1. TOP
  2. 第二新卒で就活をやり直す!もう一度志望企業・業界へチャレンジする方法

第二新卒で就活をやり直す!もう一度志望企業・業界へチャレンジする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第二新卒

第二新卒として転職を成功させるポイントは?

長く厳しい就活戦線を乗り切ってせっかく入った会社ですが…、他に入りたい会社があった、別の業界が良かった、社会に出てからやりたいことがわかった……という人は多いでしょう。

そんな人が、やり直しできるチャンスが第二新卒枠での転職です。

20代のこの時期を逃すと転職の難易度が上がってしまうので、「いまのこの会社じゃないかも…」と思ってしまった人のために、第二新卒で転職するポイントを紹介します。

スポンサードリンク

第二新卒での転職活動を成功させるポイント

熱意や志望動機を重点アピール!

経験者の転職では、なによりも自分の経験や実績を上手くアピールすることが重要です。

いっぽう、第二新卒はアピールするほどの経験や実績もありませんし、企業側もその点には期待していません。

もちろんアピールできればそれは好材料になりますが、それよりも熱意や志望動機を重視しましょう。

一度は入った会社をやめてまで、入りたい理由はなんなのか。

そしてそこでは前の会社とは違うなにがしたいのかをアピールすることが重要です。

前の会社を辞めて転職する理由

また企業側は、会社をすぐ辞める人間は採りたくありませんので、面接ではなぜ前の会社をやめたのかは必ず聞いてきます。

その時にはっきりした理由が答えられなければ、「またすぐに辞めてしまう」と判断されてしまい、内定を手にすることはないでしょう。

「◯◯がやりたい。しかし前の会社ではそれがこのような理由でできなかった。だから……」と、はっきり辞める理由、志望する理由を説明できれば、内定はグッと近づきます。

スポンサードリンク

第二新卒で転職するメリット

第二新卒枠で転職するメリットは次の2つです。

第二新卒対象者

1.自分が望む職種、業種に転職できる

まずは自分が望む職種、業種に移ることができます。すごく当たり前のように思えますが、実はこのメリットは非常に大きいものです。

例えば「合わない」と思いながら5年以上仕事を続けて、社会人経験、実績を武器に転職しようとします。当然、あなたは元の仕事が合わないと思っているので、他職種、他業種に移ろうとするのですが、これが実はとても難しいのです。

企業が経験者の採用で評価の基準とするのは、やはり実績と経験です。元の会社での実績と経験になりますので、同業、同職種意外では高評価を受けることができないのです。

個人向けの営業職から法人向け営業職など、近いところでの転職は可能かもしれませんが、営業から開発などのように、違うジャンルへの転職というのは、難しくなってくるのです。第二新卒での転職は、やりたい職種、業種へキャリアチェンジするチャンスなのです。

2.格上の企業へ転職できる

また第二新卒での転職は、格上の企業へ移れる可能性が高くなります。当然ですが、新卒での就職希望者より第二新卒の希望者のほうが数は格段に少なくなります。つまり競争者がそれだけ少なくなることになります。

またある程度ではありますが仕事というものの知識があるので、志望先と自分とのマッチングが図れます。上手くマッチすれば、合格する確率もグンと上がるのです。

第二新卒とはなにか?

そもそも「第二新卒」とは、どんな人のことを指すのでしょう? まずは就職希望者の区分けを順番に説明します。

新卒

採用のその年に学校を卒業した人。当然、社会人経験はなし

既卒

学校を卒業したけれど、就職をしていない人。社会人経験はなし

第二新卒

学校を卒業後に就職し、社会人経験が3年未満の人

経験者

学校を卒業後に就職し、3年以上の社会人経験がある人

仲間たち

新入社員が新人研修を終え、現場で実務にあたりだした頃、入社した時の気持ちそのまま仕事に熱意を持って取り組めればいいのですが、「思っていたのとは違う……」と、戸惑う人が増えてきます。

中にはそもそもこんな会社に入りたくなかったという人も…。また、入社2年目、3年目になってから悶々としている人もいるでしょう。

せっかく大変な就職活動の果てにやっとの思いで入社したというのに、将来に不安を感じ、早くも転職を考えてしまう…。

しかし就職における強力なカードである「新卒」は、もう使えません。また転職に求められる経験、スキルも仕事を始めたばかりで、まだほとんど身についていません。

ではこのまま憂鬱な気持ちで仕事を続けなければならないのでしょうか?答えはノーです。

転職は経験、スキルがなくてもすることが可能です。それが「第二新卒枠」なのです。

スポンサードリンク

どうして第二新卒枠なんてものがあるの?

…つまり第二新卒とは、就職はしたけれど社会人としての経験はまだまだな人、ということになります。

では、なぜそのような微妙な求人枠があるのでしょうか?

企業としてはまず自社に合わせた人材育成のためにまっさらな新卒を欲しがります(既卒もここに含まれるでしょう)。そしてその次に教育の必要がなく即戦力である、経験者を欲しがります。

なぜ中途半端に色がついていて、かつ経験も不足している第二新卒を採用するのでしょう?

第二新卒という枠ができた理由

第二新卒の採用が増え始めたのは、実は10年ぐらい前のことです。

1995年〜2005年ぐらいの時期はいわゆる就職氷河期と呼ばれ、さまざまな企業が新卒採用の枠を減らした時期でした。それは多くの大卒フリーターを生み出したいっぽう、2006年頃から会社の人員構成で若手社員が不足するという問題が出てきたのです。

その問題を解決するため、経験はまだ少ないけれどこれからの伸びしろのある第二新卒を採用する企業が増えたのです。第二新卒にはこんな経緯があったのですね。

企業が第二新卒者を採用するメリット

まず新卒とさほど変わらない若さがあります。10年、20年先に会社を背負う人材になるポテンシャルが、第二新卒にはあります。

そして多くはありませんが、社会人経験があります。すぐに実績をだせるほどではありませんが、最低限のビジネスマナーや社会のルールを理解していてすべてを教える必要がない。つまり教育コストがかからないという利点があります。

またその他に一応の仕事実績があるので、ちゃんと実務ができる人間かどうかの判断が楽、というのもあるようです。要するに社会人として、ある程度は信頼できるということですね。つまり第二新卒を企業が採用する理由は、コスト的な部分が非常に大きいのです。

第二新卒で就活のリベンジを!

仕事というのは、人生のうちでも大部分を占めるものです。これに不満があると、かなりキツイ一生になってしまうでしょう。また、上でも書きましたが、30代、40代になると転職で大きくキャリアチェンジをすることは難しくなってきます。

転職

学生のうちに自分がなにをやりたいのか見極めるのは難しく、就職して社会のことを知ってから、本当にやりたいことが見えてくるということは多いでしょう。

よく考えてのことならば、第二新卒のうちに思い切って転職するのもひとつの手だと思います。悩みながら働いて、あの時に転職しておけばよかったとあとで悔やむより、充実した人生を送ることができるでしょう。

第二新卒での転職や、一度は就職したけれどすぐに退職してしまって就職先に困っているという人は、
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、大学中退者など14,882名が正社員に!

第二新卒のメリットを上手く活用して、あなたがもっといい仕事に就けますように!

なかなか表には出てこない高待遇の求人。
スキルと経験を活かせる専門職や管理職、海外勤務の募集情報は…

エグゼクティブ
最低でも年収600万円以上もらってる人たちに支持されるNo.1の転職サービス!

◎書類選考でつまづいたり、面接でなにをアピールしたらいいのかわからない…という人は、
あなたの強みが見つかる!
自己分析して書類作成→面接へスムーズな転職活動ができる無料の「グッドポイント診断」

第二新卒フリーター ☆学校出たけど働いたことがない ☆すぐ会社を辞めてしまった
…でも、こらからいい会社に正社員として就職したい人へ
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、大学中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

★自分がもし転職するときに、どのくらい人材として価値があるのか知りたい25歳~35歳までの人は、
転職した方がいいか?転職診断テストで自分の市場価値を見極めるには?

★…同じく35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

50歳を過ぎても別の会社で必要とされる人材3つのパターンとは?
中高年サラリーマン
40代からの転職が変わった!あえて50歳以上も積極採用する企業の狙いとは?

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす