合も少なくありません。

スポンサードリンク

英語力を活かして正社員として転職するには?

求人サイトで「英語」の項目にチェックして検索すればある程度、英語力を必要としている企業かどうかはわかります。

ただし、業務の中でどの程度、英語を使う機会があるのか?ということまではなかなかわかりません。

単に英語ができる優秀な人材と見なされる、といったレベルから、毎日英語での会話や英語での文書作成が必要なレベルまで。

これを個人の力で探して検討してまわることは大変な手間がかかります。

また、普通の転職サイトなどでは、特別な語学スキルが必要といった特殊な仕事の求人は、一般に非公開の案件も多く、ますますそういった情報にアクセスするのは難しいのが実情です。

英語力を活かしてキチンと正社員として転職したいという人は、グローバル企業や海外法人、外資系企業などに強い転職エージェントを利用するのがお勧めの方法です。

特にグローバル企業の求人を多数抱えている転職サービスを紹介します。

 

1. ビズリーチ

サイトに登録すると人材を探している企業の人事担当者や転職エージェントからのスカウトメールが届きます。

特に英語ができる人材はニーズが高く、年収1000万円以上の求人も多数。全体では5,000件以上の1000万円超え求人があります。
>>>選ばれた人だけの会員制転職サイト BIZREACH

本気で高収入を目指す、あるいはいま500万円以上の報酬を得ていてさらにキャリアップを考えている人は、メルアドを入力して、その後にレジュメを登録すればOK。。

しっかり高待遇の正社員として英語を活かして活躍出来る場所へ向かっていきましょう。

ビズリーチについての詳しい説明は、
35歳からの転職が変わった! 優秀な人材を年収アップでスカウトする企業の狙いとは?

 

・・・次のページで、海外を狙う人のための転職サービスをさらに紹介します。

なかなか表には出てこない高待遇の求人。
スキルと経験を活かせる専門職や管理職、海外勤務の募集情報は…

エグゼクティブ
年収600万円以上もらってる人たちに支持されるNo.1の転職サービス!

◎書類選考でつまづいたり、面接でなにをアピールしたらいいのかわからない…という人は、
あなたの強みが見つかる!
自己分析して書類作成→面接へスムーズな転職活動ができる無料の「グッドポイント診断」

第二新卒フリーター ☆学校出たけど働いたことがない ☆すぐ会社を辞めてしまった
…でも、こらからいい会社に正社員として就職したい人へ
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、大学中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

★自分がもし転職するときに、どのくらい人材として価値があるのか知りたい25歳~35歳までの人は、
転職した方がいいか?転職診断テストで自分の市場価値を見極めるには?

★…同じく35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
仕事探しでも運命の出会いってあると思う。
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

50歳を過ぎても別の会社で必要とされる人材3つのパターンとは?
中高年サラリーマン
40代からの転職が変わった!あえて50歳以上も積極採用する企業の狙いとは?

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす