転職ガイド一覧

女性が派遣で働くデメリット19。「こんなはずじゃなかった!」とならないために

派遣社員は、自由で好きな仕事ができるというメリットがある一方で、派遣先企業の福利厚生が使えない、交通費が支給されない、育休・産休が取りにくいといったデメリットもたくさん存在します。元派遣会社営業担当者が現場の裏側でしか知られることのないデメリットも含めて解説します。

派遣社員のメリットは?女性が派遣という働き方を選ぶ17の理由

正社員ではなく、派遣という働き方を選ぶ女性。転勤や異動がないから、一つの仕事のプロフェッショナルになれる、副業やダブルワークができる、正社員では就職が難しい会社に勤められるなど、派遣には嬉しいメリットがたくさんあります。元派遣営業の筆者が現場に入らないと見えてこない派遣社員として働くことのメリットを分析します。

就活で失敗して引きこもりになった人が働き出すために必要な考え方と実践方法

就活に失敗して落ち込み、引きこもりになったという人が再び社会で働き出すために必要な考え方とは? 会社員になるだけが成功ではない、引きこもりは人生の転換点、そこから先のレールを敷くのは自分自身、など引きこもりから脱出するための考え方と、そのための具体的な行動指針をご説明します。

派遣先に明日から行きたくない!契約期間が残っていても行かないための考え方と手順

派遣契約が残っているけれど、明日から行きたくない! そんな風に悩まれているのはあなただけではありません。でも、社会人として行きたくないから行かないというのはどうかなと思いますよね。急に行きたくなくなったときにどうすればいいのか、どんな手順を踏んで休んだり、契約を途中解除できるのか、元派遣会社営業の筆者が手順と考え方を説明します。

派遣先「合わない…辞めたい」と思ったら…穏便に辞めるルールと手順

派遣契約を交わして、派遣先企業で仕事が始まると、違和感があったり、暇すぎたり、さまざまな理由で辞めたいと思う人も多いのではないでしょうか。そんな時に辞めるのはOK? NG? 穏便に仕事を辞めるための方法と早期に辞めることのリスク、メリットなどをお伝え位しますl

「やりたい仕事がない」…… 別にそれでもいいんです!

さまざまな転職希望者を対象としたアンケートで、どの世代でも50%ほどは「やりたい仕事に就きたい」と回答しています。ですが、そもそも「やりたい仕事」って見つけないといけないのでしょうか?「やりたい仕事」が見つからないからって、悩む必要はないんです。その理由を順番に説明していきたいと思います。

30代で転職したい高収入28業種~40歳での平均年収は?

30代は、いまの勤め先では昇給が頭打ち、明るいキャリアプランが描けない、将来性がない、現状の評価に不満がある、といった理由で転職を考えたくなる年齢です。そういった人が転職したいと考える高収入が得られる企業や業種にはどういったところがあるのでしょうか。日系の大手企業だけでなく外資系企業、ベンチャー企業、歩合制企業など。不動産を始めとする物価を考慮した実質賃金で考えれば、地方にも高収入企業があります。高い年収を得られる企業を紹介します。

派遣社員から正社員になる! 元派遣会社営業が語る正社員就職への道

派遣社員として派遣先で仕事をし始めて、福利厚生や雇用の制度などの違いに気づくということはよくあります。同じ仕事をしているなら、ボーナスも昇級もあって、安定した立場の正社員になりたいと思う人も少なくないでしょう。 元派遣会社営業担当者が雇用制度の違い、正社員になるための準備や方法を伝授します。売り手市場である現在は、転職しやすい時期。是非一度、正社員への転職を考えてみましょう。

人の心を助ける仕事がしたい! 資格とスキルを習得するには?

人の心を助ける仕事には、たくさんの種類があります。心の病気を治す精神科、心療内科の医師や臨床心理士、カウンセラーと呼ばれる有資格者の人から、悩んでいる人の話を聞く電話相談員、占い師といった仕事までさまざま。自分に合った仕事を見つけ、資格取得に向けて勉強していきましょう。

ダブルワーク・バイト掛け持ちにオススメの仕事は?

理由はさまざまですが、バイトの掛け持ちやダブルワークをしている人が増えているそうです。「少しでもたくさん稼ぎたい」「海外留学の費用を貯めたい」「独立・開業資金を貯めたい」ある人材派遣情報サイトが4,233人に行ったアンケートによると、57%がダブルワークの経験者とのこと。では、どんな仕事があり、どんな仕事が人気なのでしょうか?タイプ別にオススメの仕事を探ってみます。

女性が働きやすい会社の見つけ方。そうじゃない会社とどう違う?

女性にとって働きやすい会社と聞くと、どんな職場を思い浮かべますか?とにかく残業が少なくて、休みもしっかりとれるところでしょうか? それともやりがいがあって、自分のキャリアをしっかり築いていける会社でしょうか? 何を重要視するかは人によって違いますが、仕事と生活のバランスが取れて長く続けられるという点も見逃せません。

【入社1年目の退職ガイド】「もう辞めたい…」という人のための手順

厳しい就職活動を乗り越えて、希望をもって入った会社。ですが、入ってから「こんなはずじゃなかった」と思うのは誰でもあることです。入社1年目でも「退職をした方がいいケース」があるのも事実。そんな方がスムーズに会社を辞められる退職ガイドを紹介します。