1. TOP
  2. 転職を考える女性が20代で意識しておくべき7つのこと

転職を考える女性が20代で意識しておくべき7つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20代女性が転職で気をつけたいこと

・結婚や出産を考えると、いまの職場で働き続けるのは難しい…

・同僚が嫌いなので早く転職したい!

・ずっと正社員で働きたい…

・・・20代~30代の女性には、結婚や出産という人生のイベントと、自身の正社員としてのキャリアを、どうバランスをとっていくのかの悩みがつきまといます。

いまの仕事を続けることが難しいかも…と思い始めて、女性の転職の実態がどうなっているのか、急に気になりだした、という人もいるかもしれません。

正社員での転職を検討する際には、どんな点を考慮して考えていけばいいのかと不安に思うことも多いかと思います。

20代女性が転職を考える際に何を意識しておけばいいのかについて見ていきましょう。

スポンサードリンク

転職を考える女性が20代のうちに意識しておくべきことは?

1)結婚・出産どうする?どんな人生にしたい?

まず大事なのは自分がどんな人生・生活スタイルにしたいかということです。

あなた自身は、どんなライフスタイルを理想としていますか?

こんな条件の仕事がいい、こんな制度がある会社がいいということを考える前に、自分の目指している方向がどういったものなのかを整理しましょう。

結婚したり、出産したり、子供に対してどんな育児をしたいか?

あるいは結婚をしない、子供をもうけずに生きていきたいか?

あなたの理想に近づくためにはどうすればいいかという視点で仕事を考えると、転職先を選ぶ軸がはっきりしてきます。

2)福利厚生や会社の制度はずっと同じとは限らない

福利厚生や制度、労働時間などといった条件面は、入社時点の条件がそのまま継続するとは限りません。

いま現在は制度がなくても、入社後にそういった環境が整っていく可能性もあります。政府の方針で法律が変わることもあります。

いま提示されている条件面だけで選択を決定すると後で後悔することもあります。

3)会社・企業で必要とされる人材になることが大切

今後のキャリアで自分の選択肢を広げるためには、会社に必要とされる人材になることが大事です。

結婚・出産というブランクを経ても、また働いてほしいと思ってもらえる人材であれば女性としての人生イベントが大きなマイナス影響ではなくなります。

そのために、自分を磨いていくことが大切です。

スポンサードリンク

転職は20代のうちの方が有利?その実態とは

4)総合職の場合

男性と肩を並べて働く総合職の場合、男女の区別なく仕事の成果を出してくれる人が求められます。

特に20代の転職は、環境の変化に対応できる柔軟性や仕事への熱意があるかを厳しくチェックされます。

仕事の条件にこだわりすぎず、なんでも前向きに仕事に取り組める人が企業側の採用意欲のわく人材です。

この場合は男性と同じで、経験や実績を求められる30代以降とは異なり、前職の業界や職種を限らずに、選択肢は広く可能性を見込んで採用してもらえる場合も多いです。

20代女性の場合は、家庭をまだ持っていない、時間的制約のないうちは男性と同じ労働力として判断されることが多いです。

5)一般事務職の場合

女性が主に活躍する一般事務職の場合、難しいスキルや経験はあまり求められませんので、転職先として選ぼうとする女性も多く人気職種です。

過去の実績が総合職ほど重視されないため、吸収力の高い20代が有利になる傾向は強いです。

ただし、自分だからできる仕事、個人の能力を発揮するといった環境は少ないため、その先の選択肢が限られてくるリスクも含まれています。

仕事をしながら業務に関係のある資格の取得を目指すなど、その先も正社員として働き続けられる、あるいは派遣社員として重宝されるようなスキルを身につけておくことも大切です。

比較的簡単にとれる事務系の資格は、
簡単に取れる資格<事務系9つ>就活・転職で有利に!

資格やスキル、自分になにができるのか、あらためて考えてみると同時に、世の中でどんな職種の求人が多いのかを知っておくことも大切です。

どんな企業がどんな条件で募集しているのかを知るには、転職サイトに登録して情報を入手しましょう。

20代女性に求められることとは?

6)女性ならでは強みを活かしつつ戦力になる人材を目指す

男女関係なく、会社に貢献してくれる人が求められるのは大前提となります。その点は忘れないようにしましょう。

特に女性の場合は、転職する際に福利厚生や労働条件の希望を挙げる人が多いですが、そういった会社の体制に依存せず自立して仕事を進められる人の方が、企業側も安心して採用できます。

また、細かな気配りや、場を和ませる空気感といった女性特有の強みもありますので、職場の男女バランスを良くしようという企業も増えてきています。

しかし、あなたが仕事について考える上では、女性だから男性だからといった思考に縛られず、自分が会社で何をしたいか・何ができるかを考えてみてください。

女性が働きやすい環境を整えようという企業が増えているのは、優秀な女性を戦力として考え、なるべく会社に残っていてほしいと考えるからです。

女性に優しいという観点ではなく、あくまで女性を一人の労働力として評価するために男女差なく働けるようにしようという考え方なのです。

20代女性だからとって労働力として価値が劣るわけではなく、会社に評価してもらえる人材であれば活躍する場はたくさんあります。

スポンサードリンク

20代は将来のキャリアを色々と悩む時期

7)将来を見据えてキャリアの選択を!

女性の場合は、転職を考える際に将来に結婚・出産をするのかといったことも考えた上で、キャリアの選択が必要になってきます。

いま現在、すぐに結婚や出産の予定がなければ、イメージがつかめなかったり、逆に不安になったりすることも多いかもしれません。

子供がいても勤めやすい企業へ転職したい、福利厚生がもっといいところへ、正社員待遇で、女性が働きやすい環境がいい・・・理想を挙げればきりがありません。

女性は歳を重ねるごとに活躍できる場が減ってしまうという現実もあります。理想の条件が整った会社を探すのは簡単ではありません。

転職先の労働条件だけに目を向けるのではなく、まず一人の女性として自立して生きていけるようにするためにどうすればいいのかを考えてみると、転職への考え方が少し変わるかもしれません。

会社の体制に依存するのではなく、結婚・出産といったイベントを経ても社会で活躍する人材になれたなら、仕事や転職に対してより前向きに進めるのではないでしょうか。

40代女性の転職事情は?
女性の転職40代ではじめて正社員をめざして奮闘した結果…

意外な特技や資格が身に付く大人の習い事は、
社会人が始める大人の習い事8~意外な特技や資格が身に付く

女性の多い職場でイジメや嫌がらせをされたら、
職場の人間関係 Aさん(女性)から嫌がらせを…対処法は?

あなたが自分のキャリアについてきちんと考えることができて、理想の仕事への転職がうまくいきますように。

なかなか表には出てこない高待遇の求人。
スキルと経験を活かせる専門職や管理職、海外勤務の募集情報は…

エグゼクティブ
年収600万円以上もらってる人たちに支持されるNo.1の転職サービス!

◎書類選考でつまづいたり、面接でなにをアピールしたらいいのかわからない…という人は、

あなたの強みが見つかる!
自己分析して書類作成→面接へスムーズな転職活動ができる無料の「グッドポイント診断」
」もついてるNo.1転職サイトって?

第二新卒フリーター ☆学校出たけど働いたことがない ☆すぐ会社を辞めてしまった
…でも、こらからいい会社に正社員として就職したい人へ
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、大学中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

★自分がもし転職するときに、どのくらい人材として価値があるのか知りたい25歳~35歳までの人は、
転職した方がいいか?転職診断テストで自分の市場価値を見極めるには?

★…同じく35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
仕事探しでも運命の出会いってあると思う。
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

50歳を過ぎても別の会社で必要とされる人材3つのパターンとは?
中高年サラリーマン
40代からの転職が変わった!あえて50歳以上も積極採用する企業の狙いとは?

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす