転職活動の方法

退職手続き

「諭旨退職にする」と言われた時の対処方法

「諭旨」には、以下のような意味があります。「目上の者が目下の者に言い聞かせること」「趣旨や理由を諭すこと」。何となく、悪いことをして会社を辞めざるを得なくなったというイメージは伝わると思います。しかし、どの程度のことであれば「諭旨退職」の対象になってしまうのか?諭旨退職の実情と、もし「処分を受けた場合の対処法」について解説します。
退職手続き

退職届で「一身上の都合」と書くべきではない場合がある!

「一身上の都合」という曖昧な表現ではなく、具体的な理由を明記した退職届を出すことが望ましいケースもあります。たとえば、「悔しい!絶対に自分のせいで辞めることにはしたくない!」…といった場合。そこで、「一身上の都合」といういかにも日本的であいまいな表現を使って仕事を辞めると、後々になって都合が悪くなるケース、リスクとメリットを解説します。
面接

最終面接になぜ落ちるのか?|最後に取りこぼししないために注意すべきこと!

最初の窓口である採用担当者が行う第一次面接、人事の責任者による第二次面接、そして社長や役員など会社幹部がチェックする最終面接の3段階がよくあるステップです。面接は個人面接が基本ですが、応募者の多い場合は第一次面接で応募者数名を同時に面接する「グループ面接」にして絞り込みをすることもあります。いずれにしろ、各ステップをうまくくぐり抜けて内定にたどり着くためには、それぞれの特徴をよく理解し、それに応じた面接対策を立てておくことが大切です。
退職手続き

希望退職とは?応募したら人生どうなる?

希望退職の募集対象者に含まれる人は、客観的な事実として会社の経営状態が良くないこと。自分が会社にとって必要不可欠な人材とはみなされていないことを認識すべきです。その上で希望退職に応じる場合と定年まで勤め上げるケースの「損得勘定」を冷静に計算して、損をしない選択をすることが重要です。客観的な事実認識と冷静な選択をするための注意点を解説します。
退職手続き

退職理由の嘘でピンチに…「ウソも方便」と言えないケースとは?

自分の利益だけを考えて、経歴をごまかしたり過去の実績を誇張したりすることは絶対に許されません。一方で、前職の同僚や家族を傷つけないためにつく嘘には、許されるものもあるはずです。一番大事なことは誠実な人間性です。それを前提とした上で、退職理由について嘘をつくことに意味があるか否かを考えることが重要です。転職する時についてはいけない嘘とそのリスクについて解説します。
転職活動の方法

プログラマーがフリーランスになるメリット・デメリット

プログラマーはホワイトカラーの職種の中で、もっともフリーランスになりやすい仕事です。ある程度のスキル・経験を有する人であれば、コミュニケーション能力などに重大な問題を抱えていない限り何らかの仕事を確保できる可能性が高いでしょう。「組織の歯車として働くことが性に合わない」「自分の判断で仕事と私生活のバランスをとりたい」などと考えている人向けに、プログラマー、ITエンジニアがフリーランスになるメリット、デメリットとおもな案件依頼元を紹介します。
履歴書・職務経歴書

「職歴」に空白期間(無職)がある人のための履歴書の書き方

転職時に求められる履歴書・職務経歴書は、学校を卒業してから今回の応募までにどんな仕事をしてきたかという「職歴」を書くのが必須です。 しかし、いざ書き始めてみて、空白期間(ブランク)があった時はどう書けばいいのか、戸惑いますよね。 ...
面接

圧迫面接|パワハラ・モラハラ対応に勝つ!キレるか辞退か?

『圧迫面接|パワハラ・モラハラ質問に勝つ!質問への対応例』では、あくまでシビアな選考のための“圧迫面接=追及質問”について述べました。 一方、それとは別に、企業体質を疑うような、ひどい質問をする企業や面接官がいるのも確かです。 ...
面接

圧迫面接|パワハラ・モラハラ質問に勝つ!質問への対応例

転職活動する人にとって、企業との面接は大きな難関です。 ある程度の基本質問の想定はできるでしょうが、実際の面接ではシナリオ通りにはいきません。 特にやっかいなのが、「圧迫質問」と言われるもの。 さっきまでニコニコしていた面...
面接

ブラック企業の見分け方|圧迫・パワハラ・セクハラ面接ならすぐ逃げる準備を!

いまやブラック企業は世間に公表されるようになりました。しかし、規模の小さい会社では、相変わらず実情を隠した面接や選考が行われ、入社して初めてブラックだったとわかるケースがいくつもあります。ですが、会社を訪問した際に、社内の様子や面接官の言動などを注意深く観察することで、怪しい点を発見することができる可能性が上がります。そんな「面接でわかるブラック企業の見分け方」を、お伝えしていきます。
転職ガイド

【異業種へ転職できる】志望動機8つ。面接官に説得力のある理由は?

あなたが異業種への転職を目指す動機はなんでしょうか? 異業種への転職を希望する場合は、その個別企業への志望動機の前に、その業種・業界を志望する理由の説明が求められます。 前向きな動機であれば堂々と述べればよいでしょうが、後ろ向き...
転職ガイド

最終面接の合格率【転職・中途】通過率の高い会社、低い会社の特徴

最終面接での合格率は、企業が中途採用を計画した時にある程度シミュレーションをして決めておくのが一般的です。 質・量ともに欲しい人材を採用するためには、どれぐらいの応募者(いわゆる母集団)を集めるか。 そして、面接・適性検査・筆記...
転職ガイド

最終面接で逆質問【転職・中途】ではしない方がマシ。安全な受け答えはコレだ!

長かった転職活動もやっと最終面接までたどり着き、その最終面接での質問もなんとかクリアして、これで面接も終わりかなと思った時…… 面接官から、「こちらからお聞きしたいことは以上ですが、○○さんの方から質問があれば、どうぞお尋ね下さい。」...
面接

Uターン転職の志望理由は、ホンネとタテマエの整理がポイント!

Uターン転職を目指す人の志望理由は、大まかにいってポジティブなものとネガティブなものに分かれます。 「地元に貢献したい」という前向きでまっすぐな気持ちを持って転職を目指す人は多いと思われますが、中にはさまざまな理由で「Uターンせざるを...
面接

1次面接~2次面接~最終面接の違いを知れば、突破するためのポイントが見えてくる!

採用選考をする会社は、応募者をいろいろな立場の人に人物評価をしてもらうために、面接ステップを段階的にセットするのが一般的です。 最初の窓口である採用担当者が行う第一次面接、人事の責任者による第二次面接、そして社長や役員など会社幹部がチ...
面接

35歳で未経験の職種に転職するには…【面接】受け答え例5

35歳前後になってから、未経験の職種、業界に新たに挑戦する、という志は立派です。 自分に制限をかけず、「まだまだ何でもやれる!」という思考でいられるのは素晴らしいですね。 ですが、未経験の仕事に転職しようとして、採用されるかとい...
仕事辞めたい

会社が辞めさせてくれない…【バックレ最終手段】会社と縁を切る一番安全な方法

長時間労働、休日出勤、イジメ、パワハラなどで会社に行くのが辛い…。 心身ともに疲弊して、追い詰められているあなたへ。 これは、会社を辞めるための、最終手段です。 心身が取り返しのつかないことになる前に、余計なことを何も考え...
転職ガイド

面接で「短所」をきかれたら、うまく「長所」に言いかえる具体例8

面接質問で「自己紹介をお願いします。」と言われ、言い方にちょっと困ってしまうのが「短所について」です。 名前、前職経験、特技や資格など簡単なプロフィールをひと通り話した後、まだちょっと時間があるなと思って長所について話し出すところまで...