1. TOP
  2. 一流企業へ転職したい人のための成功法則。いますぐやるべき重要な3つのこと

一流企業へ転職したい人のための成功法則。いますぐやるべき重要な3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一流企業への転職成功法則

一流企業へ転職したい!

給与や福利厚生などの待遇をアップするためには、やはり一流・大手企業へという願望を持つのは当然ですね。

しかし、いま勤めている会社が大手企業、一流企業、有名企業…とはいえない場合、はたして転職で一流企業へ入れるのでしょうか?

そんな、まず何をすれば良いのか手探り状態の人のために、一流企業に転職したいと考えた瞬間からやるべきことをお話しします。

スポンサードリンク

一流企業への転職のためにやるべき3つのこと

一流企業に転職するためには転職準備のスピードアップ、リクルーターの協力、専門性のあるスキル、この3つがしっかりそろっていると非常に有利となります。ほぼ必須といっていいでしょう。

一般の企業に転職するにはこの中の1つがあれば、十分に成功したといえる転職が可能です。

しかし、多くの人が狙っている一流企業への転職となるとそうはいきません。

この3つのポイントにどう準備すれば良いのか、以下具体的にお話します。

スポンサードリンク

1:求人への応募を誰よりも早く行う

一流企業への転職は大人気です。

少しでも転職を考えている人から、すでに退職して後がない人まで全員が毎日求人をチェックしていると言えるでしょう。

そのため求人が出てから1週間で募集自体が締め切られることも多くあります。

なぜなら大量の応募者がいるためです。

よって一流企業への転職活動はスピード勝負となります。

求人が出てから3日以内には履歴書を提出する必要があると考えておきましょう。

そして、3日以内に履歴書を出した場合、多くは1週間以内には面接のお知らせがやってきます。

そして決まるときは次の週に最終面接となることもあり、すごい速さで物事が進みます。

よって応募する前の準備が大事になります。

 <必要な準備>

・自己分析

・能力の棚卸し

・履歴書作成とくに学歴や資格などの基本的な経歴作成

・面接の練習

・面接時の服装の確認

自己分析と能力の棚卸しはどの企業に転職する場合でも必要です。

一流企業への転職うんぬんの前から時間をとってしっかり準備しておきましょう。

転職を行うと少しでも考え始めたら即実行し、心の余裕を持つようにするといいですね。

履歴書の学歴、資格欄も応募する全企業共通の必須項目となりますので早めに作成しておきましょう。

人前で自分のキャリアを堂々と話すことも場数が必要です。そのため面接の練習も行わなければなりません。

盲点となりがちですが面接時の服装の確認も必要です。

営業職の方は普段の服装で問題ないことが多いですが、それ以外の内勤の方や技術職の方は面接にふさわしい服装が必要となります。

具体的にはダークのスーツ。身体のサイズと体型にフィットした清潔感のあるものが基本です。

全ての項目について自分や家族という身内だけではなく、まったくの第三者に確認してもらうのが望ましいです。

その第三者についてはリクルーターが望ましいでしょう。

2:リクルーターの力を存分に使う

1. 転職サイトの登録とエージェントの選択

大手の転職先を検索する際にメジャーな方法として転職サイトから検索することが挙げられます。

まず第一歩としては転職サイトへの登録です。次に一流企業を紹介してくれる転職エージェントに登録しましょう。

エージェントに登録すると転職の力強い味方となってくれるリクルーターを利用することができます。

その際、転職エージェントは多く存在します。IT系エンジニア専門、管理職専門など、特色を持ったエージェントもありますが、まず最初に登録するのはリクナビエージェントが良いでしょう。

ここには圧倒的な業績と求人数があり、所属するリクルーターの評判も高いです。

特に一流企業への転職を狙う場合は、こうした企業とのパイプが太いという利点があります。

一流企業の多くが求人を依頼している転職業界No.1のリクルートエージェントへの登録は、
>>>リクルートエージェント

2.リクルーターとの面談

リクルーター(エージェント)は無料で求人検索、求人紹介、履歴書、志望動機、面接対策など、プロフェッショナルが対応してくれます。

リクルーターは紹介した方の給与の何割かを紹介した会社から手数料として貰うため、本気で転職の支援をしようとします。

リクルーターに協力して貰うためにはエージェントに登録し、リクルーターと面談する必要があります。

面談中に自分の現在の職歴、持っている資格、転職したい業界を話し、自分の転職イメージを伝えます。

そこからリクルーターがその人にあった転職先を探し始めます。

3. リクルーターに限定の求人紹介してもらう

一流企業はネットで誰もが見られるところに求人を出していないことが多いです。

なぜなら常に求人を多く出していることが外部にわかると、新卒がよく辞めてしまうという企業イメージがついてしまうためです。

さらに特定の分野に多く求人を出すと他社に戦略を推測されてしまう可能性があります。

よって一流企業ほど求人をクローズドにし、特定のエージェントのみの取り扱いにします。

一流企業に転職したい人ほど、リクルーターにクローズドの求人を紹介してもらう必要があります。

4. リクルーターに履歴書、志望動機、面接の確認をしてもらう

転職の準備には第三者の目で確認することが必要です。

一流企業には一つの求人に応募が殺到するために、履歴書や服装など基本的なところでミスをしてしまうと、まず不採用となってしまいます。

リクルーターはこれまで数多くの転職者の対応を行なっており、とても目が肥えています。

具体的には履歴書にケアレスミスがないか、職歴の効果的な書き方、人を惹きつける志望動機の書き方、面接中の振る舞い方、面接時の服装などの数多くのノウハウを持っておりプロの目線でアドバイスをくれます。

同じ会社に勤めているとその会社の常識に染まっており、一般常識が何かわからなくなることが多々あります。

新卒の就職活動のときから転職活動を行っていない人は自分の服装や振る舞いが時代遅れになっている可能性があります。

これらについて指摘してくれる第三者の目と意見はとても貴重なものです。

5. リクルーターに転職のリズムを整えてもらう

一流企業への転職活動はスピード勝負です。

まず求人を誰よりも速く見つけなければいけませんが、自分の力ではそもそも非公開の求人には辿り着けませんし、数多い求人を毎日チェックするわけにもいけません。

そこでリクルーターに自分の要望にあった求人を真っ先に発見してもらい、紹介してもらうと良いスタートダッシュがきれます。

そこから求人に応募するステップに移った際にもリクルーターにスケジュールをアシストしてもらうと多数の企業を同時平行で出願が可能となりますし、それぞれの進捗を相談することが可能です。

スポンサードリンク

3:長い目で見た専門性の強いスキルを身につける

これまではすぐに出来る転職活動のテクニックをお話ししました。

しかしすぐに手に入れることができないものがあります。

それが専門性のあるスキルです。

専門性のあるスキルとはどのようなものでどのように身につければ良いのでしょうか。

1. 社外に通用するスキルを身につけよう

業務の中で自分一人で出来ることを増やすことが、最短ルートでの専門性のあるスキルを身につける方法です。

注意しなければならないのは社内の仕事がスムーズに行えるからといって、それが専門性のあるスキルではないという点です。

社内の仕事を一通りできるように出来たとしても、それは社内だからこそ通用するスキル、いわゆる伝書鳩スキルである危険性もあります。

他の会社で違う環境であっても自分の技術や能力を活かせるかどうかが判断基準となります。

2. 客観的な数値でわかる業績が一番魅力的

社外に通用するスキルを一番わかりやすく反映するのはやはり数値です。

営業職であれば営業成績、事務職であればどれだけの作業コストダウンが出来たか、開発職やマーケティング職であれば開発・発売した商品数、研究職であれば特許出願数などがあれば、とても説得力があります。

それではどのようにすれば業務を行いながら専門性のあるスキルを身につけることができるのでしょうか

3. ジョブローテーションにのらない

いまの日本の企業は10年間に3部署をまわらせるなどの人事体制をひいている企業が多いようです。

しかしながら日本式のジョブローテーションにのると、大きな結果を残す仕事ができる前に部署移動となってしまう可能性が高くなります。

そのため専門性のあるスキルが身につくことができません。

少しでも転職を考え始めたらジョブローテーションにのらないように交渉することが必要です。

4. こまめに自分の能力の棚卸しを行う

今後どのようなキャリアを辿れば専門性のあるスキルが身につくか確認するためにも、現在の自分の能力の棚卸しが必要です。

仰々しく考える必要はなく、どの時期にどんな業務を行なったか箇条書きにするだけでも、自分の能力を客観的に見ることが可能です。

そして今の自分にはどのような結果が存在するのか、どのような能力が足りないのか、今後どのような業務を積極的に行えばいいのかまとめましょう。

出来れば書き出したものを第三者に見せて他者からのフィードバックを貰えるとなお良いでしょう。

一流企業へ転職するために

大手企業へ転職するには転職準備のスピードアップ、リクルーターの協力、専門性のあるスキルこの3つが重要です。

しかし、現在は売り手市場のため、ひとつくらいの条件が基準に達していなかったとしても、転職することは可能です。

ぜひ理想を高く持って、素敵な転職を行なってください。

 

 
「自分は本当に一流企業に転職できるのかなぁ?」と不安に思ったら、
>>>リクルートエージェント

転職業界No.1のリクルートエージェントに相談してみましょう。
リクルートエージェント
きっといい求人情報を紹介してくれることでしょう。

 

あなたが一流企業へ転職できますように。

この記事を書いた人:アテナミ
大学院を卒業後、一部上場企業である総合食品メーカーに入社、3年後に大手飲料メーカーに転職。就職活動ライターとしてワンキャリアをはじめとしたweb媒体にて執筆中。趣味は食べ歩き。