派遣先「合わない…辞めたい」と思ったら…穏便に辞めるルールと手順

仕事辞めたい

派遣社員として働き始めたけれど、

あれ?なんか聞いていた感じと違う……

雰囲気が合わない……

と、就業してから感じる違和感。

辞めたいけれど、すぐに辞めてもいいのか、それとも初回の契約が満了するまで我慢したら良いのか、どう対処したらいいか悩んだりしていませんか。

一歩対応を間違うと、その派遣会社から仕事の紹介がされにくくなってしまうリスクもあるので、慎重に対応したいですよね。

派遣先が合わないから仕事を辞めたい問題。

無用なトラブルに発展させずに、穏便に辞めるための方法をお伝えしていきます。


派遣先が合わないと感じる理由

「派遣先が合わないと感じるのは私だけ?」

そんな心配は持たなくても大丈夫です。

実際に派遣先に就業を開始してから、合わなくて辞めたいと思ってしまう方はたくさんいます。

1. 実際の職場の雰囲気が違った

就業前の顔合わせに出てきた人は、人事担当者や役職が上の人。

実際に就業開始してみたら、職場の雰囲気が想像していたものとだいぶ違ったというのは、よくあるケースです。

2. 大した引き継ぎもないのに即戦力と見なされる

派遣=即戦力と見なされ、その会社のルールや独自の仕組みをしっかり教えてくれる人がいない場合があります。

いくら即戦力とは言え、会社のルールは聞かないとわからないわけですが、その配慮が派遣先に足りないというケースもよく起こりえます。

3. 社員と派遣の間に壁を感じる

同じ職場で働いているにも関わらず、派遣社員のことを「派遣さん」と呼ぶ。

社員には共有されている伝達事項が派遣社員には伝達されずに、居心地が悪く阻害されているように感じる。

結果的に辞めたいという問題に発展する場合もあります。

4. 聞いていた業務内容と全然違った

派遣会社の営業担当者のヒアリングが不足している場合もありますし、派遣先の人事担当者が現場のことを理解していないこともあります。

蓋を開けてみたら仕事の内容が全然違ったというケースが多いです。

5. とにかく暇

何のために派遣を使おうと思ったの? と疑問に思うほど、暇な職場に当たることもあります。

やることがないことほど苦痛なことはないですよね。

6. 職場の空気感がとにかく合わない

言葉では上手く説明できないけど、何だか雰囲気が合わない職場の人と合わないということもあるでしょう。

言ってみればフィーリングが合わないということになります。

長く続けることを前提とすると、フィーリングが合わないところで働き続けるのも結構辛いものがあります。

スポンサーリンク

派遣契約は途中解除しても良い?

派遣契約をする場合、派遣社員は派遣会社と雇用契約を結びます。

この雇用契約の期間が、最初に約束した契約期間ということになるわけです。

では、契約期間を満了せずに途中で解除しても良いものなのでしょうか?

実際、派遣契約を派遣社員の申し出により途中解除するケースはあります。

ですが、契約を途中で解除する場合、または次回の更新はしないと決めた上で契約満了日まで就業を続ける場合どちらの場合にも必ずリスクが潜んでいますので、そのリスクを理解した上でご自身の取るべき行動を決めていく必要があります。

1. 派遣契約を途中解除するリスク

①債務不履行で損害賠償請求の対象になる(民法628条)

期間が定められた雇用契約を結んでいる場合、その期間を満了せずに途中で契約を破棄すると、損害賠償請求の対象となります。

ですが、訴訟を起こすには時間もお金もかかります。

就業を開始してみたら思っていた内容と違ったということは、派遣社員だけではなく、契約社員や正社員にも起こりうる話です。

実際に訴訟に発展するということはほとんど起こり得ないでしょう。

②派遣会社との信頼関係に傷が付く

現実的に起こりうるリスクとしては、こちらのケースです。

明らかにあなたに非がない場合は、もちろんこのようなことは起こりえません。

しかし、「なんとなく雰囲気が嫌」「職場の社員の人と合わない」など、相性の問題や、実際就業してみないとわからなかったようなことで、すぐに辞めたいと言ってしまうと、派遣会社のあなたへの心象が悪くなる可能性があります。

なぜなら、契約期間を満了せずに辞めてしまうことで、派遣会社が派遣先の企業からクレームを受けることもあります。

代わりの派遣スタッフを見つける間、業務に穴を開けることにもなります。

場合によっては、それが原因で派遣先企業からの信用が落ち、取引が縮小して派遣会社の売上を落とすきっかけにもなるからです。

派遣先企業とあなたとは、もう顔を合わせることはなくなるにしても、派遣会社とは今後もお付き合いが続くでしょう。

派遣会社との関係を悪化させることは、派遣として働く人にとっては不利でしかありません。

③ 契約満了まで仕事を続けるリスク

辞めたい場合はとにかく最初の契約期間が満了するまで我慢すれば良いのか、と思うかもしれませんが、これもまた違うリスクが考えられます。

すぐに辞めたらその後に適した人材補充のリカバリーが早くできますが、契約満了まで居ることによって、「引き継ぎ期間が無駄になった」「せっかく慣れたのにすぐに辞めてしまってコストが二重でかかった」ということも起こりえます。

このような場合も、派遣会社との信頼関係に傷が付く可能性があるわけです。

2. 派遣会社との信頼関係を壊さない対応方法

どちらの場合もリスクがあるのだとしたら、派遣先企業が合わなくて辞めたいと思った場合にどう行動すればいいのでしょうか?

まずは派遣会社の担当者に相談をしましょう。これが派遣会社と信頼関係を壊さずに、辞めたいという自分の悩みも解消をさせる唯一の方法です。

ポイントは、自分で結論を出すのではなく、派遣会社の営業と相談をしながら、問題を一緒に解決をしていくというスタンスを取ることです。

派遣先が合わなくて辞めたいと思った時の対処法

次に、派遣先が合わなくて辞めたいと思った時の対処法を順番に見ていきましょう。

1. 一時的な感情ではないのか?

まずは自分の感情を整理することです。

一時的な感情で「辞めたい」と誰かに相談をしていては、周りに迷惑をかけてしまいます。

あなた自身も感情が落ち着いた時に、仕事を続けられると感じるようになっていても、既に辞めたいと相談をしていることで、後に引けない状況になりうるからです。

本当に辞めたいと相談するのかどうか、自分の心に聞いてみましょう。

2. 必ず派遣会社の営業担当に相談をしよう

感情を整理した結果、やはり辞めたいという結論が出た場合、必ず派遣会社の営業担当に相談をするようにしましょう。

いきなり「辞めます」と結論を伝えることや、何の相談や連絡もなしに派遣先企業に出社しなくなるような、社会人としてマナー違反になるようなことは控えましょう。

なぜ派遣会社の営業に相談をするのかと言うと、派遣社員の雇用先は、派遣会社だからです。

派遣先の企業はあくまでも、あなたが業務をする場所であって、雇用関係にはありませんので、雇用先の派遣会社を飛び越して派遣先の企業に相談をすることはNGです。

3. 派遣会社の相談窓口に相談しよう

派遣会社の営業が全然親身になって相談に乗ってくれないというようなことも起こりえます。

そのような場合は、あなたに仕事を紹介してくれたコーディネーター宛に連絡を取って相談をしてみるのも良いでしょう。

また、派遣会社によっては、派遣社員向けの相談窓口を設けていたりしますので、そこに連絡をしてみるというのも良いでしょう。

派遣会社の営業によっては、企業担当者の顔色ばかりを気にして、派遣社員に対してのケアが十分に出来ない素養の人もいます。

社会人経験が浅くて、相談するには物足りない、頼りないということもあります。

最初は筋を通す意味でも、営業に相談をしたほうが良いですが、もしその時に不安になるような態度や言動をされた場合には、派遣会社の別の人や部署に相談をするということを行ってみましょう。

4. ※派遣先に直接相談をするのがご法度の理由

派遣先企業の担当者に、辞めたいと相談をするのはご法度です。

その理由は、雇用契約を派遣会社と結んでいるからというのが一番の理由ですが、もしかすると派遣会社の営業に先に相談をしておけば穏便に解決できていたかもしれない問題を、先に派遣先企業に露呈させることで、派遣先企業と派遣会社の関係にヒビが入る可能性もあるからです。

派遣先企業からの評価が下がった派遣会社は、取引が縮小してしまうかもしれません。

無用なトラブルを起こさないためにも、派遣のルールを理解し、日々の仕事内容については直接派遣先企業の担当者に相談をし、雇用や契約内容に関わることは、必ず派遣会社に相談をするように心がけましょう。


気をつけておきたい今後の仕事紹介のこと

辞め方を間違うと、その派遣会社から仕事紹介がされにくくなるというのは、実際にあることです。

もし派遣された会社を辞めることになっても、今後も仕事紹介される関係性を派遣会社と築けるように十分に留意する必要があります。

1. ブラックリストに乗る可能性がある

派遣会社のブラックリスト」とは、この人に仕事紹介をすると危険です、この人はよくトラブルを起こすので気をつけてくださいねと、派遣会社の内部で情報共有されている注意フラグのようなものです。

たまたま派遣先が合わなかったというなら良いのですが、いわゆるトラブルメーカーのような方も登録している人の中にはいます。

知らずにそのような人を派遣してしまうと、派遣会社はその都度トラブルに巻き込まれ、大変なことになってしまいます。

それを未然に防ぐために各派遣会社には、ブラックリストが存在すると言われているわけです。

なお、ブラックリストは、一営業担当の主観や感情でリストに載せてしまわないように、派遣会社の社内で客観的判断基準を持ってリストに載せるという社内ルールを設けている場合が多いです。

2. やってはいけない辞め方

① 電話もしくはメール一本で辞めると宣言する


派遣会社に一切相談もなく、雇用契約期間も守らず、一方的に辞めると宣言をするというものです。

通常契約更新の確認はいつまでに行うというのが派遣会社から送られてくる書面に記載されていますので、それを守る必要があります。

守れない場合は、あくまでも「相談をする」というスタンスで派遣会社と関わるようにしましょう。

② 何の連絡もなく就業先に来なくなる

相談も連絡もなく、いきなり音信不通になるというものです。

派遣先の企業から「〇〇さん、今日出社していないのですが……」と連絡が入ることほど、派遣会社の営業が焦ることはありません。

場合によっては、すぐに代替スタッフを手配しろ!とクレームに発展する場合もあり、かなり派遣会社にも派遣先企業にも迷惑をかける行為と言えるでしょう。

③ 派遣会社からの連絡に一切応じない

相談の上、穏便に辞めたのであれば良いのですが、相談もなく一方的に辞めた場合、派遣会社の営業は必ず状況確認のために連絡をしてきます。

理由は、派遣先企業に状況説明が必要だからです。

連絡が全く取れない場合、派遣社員の自宅に訪問し、状況確認をすることもありますので、無視を決め込もうとしても物理的に難しいです。

④ 派遣先企業からの貸与物を返却しない

忘れがちですが、これもかなり大事なことです。

社内のセキュリティーをどの会社も強化していますので、社員証やセキュリティーカードなど貸与物の返却がない場合、場合によっては派遣会社側に不利益が生じたり、派遣先企業との取引に影響する場合もあります。

借りたものを返すという社会人としての常識は守りましょう。

⑤ 辞めたいという理由が一方的すぎる

辞めたい理由は人によって、さまざまですが契約期間を確認していたにも関わらず「他に良い仕事が決まった」「正社員の内定が出たのですぐに辞めたい」というのは一方的ですよね。

「私は掃除をしたくない」「電話に出るのは派遣社員の仕事ではない」など、一方的な主張で辞めたいと言ってくるような場合もブラックリストに載る可能性があり要注意です。

自己中心的と判断されると、仕事の紹介が減る可能性が高いです。


仕事の紹介が来ないときの対処法

他の仕事にエントリーをしたり、紹介を希望して問い合わせをしても、いつも「他に良い方がいて」とか、「先ほど候補の方が決まりまして」と言ったような理由で断られ続けてしまう場合、ブラックリストに載っている可能性が高いです。

ほとんどの派遣会社では、専用システムで派遣社員の登録状況の管理をしています。

ブラックリストのフラグが付いていれば、問い合わせ先の拠点を変えたとしても情報は共有されています。

万が一、このような事態に陥ってしまった時は、その派遣会社からの仕事紹介は諦めて別の派遣会社に登録に行きましょう。

派遣を探す企業は、1つの案件を複数の派遣会社に依頼し、一番条件に合う人を紹介した派遣会社と契約を結ぶというのが業界の常識になっていますので、大手の派遣会社を選んでおけば、それなりの求人数を抱えています。

派遣会社同士でブラックリストを共有しているということは、ありえませんので、潔く新しい派遣会社に登録をし、心機一転、働き口を探すというのが一番の対処法と言えるでしょう。

派遣先が合わないというのは良くあること

いくら顔合わせをしていたとは言え、実際に職場で働いてみないと見えないことはたくさんあります。

働いてみたら「合わない」ということも普通にあることです。

だからこそ、焦らずに「辞めたい」という問題に向き合っていきましょう。

通常は契約を満了するというのが、派遣社員に求められることですが、それが最善の案かと言うとケースバイケース。

明らかに自分の非だけでないと判断できる場合は、派遣会社の営業に相談をしながら最善策を一緒に考えていくように心がけたいものですね。

派遣の仕事を辞めたい人はこちらも、
派遣の仕事を辞めたい!契約途中でも辞めたい10の理由

派遣社員から正社員になる! 元派遣会社営業が語る正社員就職への道
派遣社員という働き方を選んでみたものの、やはり直接雇用の正社員や契約社員と比べると、給与や福利厚生や雇用の安定などで条件が劣ってしまう……。派遣の仕事の探し方と、正社員の仕事の探し方は全く違います。肌身でそのことを感じたからこそ、もう一度、正社員に戻りたい。 もし正社員になりたいという気持ちがあるならば、年齢を重ねる前に、正社員への転職にチャレンジすることをオススメします。

あなたが合わない派遣先で働くのを早く穏便にやめられますように。