1. TOP
  2. 40代からの転職が変わった!あえて50歳以上も積極採用する企業の狙いとは?

40代からの転職が変わった!あえて50歳以上も積極採用する企業の狙いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
50歳 転職

40歳を過ぎると、ある意味 “普通の求人”はだんだんと少なくなり、それゆえ中高年の転職は難しい‥のはご存知のことでしょう。

50歳ともなると、「もうマトモな求人はない!」と言う人さえいます。

実際、40歳以上~定年までの転職市場の中では、ミドル~シニアという分類の中で求人募集が行われ、選考判断されていきます。

ここはまったくの“買い手市場”で、給与をはじめとする待遇は、募集する会社側の言いなり…と言ってもいいでしょう。

しかし、そんな中、ミドル~シニアに分類される40~50代を、あえて高待遇で採用しようという企業が増えています。

こうした募集を行う会社には、いったいどんな事情があるのでしょうか?

40歳を超えてからの転職成功者が激増している!

実は中高年を対象とした転職市場は年をおって拡大しています。

大手転職情報サービスが調査したデータによると、転職成功者の平均年齢は年々上がっており、特に40歳以上での増加は著しいものになっています。

出典:転職サービス「DODA(デューダ)」調べ 転職成功者平均年齢32.0歳、過去最高を更新年齢別の転職成功者グラフ
http://www.inte.co.jp/library/survey/20150202_02.html

グラフを見れば一目瞭然、まさに激増です。

この40歳以上にはもちろん50歳以上も含まれており、そのひとつ下の年齢のくくりでも若年層より伸びが大きくなっていることからも、ある程度の年齢を過ぎた人もどんどん転職に成功していることがうかがわれます。

いまの転職市場においては応募者が「何歳」であるかよりも、「キャリア」がどうかを評価する傾向にあるといえるでしょう。

50代でも積極採用する会社の事情は?

そんな中で、特に人件費が高い40~50代の人材を、あえて高い給料を払ってでも採用しようとする目的は以下のような事情によるものです。

1) 年齢ピラミッド(年齢構成)の是正

まずはズバリ、会社内のミドル~シニア層の不足です。

人員構成

ベテラン社員が定年をむかえ相次いで退職した、あるいはその予定があるという時には、次世代の30~40歳の中堅社員が育つまで中継ぎ的に人材を補充し、後輩育成、技術や専門知識の伝承をしてもらおうという狙いがあります。

会社自体は安定的に事業活動をしているのですが、今のうちに少しいびつな人員構成を是正しておこうという、どちらかと言えば余裕の戦略です。

この場合では、転職する人はそれほどの高待遇は期待できません

2) 他社との競争上どうしても専門性の高い人材が欲しい

専門知識や技術は、普通なら現在のスタッフで十分足りているはずなのですが、時にライバル会社の攻勢があったり、事業環境の変化により新たな専門性が必要となったりすることがあります。

IT エンジニア

たとえば激しさを増す開発競争IT対応海外(グローバル)を含む新規商圏への進出が対抗上必要になる時などです。

いま雇っている社員の育成も当然考えますが、ライバル会社は待ってくれません。

速効性が求められる場合、そういった知識・経験を保有している人材の募集をかけて雇う方法もありますし、もっと手っ取り早くするには競合他社からのヘッドハンティングもありえます。

実際、そうした求人のニーズは増加しており、エグゼクティブ(ハイクラス人材)専門の人材紹介会社も業績を大きく伸ばしています。

こうしたケースでは高度な専門性やスキルをアピールすることで大幅な年収アップも可能です。

3) 新事業立ち上げのトップとなる幹部候補がいない

現在の事業スキームで戦えるうちは問題がないのですが、環境の変化とともに現事業の先行きが不透明になってきた時、会社はそれまでは違った分野での事業展開を模索し始めます。

それに伴い必要になるのが、新規事業を立上げられる人材です。

新しい事業というからには、それまでその会社にはなかった事業を新たに始めるということですから、当然、社内には経験者もいなければスキルやノウハウもありません。

新事業立ち上げ

あくまで既存の社員だけで一から立ち上げるという場合もありますが、スピードをもって経営計画を実現していくためには、より強力なリーダーシップとマネジメントに長けた人材を外部から招聘することになります。

こうした新規の事業立ち上げを行える人材は、転職サイトなどの一般求人媒体では限界があるので、専門職や幹部社員だけを扱っている人材紹介会社を中心に募集をかけることがあります。

こちらも2)のケースと同じく高い報酬での転職も可能です。
 

 
もし、あなたが上で紹介したような、管理職などマネージャークラスや専門職・スペシャリスト、あるいは海外経験が豊富な人であれば、現在の年収を維持しつつより条件のよい求人や、高収入の求人にアクセスすることができます。

40~50代ベテラン社員向けの求人情報が多く、いま500万円以上の報酬を得ていてさらにキャリアップを考えている人は、まずはメルアドだけで登録OKです。
>>>選ばれた人だけの会員制転職サイト BIZREACH

会員制の転職サービス「ビズリーチ」について詳しくは、
年収1000万円以上の求人が5,000件ある転職サイトとは?

 

企業側の求人目的に照準を合わせた転職対策とは?

それでは、これらの会社に応募する際に、どういったところに力点を置いて自分のリソースをアピールするのがいいのでしょうか?

1) 労務(年齢)構成の是正を目的とする会社

いびつな年齢構成を改善する目的で求人をかける会社は、中堅・中小企業には割りとありがちです。

中長期的な要員計画=採用計画を進め、また採用人数も多い大企業はあまりそうしたことは起こらないのですが、中堅・中小企業はなかなか徹底できず、計画は仮にあっても経営上やむなく数年間採用を見送り、結果、バランスの悪い人員構成にしてしまっているということがあります。

たとえば、創業時代の社員が高齢化して専門知識のある先輩社員が数年のうちに退職する予定になっている場合、欲しいのは若手がもう少し育つまで「中継ぎピッチャー」をしてくれる良き先輩社員です。

出世する人

タイプ的には、「なんでも親切にノウハウや知識を教えてくれるベテラン社員」になります。

もちろん、志望する会社で必要とされる専門知識、技術の保有は大前提ですが、加えて人間性などのヒューマンスキルや、会社の中堅として働けるコンセプチャルスキル(状況判断力、問題解決力、課題構築力など)が問われることになります。

特に、中堅・中小企業は大企業のさまざまなシステムを知りたがっています。もし、大企業から規模の小さい会社に転職する場合は、大企業時代に当たり前と思っていたさまざまなシステムを知っているというのは、間違いなく「売り」になります。

2) 専門知識の高い人材を欲しがっている会社

高い専門性を持った人材を求めている場合、募集要項の備考欄には、「経験者求む」「実務経験◯年以上必須」、あるいは「○○に関する開発経験」などと書かれています。

IT エキスパート

この場合、「経験者優遇」や「実務経験あれば尚良し」とは違い、明らかに専門知識・経験があることを大前提にしています。

ここは勝負のしどころなので、応募のときに求められている提出書類が「履歴書」「職務経歴書」だけであっても、自分の専門知識や技術力がわかる資料、成果物を別添資料(ポートフォリオ)にして、最大限PRできるようにしておくことです。ポートフォリオは何もデザイン系だけのものではありません。

もちろん「職務経歴書」には、何をしてきたか、何ができるかをしっかり書き込みます

好条件で企業に迎え入れられるために非常に重要ですので、何度でも推敲して作り上げましょう。

ここでもうひとつ大事なことがあります。それは、「持参金」です。と書くとちょっとスキャンダラスですが、これはあくまで比喩です。

実際には、ライバル社に関する企業情報とか前職時代に作った人脈とか、有形無形の財産のことを言います。

もちろん、企業スパイになってはいけませんし、将来に再度転職することになった時に自社の情報を持ち出されることを採用側は当然警戒しますので、そのような“不正”を行う人物ではないことは十分理解してもらう必要があります。

あくまでコンプライアンス遵守の範囲で志望会社に提供できるノウハウや情報を持っていることをセールスポイントにします。

3) 新事業立ち上げのトップを探している会社

新しい事業を立ち上げようとする人材に必要なのは、まずはマネジメント力があることです。ここでいうマネジメント力とは単に管理者という意味ではなく、「ヒト、モノ、カネ」を目的に向けてコーディネイトしていける力です。

事業立ち上げ

管理職経験ももちろん必要ですが、管理職経験だけだとどうしても「ヒト」に意識が集中しがちになります。事業には収支がつきもので、資金調達や資金繰り、投資と回収といった「カネ=財務的視点」も求められます。

そして、何の事業を立ち上げようとしているのか「モノ、コト、サービス」に一定の造詣や知識を持っていることも重要です。

50歳と言えば社歴がおおよそ30年、この中で経験した「ヒト、モノ、カネ」の3つの観点からそれぞれ実績を語れるような準備が必要です。

自分の専門知識やマネージメント・事業運営の経験を職務経歴書にしっかり書き上げましょう。

そしてもうひとつ。最後まであきらめない強い意志力、粘り、緩急をつけたリーダーシップなど不退転の気持ちで臨むという人間的側面をぜひ面接の場でPRしましょう。

40歳を過ぎての転職の面接での具体的な売り込みトーク

以上のことを踏まえて、40~50代での転職でありがちな面接質問と、具体的に「売り込む」ためのトーク例を紹介しましょう。

Q.

採用担当者
前職では大変重要なポストで活躍されておられたのですが、今回当社を志望していただいて、何か貢献できるものをお持ちでしょうか?

A.

応募者
「ご質問ありがとうございます。前職でのポストは、営業本部で副本部長をやっておりました。ご存知のように◯◯商事はインテリア関連雑貨の総合商社で御社とも関連深い関係でアイテムによりましては良きライバルと言えます。

営業本部長は役員なので、実質営業本部の舞台回しは副本部長である私の担当でした。販売先開拓と管理、部下管理、顧客管理、仕入先交渉など営業実務の統括はすべて私の采配下にありました。

ここで経験したマネジメントや営業実務すべてが私の財産となっており、御社に入社できました暁にはその財産で必ず貢献できると考えております。」

Q.

採用担当者
具体的にはどのような力をお持ちですか?

A.

応募者
「はい、具体的に申し上げますと、まず仕入先への影響力は御社に変わりましても発揮できる自信があります。と言いますのも、仕入先との人脈は私のこの業界での歴史であり、各社幹部との付き合いは深いものがあります。

また、販売先につきましてもほとんどの大得意先は私が営業として担当していた時にお世話になった顧客です。前職に迷惑かけない範囲で新規取引に応じていただける可能性があります。」

Q.

採用担当者
前職を辞めようと思った最大の理由は?

A.

応募者
「営業本部長とは二人三脚で一体となって仕事をし、数々の成果もあげてまいりました。

年齢的にそろそろ次期営業本部長候補として頑張り、昇格も期待していたのですが、昨年秋に管理系の部署への異動を打診され、営業畑一本できた私としては大変ショックを受けました。

いろいろ悩んでいた時、御社の求人を知ることとなり好きな営業を続けられるならチャレンジしてみようと思い志望しました。」

Q.

採用担当者
〇〇さんは前職時代、部下や後輩指導についてはいかがでしたか?

A.

応募者
「周囲からは、面倒見が良いとよく言われました。若い連中が好きで、みんなを集めて自主勉強会など開いたことがあります。私も若い頃、先輩から教えてもらったことが今となって財産になっていて、こういうことは、順送りだと思っています。」

Q.

採用担当者
今回の募集は、ゆくゆくは新しい事業の立上げを念頭においたプロジェクトを担当していただこうと考えております。〇〇さんの前職で、新規事業部時代にプロジェクト経験がおありですが、この時のポイントをお話しください。

A.

応募者
「新規事業のポイントは、一言で申しますと事業目的に『ヒト、モノ、カネ』をいかに効率よく集約していくかというマネジメント力に尽きると考え実行してきました。簡単にプロジェクト担当と言いますが、会社的には絶対後戻りできないという状況の中で、最後まで粘り強くみんなを引っ張っていくリーダーシップが必要だということを経験しました。」

中高年の中途採用、ここからのキャリアップも普通になる時代

ベテラン社員を求める企業の事情をみて、なにを感じられましたでしょうか?

40歳、50歳という年齢は会社の中でひとつの見極めをされる年齢です。

順風満帆にそれなりに出世してきても、幹部として定年まで残れるかどうかとなると、競争はこれまで以上に厳しくなります。

出世する人

仕方なく閑職に甘んじて会社に残る生き方もあれば、これまで培った専門知識や技能を活かせる会社を探して転職の選択をするという生き方もあります。

この時、求人をする会社からすると、中高年ならではの転職希望者のよくある事情は、理解はできても、出世競争からはずれて、いわゆる「負け犬意識」のある志望者は求めていません。

高齢者の定義が75歳からになろうとしているいま、40歳、50歳といえばまだまだこれからが働き盛りといってもいい年齢です。

人生もう一花咲かせたい、これまで培ってきた技能と経験を別の舞台で試してみたい、と感じている人は多い筈。

しかし、この歳で転職できるのだろうか?…という人もまた多いもの。そんな人は、エージェントを利用するという手があります。

転職エージェントは一般の人向けの転職斡旋として、もっとも間口の広いルートです。

実際、よくある転職サイトで求人を探しても、50代ともなると待遇の良い条件の仕事に自力で面接・転職成功までこぎつけるのはなかなか難しい場合があります。

しかし、転職エージェントには、誰でも見ることのできる転職サイトの求人にはあがってこない非公開の求人情報が抱負にあります。

ここは転職のプロの力を借りてみるのが得策です。

そして転職を専門家に相談しようかと思ったら、人材派遣業で圧倒的な実績を誇るパソナグループが提供する転職エージェントサービス「パソナキャリアを検討してみてはいかがでしょうか。

ここでしか募集をかけてない独占求人が多く、社会貢献を大切にしている企業だけあって、利益よりも転職希望者への心遣いを大切にしているという評判です。

また、40代50代を中心とした再就職支援も行っており、コンサルタントが応募者にあった求人企業の開拓をサポートしてくれます。他のエージェントでなかなかここまでやっているところはありません。

企業への推薦、面接日程の調整など、自分ではできないことを助けてくれるので、これまで転職経験のない人には特にいいかもしれません。

拠点も全国にあり土曜日もOK、日・祝でも可能な限り対応してくれます。

【登録は3分ほどで完了】
40代、50代も積極的に登録を受け付けている転職エージェント
>>>パソナキャリア

ただしIT系の転職は専門の転職エージェントの方が強いので、こちらは営業や事務系、IT以外の技術者などの職種の人にオススメです。

転職はキッカケであり、むしろ今後の就業意識や意欲が高いかどうかを必ず見極められます。

これまでの実績とスキルをしっかりとアピールし、納得いく待遇で転職できるよう、意識を高く持って応募から面接まで挑んでください。

あなたはきっとまだまだやれるはず。

あなたが新しい職場で、これまで以上に力を発揮できますように!

 

…そしてもし、あなたが、いままさにリストラの危機に直面していたら、
50歳からの転職は?もし50代で転職を余儀なくされたら…

こちらも合わせてお読みください。

★在宅で稼ぎたいという人にはネットビジネスがおすすめです。
ネットで副業したい初心者向け。在宅ワークで出来る仕事は?

★比較的簡単にとれて、転職に役立つ資格は?
簡単に取れる資格<事務系9つ>就活・転職で有利に!

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

よく読まれている関連記事

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす