1. TOP
  2. 転職エージェントが語る「応援したい人」7つの共通点【転職成功はパートナーシップで決まる!】

転職エージェントが語る「応援したい人」7つの共通点【転職成功はパートナーシップで決まる!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転職エージェントが応援したくなる人の特徴

転職エージェントを利用することは、転職成功の目的達成を目指すために、ごく当たり前になってきました。

あなたも転職エージェントを使うかどうかの検討中、あるいはすでに転職エージェントと契約して転職活動中かもしれませんね。

さて、実は、その転職エージェントに対し、

あなたがどのように接するのか」、

そして

転職エージェントから人間性などをどう評価されるのか」によって、

転職成功の成否が変わるケースが、多々あるという事実をご存知でしょうか?

 

現役の転職エージェントとして延べ約3000名の転職相談を受けてきた経験から、

転職エージェント側が、転職活動のパートナーとして、

ぜひ転職成功をさせてあげたい」と強く思い、

転職成功を実現されてきた転職希望者の共通点をお伝えします。

スポンサードリンク

転職エージェントが「転職させてあげたくなる人」の特徴

転職エージェントが「転職させてあげたくなる人」とは、具体的にどういった転職希望者なのでしょうか。

結論を少し先取りしてお伝えすると、

転職活動をビジネスとして捉え、誠実に行動できる人

・・・ということに集約されます。

「転職活動はあくまで個人的なプライベートの活動でしょ?」

と思われた人がいたら、それは危険信号です。

いままさに転職エージェントから見放されていたり、

もしくは転職エージェントからすると「あまり支援したくない人」に分類されていたりするかもしれません・・・。

※注)特例的な超ハイスペック人材(例:ハーバード大学大学院でMBAを取得後、世界銀行でコンサルを経験があり・・・)というような人はまた別の評価があります。
この記事ではそこまで特別なスキルや経験などを持っているわけではない普通の人を想定しています。

それでは、転職エージェントから高評価を受け、

転職エージェントが「転職させてあげたくなる人」の特徴7つを、

具体例を挙げながら説明していきます。

スポンサードリンク

1. 誠実で正直な人

言わずもがな、の絶対的に必要な要素が

誠実、正直

であることです。

転職活動に限らず、通常のビジネス場面や日常生活でも同じだと思いますが、

特に転職活動においては、学歴や資格、在籍企業、業務での成果(社長賞受賞等)、懲罰や休職経歴の有無など、転職希望者を評価する際に重要な情報を扱います。

そして、それらの情報は基本的に個々人の自主申告であり、転職エージェントも選考企業側も、詳細にはそれが正しい情報かそうでないか判断をするための情報を持ちえないので、あくまで転職希望者の倫理観を信じる形になります。

だからこそ、転職エージェントが面談した際の印象や転職活動のプロセスの中でのやりとり、企業との面接を複数回行う中での企業の評価等々を複合的に判断し、

この方は間違いなく、誠実で正直な人」と転職エージェントが判断すると、

転職エージェントは自信をもって企業側に推薦をしたり、最新の募集企業の情報を他の転職希望者より優先して届けたりするようになります。

それが結果的に転職成功につながっていきます。

ちなみに、例えば「営業成績の達成率を実際の110%から120%に10%水増しした」というくらいのかわいいものであれば、

そもそも業績達成をしていることは変わらないので(その上、そこまでの裏付けは求められませんし)、問題視はされません。

しかし、中には「自分にとって不都合な1社目の経歴を、正社員雇用ではなくアルバイト雇用として職歴から消してしまおう」などといった経歴詐称を意図的に行おうとする方も多くいるのが悲しい現実で、経歴詐称から法的訴訟になる事例もあります。

訴訟までは至らずとも、経歴詐称をして内定・入社をしたとして、その後に経歴詐称が発覚すると内定取り消しや退職を要望されるため、誠実に正直に生きるほうが、最終的には特になるのではないかと思います。

一般的なビジネスに置き換えても、昨今の大手企業の度重なる不祥事は不正会計や不正な実験をしてきた背景があり、それが明るみに出た際の大きなダメージは皆さまご理解いただけると思いますが、転職活動においても同様と言えます。

2. 自責で改善できる人

現在の職場や学校生活の中で、上司や先生から「他責ではなく、自責で自分のことを振り返るように」と言われたご経験がある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、ついつい他人のせい、環境のせいにしたくなるのが人間の常。

転職活動において、自責・他責が象徴的に明らかになる場面は「選考お見送り(不採用)」という、ご自身にとって負荷がかかる場面であり、そこでどのように考え行動できるかが重要です。

実例をもとに、どういったことか具体的に見ていきましょう。

<状況>
志望度の高いA社の1次面接でお見送り。理由は「当社の業務や事業への理解不足」

転職希望者パターン①

いい転職希望者の例
「残念ですが、仕方ないですね。
確かに企業が指摘する通りです。

次回以降の選考に活かしていきたいので、ぜひ企業分析の方法や次のB社の選考情報について教えていただけないでしょうか。

また、自身でも転職活動に臨むスタンスに甘さがあったと反省しているので、再度、面談の機会をもらって棚卸をしていきたいので、お時間いただけないでしょうか」

転職希望者パターン②

良くない転職希望者の例
「残念です。でも、これって、求人票情報や企業HPの情報が少なすぎて、理解しようがないと思うんですよ。

色々自分なりに調べたんですけどね。納得できないな。

あと、Cさん(転職エージェント)も、面接の前に何も情報をくれなかったじゃないですか。

特に今回は経験のない職種へのキャリアチェンジの面接だったので、どのように面接を組み立てたら良いか、教えてほしかったですね。

それが残念です」

 

・・・いかがでしょうか。

パターンのケースは、まさか自分はこんな見苦しいこと言わないよ、と思われる方が多いかと思いますが、現実にはけっこうな割合でこういった「逆ギレ」をする人がいるのも事実です。

パターンは綺麗すぎるように思えるかもしれませんが、こういったタイプの方はほぼ100%の確率で面接スキルをアップし、持ち前の人柄の良さも含めて評価され、転職成功を勝ち取っていきます。

ビジネスの場面でミスをしたり、業績が出なかったりしたとき、(仮に自分以外の要因が多少あったとしても)パターン②のようになるのではなく、自分がどこを改善できるか、建設的に何が次出来るのかを考えて行動できる人の方が評価される、それと同様のことになります。

スポンサードリンク

3. 報告・連絡・相談を的確にできる人

いわゆるビジネスの基本といわれる報告・連絡・相談。

転職活動においても、いかに転職エージェントに報告・連絡・相談ができるかは重要な成功要因となります。

最も転職活動において、報告・連絡・相談の重要性が浮き彫りになる場面としては、「内定獲得後の辞退をする」という場面です。

どういうことかというと、転職エージェントからすると、内定受諾して入社して頂ければ自分たちの売上・利益にもなるため、自ずと転職エージェントが前のめりになる場面です。

内定に至るまで、数多くの求人情報の紹介、面接日程の調整、各種の質問に対する回答等々の労力を投じているため、なおさらのこと。

一方で、転職希望者からすると「内定は嬉しいが、条件が合わないのでそこに入社したくない」という事態も当然起こります。

この両者の心理状態が交錯する場面で、普段から転職エージェントに報告・連絡・相談を行っていれば問題はほとんど起こりません。

  • 「自分は年収と裁量権を優先しているので、それを満たさないと内定承諾はしませんよ」と、条件を明確に伝えている場合。
  •  

  • 「内定、ありがとうございます。ただ、残業時間の多さという懸念についてクリアにするための企業面談を調整いただけないでしょうか。その上でしっかり判断をしたいと思います。」(結果的に辞退になるにしてもワンクッションいれる相談をする)といったコミュニケーションが図られている場合


・・・これがしっかりできていれば、問題は起こりません。

仮に転職エージェントにとって痛い内定辞退でも、転職希望者の人生や価値観とは比較できないものなので、次の内定獲得に向けて一緒に再スタートを切ります。

逆のケースとして、

  • 急に連絡が途絶えて、数日の空白の後に、メールのみで辞退の連絡が来る・・・といった場合
  •  

  • 「(内定獲得後に急に上から目線になり)年収が今より100万円上がったら検討しますよ」・・・そもそもの前提条件が違って話にならない

…という場合もあります。

こうなると、今後の転職活動を支援したいとは思えなくなるのは必然であり、転職エージェントから提供される情報の質や量が一気に低下し、その後の転職活動の成功確率は下がってしまいます

ビジネス場面で重要とされる報告・連絡・相談が、転職成功においても重要とされることがご理解いただけたのではないかと思います。

 

 
一般的な転職エージェントとは少し違いますが、年収1000万円以上の求人が5,000件以上用意されている会員制の転職サービスがあります。
>>>選ばれた人だけの会員制転職サイト BIZREACH

こちらに登録すると、企業の採用担当者やエージェントから直接スカウトのメールが届きます。

いま年収500万円以上であれば、まずはメルアドを入力して、その後にレジュメを登録すればOK。。

ビズリーチについての詳しい説明は、
年収1000万円超えの転職を目標にしている人のための転職サイト

 

・・・次のページで、「転職エージェントに応援される人」についてさらに詳しくを紹介していきます。

◎書類選考でつまづいたり、面接でなにをアピールしたらいいのかわからない…という人は、
あなたの強みが見つかる!
自己分析して書類作成→面接へスムーズな転職活動ができる無料の「グッドポイント診断」

なかなか表には出てこない専門職や管理職、海外勤務で高待遇の求人情報…
エグゼクティブ
年収1000万円超えを目指す人のための転職サイト

★自分がもし転職するときに、どのくらい人材として価値があるのか知りたい25歳~35歳までの人は、
転職した方がいいか?転職診断テストで自分の市場価値を見極めるには?

★…同じく35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

・第二新卒 ・フリーター ・学校出たけど働いたことがない ・すぐ会社を辞めてしまった
…でも、ちゃんといい会社に正社員として就職したい人へ
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、大学中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす