1. TOP
  2. 英語を使う仕事に転職!正社員としてキャリアアップするために考えたい3つのこと

英語を使う仕事に転職!正社員としてキャリアアップするために考えたい3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英語を活かす仕事へ転職する正社員への道

英語を使う仕事に転職したい。派遣とかじゃなくてちゃんと正社員で、というのが英語を一生懸命に学んできたあなたの希望ではないでしょうか。

英語の資格を取った。海外留学もした。英語力には相当の自信がある!

そんなあなたでも、いまの職場では英語を使う機会がない、見込みがない…現在も将来も……。

そんな状態で止まってしまっていませんか?

あなたの英語能力をどこで活かすのが最適なのか、英語能力だけで通じるのか、いまのあなたの実力で正社員として転職できるのか。

英語に自信があるがゆえに、悩んでいるのかもしれません。私も同じ経験をしました。しかし、私の場合は何とか乗り越えることができました。
  
過去の私と同じような悩みを抱えているあなたに、それを乗り越えきた人生の先輩として、英語力を活かして転職し、正社員として活躍するための三つのポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

英語の能力で転職し、正社員になるために

英語力と言っても、そのレベルはいろいろあります。

例えば、英検に代表される1~3級などの級で表現できるレベル、TOFFELのように点数で表現できるレベル、通訳ガイドなど資格そのもので表現できるレベル、米国○○大学卒業など学歴で証明できるレベルなどです。

<英語力を証明するには>

  • 英検1~3級などの検定
  • TOEIC、TOEFLのスコア
  • 通訳案内士などの資格
  • 米国◯◯大学卒業、海外MBA、ワーキングホリデー、海外インターン経験など
  • 帰国子女

果たして、いまのあなたはどのレベルにいるのでしょうか。

これはあなたにも、すぐ確認することができるはずです。

スポンサードリンク

英語以外のあなたの仕事の能力は?

これを前提に、次に最も大切なことは、「自分の英語能力以外の仕事の能力」も再確認すべきではないかということです。

実際に、転職先で正社員として英語を使って活躍する道は大別すると二つあります。

一つは、英語のプロとして英語そのものをテーマとして活躍する道です。

それは、英語の先生・同時通訳・翻訳家・英語学者などです。

もう一つは、英語を道具として使って活躍する道です。

貿易商社、国際運送、国際金融、外交官、国際ジャーナリスト、海外現地工場、海外プラント・建設、飲食業海外出店、旅行観光業など様々であり、こちらの方が圧倒的に多いでしょう。

そこで、ここでは、後者の道を主なテーマとして取り上げることにします。

1. 英語を使って自分は何ができるかを確認する

英語を道具として扱うことを前提に考えた場合、実は英語以外の仕事能力が非常に大切であることが分かります。

英語が使える職場では、実は英語ができるのが当たり前だからです。

もちろん、その程度の差はあるでしょう。しかし、仕事の成果は、英語ができることではなくて、「英語を使って何ができるか」で試されることになります。

例えば、輸入商社の場合。

新しい仕入先を発見し、新しい海外商品を仕入れる仕事があります。また、同時にその輸入商品を国内の新しい営業先に販売する仕事もあるでしょう。

この場合に必要な仕事能力は、海外商品・海外仕入先を開発する能力であり、また国内営業力も必要となってきます。

もちろん、英語を使うのは海外仕入先とのやりとりをする場合になります。

海外の仕入先とは価格や納期、品質や支払い条件など、英語を使って交渉することになります。従って、英語力だけでなく交渉能力も必要です。

そして、その商品が特殊なものの場合、英語とは全く関係無い資格が必要な場合もあります。

例えば、エックス線を使用した機器を海外から輸入して国内で販売する場合、その装置の営業でデモを行うには、エックス線作業主任者の資格が必要です。物理に関しては全くの素人である私もそのような経緯でその資格を取得しました。

果たして、あなたは、英語を使って何ができるのでしょうか。

自分の英語能力以外の部分での、仕事面での実績・経歴や資格、学歴などに基づいて、このことを自問自答してみて下さい。そうすることが、次のポイントにも繋がってきます。

「英語ができる」ではなくて、「英語を使って何ができるのか」です。

スポンサードリンク

2. 英語を使って何をやりたいのかを明確にする

「英語を使って何ができるのか」が明確になると、次のテーマである「英語を使って何をやりたいのか」が見えてきます。

いくら英語ができても、英語さえ使えたらどんな仕事でもいい…ということはないでしょう。

英語は使える(必要)だけど、自分の性格やポリシーに合わないといったこともありえます。

先ほどは、英語を使ってあなたがどんな貢献ができるかについて見てみましたが、ここでは「英語を使って何がしたいか?」について考えてみます。

そして、この「英語を使ってこのやりたいこと」を考える前に、少し昔にさかのぼって、「なぜ英語に興味を持ったのか、思い起こしてみましょう。

英語が好きになり、英語の資格を取り、海外留学までしたのは、なぜだったのか」という問いの答えです。

英語を勉強することの情熱は、何かそれ以前に動機付けになることがあったはずです。

例えば、「ある外国映画を見て海外に行く、住むことに憧れた」「外国人と話せるのは恰好いい、すごいことだ、そんな自分になりたい」「中学校時代の友達が英語好き、自分もその友達のように英語ができるようになりたい、友達に負けたくない」などなど、いろいろあるでしょう。

あなたがそもそも英語を使えるようになりたいと思ったきっかけは何だったのかを思い起こして欲しいのです。

その上で、いま、あるいは将来の自分が、英語使うのにふさわしい場面を想像して下さい。私の場合は、前述の三つがすべて当てはまりました。

そうすることで、最終的に「英語を使って何をしたいのか」「英語を使って何がやりたいのか」の回答を探してみてはどうかという提案です。

・・・次のページで、さらに英語力を活かした仕事へ転職するためのステップを紹介していきます。

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法


★自分がもし転職するときに、どのくらい人材として価値があるのか知りたい25歳~35歳までの人は、
転職した方がいいか?転職診断テストで自分の市場価値を見極めるには?

50歳を過ぎても別の会社で必要とされる人材3つのパターンとは?
中高年サラリーマン
40代からの転職が変わった!あえて50歳以上も積極採用する企業の狙いとは?

★転職をちょっとでも考えたなら、最初にするべきことは…
転職サービスでもNo.1。リクルートの転職サイトにまず登録すべき理由

このままじゃ将来がヤバイ
・フリーター、・学校出たけど働いたことがない、・すぐ会社を辞めてしまった、
  …でも、正社員として就職したい人へ
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、大学中退者など14,882名が正社員に!

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす