26歳 院卒の転職計画 ネガティブ要素をポジティブに変える方法!

26歳 院卒の転職計画 ネガティブ要素をポジティブに変える方法!

26歳院卒 転職戦略 20代

26歳の院卒で転職活動する人は、以下の何れかに該当すると考えられます。

  1. 修士課程を終え就職した先を1、2年で辞めて新たな職場を探すケース
  2. 博士後期課程へ進んだ後に進路転換を図るケース(厳密には新卒就職)

若手院卒者の転職は、専門分野、研究実績、就業経験などにより状況が大きく異なります。

技術系で高く評価される実績を残した人であれば、大学や研究機関以外でも再就職しやすいと想定されます。

専門性についても幅広くとらえてもらえる可能性が高いでしょう。

一方、人文系の人は大学や研究機関など専門分野の延長線上にある職場以外への転職は、一般的にかなり厳しいと考えられます。

転職市場における26歳院卒者に対する、ネガティブな印象をポジティブに変えるための戦略を紹介します。


院卒でも第二新卒として扱われる?

第二新卒25歳以下というのが一般的です。

26歳、27歳だと足切り門前払いかと諦めてしまいそうになるかもしれませんね。

でも、大学院卒であればそもそも院を出たときにすでに24歳、社会人経験は25歳の時点でまだ1年程度、26歳でもまだ2年です。

そのため、院卒の人については第二新卒の年齢基準をゆるくしている企業が多いようです。

なんといっても大卒に比べれば、院の試験を突破する優秀さと、専門的なことを2年長く研究してきたという強みがあります。

第二新卒枠の求人を出している企業に興味があれば、ぜひチャレンジしてみましょう。

スポンサードリンク

転職市場での26歳院卒者に対するネガティブな評価

とはいえ、院卒であるがゆえのネガティブな要素も多くあります。

それらを見ていきましょう。

1.新卒ではない

多くの企業がいまだに新卒一括採用を続けている中で、26歳院卒者はオールドルーキー扱いです。

25歳以上でプロ野球のドラフトで指名される選手が少ないのと同じです。

一から鍛え上げるには、歳をとり過ぎていると判断されます。

2.社会人経験が乏しい

26歳院卒者は、歳をとっていても社会人経験が乏しいとみられがちです。

  • 勉強しかできない
  • 学校しか知らない

というイメージが一般的です。

3.稼ぐ能力・意欲が低い

学者や大学教員は、利益に無頓着な人が少なくありません。

このため、院卒者にも同じイメージを抱く人が少なくありません。

4.基本給が高い

高学歴で高年齢なため、基本給が高くなる(高くせざるを得ない)場合があります。

それで仕事ができれば問題ないのですが、単なるオールドルーキーとみなされれば採用の可能性は低いでしょう。

5.即戦力となる職場が少ない

技術系で専門能力が評価された人であれば、基礎研究や商品開発の現場で即戦力として評価されるでしょう。

しかし、それ以外の人は高卒・大卒の新人と同じ扱いとなります。

6.大卒同期より仕事ができない

26歳の大卒社員は3、4年の経験を積み、順調に育てば一人前の戦力になっています。

その人たちと比べて、26歳院卒者はただのオールドルーキーとみられがちです。

7.人事ローテーションが難しい

中途半端に専門性があるため、企業は人事ローテーションが難しいと考えることが多いといえるでしょう。

8.コミュニケーション力が低い

大学院は研究実績で評価される場であるため、それ以外の要素が重視されることはありません。

また研究職にはオタク的な高い集中力が求められるため、コミュニケーション力の低い人が少なくないというイメージがあるという問題があります。

9.プライドが高い

26歳院卒者の場合、高学歴というプライドが問題になるケースもあります。

人として誇りを持つことは大切ですが、ビジネス社会での裏付けのないプライドは邪魔になるだけかもしれません。

10.挫折感が強い

高学歴である一方で、いまの仕事がうまくいっていないために転職活動をしている人は、強い挫折感を抱いていると考えられます。

こうした人は、新しい職場でもネガティブな気持ちを引きずるのではと思われてしまうことがあります。

11.ひ弱

大学院まで終了した人に対しては、ひ弱なガリ勉というイメージを抱く人もいます。

とくに色白やせ型の人は、そうしたイメージを持たれやすいでしょう。

12.目標管理ができない

企業の商品開発部門の人からみると、研究者はダラダラ仕事をしていると映るケースがあります。

一般的に研究者と比べ企業の商品開発の現場では、短納期であるとともに小さな成果(わずかな改良・改変)を求められることが少なくありません。

13.育成しにくい

26歳院卒者は、実務経験の乏しい頭でっかちの役立たずとみられがちです。

育成しやすい(しがいのある)若手と思ってもらうことが大切です。

ネガティブイメージをポジティブに変える自己PR

1. 大学院で鍛えられた能力がある

大卒者と比べれば

  • 専門能力
  • 基礎学力
  • 論理的思考力
  • 文章力
  • ITスキル

などの面で優れているとアピールできます。

2. 研究室の雑用・事務処理経験が豊富

とくに理科系の研究室では、院生や若手研究者はさまざまな雑用や事務作業を押しつけられます。

経費申請、来客対応、宴会のセッティングなど若手サラリーマンと同じような仕事をしているはずです。

これを上手に伝えることで、会社でも使える人間であることをアピールできるでしょう。

3. 品質・顧客志向が強い

売上や利益に対するこだわりが乏しくても、品質・顧客志向が強いことはアピールできます。

企業の長期的、持続的な成長を考える上では、目先の利益よりも品質や顧客の利便性を優先するという姿勢は高く評価されます。

4. 新卒者の基本給を受け入れる

企業からみれば院卒の高学歴者であっても、社会人経験が乏しい新卒・第二新卒者と変わりません。

その点を認識して、大卒同期ではなく後輩の新卒者と同じ基本給を受け入れる姿勢をみせることも大切です。

5. 新卒者と同じ扱いを受け入れる

給与だけでなく、職場での扱いも新卒者と同列で構わないという姿勢をアピールすることも重要です。

年下の大卒2年目の社員も先輩だという意識で接する必要があります。

6. 企画・調査研究では大卒同期と勝負できる

院卒者は実験や論文執筆の経験が豊富なため、企画・調査系の業務に対する適応力は高いはずです。

この点では大卒同期と勝負しやすいのではないでしょうか。

7. 専門分野にこだわらずどんな仕事でもやる

専門分野の能力をアピールすることは大事ですが、それ以外の仕事にも積極的に取り組む姿勢をみせることも大切です。

「専門バカ」というネガティブなイメージを抱かれないようにすることが必要です。

8. 研究室・学会の人間関係でもまれている

研究室や学会の人間関係は、ある意味で企業社会よりも濃密で上下関係に厳しい面があります。

教授や先輩研究者などと円滑な人間関係を維持できた人であれば、会社の方が楽かもしれません。

9. 仕事に対する責任意識が強い

院生は実験や論文などに関し、一定の品質を保ったうえで納期を守り成果を示すことを求められます。

こうした厳しい要求に応えてきた経験は、仕事に対する責任意識の強さに表れるはずです。

10. 挫折を糧にできる

転職を考えている院卒者は、研究者として何らかの挫折を経験しているはずです。

その経験を企業社会で活かそうという前向きな姿勢は、採用面接の際にも高く評価されます。

11. 実験などで長時間労働の経験は豊富

院生のことを青白いガリ勉と思う人も少なくありませんが、実際には実験などで長時間の作業や徹夜での研究を強いられることも多く、ハードな仕事に耐えられる十分な体力が備わっていることもアピールしましょう。

12. 実験観察など細かな目標管理は得意

研究や論文執筆の際には目標を定め個別作業の進捗管理を行っていきます。

漫然と研究等を行うことはないため、企業で仕事をする際にも自分で細かな目標を設定して進捗状況を管理できるはずです。

13. 育成指導に過度な期待を抱かない

一般的に大学・大学院より企業の育成指導の方が大雑把だと考えられます。

なぜなら大学・大学院の研究より企業の仕事の幅の方が広い上に非論理的なことも多いからです。

論理的で、きめ細かな育成プログラムが存在すると期待しないことも重要です。


26歳、院卒者の転職活動のポイント

院卒者 転職戦略

1985年に7万人弱だった大学院生数は、2016年には25万人弱まで増加しています。

このため、学歴としての院卒の希少性は大幅に低下しました。

就職・転職市場では、○○大学の院卒という学歴ではなく、本人の中身が重視されるようになり、以前と比べ簡単に転職できなくなりました。

とくに、定員数が多い旧帝大系の大学院の学歴価値は大幅に低下しています。

一方で若年労働者不足は構造的な問題となっているため、若者にとっては仕事を選びやすい環境になりつつあります。

こうした院卒者が置かれたマクロ情勢と個人的な事情を総合的に勘案して、転職戦略を練ることが大切です。

といっても自力ではなかなか学歴などに見合う仕事を探すのは難しいです。

そこで、院卒1~2年での転職というやや特殊な事情に配慮してくれる転職エージェントの利用を考えてみましょう。
 

マイナビエージェントは特に20代の若い転職者に人気が高いエージェントです。その理由としては、

・内定まで徹底サポート
・転職経験を持つキャリアアドバイザー
・関東圏、近畿圏のUターン、Iターン転職にも対応している

ことがあげられます。
>>>第二新卒・20代専門の転職なら マイナビジョブ20’s

IT系の仕事をしていたり、研究をしてきた人であれば、
>>>首都圏のITエンジニアの転職なら マイナビAGENT×IT

別の大手転職エージェントとしては、
>>>転職のプロが薦める優良企業が豊富なのはDODA

転職者の8割が利用するリクルートの転職サービスについては、
転職者の8割が利用!リクルートの転職サービスをみんなが使う理由は?

あなたがこうした転職サービスもうまく利用して、転職活動に見事成功しますように。