1. TOP
  2. 簡単に取れる資格<女性に人気6つ>好きなことを仕事に!

簡単に取れる資格<女性に人気6つ>好きなことを仕事に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単に取れる資格(女性に人気)

簡単に取れる資格の中でも、女性に人気なのが、食や健康、美容や癒やしに関連した資格です。

「このままいまの仕事を続けても良いのだろうか?」と漠然とした不安を感じるOLの方や、「趣味を活かしたい!」と考える主婦の方は、いま話題になっているオシャレな資格の取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

簡単に取れる資格もあればスクールなどで専門的に学んで取得する資格もあります。

取りやすい資格をとって、就職・転職を有利にすすめたり、毎日の生活で活用したり、プチ開業を目指したりすることも可能です。

主婦でも取れる、手軽に取れる、仕事に活かせる資格を紹介します。

スポンサードリンク

比較的簡単に取れる資格:食に関わるもの

野菜ソムリエ

野菜と果物の知識を持ち、その魅力を伝えるスペシャリストが野菜ソムリエです。

野菜の目利きや栄養価、料理方法などの知識を持つことによって、自分や家族の食生活が見直すことができるのはもちろんのこと、野菜に関する豊富な知識を持つことで料理教室や野菜のセミナー講師、コラムの執筆など、幅広く活躍することもできます。

野菜ソムリエは、自らが楽しむ「ジュニア野菜ソムリエコース」、野菜の魅力を伝える「野菜ソムリエコース」、野菜の専門知識を持つ「シニア野菜ソムリエコース」の3段階に分かれています。
(注:2016年2月現在、シニア野菜ソムリエコースは、リニューアルのため休止中です。)

なお、野菜ソムリエコースは、ジュニア野菜ソムリエコースの資格を取得した後に受講することができます。さらに、シニア野菜ソムリエコースの受講には、野菜ソムリエの資格を持つほかに、協会からの推薦が必要です。

ここでは、ジュニア野菜ソムリエコースについてご紹介します。

ジュニア野菜ソムリエコースは、1回2時間の講義が7回となっています。全て会場で受講する「通学制」、全て自宅で受講可能な「全通信制」、また、通学と通信を組み合わせた受講も可能となっています。

講座修了後に修了試験を行い、試験に合格することで資格取得となります。なお、ジュニア野菜ソムリエコースの合格率は85%程度となっています。

ジュニア野菜ソムリエコースの受講料は、入会金、試験料込みで14万8000円(税込)となっていますが、資格を元に、食の業界への転職や、個人事業の立ち上げも可能であることから、幅広く活用できる資格といえるでしょう。

日本野菜ソムリエ協会 http://www.vege-fru.com/

スポンサードリンク

比較的簡単に取れる資格:心と健康

心理カウンセラー

悩みを抱えている方の話に耳を傾け、そして、悩みを抱えている方に気づきを与えることで、悩みの解消を図る人のことです。

心理カウンセラーは民間資格ですが、心理カウンセラーの資格には「メンタルケアカウンセラー」や「認定カウンセラー」など、数多くあります。

資格の種類が数多くあることから、受講料は数万円で受講できる通信教育から、スクールで受講して数十万円かかるものまで幅が広く、受講期間も、1ヵ月程度のものから1年以上かかるものまで様々です。

特に、心理カウンセラーは資格の種類が多いことから、自分が行いたいカウンセリングを明確にすることが大切です。

企業のカウンセラーとして働きたいのか、教育現場で働きたいのか、それとも、自分でカウンセリングルームを開きたいのか、自分の目的を明確にすることで、自分に適したスクールを探すことができます。

なお、心理カウンセラーとして大切なことは、相手の気持ちに寄り添いながらも、常に客観的な視点を持ち、相談者や自分自身の感情に振り回されないことといえます。

アロマセラピスト 

精油の香りや効能など、アロマテラピーに関する知識を修得し、癒しのプロとしてリラックス効果を高める仕事を行う人のことです。

日本は全体的にストレスを抱えている人が多いですが、アロマテラピーの知識を活かすことで、心身の不調を抱えている人を癒し、改善できるようになります。

アロマセラピストは、スクールで学ぶ方法が一般的となっていますが、通信教育も行われています。スクールの場合、期間は1年程度、受講料は40万円から100万円となっています。また、通信教育の場合、期間は半年程度、費用は10万円から20万円程度となっています。

通学する時間がなかなか取れない場合は通信教育が最適ですが、スクールは受講料が高額であるものの、プロから直接指導を受けられ、また、質問もできるので、効率よく学べることがメリットです。

アロマセラピストの試験としては、日本アロマ環境協会(AEAJ)が実施する「アロマセラピスト資格」があります。

受講資格は、アロマテラピー検定1級に合格し、AEAJの会員になった上でアロマテラピーアドバイザー資格を取得していること、そして、AEAJの認定スクールで必須履修科目を修了していることが条件です。

資格の認定条件は、アロマセラピスト学科試験とトリートメント実技試験に合格していること、そして、認定スクールでカルテ演習を修了していることです。

アロマセラピストの資格認定試験については、以下のページを参照して下さい。

参考:日本アロマ環境協会 アロマセラピスト
http://www.aromakankyo.or.jp/licences/therapist/

そのため、アロマセラピストの試験を受けるためには、先にアロマテラピー検定を受講する必要があります。なお、アロマテラピー検定とは、精油に関する知識などアロマの基礎知識の修得度を測るものです。

アロマセラピストの資格を取得する道のりは長いものとなりますが、アロマに興味がある方は、アロマテラピー検定の学習から始めて、自分が続けられそうか試しながら、まずはアロマテラピー検定の資格取得を目標とするのが良いでしょう。

ヨガインストラクター

心身の健康維持のために注目を集めている「ヨガ」の指導者がヨガインストラクターです。

ヨガは、基礎代謝がアップする、姿勢が改善するなど、身体面に良い効果はもちろんのこと、集中力を高める効果や自律神経を整える効果など、精神面に良い効果も期待できることから、心身のバランスを整える効果が期待できます。そのため、ヨガを行う人は年々増加しており、また、ヨガインストラクターを目指す人も増えています。

ヨガインストラクターの資格を得るためには、ヨガインストラクターのスクールで学ぶ方法が一般的ですが、通信教育も行われています。

スクールの場合は、受講期間は3ヵ月から半年程度、受講費用は10万円から50万円程度と、受講内容によって開きがあります。また、通信教育の場合は、受講期間は1~2ヵ月程度、受講費用は5万円から10万円程度となっています。

ヨガインストラクターは、スクールで学ぶ方法が効果的ですが、スクールに通う時間がなかなか取れない場合は、通信教育で学ぶ方法もあります。

ヨガインストラクターになるためのスクールは数多くありますが、スクール選びのポイントは、どの種類のヨガを行っているかという点も大切ですし、インストラクター育成経験が豊富なスクールであれば、安心して学ぶことができるでしょう。

ネイリスト

「ネイリスト」といえば、爪に装飾を施して爪を美しく見せる「ネイルアート」を行う人のイメージが定着していますが、本来は、ネイルアートに限らず、薄くなった爪を保護する「ネイルケア」や人工爪作りなど、爪のことについて全般的に理解している人が「ネイリスト」です。

ネイリストは華やかなイメージがあることから、ネイリストは人気の職業となっています。

ネイリストは資格がなくても名乗ることはできますが、ネイリストの資格を持っていることで信頼感が得られます。一般的な資格に、「日本ネイリスト検定試験センター」が実施する「ネイリスト技能検定」などがあります。

ネイリスト技能検定は、1級から3級まで分かれており、3級は基本的な知識、2級は、サロンワークで通用する知識、1級はトップレベルとして通用する総合的な知識が必要とされます。

なお、2級は3級合格後、1級は2級合格後に受験資格が得られます。

参考:日本ネイリスト検定試験センター 技能検定試験概要
http://www.nail-kentei.or.jp/about/about.html#01

ネイリストの資格を取得するためには、スクールで学ぶことが一般的ですが、費用が20万円から80万円程度となります。また、受講期間は1年程度となります。なお、受講料が比較的低額のものは基礎的な内容がメインとなり、高額となるほどプロ向けの内容といえます。

そのほか、通信講座で学ぶ方法もあり、通信教育の場合は10万円台から受けられ、受講期間は半年程度となります。さらに、スクールの中にはスクールで学びながら実際にサロン働くことができる「スチューデントサロン」もあります。

ネイリストの資格を得るためには、受講料が高額となりますが、本気でネイリストを目指したい方は、検討する価値があるといえるでしょう。

比較的簡単に取れる資格:空間を美しく

女性に人気の資格

グリーンアドバイザー

日本家庭園芸普及協会が認定する資格で、植物の育て方など園芸の知識を持ち、ガーデニングの魅力を伝えることができるようになります。

植物の育て方はもちろん、肥料や用土など園芸用品の知識も得られることから、園芸店やホームセンターなどで活躍できるほか、園芸セミナー講師として活躍する方もいらっしゃいます。

グリーンアドバイザーの資格を得るためには、2日間の講習を受け、2日目の最後に筆記試験が行われます。なお、合格率は80%程度となっています。

受講資格は、園芸の実務経験1年以上の人、園芸学校の卒業者もしくは講習の翌年に卒業見込みの人、園芸に関する地域活動に従事して知識の向上を目指す人のいずれかにあてはまる人で、18歳以上であれば受講できます。

受講・受験料は、一般が3万7000円、学生が1万8500円です。(いずれも税別)

なお、講習を受けられるのは、平成27年の時点では東京・大阪・札幌のみとなっています。

受講・受験の詳細については、以下のグリーンアドバイザーのホームページをご確認下さい。

参考:グリーンアドバイザー 講習・試験のご案内
http://www.kateiengei.or.jp/greenadviser/examination/

また、試験の合格後は、グリーンアドバイザーとして協会に登録する必要があるほか、資格の有効期間は5年間となっています。資格を更新する際は、資格の有効期間内に9500円(税別)の登録料を納付する必要があるほか、初回の更新に限り、更新者対象講習を受ける必要があります。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターとは、家具やカーテン、照明器具など、インテリアに関する専門的な知識を持ち、快適な住空間の提案を行う人のことです。

インテリアコーディネーターは民間資格なので、仕事をするにあたって必ずしも資格が必要とは限りませんが、住宅やオフィスのインテリアについて、依頼主の要望に応える仕事であることから、資格を取得し、専門的な知識を持つことで信頼を得られます。

インテリアコーディネーターの資格は民間資格となっており、試験は、「インテリア産業協会」が年に1回試験を行っています。試験は、一次試験(学科)、二次試験(論文、プレゼンテーション試験)が行われます。

インテリアコーディネーターの試験については、下記のリンクを参照して下さい。

参考:インテリア産業協会 インテリアコーディネーター試験
https://www.interior.or.jp/examination/ic_intro/

インテリアコーディネーターの資格を取得するためには、スクールの場合、1~2年通学し、費用は20万円から80万円程度、通信教育の場合、1年程度の学習期間で、費用は5万円程度からとなっています。

スクールは働きながら受講することも可能ですし、スクールに通う時間が取れない場合は、通信教育で学ぶことができます。

また、インテリアコーディネーターは、オリジナルのコーディネートを行うことが仕事ですが、最も大切なことは、コミュニケーション能力です。仕事を円滑に進めるためには、お客様や施工業者との打ち合わせなど、コミュニケーションが大切といえます。

スポンサードリンク

自分の興味を伸ばして、充実した毎日を!

資格の名称を見ると、専門的で難しそうに感じるかもしれませんが、自分の大好きなこと、興味のあることであれば、時間を忘れて勉強してしまう…なんてこともあるかもしれません。

これまでの自分から、新しい自分を目指し、そして、自分の能力を活かした仕事を行うことで、充実した毎日を送ることができるでしょう。

(注)記事中で記載した受講料は、2016年2月時点のものです。講座や試験の受講料は変更となる場合がありますので、各サイトなどで最新の情報を確認して下さい。

比較的簡単にとれる事務系の資格は、
簡単に取れる資格<事務系9つ>就活・転職で有利に!

資格をとって職場を変わりたい、転職したいと思ったら、
転職を考える女性が20代で意識しておくべき7つのこと

 

あなたが資格を活かして、楽しい毎日を過ごせますように。

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法


★自分がもし転職するときに、どのくらい人材として価値があるのか知りたい25歳~35歳までの人は、
転職した方がいいか?転職診断テストで自分の市場価値を見極めるには?

50歳を過ぎても別の会社で必要とされる人材3つのパターンとは?
中高年サラリーマン
40代からの転職が変わった!あえて50歳以上も積極採用する企業の狙いとは?

★転職をちょっとでも考えたなら、最初にするべきことは…
転職サービスでもNo.1。リクルートの転職サイトにまず登録すべき理由

このままじゃ将来がヤバイ
・フリーター、・学校出たけど働いたことがない、・すぐ会社を辞めてしまった、
  …でも、正社員として就職したい人へ
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、大学中退者など14,882名が正社員に!

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす