50代

50歳を過ぎたら会社から必要とされない人10の特徴

50歳に到達した段階で、役員・幹部候補生とみなされて会社に残ることが一番かもしれません。しかし、多くの人は「会社に残ってほしいと切望されるほどではないが、役に立たない訳でもない」という位置づけです。そうした立場を理解して給与カットも受け入れれば会社も雇用を継続するでしょう。会社に必要とされる人材として働き続ける道はいろいろあることを理解して、自分の現状と志向に合った道を探してサラリーマン人生を全うすることが重要ではないでしょうか。
50代

50代で転職を成功させるために押さえておくべき7つのステップ

一昔前の50代サラリーマンの転職は、30数年間勤めた会社をやめた後の余生を過ごすところを選ぶものでした。しかしいま、大半の人は長寿化や年金支給額の削減などをにらみ「完全リタイア前にもうひと働きしたい」という思いで転職先を探しています。50代の転職は新卒採用などと比べ、個人の置かれた状況や条件が多様なため、自らの希望や制約をよく考えて探すことが大切です。ここでは50代の転職を成功させるためのポイントをステップ順に紹介します。
50代

50歳で早期退職したらどうなる? 生活破綻しないための確認事項!

50歳で早期退職した場合、その後の生活が成り立つかどうかが気になります。現在は、給与所得や退職金が減少傾向をたどる中で十分な年金を見込めない状況にあるため、老後に生活が破綻するリスクも大いにあると考えられます。50歳で早期退職する場合に確認すべきことと覚悟しておくべきリスク要因を解説します。
50代

定年後の再雇用で高条件を引き出す!会社とあなたの状況に合わせた身の振り方は?

定年後の再雇用を目指すか見切りをつけるか。 いずれにせよ今から準備しないと不利な条件になってしまいます。 定年後の再雇用は現役時代の豊富な知識や経験を買ってくれ、また馴れ親しんだ職場もしくは会社で引き続き働けるので、定年後の身の...
50代

50歳を過ぎても会社に必要とされる人10の特徴

多くの大企業では、50歳を過ぎた社員をコスト削減のために「早く辞めてほしい人」と会社の発展に貢献する「残って欲しい人」に区別します。辞めてほしい人には、アメとムチを駆使して早期退職を促します。一方で残って欲しい人に対しては、会社が相応しいと考えるポストと待遇を用意します。会社に少々の問題がおきてもリストラの対象にはならない、会社が必要とする人材の具体例を解説します。
50代

40代~50代で初めて転職する人向け転職活動の注意事項!

転職マーケットは20代、30代を中心に活況です。 若手の人材には、将来の成長の伸びしろや、若さゆえの活力に期待する部分が大きいから…ということは誰でもわかっていますよね。 では、40代、50代はどうでしょう? 20代、30...
50代

50歳からの転職を成功させる秘訣!もし50代で転職を余儀なくされたら…

50代で転職を検討せざる得ない状況になった…。 リストラ・退職勧告・早期希望退職の募集、望まない異動・出向、不当人事などで転職を余儀なくされている…。 あるいは、中には仕事人生の最後に本当にやりたかった仕事をしたい、または生活の...